解除とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > 儀式 > 解除の意味・解説 

かい‐じょ〔‐ヂヨ〕【解除】

[名](スル)

今まであった制限禁止、あるいは特別の状態などをなくして、もとの状態に戻すこと。「規制を—する」「武装—」

法律で、契約当事者一方意思表示によって、成立している契約を初めからなかったものとすること。


解除

読み方:カイジョ(kaijo)

災を除くこと。


解除

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/20 16:35 UTC 版)

解除(かいじょ)とは、広義には、当事者間に有効に締結された契約関係を終了させること。この広義の解除は、講学上、さらに解除(狭義の解除)、解約告知、解除条件、失権約款、解除契約などに細分される。


  1. ^ a b 滝沢昌彦、武川幸嗣、花本広志、執行秀幸、岡林伸幸『新ハイブリッド民法4 債権各論 新版』法律文化社、37頁。ISBN 978-4589039422
  2. ^ a b c d e f g 法務省. “契約解除の要件に関する見直し”. 2020年8月20日閲覧。
  3. ^ a b 滝沢昌彦、武川幸嗣、花本広志、執行秀幸、岡林伸幸『新ハイブリッド民法4 債権各論 新版』法律文化社、38頁。ISBN 978-4589039422
  4. ^ 最判昭和43.2.23民集22-281


「解除」の続きの解説一覧

解除(はらえ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 15:23 UTC 版)

オロチの「解除」に相当。鏡のような飛び道具ではなく接触する面積広くなるなんらかの紋章った膜状物体放つオロチ飛び道具違い最大ヒット数は8ヒット固定されているが、オロチ違いしゃがんだ相手には当たらず空中相手にあてるとまれに1HITしかしないこともありさらには通常の飛び道具にもかき消されてしまうなど、オロチ比べると相当弱体化目立つ。また、コマンドが→←↓→になっているためオロチよりも即座に出せなくなっている。

※この「解除(はらえ)」の解説は、「オロチ (KOF)」の解説の一部です。» 「オロチ (KOF)」の概要を見る


解除(フライム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 08:42 UTC 版)

かかっている魔法解除する魔法正装の解除や魔法植物拘束解除にも用いられる

※この「解除(フライム)」の解説は、「まじもじるるも」の解説の一部です。» 「まじもじるるも」の概要を見る


解除

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 16:45 UTC 版)

賃貸借契約である以上、賃借人賃料不払契約上の用法義務違反があれば債務不履行となり賃貸人からの解除が認められるが、これを安易に認めると特に不動産賃貸借においては賃借人居住営業といった生活の基盤を失うことになるため、判例当事者間信頼関係破壊された認められるか否か基準とする信頼関係破壊の法理によっている(最判39・728民集18巻6号1220頁)。なお、債務不履行悪質なものである場合について無催告解除も認めている(最判27・425民集6巻4号451頁)。ただし、解約告知については農地法により修正を受けている。 また、民法は以下の場合につき賃借人解除権認める。 賃借人意思反す保存行為 賃貸人賃借人意思に反して保存行為しようとする場合において、そのために賃借人賃借をした目的を達することができなくなるとき(607条)。 減収による解除 不可抗力によって引き続き2年以上賃料より少な収益得たとき(610条)。 賃借物の一部滅失賃借物の一部滅失その他の事由により使用及び収益をすることができなくなった場合において、残存する部分のみでは賃借人賃借をした目的を達することができないときは、賃借人は、契約の解除することができる6112項)。 2017年改正前の民法では賃料減額請求ができる場合賃借人責め帰することができない事由よるものであるとき)に、残存する部分のみでは賃借人賃借をした目的を達することができないときは、賃借人は、契約の解除することができるされていた2017年改正民法2020年4月1日法律施行)では賃借物の一部滅失等による賃料減額6111項)とは異なり賃借物の一部滅失等で残存する部分のみでは賃借人賃借をした目的を達することができないときは賃借人帰責事由有無にかかわらず賃借人解除できることになった6112項)。なお、賃借人帰責事由があり賃貸人損害生じたときは債務不履行として賃貸人損害賠償請求ができる。 無断譲渡無断転貸 賃借人賃貸人承諾を得ず第三者賃借物の使用又は収益をさせたとき(6122項

※この「解除」の解説は、「賃貸借」の解説の一部です。» 「賃貸借」の概要を見る


解除(はらえ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 15:23 UTC 版)

オロチの「解除」に相当。鏡のような飛び道具ではなく接触する面積広くなるなんらかの紋章った膜状物体放つオロチ飛び道具違い最大ヒット数は8ヒット固定されているが、オロチ違いしゃがんだ相手には当たらず空中相手にあてるとまれに1HITしかしないこともありさらには通常の飛び道具にもかき消されてしまうなど、オロチ比べると相当弱体化目立つ。また、コマンドが→←↓→になっているためオロチよりも即座に出せなくなっている。

※この「解除(はらえ)」の解説は、「オロチ (KOF)」の解説の一部です。» 「オロチ (KOF)」の概要を見る


解除(リラーシオ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 17:44 UTC 版)

状態異常解除する魔法9巻メディ使用

※この「解除(リラーシオ)」の解説は、「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」の解説の一部です。» 「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」の概要を見る


解除(リベレイト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 22:48 UTC 版)

中級魔法以上の系統魔法を使う際に唱える呪文魔力解放することによって系統魔法使った時に疲れにくくする。通常五分以上系統魔法を使う時に発動する

※この「解除(リベレイト)」の解説は、「魔法戦争」の解説の一部です。» 「魔法戦争」の概要を見る


解除

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/03 08:40 UTC 版)

登記原因合意解除の場合は合意解除」と、法定解除の場合は「解除」とするのが実務慣行である(記録539参照)。 抹消登記との選択解除の場合所有権抹消登記をすることもできる。ただし、利害関係人存在する場合その承諾が必要(法68条)なので、承諾得られない場合移転登記ですることになる。

※この「解除」の解説は、「所有権移転登記」の解説の一部です。» 「所有権移転登記」の概要を見る


解除

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 17:05 UTC 版)

トルコ政府によるこの決定に対しウィキメディア財団は「Wikipediaへのアクセス遮断権利の侵害である」と主張しトルコ憲法裁判所提訴した2019年12月26日トルコ憲法裁判所は約二年半にわたるウィキペディアアクセス制限言論の自由侵害しており、違憲であるとの判決下したウィキペディア創始者ジミー・ウェールズは、「おかえりトルコ」とTwitter投稿した。 そして2020年1月15日トルコ内でのウィキペディアアクセスが解禁された。閲覧制限開始から991日後、そしてウィキペディア誕生から19年後のことであった

※この「解除」の解説は、「2017年トルコのウィキペディア閲覧制限」の解説の一部です。» 「2017年トルコのウィキペディア閲覧制限」の概要を見る


解除(ヒラリリース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 05:02 UTC 版)

旗状にしたもの元の形に戻す。

※この「解除(ヒラリリース)」の解説は、「王下七武海」の解説の一部です。» 「王下七武海」の概要を見る


解除(フライム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 08:42 UTC 版)

かかっている魔法解除する魔法正装の解除や魔法植物拘束解除にも用いられる

※この「解除(フライム)」の解説は、「まじもじるるも」の解説の一部です。» 「まじもじるるも」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

解除

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 09:02 UTC 版)

発音(?)

か↘いじょ

名詞

(かいじょ)

  1. 禁止制限注意などの扱いになっていたのを取り止めて、自由状態に戻すこと。
  2. (法律) 有効成立した契約を、合意により、もしくは一方的解消すること。

翻訳

類義語

動詞

活用

翻訳


「解除」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



解除と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「解除」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

解除のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



解除のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの解除 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオロチ (KOF) (改訂履歴)、まじもじるるも (改訂履歴)、賃貸借 (改訂履歴)、オロチ (KOF) (改訂履歴)、通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? (改訂履歴)、魔法戦争 (改訂履歴)、所有権移転登記 (改訂履歴)、2017年トルコのウィキペディア閲覧制限 (改訂履歴)、王下七武海 (改訂履歴)、まじもじるるも (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの解除 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS