原告とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 訴訟 > 当事者 > 原告の意味・解説 

げん‐こく【原告】

読み方:げんこく

民事訴訟行政事件訴訟において、裁判所訴え提起したほうの当事者第一審における呼び名。⇔被告

「原告」に似た言葉

原告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/06 21:43 UTC 版)

原告(げんこく)は、訴訟法(特に民事訴訟法)上の用語、概念であり、大まかに言えば、訴えを提起した当事者を指す。被告に対立する概念である。




「原告」の続きの解説一覧

原告(元学生)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 07:01 UTC 版)

神戸高専剣道実技拒否事件」の記事における「原告(元学生)」の解説

必修体育科目の一部である剣道授業拒否した学生に対して学校側レポート提出等の代替措置一切認めず欠席扱いとし、最終的には退学とした学校側措置裁量権逸脱である。 学校側による剣道履修強要は、日本国憲法保障する信教良心の自由侵害する行為である。 他の学校で同様な格闘技授業拒否する学生に対し代替措置が行われている。また高等専門学校において剣道実技履修必須のものとはいえない。

※この「原告(元学生)」の解説は、「神戸高専剣道実技拒否事件」の解説の一部です。
「原告(元学生)」を含む「神戸高専剣道実技拒否事件」の記事については、「神戸高専剣道実技拒否事件」の概要を参照ください。


原告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 07:33 UTC 版)

アーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件」の記事における「原告」の解説

裁判において、アーヴィング弁護自分で行った彼は代理立てて証言するためにアメリカ人進化心理学ケビン・B・マクドナルド英語版)を呼んだアーヴィングアメリカ人歴史家アーノ・J・マイヤーによるある叙述重要視したマイヤーは(アーヴィングが非常に苦労して指摘したところでは)マルクス主義者であり、同時にナチス人種理論によればユダヤ系みなされているであろう人物だった。その叙述とは、マイヤー1988年著書「なぜ天空暗くならなかったか?」(英:Why Did the Heavens Not Darken?)において、アウシュビッツ死んだほとんどの人々は殺害よりむしろ病気犠牲であると述べたことだった。これに応えて、ペーター・ロングリヒはマイヤー著書の中でホロコースト否定してはいないこと、アウシュビッツにおける「自然でない死因とは対照的に多くのユダヤ人が「自然な死に方をしているとただ誤解しているだけだと論じたアーヴィングはまた外交史学者ドナルド・キャメロン・ワット軍事史学者ジョン・キーガン(英語版)を召喚した両者はともに証人依頼一度断っており、証人席では非常に消極的だ思われた。アーヴィング焦点当てたのは、原告側証拠リップシュタットによる中傷存否というより、むしろ主として彼の表現の自由権利」についてであった最終弁論の中でアーヴィングは、自分30年上前から国際的な大半はユダヤの)陰謀犠牲者であると主張した

※この「原告」の解説は、「アーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件」の解説の一部です。
「原告」を含む「アーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件」の記事については、「アーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件」の概要を参照ください。


原告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 06:29 UTC 版)

浜岡原発訴訟」の記事における「原告」の解説

M9クラス超巨大地震など、想定設計最強地震として安政東海地震のM8.4等、設計限界地震として南海トラフ沿いのM8.5の地震等が選定されている)を超える地震発生する可能性がある中央防災会議見直され断層モデル松村1996)の固着域、鷺谷1998)のバックスリップ域等によるアスペリティ配置また、プレート境界面の深さ10~30km範囲震源地とし、境界面の形状は、野口1996)に基づモデル破壊開始点も同モデルにおいて設定。」は絶対ではない。

※この「原告」の解説は、「浜岡原発訴訟」の解説の一部です。
「原告」を含む「浜岡原発訴訟」の記事については、「浜岡原発訴訟」の概要を参照ください。


原告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 06:29 UTC 版)

浜岡原発訴訟」の記事における「原告」の解説

基礎岩盤相良層弱くてもろく、敷地内にあるH断層系地震揺れ動く可能性否定できない基準地震動SS強震動予測計算の際、可能性のある最大のものを採用していない。

※この「原告」の解説は、「浜岡原発訴訟」の解説の一部です。
「原告」を含む「浜岡原発訴訟」の記事については、「浜岡原発訴訟」の概要を参照ください。


原告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 06:29 UTC 版)

浜岡原発訴訟」の記事における「原告」の解説

配管などのひび割れ原因となる応力腐食割れ発生メカニズム不明老朽化進行しており、点検検査対象範囲精度限界がある。全ての劣化状況把握できず、不十分。

※この「原告」の解説は、「浜岡原発訴訟」の解説の一部です。
「原告」を含む「浜岡原発訴訟」の記事については、「浜岡原発訴訟」の概要を参照ください。


原告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 07:56 UTC 版)

ラヴィング対ヴァージニア州裁判」の記事における「原告」の解説

ミルドレッド・ドロレス・ラヴィング(出生時の姓はジェター、1939年7月22日2008年5月2日)はミュージアル・(バード)・ジェターとシオリヴァー・ジェターの娘であった夫のリチャード・ペリー・ラヴィング(1933年10月29日1975年6月29日)は白人男性であり、ローラ・(アレン)・ラヴィングとトワイリー・ラヴィングの息子であったミルドレッドアフリカ系アメリカ人で、先祖にはチェロキーラッパハノックアメリカ先住民もいた。ミルドレッド人種混乱のもととなった裁判の間、とりわけ弁護士関わっているかぎりでは、ミルドレッド自身黒人考えていることが明らかになった。しかしながら逮捕に際して警察ミルドレッドを「インディアン」だと規定して報告したミルドレッド2004年インタビューで、「私は黒人ではないのです」と述べている。混乱を増すことになった要因のひとつとして、ミルドレッド逮捕された時は「黒人である以外ならなんであっても得策に働く考えられていたことがある。 リチャード・ラヴィングは1975年ヴァージニア州キャロライン郡で車に乗っていた際、飲酒運転トラック衝突され41歳亡くなった。ミルドレッド・ラヴィングも同じ事故で右目失っている。ミルドレッド2008年5月2日ヴァージニア州ミルフォード肺炎により68歳亡くなった夫婦には3人子どもがいた

※この「原告」の解説は、「ラヴィング対ヴァージニア州裁判」の解説の一部です。
「原告」を含む「ラヴィング対ヴァージニア州裁判」の記事については、「ラヴィング対ヴァージニア州裁判」の概要を参照ください。


原告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/29 11:03 UTC 版)

アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件」の記事における「原告」の解説

原告は合計41人(その後40人)で、うち32人が軍人軍属およびその遺族、9人(その後8人)が元慰安婦である。元慰安婦の原告の名前はA(金伊)、B(のちに離脱)、C(金福善)、金学順裁判中死去97.12)、文玉珠裁判中死去96.10)、貴分、廬清子金田きみ子(朴福順)、沈美子である。(『日本の裁判所認定した日本軍慰安婦」の被害事実(上)』、戦争責任研究2007年夏季、第56号および裁判資料中の原告の経歴 より) 裁判中死亡した2名および離脱した1名を除く6人の元慰安婦について東京高裁判決で、事実認定が行われている。認定1本件の背景事情、2各原告の被害事実の2カ所行われており、本件背景事情では、慰安婦制度一般について、その存在国・軍関与があったこと、募集方法詐欺脅迫があったこと、朝鮮半島出身者が多いこと、戦地常時日本軍管理下にあったことなどが認定されている。各原告の被害事実では、6人の原告の出身地慰安婦になった経緯慰安所での強要の状態などが事実認定されている。なお事認定高裁判決確定し最高裁での棄却賠償などの訴え棄却している(『日本の裁判所認定した日本軍慰安婦」の被害事実(上)』、戦争責任研究2007年夏季、第56号および裁判資料中の原告の経歴 より)。被告側事実認定争点とすることなく裁判弁論主義自動的に認定されたという。

※この「原告」の解説は、「アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件」の解説の一部です。
「原告」を含む「アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件」の記事については、「アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「原告」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

原告

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 01:01 UTC 版)

名詞

げんこく

  1. 法律民事訴訟において、えを起こした側の当事者のこと。

発音(?)

げ↗んこく

関連語

対義語

翻訳


「原告」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



原告と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「原告」の関連用語

原告のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



原告のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原告 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの神戸高専剣道実技拒否事件 (改訂履歴)、アーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件 (改訂履歴)、浜岡原発訴訟 (改訂履歴)、ラヴィング対ヴァージニア州裁判 (改訂履歴)、アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの原告 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS