合意とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 合意 > 合意の意味・解説 

ごう‐い〔ガフ‐〕【合意】

読み方:ごうい

[名](スル)互い意思一致すること。法律上は、当事者意思表示合致すること。「―に達する」「離婚に―する」


合意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 22:55 UTC 版)

合意(ごうい)は、当事者双方の意思が一致することを指す。


  1. ^ a b c 後藤 1999, pp. 126–130.


「合意」の続きの解説一覧

合意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/09 02:19 UTC 版)

分散アルゴリズム」の記事における「合意」の解説

合意アルゴリズムはいくつかのプロセス共通の決定に合意する問題を解くものである

※この「合意」の解説は、「分散アルゴリズム」の解説の一部です。
「合意」を含む「分散アルゴリズム」の記事については、「分散アルゴリズム」の概要を参照ください。


合意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/20 13:21 UTC 版)

フィリピンとシンガポールの関係」の記事における「合意」の解説

2007年両国メディア・ポリシー情報交換協力促進するための覚書署名した2008年フィリピン政府シンガポールに対してエボラ出血熱理由に、ルソン島養豚所5万トン豚肉輸出自主的に止めた。この件は、フィリピンにとって初めての豚肉輸出となるはずであった

※この「合意」の解説は、「フィリピンとシンガポールの関係」の解説の一部です。
「合意」を含む「フィリピンとシンガポールの関係」の記事については、「フィリピンとシンガポールの関係」の概要を参照ください。


合意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/11 13:59 UTC 版)

中華民国とガーナの関係」の記事における「合意」の解説

二国間文書日時署名備考1968年5月24日中華民国ガーナ共和国間の技術協力協定1990年7月2日国際速達郵便協定中華民国台湾郵便局の間とガーナ郵便(英語: Ghana Post)の設立2017年12月7日マネーロンダリングテロリストおよび関連犯罪への資金提供に関する中華民国法務部調査局マネーロンダリング管理局およびガーナ共和国金融情報センター金融情報(英語: Financial intelligence)」

※この「合意」の解説は、「中華民国とガーナの関係」の解説の一部です。
「合意」を含む「中華民国とガーナの関係」の記事については、「中華民国とガーナの関係」の概要を参照ください。


合意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/06 05:18 UTC 版)

外交交渉」の記事における「合意」の解説

外交交渉は合意を求めて実施される。合意にはその政治的な意味から主に4つ分類可能であると考えられる。 かつて合意した交渉結果である条約延長に関する合意。 緊張対立状態にあった国家間が国交を正常化することに関する合意。 国際的な利益再配分に関する合意。この合意にはしばし片方当事国利益得て、もう片方損失を被る場合が多い。 新たな利益を得るための新しい合意。交渉当事者双方公平に便益があるとは限らない

※この「合意」の解説は、「外交交渉」の解説の一部です。
「合意」を含む「外交交渉」の記事については、「外交交渉」の概要を参照ください。


合意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 05:38 UTC 版)

英仏大陸棚事件」の記事における「合意」の解説

1977年10月17日イギリスチャンネル諸島12海里漁業海域境界に関する仲裁判決解釈範囲について申し立て行ったその結果1977年6月30日仲裁判決示されたチャンネル諸島周辺の12海里漁業水域における境界線は、仲裁判決示された原則と違うものであったことが認められ1978年3月14日仲裁裁判所漁業水域境界線修正する判決下したその後1983年イギリス=フランス間で協定締結され問題海域における境界画定問題は解決した

※この「合意」の解説は、「英仏大陸棚事件」の解説の一部です。
「合意」を含む「英仏大陸棚事件」の記事については、「英仏大陸棚事件」の概要を参照ください。


合意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 05:51 UTC 版)

米朝枠組み合意」の記事における「合意」の解説

この合意の主な条項以下の通りである。 兵器級のプルトニウム容易に生産できる北朝鮮電気出力5 MW黒鉛炉と、電気出力50 MWおよび200 MW建設中原子炉は、2003年目標として、2基の1000 MW軽水炉置き換える最初の軽水炉完成するまでの間、北朝鮮原子炉停止しまた追加建設中断する代わりに暖房及び発電用石油供給する供給する石油の量は、毎年50トン重油とする。 双方とも政治的経済的関係完全な正常化に向けて行動するアメリカはその保有する核兵器北朝鮮に対して使用せず脅威与えない確約する北朝鮮1992年朝鮮半島の非核化に関する共同宣言履行する手段をとる。 北朝鮮核拡散防止条約に留まる。 凍結されない核施設については、国際原子力機関 (IAEA) の通常および特別の査察再開する北朝鮮が現在保有する使用済み核燃料北朝鮮国内保管し再処理すること無く完全に廃棄する軽水炉主たる装備品納入されるまでに、北朝鮮IAEAとの保障措置協定完全に合意に達する他にも合意を補完する公表されなかった内密の覚書存在した。これには軽水炉主要な機器で直原子力関係しないものが完成した後、主要な原子力関連機材搬入される前にIAEA保障措置協定完全に適用するということ含まれていたと報じられている。 この協定アメリカで上院承認必要とする条約でも、法的拘束力を持つ行政協定上院承認得ずアメリカ政府外国政府と結ぶ協定)でもなかったが、国際連合安全保障理事会留意する2ヶ国間の拘束政治的約束であった北朝鮮核拡散防止条約からの脱退意図して必要とされる90日前通知行い実際には89日目脱退中断した)、アメリカ軍近隣諸国増強行い寧辺核施設爆撃する計画をした一連の事態後に署名された。 この合意及びこれに引き続いてなされた合意の条項には、寧辺原型炉閉鎖より大きな2つ原子炉の建設中止と、再処理することで核兵器使用するプルトニウム生産可能な使用済み核燃料IAEA監視下封印することが含まれていた。それと引き換えに主に韓国の負担でおよそ40ドル費用をかけて、北朝鮮に2基の軽水炉2003年までに建設することになっていた。またその間原子炉停止によって失われるエネルギー生産補償するために北朝鮮無償毎年50トン重油受け取るこになっていた。北朝鮮主な原子力関連機器搬入される前にIAEA保障措置協定完全に合意してIAEA当初宣言守られていることを検証できるようにすることが必要であるとされた。軽水炉完成すると、北朝鮮他の原子炉関連施設廃棄することになっていた。 この合意のエネルギー供に関す部分実施する責任を負う組織として、朝鮮半島エネルギー開発機構 (KEDO) がアメリカ合衆国韓国日本その他の多くの国によって設立された。北朝鮮軽水炉完成後、20年間に渡って利子なしでKEDOに対して費用返済することになっていた。 ビル・クリントン大統領関係者はその直前北朝鮮指導者である金日成死亡したばかりだったため、この原子炉完成する前に北朝鮮政府崩壊するであろう考えたために、この計画賛同した報じられている。その当時北朝鮮関係者も、アメリカ北朝鮮早期崩壊期待しているではないか疑っていた 。

※この「合意」の解説は、「米朝枠組み合意」の解説の一部です。
「合意」を含む「米朝枠組み合意」の記事については、「米朝枠組み合意」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「合意」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

合意

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 00:26 UTC 版)

発音(?)

ご↘ーい
ご↗ーい

名詞

(ごうい)

  1. 互い意思一致すること。
  2. (法律) 相対する二つ以上意思表示合致すること。契約成立要件

翻訳

動詞

活用

翻訳


「合意」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



合意と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「合意」の関連用語

合意のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



合意のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの合意 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの分散アルゴリズム (改訂履歴)、フィリピンとシンガポールの関係 (改訂履歴)、中華民国とガーナの関係 (改訂履歴)、外交交渉 (改訂履歴)、英仏大陸棚事件 (改訂履歴)、米朝枠組み合意 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの合意 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS