解除とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > 儀式 > 解除の意味・解説 

かい じょ -ぢよ [1]解除

スル
別に定め条件制約禁止などの措置とりやめて、平常の状態に戻すこと。 武装 夜間外出禁止令を-する
契約当事者一方意思表示により契約効力消滅させ、初めからその契約存在しなかったのと同じ状態にすること。法令上では、「解約」の意味でも用いられる。 → 解約

げ じょ -ぢよ [1]解除

天皇が、服喪期間が過ぎて喪服をぬぐ儀式
穢(けが)れをはらい除くこと。はらい。


解除

読み方:カイジョ(kaijo)

災を除くこと。


解除

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/20 16:35 UTC 版)

解除(かいじょ)とは、広義には、当事者間に有効に締結された契約関係を終了させること。この広義の解除は、講学上、さらに解除(狭義の解除)、解約告知、解除条件、失権約款、解除契約などに細分される。


  1. ^ a b 滝沢昌彦、武川幸嗣、花本広志、執行秀幸、岡林伸幸『新ハイブリッド民法4 債権各論 新版』法律文化社、37頁。ISBN 978-4589039422
  2. ^ a b c d e f g 法務省. “契約解除の要件に関する見直し”. 2020年8月20日閲覧。
  3. ^ a b 滝沢昌彦、武川幸嗣、花本広志、執行秀幸、岡林伸幸『新ハイブリッド民法4 債権各論 新版』法律文化社、38頁。ISBN 978-4589039422
  4. ^ 最判昭和43.2.23民集22-281


「解除」の続きの解説一覧

解除

出典:『Wiktionary』 (2020/03/28 14:05 UTC 版)

発音

か↘いじょ

名詞

かいじょ

  1. 禁止制限注意などの扱いになっていたのを取り止めて、自由状態に戻すこと。
  2. (法律) 有効成立した契約を、合意により、もしくは一方的解消すること。

翻訳

類義語

動詞

解除-する 動詞活用日本語活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
解除

する する すれ せよ
しろ
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 解除しない 未然形 + ない
否定 解除せず 未然形 + ず
自発受身
可能・尊敬
解除される 未然形 + れる
丁寧 解除します 連用形 + ます
過去・完了・状態 解除した 連用形 + た
言い切り 解除する 終止形のみ
名詞 解除すること 連体形 + こと
仮定条件 解除すれば 仮定形 + ば
命令 解除せよ
解除しろ
命令形のみ

翻訳




解除と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「解除」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「解除」の関連用語

解除のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



解除のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの解除 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの解除 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS