解放とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > 総合雑誌 > 解放の意味・解説 

かい‐ほう〔‐ハウ〕【解放】

読み方:かいほう

[名](スル)束縛(そくばく)されたり制限されたりしているものを、ときはなして自由にすること。「貧困から—される」「—感」

[補説] 書名別項。→解放

「解放」に似た言葉

かいほう〔カイハウ〕【解放】

読み方:かいほう

総合雑誌大正8年1919創刊大正デモクラシー流れにのって、社会主義的傾向示した大正12年(1923)終刊1年後再刊されたが、昭和8年(1933)ころ廃刊


解放

作者豊田有恒

収載図書くたばれ敬語
出版社角川書店
刊行年月1986.2
シリーズ名角川文庫


解放―人生の寓話

作者ケイト・ショパン

収載図書目覚め
出版社荒地出版社
刊行年月1995.11


解放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 18:29 UTC 版)

解放(かいほう)




「解放」の続きの解説一覧

解放(かいほう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/31 05:18 UTC 版)

ウィル・オ・ウィスプ (ゲーム)」の記事における「解放(かいほう)」の解説

全ての人形の鍵、そしてシャムロック系譜に続く能力持った人形師という条件が揃うことで行うことのできる儀式精霊人形である彼らの実体精霊)を人形という器から引き剥がし人形であるがゆえの取り払い精霊に戻すこと。

※この「解放(かいほう)」の解説は、「ウィル・オ・ウィスプ (ゲーム)」の解説の一部です。
「解放(かいほう)」を含む「ウィル・オ・ウィスプ (ゲーム)」の記事については、「ウィル・オ・ウィスプ (ゲーム)」の概要を参照ください。


解放(1944年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 01:57 UTC 版)

レニングラード包囲戦」の記事における「解放(1944年)」の解説

封鎖打破したとはいえ北方軍集団依然として強大であり、大多数包囲陣地維持していた。赤軍奪還した地域確保全力注ぎ新し補給線急ピッチで建設して大規模な食料市内送り込んだが、イスクラ作戦確保したい回廊はドイツ軍の砲爆撃標的となり、不完全ながらレニングラードの包囲継続されていた。しかし、南方ではクルスクの戦いその後赤軍攻勢前にドイツ軍退却続けドニエプル川西のキエフまでも赤軍奪還されていた赤軍1943年9月からゴヴォロフらによりレニングラードの解放作戦検討進めた作戦オラニエンバウムレニングラード西側赤軍橋頭保)、プルコヴォ(レニングラードのすぐ南)、ノブゴロドレニングラード南東方向イリメニ湖のすぐ北)から開始することが決定され作戦に備えて膨大な量の火力集積開始された。21000門の火砲1500以上のロケット砲600門の対空砲攻勢用に集められ開戦以来最大規模砲兵火力集積実現させた。北方軍集団司令官キュヒラーは、赤軍大規模攻勢察知していた。後方予備陣地であるパンテル・ラインに部隊を移す準備整えたが、ヒトラー依然としてレニングラード攻略あきらめていなかった。キュヒラー占領地人的資源赤軍に渡ることを恐れ民間人強制的にパンテル・ラインへ連行したレニングラード完全解放、レニングラード州奪還北方軍集団撃滅目標とする解放作戦(レニングラード・ノヴゴロド攻勢)にはレニングラードヴォルホフ第2バルトの3方面軍に、長距離航空艦隊バルト艦隊加わり125兵士参加してイスクラ作戦から約1年後1944年1月15日開始された。1マイルあたりの砲配置数は320門に達し史上空前規模集中砲火ドイツ軍陣地降り注いだ2時間30分で、50発の砲弾撃ち込まれた。ドイツ第18軍第16軍壊滅的打撃を受け、北方軍集団戦闘力喪失して敗走した赤軍封鎖完全に解放、レニングラード州全域奪還カリーニン州西部エストニアまで兵を進めたドイツ軍はこの攻勢レニングラードから280キロ押し返され攻守完全に逆転した今度ドイツ軍絶望的な防衛戦強いられた1944年1月27日レニングラードでは包囲からの解放を祝う祝砲轟いた1941年9月8日にシュリッセルブルクが陥落し包囲始まってから872日目であった西に向かった赤軍ドイツ軍次の大きな戦いナルヴァをめぐる攻防である。

※この「解放(1944年)」の解説は、「レニングラード包囲戦」の解説の一部です。
「解放(1944年)」を含む「レニングラード包囲戦」の記事については、「レニングラード包囲戦」の概要を参照ください。


解放(リリース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 13:27 UTC 版)

HUNTER×HUNTERの登場人物」の記事における「解放(リリース)」の解説

仲間サブバラ三人互い親指くっつけ合い「解放(リリース)」と言うことで、作動中爆弾強制的に起爆させることができる。当初は爆弾解除法と偽っていた。

※この「解放(リリース)」の解説は、「HUNTER×HUNTERの登場人物」の解説の一部です。
「解放(リリース)」を含む「HUNTER×HUNTERの登場人物」の記事については、「HUNTER×HUNTERの登場人物」の概要を参照ください。


解放(惑星ジェラード5)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 02:11 UTC 版)

スター・ウォーズ 出撃! ローグ中隊」の記事における「解放(惑星ジェラード5)」の解説

惑星ジェラード5の帝国軍司令官物資奪って輸送船逃走しようとしていた。知らせ受けた反乱軍は、輸送船足止めするためクリックス・メイディンがY-ウイング小隊率いて出撃。しかし、速度の遅いY-ウイングでは追尾ミサイル避けきれない。彼らを狙うミサイル砲台と、TIEインターセプター部隊攻撃任務となる。

※この「解放(惑星ジェラード5)」の解説は、「スター・ウォーズ 出撃! ローグ中隊」の解説の一部です。
「解放(惑星ジェラード5)」を含む「スター・ウォーズ 出撃! ローグ中隊」の記事については、「スター・ウォーズ 出撃! ローグ中隊」の概要を参照ください。


解放(パラス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 08:42 UTC 版)

まじもじるるも」の記事における「解放(パラス)」の解説

対象人物の煩悩解き放ち暴走させる心理魔法作中ではチョコレート練り込まれた。

※この「解放(パラス)」の解説は、「まじもじるるも」の解説の一部です。
「解放(パラス)」を含む「まじもじるるも」の記事については、「まじもじるるも」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「解放」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

解放

出典:『Wiktionary』 (2021/07/26 09:44 UTC 版)

発音(?)

名詞

(かいほう)

  1. 束縛制限無くし自由にすること。
  2. 抑圧的な旧習制度から解き放たれて政治的社会的自由を求めること。
  3. しなくてすむようになること。
  4. 特定プログラムなどのために確保していたメモリ領域自由に使えるようにすること。

翻訳

動詞

活用

翻訳

参照




解放と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

解放のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



解放のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの解放 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウィル・オ・ウィスプ (ゲーム) (改訂履歴)、レニングラード包囲戦 (改訂履歴)、HUNTER×HUNTERの登場人物 (改訂履歴)、スター・ウォーズ 出撃! ローグ中隊 (改訂履歴)、まじもじるるも (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの解放 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS