和解とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 小説 > 和解の意味・解説 

わ‐かい【和解】

読み方:わかい

[名](スル)

争っていたもの反発しあっていたもの仲直りすること。「対立する二派が—する」

民事上紛争で、当事者互いに譲歩して争いをやめること。契約よるものと、裁判所においてなされるものとがある。

⇒わげ(和解)

[補説] 書名別項。→和解


わかい【和解】

読み方:わかい

志賀直哉中編小説大正6年191710月、「黒潮」誌に発表翌年刊行作品集「夜の光」に収録著者自身とその父親との、不和と和解を描いた私小説


わ‐げ【和解】

読み方:わげ

「わかい(和解)1」に同じ。

「君の—を勧むるや誠に謝すべしと雖も」〈織田訳・花柳春話

外国文を日本語解釈すること。また、その解釈

阿蘭陀(オランダ)の書をも—なしたらば」〈蘭学事始


和解

読み方:ワゲwage

翻訳の意味で、翻訳され文書もさす。


わかい 【和解】

贖罪

和解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/25 07:39 UTC 版)

和解(わかい)とは、当事者間に存在する法律関係の争いについて、当事者が互いに譲歩し、争いを止める合意をすることをいう。大きく分けて、私法上の和解裁判上の和解がある。さらに、民事調停法家事事件手続法(旧家事審判法)に基づく調停も広い意味で和解の一種とされる[1][2]


  1. ^ a b 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、317頁
  2. ^ 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、131頁
  3. ^ a b c d 遠藤浩・原島重義・水本浩・川井健・広中俊雄・山本進一著 『民法6 契約各論 第4版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、1997年4月、282頁
  4. ^ a b c 近江幸治著 『民法講義Ⅴ 契約法 第3版』 成文堂、2006年10月、288頁
  5. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、349頁
  6. ^ a b 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、316頁
  7. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、350頁
  8. ^ 遠藤浩・原島重義・水本浩・川井健・広中俊雄・山本進一著 『民法6 契約各論 第4版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、1997年4月、289頁
  9. ^ a b c 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、392頁
  10. ^ 遠藤浩・原島重義・水本浩・川井健・広中俊雄・山本進一著 『民法6 契約各論 第4版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、1997年4月、284-285頁
  11. ^ a b 遠藤浩・原島重義・水本浩・川井健・広中俊雄・山本進一著 『民法6 契約各論 第4版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、1997年4月、283頁
  12. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、351頁
  13. ^ a b 遠藤浩・原島重義・水本浩・川井健・広中俊雄・山本進一著 『民法6 契約各論 第4版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、1997年4月、284頁
  14. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、351-352頁
  15. ^ a b 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、352頁
  16. ^ 我妻栄、有泉亨他『我妻・有泉コンメンタール民法(第2版)』1222頁
  17. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、354頁
  18. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、319頁
  19. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、394-395頁
  20. ^ 遠藤浩・原島重義・水本浩・川井健・広中俊雄・山本進一著 『民法6 契約各論 第4版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、1997年4月、288頁
  21. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、352-353頁
  22. ^ a b 我妻榮、有泉亨、清水誠、田山輝明『我妻・有泉コンメンタール民法 第6版 総則・物権・債権』日本評論社、2019年、1377頁
  23. ^ a b 三谷忠之『民事訴訟法講義 第3版』成文堂、2011年、256頁
  24. ^ 三谷忠之『民事訴訟法講義 第3版』成文堂、2011年、5頁
  25. ^ a b 三谷忠之『民事訴訟法講義 第3版』成文堂、2011年、258頁



和解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/09 05:40 UTC 版)

アブドゥル・ハリス・ナスティオン」の記事における「和解」の解説

1990年代初めスハルト政治的開放政策に舵を切り、50人請願の署名者に対する禁圧処置緩められた。1993年6月ナスティオン病気入院したとき、陸軍将校たちが見舞い訪れた。それからナスティオン科学技術大臣ユスフ・ハビビ訪問を受けたハビビナスティオン他の署名者たちを、自身管轄する造船所航空機工場招いた。そしてまた政府は、50署名者たちの移動制限はあるが、これはナスティオンには適用されないと言い始めたその他の署名者たちはともかくナスティオン政府批判をやめ、「意見違い」という言い方を好むようになった。 そしてついに、1993年7月スハルト大統領宮殿ナスティオン招き会談行なった二人会談は、独立記念日後の1993年8月18日にも開かれた政治的な話題には何も触れなかったが、両者違い越えて和解したがっていることは明らかだった1995年インタビューで、ナスティオンインドネシアが和解の過程歩むよう促していることから、彼がスハルトリーダーシップに従うことを受け入れたのだとも言える1997年10月5日国軍記念日に際してナスティオンは「大将軍」に進級した。これはインドネシア陸軍階級格付け制度では最高の位で、他の国でいう元帥相当するナスティオンスディルマンスハルト続き3人目の、そして今のところ最後の大将軍である。

※この「和解」の解説は、「アブドゥル・ハリス・ナスティオン」の解説の一部です。
「和解」を含む「アブドゥル・ハリス・ナスティオン」の記事については、「アブドゥル・ハリス・ナスティオン」の概要を参照ください。


和解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 04:51 UTC 版)

2011年大連反p-キシレンデモ」の記事における「和解」の解説

8月14日午後大連市政府工場市外移転することに同意したが、工場移転先移転日付発表されなかった。後に提案され工場移転先は、西中島英語版)の工業団地であると発表された2011年12月上旬オンラインリークされた文書によれば工場が安全検査に合格し、すぐに生産再開されることが示唆された。その後まもなく、地元住民工場の煙突から煙が噴出し労働者工場到着した報告した市当局は、工場稼働している確認することを拒否し西中島への計画的な移転進めるが、時間がかかる述べた

※この「和解」の解説は、「2011年大連反p-キシレンデモ」の解説の一部です。
「和解」を含む「2011年大連反p-キシレンデモ」の記事については、「2011年大連反p-キシレンデモ」の概要を参照ください。


和解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 05:19 UTC 版)

検索エンジン最適化」の記事における「和解」の解説

当初はウェブページのページランキングを上げることを目的とするいかなる形態SEO検索エンジンスパムである」としてき検索エンジン業者[誰?]だったが、時が経つにつれて、「サーチエンジン順位向上とアクセス増加の手段として受け容れられるもの」と「そうでないもの」に分かれるという結論達した2000年代前半には、検索エンジンSEO会社非公式な休戦達したSEO企業はいくつかの階層があり、もっとも評判の高い企業内容基づいた最適化行い検索エンジンの(渋々ながらの)承認をうけている。これらのテクニックには、サイト案内コピーライティング改良してウェブサイト検索エンジンアルゴリズムによく知らせるように企図することが含まれる検索エンジン自体SEO業界接近し、しばしばSEO会議セミナースポンサー来賓になっている[出典無効]。

※この「和解」の解説は、「検索エンジン最適化」の解説の一部です。
「和解」を含む「検索エンジン最適化」の記事については、「検索エンジン最適化」の概要を参照ください。


和解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 20:28 UTC 版)

名古屋新幹線訴訟」の記事における「和解」の解説

住民国鉄ともに最高裁判所上告したが、1986年昭和61年4月両者の間で「和解協定」が成立したその内容としては、国鉄新幹線沿線騒音当面75ホン以下とするのを始め騒音振動軽減を図ることや、住民への和解金支払い住居移転補償防音防振工事実施公害現状以上に悪化させないことなどであった

※この「和解」の解説は、「名古屋新幹線訴訟」の解説の一部です。
「和解」を含む「名古屋新幹線訴訟」の記事については、「名古屋新幹線訴訟」の概要を参照ください。


和解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 07:22 UTC 版)

カナダの先住民寄宿学校」の記事における「和解」の解説

1990年夏、カネサタケ・モホーク族は、政府先住民土地所有権尊重せず、ケベック州オカモホーク伝統的な領土認めていないことについて政府立ち向かったこの土地問題はメディアによって「オカ危機英語版)」と呼ばれ先住民コミュニティや彼らの懸念に対するカナダ政府対応について批判的な議論巻き起こした。この事件を受けて当時ブライアン・マルルーニー首相は、政府4つ責任強調したモホーク族行動は、ミーチレイク合意英語版に関する先住民指導者反対意見とともにカナダにおける先住民地位調査するための先住民族王立委員会設立つながった1996年王立委員会有意義で行動基づいた和解のためのビジョンを含む最終報告書提出した

※この「和解」の解説は、「カナダの先住民寄宿学校」の解説の一部です。
「和解」を含む「カナダの先住民寄宿学校」の記事については、「カナダの先住民寄宿学校」の概要を参照ください。


和解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/08 15:06 UTC 版)

サイパン事件」の記事における「和解」の解説

キーンマッカーシー2006年11月チャンピオンシップでのウルヴスとサンダーランド直接対決を機に和解成立発表試合では開始前開始後に友好的に握手交わしてみせた。マッカーシー試合後の談話として、自分とキーンは単に勝負妥協しない性格だっただけだと語った。またキーンメディア必要以上に対立煽っただけであると指摘し試合後にマッカーシーと杯を交わ約束があるとコメントしたその後サンダーランドとウルヴスの間ではスティーヴン・エリオットなど何件かの選手移籍成立した。これはキーンマッカーシーアイルランド系選手獲得することが比較的多い為である。

※この「和解」の解説は、「サイパン事件」の解説の一部です。
「和解」を含む「サイパン事件」の記事については、「サイパン事件」の概要を参照ください。


和解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 17:16 UTC 版)

千日デパートビル火災民事訴訟」の記事における「和解」の解説

本件遺族会統一訴訟は、1975年昭和50年10月31日口頭弁論すべての証拠調べ終了した同年8月大阪地裁より当事者双方に和解の打診があり、同年9月以降裁判並行して8回に亘り交渉重ねられ結果同年12月26日大阪地裁民事三部裁判長裁判官黒川正明)で開かれた第9回和解交渉」で原告被告双方合意達し和解が成立する至った和解条項以下のとおりである。 損害額総額は、91遺族18億5,000万円とし、その額から既払金を差し引いた残額11億8,000万円被告支払う。 右損害額被告間の負担割合は、ニチイ「4」(=7億4,000万円)、千土地観光ならびに日本ドリーム観光「6」(=11億1,000万円)とする。 1および2の支払金につき、ニチイについては同年12月27日までに全額を、千土地観光ならびに日本ドリーム観光は、その一部を右同日支払い(3社で5億5,780万円)、残額6億2,220万円1976年昭和51年9月末日までの分割として支払う。 原告は、その余の請求放棄し被告相互間でも、本件について互いに求償しない。 原告側が和解に応じた理由は、すでに火災事故から3年余り経過し1975年)、遺族窮状からすれば迅速な救済実現することが必要であったこと、提示された和解額は、一律の慰謝料900万円含んで1遺族当たり約1,400万円から3,200万円平均すると2,040万円弱で、当初請求額総額276千万円平均2,600万円からすればかなり低い額であったが、被告側からの当初回答額1,000万円からすれば相当な前進であり、大阪地裁提示した和解額17億5,000万円被告各社1億円を上乗せしたことから和解の糸口繋がったこと、判決文または和解条項において、責任問題については触れられなかったが、実質的には被告各社にその責任認めさせたことなどを評価した結果よるものである。 和解に際して公判中に原告被告から受けた心無い発言逃げなかった犠牲者にも落ち度があるに対して被告側から陳謝言葉があったものの、記者会見の席で日本ドリーム観光関係者が「まだまだ主張したいことはあるが、遺族のことを考えると和解するのが得策だ」などと発言したことで弁護団遺族の間からは「裁判官の前で被告らが誓った心ある解決とは言い分が違う」と怒り声が上がった結局原告被告双方の間で心情的に歩み寄ることはな訴訟終了したその後に弁護団声明出し被告各社被害者早期救済怠り互いに責任転嫁した今回の和解は補償額としては不十分だが、迅速な救済企業の社会的責任認めさせることができた」と締めくくった

※この「和解」の解説は、「千日デパートビル火災民事訴訟」の解説の一部です。
「和解」を含む「千日デパートビル火災民事訴訟」の記事については、「千日デパートビル火災民事訴訟」の概要を参照ください。


和解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/26 01:12 UTC 版)

呉佩孚」の記事における「和解」の解説

翌月になると北京において奉天派馮玉祥率い国民軍との対立発生したため、呉は奉天派と和解、「討赤」のためとして国民軍標的絞っている。奉天派内で郭松齢クーデター失敗終わった後の1926年民国15年1月、馮は下野追い込まれた。

※この「和解」の解説は、「呉佩孚」の解説の一部です。
「和解」を含む「呉佩孚」の記事については、「呉佩孚」の概要を参照ください。


和解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 04:32 UTC 版)

串岡弘昭」の記事における「和解」の解説

2006年9月20日トナミ運輸定年退職

※この「和解」の解説は、「串岡弘昭」の解説の一部です。
「和解」を含む「串岡弘昭」の記事については、「串岡弘昭」の概要を参照ください。


和解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 09:11 UTC 版)

機動新撰組 萌えよ剣」の記事における「和解」の解説

ゲームOVAシリーズでは近藤土方幾度となく反発し合っていた(特にゲーム版顕著である)が、TVシリーズではこの2人喧嘩するようなシーン見られない。特に第5話では近藤倒れた土方本当はメカだが、近藤気付いていない)に泣いて駆け寄るシーン見られた。最終話では、土方死んでしまった近藤に対し、「死ぬな」と言うようなところも見られた。

※この「和解」の解説は、「機動新撰組 萌えよ剣」の解説の一部です。
「和解」を含む「機動新撰組 萌えよ剣」の記事については、「機動新撰組 萌えよ剣」の概要を参照ください。


和解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 03:44 UTC 版)

リトアニアの内戦 (1381年-1384年)」の記事における「和解」の解説

1383年9月上旬騎士団ヴィータウタス一時的にトラカイ支配権奪取したが、ヴィリニュスへの攻撃不首尾に終わった1383年10月21日ヴィータウタスタピアウ現在のロシア領グヴァルジェイスク)においてカトリック教会典礼により受洗し代父となったラグニト(現在のロシア領ネマン)のコムトゥルであるヴィガントに因んで、ヴィガント(リトアニア語読みはヴィーガンダス)のクリスチャン・ネーム授けられた。ヴィータウタスはドゥビサ川河口に近い、ネマン川畔のノイ・マリエンブルク城を与えられ、城にはヨガイラから所領没収されヴィータウタス親族家来たちが連れてこられた。城に身を寄せた者の中には弟のタウトヴィラスもいた。ヴィータウタスまた、ジェマイティヤからの支持をも確保しようとした1384年1月30日ヴィータウタスケーニヒスベルクにおいてケーニヒスベルク条約調印し騎士団封臣となること、そしてカウナス中心とするネヴェジス川までのジェマイティヤ一部騎士団割譲することを約束した1384年5月騎士団カウナスにノイ・マリエンフェルダーと呼ばれる要塞カウナス城)を築き始めた1384年6月14日ヴィータウタスはこの新しい城において、1月ケーニヒスベルク結んだ約束更新している。 一方ヨガイラはおそらく正教徒の母ユリヤニヤの影響から、モスクワ大公国との同盟模索していた。ヨガイラドミトリー・ドンスコイの娘ソフィヤを妃に迎え正教洗礼受け入れ構え見せた。この結婚改宗構想実現するため、ヨガイラヴィータウタス和解して内戦終息させる必要に迫られた。1384年の春、ヨガイラヴィータウタスに対しルーツィク中心とするヴォルィーニ地方領国として与えることを打診したが、ヴィータウタスはこの申し出を拒否し当時はスキルガイラ統治していた、トラカイなどの没収され全ての世襲領を返還するように要求したヨガイラトラカイ返還するように約束すると同時にスキルガイラポラツク統治者転任させた。同年7月ヴィータウタスヨガイラ申し出を受け入れドイツ騎士団との同盟破棄したヴィータウタスネマン川河畔ドイツ騎士団建てたノイ・マリエンブルクとゲオルゲンブルクの2つの城を焼き払った。ノイ・マリエンフェルダー要塞は、6週間にわたってヨガイラヴィータウタス連合軍包囲されたのち、陥落したドイツ騎士団に対する攻撃最中ヴィータウタスはマルクヴァルト・フォン・ズルツバッハという騎士捕まえたが、ズルツバッハ後にヴィータウタスドイツ騎士団との関係において重要な役割を果たすことになった

※この「和解」の解説は、「リトアニアの内戦 (1381年-1384年)」の解説の一部です。
「和解」を含む「リトアニアの内戦 (1381年-1384年)」の記事については、「リトアニアの内戦 (1381年-1384年)」の概要を参照ください。


和解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 01:26 UTC 版)

西淀川公害訴訟」の記事における「和解」の解説

一次訴訟地裁判決は、1991年3月29日行われ被告企業共同不法行為と、公害健康被害補償法不備認められ賠償勝ち取るものの、公害原因として自動車排ガスである二酸化窒素と、差止請求については認められなかった。被告企業とはその後1995年3月2日に和解が成立し解決金一部地域再生に使うということで合意された。その解決金一部によって財団法人公害地域再生センターあおぞら財団 2011年公益法人化)が設立された。 二次訴訟地裁判決は、1995年7月5日下された。この判決では国・公団の道路設置管理責任認められ損害賠償命じられたが、差止請求については棄却された。 1996年7月22日一次訴訟控訴審再開続いて12月5日に二~四次控訴審開始し裁判から国・公団との和解への道模索するとともにあおぞら財団道路政策提言からも和解へのアプローチが行われ、1998年7月29日国・公団との和解が成立した。和解内容は、沿道環境の改善とともに新し施策への取り組みや、「西淀川地区沿道環境に関する連絡会」の設置を国と公団約束させた。 原告団は、公害原因の一つとされた国道43号について、時間帯区切る形で罰則付きでの大型車規制盛り込んだルール制定求めていたが、同訴訟の和解内容盛り込まれていなかったことや、原告高齢化どの事情で断念し、「環境レーン」を設け形で罰則無しで規制実施することになった

※この「和解」の解説は、「西淀川公害訴訟」の解説の一部です。
「和解」を含む「西淀川公害訴訟」の記事については、「西淀川公害訴訟」の概要を参照ください。


和解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 00:07 UTC 版)

モントリオール事件」の記事における「和解」の解説

2006年ブレット自分の過去試合埋もれていくことを防ぐために、ビンス・マクマホンとの一応の和解をする。そして、自身選んだ試合ブレット自身の半生収録したDVDWWE側から発売することとなった。また同年度のレッスルマニア前夜行われたWWE Hall of FameにてWWE殿堂入り果たしその際に会場現れた(しかし、レッスルマニア自体には現れなかった)。しかし、この時点でショーン・マイケルズトリプルHとの確執解消されておらず両者共にこの話題になる相手非難する発言をしていた(最近はブレット友好的な発言目立ようになった)。カナダファンカナダ興行ではDジェネレーションXに対して非常に友好的な態度見せているが、マイケルズに対するヒール扱い続いており、モントリオールなどの興行では"You screwed Bret!"(お前はブレットハメた)チャント発生していた。 そして事件から12年後2010年1月4日RAW番組内においてこの回のゲストホストとして迎えられ久々にWWEリングにたったブレットはついにショーン・マイケルズ対面し感動的な和解を果たした

※この「和解」の解説は、「モントリオール事件」の解説の一部です。
「和解」を含む「モントリオール事件」の記事については、「モントリオール事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「和解」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

和解

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:34 UTC 版)

名詞

  1. わかい、わげ)仲直りし争い止めること。
  2. (わかい)民事上紛争で、当事者互いに譲歩争い止める合意をすること。
  3. (わげ)外国語日本語解釈すること。また、その解釈

発音(?)

わ↗かい

動詞

活用

サ行変格活用
和解-する

「和解」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



和解と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



和解のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2022 Houterasu All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの和解 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアブドゥル・ハリス・ナスティオン (改訂履歴)、2011年大連反p-キシレンデモ (改訂履歴)、検索エンジン最適化 (改訂履歴)、名古屋新幹線訴訟 (改訂履歴)、カナダの先住民寄宿学校 (改訂履歴)、サイパン事件 (改訂履歴)、千日デパートビル火災民事訴訟 (改訂履歴)、呉佩孚 (改訂履歴)、串岡弘昭 (改訂履歴)、機動新撰組 萌えよ剣 (改訂履歴)、リトアニアの内戦 (1381年-1384年) (改訂履歴)、西淀川公害訴訟 (改訂履歴)、モントリオール事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの和解 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS