脅迫とは? わかりやすく解説

きょう‐はく〔ケフ‐〕【脅迫】

読み方:きょうはく

[名](スル)

相手あることさせようと、おどしつけること。「人質取って—する」「—状」「—電話

刑法上、他人に恐怖心生じさせる目的で害を加えること通告すること。民法上の強迫に対応。


脅迫

作者富島健夫

収載図書初体験
出版社双葉社
刊行年月1987.2
シリーズ名双葉文庫


脅迫

作者清水一行

収載図書暗黒の月曜日
出版社青樹社
刊行年月1990.3
シリーズ名BIG BOOKS

収載図書暗黒の月曜日
出版社光文社
刊行年月1993.11
シリーズ名光文社文庫

収載図書暗黒の月曜日
出版社徳間書店
刊行年月2001.4
シリーズ名徳間文庫


脅迫

作者井上変里

収載図書短編集 ソフトドリンク
出版社日本図刊行
刊行年月1998.10


脅迫

作者桐野夏生

収載図書ファイアボール・ブルース 2
出版社文藝春秋
刊行年月2001.8
シリーズ名文春文庫


脅迫

作者小西忠彦

収載図書影法師
出版社彩図社
刊行年月2003.7
シリーズ名ぶんりき文庫


脅迫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/19 23:59 UTC 版)

脅迫(きょうはく)とは目的の如何を問わず、相手を脅し威嚇する行為をいう。「強迫」とは同音異義語。




「脅迫」の続きの解説一覧

脅迫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/26 07:47 UTC 版)

三井物産マニラ支店長誘拐事件」の記事における「脅迫」の解説

その後1987年1月16日に、三井物産本社通信社各社脅迫状写真テープ届いた写真は、誘拐され支店長虐待を受けているように見えテープには弱々しい声吹き込まれていた。この写真その後すぐにマスメディアによって報道され若王子解放求め世論沸騰することになる。

※この「脅迫」の解説は、「三井物産マニラ支店長誘拐事件」の解説の一部です。
「脅迫」を含む「三井物産マニラ支店長誘拐事件」の記事については、「三井物産マニラ支店長誘拐事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「脅迫」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

脅迫

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 10:28 UTC 版)

名詞

  (きょうはく)

  1. 相手に何かをさせようとして生命名誉など害する脅しつけること。
  2. 刑法などで相手恐怖心生じさせる目的で害を加えること通告すること。民法類似の概念は「強迫」と表記される

翻訳

発音(?)

きょ↗ーはく

動詞

活用

サ行変格活用
脅迫-する

「脅迫」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

脅迫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



脅迫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脅迫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの三井物産マニラ支店長誘拐事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの脅迫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS