書名とは? わかりやすく解説

しょ‐めい【書名】

読み方:しょめい

書物題名本の名。「―索引


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 01:57 UTC 版)

古事記」の記事における「書名」の解説

書名は『古事記』とされているが、作成当時においては古い書物を示す一般名詞であったことから正式名ではないといわれるまた、書名は安侶が付けたのか、後人付けたのかは定かではない読みは「ふることぶみ」との説もあったが、現在は一般に音読みで「コジキ」と呼ばれる

※この「書名」の解説は、「古事記」の解説の一部です。
「書名」を含む「古事記」の記事については、「古事記」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/16 17:40 UTC 版)

紹巴抄」の記事における「書名」の解説

本書は、現在は著者の名前を入れ込んだ紹巴抄」という名称で呼ばれることが多いが、現存する写本によって以下のようにさまざまな書名が付けられている。しかしながらもともとの著者によって付けられた書名は、内題多く使用されている源氏物語抄」といったごく一般的な名称であったと思われる。 『源氏抄』(無窮会本) 『源氏物語称名院抄』(天理図書館本) 『源氏物語抄』(天理図書館本) 『水原紫明抄』(国会図書館本) 『源氏臨江抄』(蓬左文庫本) 『源氏二十巻抄』(京都大学本)

※この「書名」の解説は、「紹巴抄」の解説の一部です。
「書名」を含む「紹巴抄」の記事については、「紹巴抄」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/10 13:41 UTC 版)

奥入」の記事における「書名」の解説

本書は一般には「奥入」と呼ばれており、定家自筆本おそらくは定家の筆で「奥入」と記されていることから定家自身も本書を「奥入」と呼んでいたと見られるが、さまざまな注釈書を見ると、『河海抄』や『異本紫明抄』では『定家釈』、原中最秘抄では『定家卿釈』、弘安源氏論議では『難儀抄』などと呼ばれており、また『源氏物語奥入』、『源氏奥入』等と呼ばれることもある。写本表題としては、『原語古抄』(神宮文庫本)、『源氏物語秘伝書』(徳島光慶図書館蔵本)、『定家小本』(天理大学附属天理図書館蔵本といったものがある。

※この「書名」の解説は、「奥入」の解説の一部です。
「書名」を含む「奥入」の記事については、「奥入」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/10 14:29 UTC 版)

千鳥抄」の記事における「書名」の解説

本書は伝本によって以下のようなさまざまな書名が記されている。 『源氏物語千鳥抄』 - 続群書類従本、静嘉堂文庫蔵本 『千鳥』 - 宮内庁書陵部蔵本東京大学文学部国語研究室所蔵本 『源氏御談義』 - 天理図書館本、桃園文庫本、三条西家本東北大学本、清心女子大学本 『源氏物語談義』 - 倉野憲司旧蔵本 『源氏談義』 - 宮内庁書陵部桂宮本 『源氏物語聞書』 - 松平文庫本 『相助聞書』 - 徳島光慶図書館蔵本 『源注』 - 加持宮家旧蔵しかしながら多くの伝本附されている跋文によると、著者自身付けた書名が『千鳥』または『千鳥抄』であると考えられるため、一般に千鳥抄』と呼ばれている。

※この「書名」の解説は、「千鳥抄」の解説の一部です。
「書名」を含む「千鳥抄」の記事については、「千鳥抄」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/19 01:53 UTC 版)

山下水」の記事における「書名」の解説

本書の『山下水』という書名は、本書料簡に「古今山下水云々」とあることから『古今和歌集真名序の「山したみずのたえず」とあるのに由来する著者自身の命名よるものであることがわかる。この「山下水」という名称は、「山陰流れの意味で、祖父と父による『源氏物語』注釈書である『細流抄』と同趣旨の命名であると考えられ、また『源氏物語』についての全ての説を論じきったことを海へ流れ込む川に例え命名されたとする河海抄に対する謙遜から来た命名であると思われる写本によっては『源氏物語抄箋』(宮内庁書陵部蔵本)や『源氏注解』(京都大学文学部蔵本)といった題号を持つものもあり、また「源氏物語抄箋」として引かれていることもある。

※この「書名」の解説は、「山下水」の解説の一部です。
「書名」を含む「山下水」の記事については、「山下水」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/19 01:15 UTC 版)

紫家七論」の記事における「書名」の解説

本書の最も一般的な書名は『紫家七論しかしちろん)』であるが、以下のような様々な名称で呼ばれることもある。 『紫女七論(しじょしちろん)』 『源氏七論げんじしちろん)』(神宮皇學館文庫本など) 『七論(しちろん)』 『源氏物語考これらの表題多く使われている「七論」の名は、本書でその議論作者に関するもの2つ物語に関するもの5つの計7つの項目にまとめていることに由来している。

※この「書名」の解説は、「紫家七論」の解説の一部です。
「書名」を含む「紫家七論」の記事については、「紫家七論」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/17 14:43 UTC 版)

雨夜談抄」の記事における「書名」の解説

同書は『雨夜談抄』の他に帚木別註もしくは雨夜談抄』と『帚木別註』の二つ組み合わせた雨夜談抄一名帚木別註もしくは雨夜談抄帚木別注』といった様々な題名呼ばれている。これらはいずれ同書源氏物語の中の第2帖である帚木巻のみ、さらにほとんどはその中一場面である「雨夜の品定め」のみの注釈であるということ由来する名称である。

※この「書名」の解説は、「雨夜談抄」の解説の一部です。
「書名」を含む「雨夜談抄」の記事については、「雨夜談抄」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/12 03:21 UTC 版)

龍龕手鑑」の記事における「書名」の解説

題の「龍龕」は「龍蔵」と同じで大蔵経意味するという。

※この「書名」の解説は、「龍龕手鑑」の解説の一部です。
「書名」を含む「龍龕手鑑」の記事については、「龍龕手鑑」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:23 UTC 版)

スローターハウス5」の記事における「書名」の解説

スローターハウス5」(小説中では「シュラハトホーフ=フュンフ」(ドイツ語: Schlachthof Fünf))とは「第5屠殺場」を意味しドレスデン爆撃の間、主人公ビリー・ピルグリムが捕虜として収容された場所である(これは、ドレスデン捕虜となったヴォネガット自身の体験対応している)。ヴォネガットは、『チャンピオンたちの朝食』などの他の著作でもしているように、当作にも副題付けている。当作のそれは『子供十字軍』である。ヴォネガット最初の章で、子供たち奴隷として売られ13世紀少年十字軍について触れている(実際の歴史上の出来事どのようなものであったかについては異論があるが、文学的に子供たち意図的に奴隷として売ったことを意味する)。ヴォネガット戦争を「子供奴隷として売ること」に比せて、この副題をつけた。

※この「書名」の解説は、「スローターハウス5」の解説の一部です。
「書名」を含む「スローターハウス5」の記事については、「スローターハウス5」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 15:50 UTC 版)

増鏡」の記事における「書名」の解説

序の部分に「愚かなる心や見えんます鏡」と老尼詠んでおり、さらに筆者の「いまもまた昔をかけばます鏡 振りぬる代々の跡にかさねん」という歌から書名が由来する。 「ます鏡」とは、第一義には、「真澄(ますみ)の鏡」の略であり、古語で「よく澄んだ鏡」という意味である。井上宗雄は、古を「今の鑑」(現代への手本)とする『今鏡』の訓戒精神とは違い、『ます鏡』という題には、過去偽りなく写す鏡であるという歴史的事実ありのままに記すことを重んじる精神現れているのではないかとしている。 さらに、岡一男山岸徳平鈴木一雄らによる、「大鏡」・「今鏡」・「水鏡」のいわゆる三鏡」にさらに一つを「増す」(付け加える)というダブルミーニングなのではないかという説もある。 なお、現在は普通「増鏡」と表記されるが、写本では「真寸鏡」「益鏡」「ますかゞみ」といった表記もある。『源起記』という題を用い写本もある。

※この「書名」の解説は、「増鏡」の解説の一部です。
「書名」を含む「増鏡」の記事については、「増鏡」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 15:06 UTC 版)

日本文徳天皇実録」の記事における「書名」の解説

日本のそれまで正史は、いずれも「紀」と命名されていた。日本が範とした中国においては、正史はある王朝倒れた後に新たな王朝前代王朝歴史をまとめるという形で作られている。これに対して実録とはもともとある皇帝一代ごとに、その事蹟を書き記したものであった日本の正史は、『日本書紀』はともかく『続日本紀』以降は「むしろ一つ王朝歴代君主の統治記録として性格を持っていた。こうした流れをくむ文徳実録が「実録」という書名を採用したことは、日本の史書中国の実録模していったことの表れであるとされる

※この「書名」の解説は、「日本文徳天皇実録」の解説の一部です。
「書名」を含む「日本文徳天皇実録」の記事については、「日本文徳天皇実録」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 17:07 UTC 版)

葛城みち」の記事における「書名」の解説

常陸国風土記 古事記 日本書紀 表 話 編 歴 司馬'"`UNIQ--templatestyles-00000001-QINU`"'遼太郎作品長編小説梟の城 花咲ける上方武士道 風の武士 戦雲の夢 風神の門 竜馬がゆく 燃えよ剣 尻啖え孫市 功名が辻 城をとる話 国盗り物語 北斗の人 俄 浪華遊侠伝 関ヶ原 十一番目の志士 最後の将軍 殉死 夏草の賦 新史太閤記 義経宮本武蔵 坂の上の雲 妖怪 大盗禅師 歳月 世に棲む日日 城塞 花神 覇王の家 播磨灘物語 翔ぶが如く 空海の風景 胡蝶の夢 項羽と劉邦 ひとびとの跫音 菜の花の沖 箱根の坂 韃靼疾風録 短編小説集白い歓喜天 大坂侍 最後の伊賀者 果心居士の幻術 おお、大砲 一夜官女 真説宮本武蔵 花房助兵衛 幕末 新選組血風録 鬼謀の人 酔って候 豊臣家の人々 王城の護衛者 喧嘩草雲 故郷忘じがたく候 人斬り以蔵 馬上少年過ぐ 木曜島の夜会 おれは権現 軍師二人 アームストロング砲 ペルシャの幻術師 侍はこわい 花妖戯曲花の館 鬼灯 司馬遼太郎舞台 その他作品魔女時間 豚と薔薇 古寺炎上 街道をゆく 映画作品恋をするより得をしろ 忍者秘帖 梟の城 新選組血風録 近藤勇 暗殺 風の武士 城取り 泥棒番付 燃えよ剣 尻啖え孫市 忍びの衆 梟の城 owl's castle 御法度 関ヶ原 ドラマ作品 大河ドラマ竜馬がゆく 国盗り物語 花神 翔ぶが如く 徳川慶喜 功名が辻 TBS大型時代劇スペシャル竜馬がゆく 愛に燃え戦国の女-豊臣家の人々より- 新春ワイド時代劇竜馬がゆく 1982年版 国盗り物語 竜馬がゆく 2004年版 その他梟の城 風の武士 上方武士道 1961年版 新選組血風録 1965年版 竜馬がゆく 1965年版 燃えよ剣 1966年版 戦国夫婦物語功名が辻北斗の人 1967年版 日本剣客伝 十一番目の志士 上方武士道 1969年燃えよ剣 1970年俄-浪華遊侠伝北斗の人 1974年版 風神の門 関ヶ原 燃えよ剣 1990年版 けろりの道頓 秀吉と女を争った男 司馬遼太郎功名が辻 新選組血風録 1998年蒼天の夢 松陰と晋作・新世紀への挑戦 菜の花の沖 坂の上の雲 新選組血風録 2011年版 ラジオ司馬遼太郎短篇傑作選 紀行・ドキュメンタリー九州街道ものがたり 街道をゆく 空海の風景 司馬遼太郎と城を歩く 関連項目歴史小説 司馬太郎記念館 司馬遼太郎賞 福田みどり カテゴリ司馬太郎 小説 映画 テレビドラマ 街道をゆく この項目は、文学関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:文学/PJライトノベル)。項目が小説家作家の場合には {{Writer-stub}} を、文学作品以外の本・雑誌の場合には {{Book-stub}} を貼り付けてください

※この「書名」の解説は、「葛城みち」の解説の一部です。
「書名」を含む「葛城みち」の記事については、「葛城みち」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 07:53 UTC 版)

源氏小鏡」の記事における「書名」の解説

本書は内容細かな違いのある異本が多いとともに標題さまざまなものがあることを特色としている。それらの書名には、 「小鏡(鑑)」の語を含むもの『源氏小鏡』(石山寺本、桃園文庫蔵本東京都立中央図書館特別文庫蔵本) 『小鏡』(天理大学図書館蔵本) 『源氏の注小鏡』(宮内庁書陵部蔵本) 『源氏注品小鏡』(阪本龍門文庫蔵本) 「目録」の語を含むもの『源氏目録次第』(桃園文庫蔵本) 『源氏目録』(京都大学付属図書館蔵本) 「源氏○○抄(鈔)」の形のもの『源概抄』(神宮文庫蔵本) 『源氏要文抄』(京都大学文学部蔵本) 『源氏類鈔』 『源氏物語抄解』(東北大学図書館蔵本) その他独自のもの『源海集』(宮内庁書陵部蔵本) 『源氏抜書』(桃園文庫蔵本) 『源氏ゆかりの肝要』(横尾勇之助蔵本) 『源氏大概』 『源氏大意』 『源氏小巻』 『光源氏一部連歌寄合之事』 『源氏物語聞書』(広島文理科大学旧蔵本) 『源氏秘伝書』(徳島光慶図書館旧蔵本) 『源氏略章』(神宮文庫蔵本) 『歌伝抄』 『木芙蓉』(徳島光慶図書館旧蔵本、上野図書館内閣文庫蔵本) 『源氏木芙蓉』(広島大学蔵本国会図書館蔵本

※この「書名」の解説は、「源氏小鏡」の解説の一部です。
「書名」を含む「源氏小鏡」の記事については、「源氏小鏡」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/31 06:31 UTC 版)

紫の一本」の記事における「書名」の解説

古今和歌集の有名歌紫の一本故に武蔵野皆がらあはれとぞ見る」(巻17雑歌上・867)が由来と見られる平安時代当時辺境の地であった武蔵国において、ムラサキ一本咲いているのを見ると、そこに生え全ての草木愛おしく思えるといった意味で、この歌以降紫の一本」(一輪ムラサキ)と「武蔵野」は共に詠まれることが定着し『源氏物語』も本歌取の歌が見える。 佐佐木信綱は「此著はまことに当時未だ春風がめぐまずして、荒涼たりし武蔵野文学界に於ける紫の一本」であつた。」と評している。

※この「書名」の解説は、「紫の一本」の解説の一部です。
「書名」を含む「紫の一本」の記事については、「紫の一本」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 02:57 UTC 版)

日本書紀」の記事における「書名」の解説

『日本書紀』書名について古くから議論重ねられている。これは元々の書名について議論で、主として『日本紀』だったとする説と、初めから『日本書紀』だったとする説が存在するこのような議論生じた理由近代以前史料において『日本書紀』がしばしば『日本紀』呼ばれていること、そして『続日本紀』を始めとした後の六国史が「日本紀」を書名に取っていることにある。さらに、『日本書紀』の書名に違和感覚える者は承平年間931年-938年)には既に存在していたと見られ、『釈日本紀』に引用され私記には書名を巡る問答記録されている。『釈日本紀においては『後漢書』帝王事績を「書紀」、臣下の事績を「書列伝」という名でまとめているので、『日本書紀』はそれに倣ったのであるとされている。しかし、坂本太郎指摘によれば現存する『後漢書』には上記のような区分採用している事実はない。近世以降の学説について、以下に坂本太郎のまとめに拠って各説概要を示す

※この「書名」の解説は、「日本書紀」の解説の一部です。
「書名」を含む「日本書紀」の記事については、「日本書紀」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 06:06 UTC 版)

易経」の記事における「書名」の解説

この書物本来の書名は『易』または『周易』である。『易経』というのは以降の名称で、儒教経書挙げられたためにこう呼ばれる。 なぜ『易』という名なのか、古来から様々な説唱えられてきた。ただし、「易」という語がもっぱら「変化」意味し、また占いというもの自体過去・現在・未来へと変化流転していくものを捉えようとするものであることから何らかの点で “変化”関連する考える人が多い。 有名なものに「易」という字が蜥蜴由来するという “蜥蜴説” があり、蜥蜴肌の色変化させることに由来するという。 また、「易」の字が「日」と「月」から構成されるとする “日月説” があり、太陽太陰(月)陰陽を代表させているとする説もあり、太陽や月、星の運行から運命読みとる占星術由来する考える人もいる。 伝統的な儒教考えでは、『周易正義』が引く『易緯乾鑿度』の「易は一名にして三義を含む」という「変易」「不易」「易簡(簡易)」(かわる、かわらぬたやすい)の “三易説” を採っている。 また、『周易』の「周」は中国王朝周代易の意であると言われることが多いが、鄭玄などは「周」は「あまねくの意味であると解している。しかし、『史記日者列伝には、「周代において最も盛んであった」という記述がある。

※この「書名」の解説は、「易経」の解説の一部です。
「書名」を含む「易経」の記事については、「易経」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 05:50 UTC 版)

源氏雑乱抄」の記事における「書名」の解説

源氏雑乱抄」という本書の書名は源氏物語の「年立」の「雑乱」(乱れていること)について注釈したという意味である。本書の「源氏雑乱抄」とは多くの伝本における外題であり、内題は「源氏雑乱之鈔」とされていることが多く多くの伝本その下に宗祇註之」と付記されている。「抄」の字は「鈔」とされることもある。

※この「書名」の解説は、「源氏雑乱抄」の解説の一部です。
「書名」を含む「源氏雑乱抄」の記事については、「源氏雑乱抄」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 01:50 UTC 版)

炎と怒り」の記事における「書名」の解説

2017年8月核開発ミサイル発射実験繰り返している北朝鮮に対しトランプ大統領が「世界見たことのない炎と怒り直面するだろう」と威嚇した際の表現から取られている。もともとは『旧約聖書の中のイザヤ書」の一節から。

※この「書名」の解説は、「炎と怒り」の解説の一部です。
「書名」を含む「炎と怒り」の記事については、「炎と怒り」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 06:48 UTC 版)

説郛」の記事における「書名」の解説

題名揚雄法言』問神篇の「大いなるかな、天地万物の郭たるや、五経衆説の郛たるや」(「郛」は町の周りを囲む城壁)に由来する

※この「書名」の解説は、「説郛」の解説の一部です。
「書名」を含む「説郛」の記事については、「説郛」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/09 09:49 UTC 版)

蒙古源流」の記事における「書名」の解説

『蒙古源流』原名はその跋文に記す通り、『Qad-un ündüsün-ü erdeni-yin tobči(ハドン・ウンドゥスヌ・エルデニイン・トヴチ:帝王源流宝玉の史綱)』といい、略して『Erdeni-yin tobči(エルデニイン・トヴチ:宝玉の史綱)』という。1766年、清の乾隆帝ハルハのチェングンジャブ(中国語版)に命じて『エルデニイン・トヴチ』を進呈させ、満州語翻訳した。これを『Enetkek Tubet Monggo han sai da sekiyen(インド・チベット・モンゴルの帝王源流)』といい、略して『monggo han sai da sekiyen(モンゴル帝王源流)』という。これがさらに漢文翻訳されて『額訥特珂克・土伯特・蒙古汗等源流』となり、略して『蒙古源流』となった

※この「書名」の解説は、「蒙古源流」の解説の一部です。
「書名」を含む「蒙古源流」の記事については、「蒙古源流」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/26 09:33 UTC 版)

廿五部秘書」の記事における「書名」の解説

1940年国文学者山田孝雄自著平田篤胤の中で廿五部秘書の書名を公開している。 太皞暦旋式 一軸 天象古説一軸 古暦日歩二十古暦月歩十二巻 終古冬至三巻 古今交蝕囲範 三十六巻附総論一巻 天朝無窮暦前編 六巻 天朝無窮暦後編 十二巻 古今日契暦 初編二編五百武学本論 三巻 玄学得門編 五巻 神僊教化五巻 神僊方術五巻 神僊方薬五巻 神僊服餌編 五巻 神僊行気編 三巻 神僊導引二巻 神僊採補編 二巻 玄学月令五巻 家礼徴古編 五巻 太一循甲古義 二巻 五嶽真形図三巻 名家方函類編 十巻 密教修事部類 十巻 仙境異聞勝五郎再生記聞 五巻

※この「書名」の解説は、「廿五部秘書」の解説の一部です。
「書名」を含む「廿五部秘書」の記事については、「廿五部秘書」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 06:49 UTC 版)

ウラノメトリア」の記事における「書名」の解説

書名は、正式にUranometria: Omnium Asterismorum Continens Schemata, Nova Methodo Delineata, Aereis Laminis Expressa といい、『ウラノメトリア - 新しい方法描かれ銅版印刷されたすべての星座の図を集めたという意味である。 『ウラノメトリアUranometriaギリシア語源のラテン語で、「天空」 を意味する urano- と 「測定」 を意味する -metr- からなる。urano- はギリシア神話登場する天空神巨神族のウーラノス (Οὐρανός) やムーサイ一柱ウーラニアー (Οὐρανία) に見えている上掲扉絵中央上部女性ウーラニアー)。urano- を geo- に入れ換えると、幾何学にあたる geometry になる。

※この「書名」の解説は、「ウラノメトリア」の解説の一部です。
「書名」を含む「ウラノメトリア」の記事については、「ウラノメトリア」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 03:31 UTC 版)

忘憂清楽集」の記事における「書名」の解説

書名の「忘憂清楽」は、徽宗囲碁)について詠んだ詩である、 忘憂清楽在枰 仙子精攻歳未笄 窓下毎将図局案 恐防宣詔較高低 にちなんだもの。

※この「書名」の解説は、「忘憂清楽集」の解説の一部です。
「書名」を含む「忘憂清楽集」の記事については、「忘憂清楽集」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 04:33 UTC 版)

フィフリスト」の記事における「書名」の解説

本書の書名は、アラビア語で كتاب الفهرست, Kitāb al-Fihrist という。正則アラビア語風にカナ表記すると「キターブ・アル=フィフリスト」あるいは「キターブ=ル=フィフリスト」などになる。「本」意味するアラビア語「キターブ」に続く、الفهرست は、アラビア語の定冠詞付加されているが、ペルシア語で「一覧(list, index)」を意味する言葉である。現代口語でも「フェフレスト」と読んで日常的に使われる単語である。しかし、アラビア語書かれ書籍題名としては風変わりであることから著者イブン・ナディームにはペルシア人説が(確証得られる見込みはおそらくないであろうけれども)根強くある。なお、「フィフリスト」に「諸学の」を付加する(Fihrist al-ʿulūm)書名のバリエーションもある。 ペルシア語言語史上、『フィフリスト』が書かれ時代は、現代ペルシア語直結する新ペルシア語あるいは近代ペルシア語Modern Persian)」が誕生した時代にあたるこの頃サーサーン朝滅びてアラビア語から大量の語彙が入るとともにアラビア文字による表記始まった当時発音再建する研究によれば、فهرست の発音は、pehrest/fehrest/fehres/fahrasat であった可能性がある日本語の文献における本書題名は、新ペルシア語古典期風にカナ表記した『フィフリストとされる場合比較的多い。後述するように、本書はグノーシス主義研究不可欠な資料になっているが、当該分野研究者執筆した文献では、たまに『フィーリスト』と書かれていることがある題名翻訳される場合、『目録の書』、『学術書目録』、『目録』といった訳題例がある。

※この「書名」の解説は、「フィフリスト」の解説の一部です。
「書名」を含む「フィフリスト」の記事については、「フィフリスト」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 09:28 UTC 版)

スティーブ・ジョブズ (書籍)」の記事における「書名」の解説

2011年4月出版発表の際の書名は、サイモン・アンド・シュスターの宣伝部門が選んだ『iSteve: The Book of Jobs』(「ヨブ記(英: The Book of Job)」の摸倣であったが、アイザックソンはその書名を気に入らず、単純かつ優雅のものに差し替えた。『スティーブ・ジョブズ』という書名は、ジョブズミニマルスタイル反映し、かつ非公認出版物異な正当な伝記であることを強調している。

※この「書名」の解説は、「スティーブ・ジョブズ (書籍)」の解説の一部です。
「書名」を含む「スティーブ・ジョブズ (書籍)」の記事については、「スティーブ・ジョブズ (書籍)」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 18:03 UTC 版)

尸子」の記事における「書名」の解説

尸子』は、上記の尸佼の著作で、『漢書』芸文志では雑家含める。もと20篇があったというが、南宋いたって失われた日本から逆輸入した『群書治要』巻36載せる尸子13をもとにその他の書引用加えて清代章宗源が輯佚書を作った。これをのちに孫星衍補訂した『尸子集本』2巻や、さらに汪継培が補った尸子校正2巻が現在行われている。

※この「書名」の解説は、「尸子」の解説の一部です。
「書名」を含む「尸子」の記事については、「尸子」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 00:48 UTC 版)

ステレオ (曖昧さ回避)」の記事における「書名」の解説

stereo (雑誌) - オーディオ誌の一つ。 『むかし二人鉛版(ステレオ)師がいた』(ISBN 4862650627) - 高取武の著作一つ

※この「書名」の解説は、「ステレオ (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「書名」を含む「ステレオ (曖昧さ回避)」の記事については、「ステレオ (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 07:45 UTC 版)

更級日記」の記事における「書名」の解説

書名の「更級」(更科)は、作中の「月も出でで闇にくれたる姨捨なにとて今宵たづね来つらむ」の歌が、『古今和歌集』の一首「わが心慰めかねつ更級姨捨山に照る月を見て雑歌上、よみ人しらず)」を本歌取りしていることに由来すると言われている。作中に「更級」の文言は無い。 御物本(後述)の外題に「更級日記」とあるが、それ以前に題があったかどうかは不明である

※この「書名」の解説は、「更級日記」の解説の一部です。
「書名」を含む「更級日記」の記事については、「更級日記」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/25 15:36 UTC 版)

貞観儀式」の記事における「書名」の解説

政事要略においては、『儀式 貞観』という引用句があり、続いて本朝法家文書目録』には『貞観儀式10巻記されている。中世近世を通じて儀式』と称される10巻本があり、江戸時代中期荷田春満その内容から三代儀式1つである『貞観儀式』であると比定して以後これが通説化されており、所功らがこれを支持している。その一方で、平安時代中期著作である『政事要略』が書名を『貞観儀式』とせずに『儀式 貞観』としているのは、当初からこの書名は『儀式』と称されており、『政事要略』は単に脚注として編纂年代である元号の「貞観」を付記したに過ぎないこと、『本朝法家文書目録』は今日では存在疑問視されている三代儀式存在前提書いており、実際には存在しなかった弘仁儀式を掲げるなど正確性疑問があるとして、正式な書名は『儀式』であるとする森田悌らの説も存在する

※この「書名」の解説は、「貞観儀式」の解説の一部です。
「書名」を含む「貞観儀式」の記事については、「貞観儀式」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/17 14:47 UTC 版)

甲州街道 (街道をゆく)」の記事における「書名」の解説

最後の将軍・徳川慶喜田中惣五郎) 『徳川慶喜公伝』八巻 戯曲徳川慶喜食満南北) 表 話 編 歴 司馬'"`UNIQ--templatestyles-00000002-QINU`"'遼太郎作品長編小説梟の城 花咲ける上方武士道 風の武士 戦雲の夢 風神の門 竜馬がゆく 燃えよ剣 尻啖え孫市 功名が辻 城をとる話 国盗り物語 北斗の人 俄 浪華遊侠伝 関ヶ原 十一番目の志士 最後の将軍 殉死 夏草の賦 新史太閤記 義経宮本武蔵 坂の上の雲 妖怪 大盗禅師 歳月 世に棲む日日 城塞 花神 覇王の家 播磨灘物語 翔ぶが如く 空海の風景 胡蝶の夢 項羽と劉邦 ひとびとの跫音 菜の花の沖 箱根の坂 韃靼疾風録 短編小説集白い歓喜天 大坂侍 最後の伊賀者 果心居士の幻術 おお、大砲 一夜官女 真説宮本武蔵 花房助兵衛 幕末 新選組血風録 鬼謀の人 酔って候 豊臣家の人々 王城の護衛者 喧嘩草雲 故郷忘じがたく候 人斬り以蔵 馬上少年過ぐ 木曜島の夜会 おれは権現 軍師二人 アームストロング砲 ペルシャの幻術師 侍はこわい 花妖戯曲花の館 鬼灯 司馬遼太郎舞台 その他作品魔女時間 豚と薔薇 古寺炎上 街道をゆく 映画作品恋をするより得をしろ 忍者秘帖 梟の城 新選組血風録 近藤勇 暗殺 風の武士 城取り 泥棒番付 燃えよ剣 尻啖え孫市 忍びの衆 梟の城 owl's castle 御法度 関ヶ原 ドラマ作品 大河ドラマ竜馬がゆく 国盗り物語 花神 翔ぶが如く 徳川慶喜 功名が辻 TBS大型時代劇スペシャル竜馬がゆく 愛に燃え戦国の女-豊臣家の人々より- 新春ワイド時代劇竜馬がゆく 1982年版 国盗り物語 竜馬がゆく 2004年版 その他梟の城 風の武士 上方武士道 1961年版 新選組血風録 1965年版 竜馬がゆく 1965年版 燃えよ剣 1966年版 戦国夫婦物語功名が辻北斗の人 1967年版 日本剣客伝 十一番目の志士 上方武士道 1969年燃えよ剣 1970年俄-浪華遊侠伝北斗の人 1974年版 風神の門 関ヶ原 燃えよ剣 1990年版 けろりの道頓 秀吉と女を争った男 司馬遼太郎功名が辻 新選組血風録 1998年蒼天の夢 松陰と晋作・新世紀への挑戦 菜の花の沖 坂の上の雲 新選組血風録 2011年版 ラジオ司馬遼太郎短篇傑作選 紀行・ドキュメンタリー九州街道ものがたり 街道をゆく 空海の風景 司馬遼太郎と城を歩く 関連項目歴史小説 司馬太郎記念館 司馬遼太郎賞 福田みどり カテゴリ司馬太郎 小説 映画 テレビドラマ 街道をゆく この項目は、文学関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:ライトノベルPortal:文学)。項目が小説家作家の場合には {{Writer-stub}} を、文学作品以外の本・雑誌の場合には {{Book-stub}} を貼り付けてください

※この「書名」の解説は、「甲州街道 (街道をゆく)」の解説の一部です。
「書名」を含む「甲州街道 (街道をゆく)」の記事については、「甲州街道 (街道をゆく)」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/17 14:48 UTC 版)

長州路 (街道をゆく)」の記事における「書名」の解説

太宰治の『走れメロス子母沢寛の『新撰組始末記』 表 話 編 歴 司馬'"`UNIQ--templatestyles-00000001-QINU`"'遼太郎作品長編小説梟の城 花咲ける上方武士道 風の武士 戦雲の夢 風神の門 竜馬がゆく 燃えよ剣 尻啖え孫市 功名が辻 城をとる話 国盗り物語 北斗の人 俄 浪華遊侠伝 関ヶ原 十一番目の志士 最後の将軍 殉死 夏草の賦 新史太閤記 義経宮本武蔵 坂の上の雲 妖怪 大盗禅師 歳月 世に棲む日日 城塞 花神 覇王の家 播磨灘物語 翔ぶが如く 空海の風景 胡蝶の夢 項羽と劉邦 ひとびとの跫音 菜の花の沖 箱根の坂 韃靼疾風録 短編小説集白い歓喜天 大坂侍 最後の伊賀者 果心居士の幻術 おお、大砲 一夜官女 真説宮本武蔵 花房助兵衛 幕末 新選組血風録 鬼謀の人 酔って候 豊臣家の人々 王城の護衛者 喧嘩草雲 故郷忘じがたく候 人斬り以蔵 馬上少年過ぐ 木曜島の夜会 おれは権現 軍師二人 アームストロング砲 ペルシャの幻術師 侍はこわい 花妖戯曲花の館 鬼灯 司馬遼太郎舞台 その他作品魔女時間 豚と薔薇 古寺炎上 街道をゆく 映画作品恋をするより得をしろ 忍者秘帖 梟の城 新選組血風録 近藤勇 暗殺 風の武士 城取り 泥棒番付 燃えよ剣 尻啖え孫市 忍びの衆 梟の城 owl's castle 御法度 関ヶ原 ドラマ作品 大河ドラマ竜馬がゆく 国盗り物語 花神 翔ぶが如く 徳川慶喜 功名が辻 TBS大型時代劇スペシャル竜馬がゆく 愛に燃え戦国の女-豊臣家の人々より- 新春ワイド時代劇竜馬がゆく 1982年版 国盗り物語 竜馬がゆく 2004年版 その他梟の城 風の武士 上方武士道 1961年版 新選組血風録 1965年版 竜馬がゆく 1965年版 燃えよ剣 1966年版 戦国夫婦物語功名が辻北斗の人 1967年版 日本剣客伝 十一番目の志士 上方武士道 1969年燃えよ剣 1970年俄-浪華遊侠伝北斗の人 1974年版 風神の門 関ヶ原 燃えよ剣 1990年版 けろりの道頓 秀吉と女を争った男 司馬遼太郎功名が辻 新選組血風録 1998年蒼天の夢 松陰と晋作・新世紀への挑戦 菜の花の沖 坂の上の雲 新選組血風録 2011年版 ラジオ司馬遼太郎短篇傑作選 紀行・ドキュメンタリー九州街道ものがたり 街道をゆく 空海の風景 司馬遼太郎と城を歩く 関連項目歴史小説 司馬太郎記念館 司馬遼太郎賞 福田みどり カテゴリ司馬太郎 小説 映画 テレビドラマ 街道をゆく この項目は、文学関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:ライトノベルPortal:文学)。項目が小説家作家の場合には {{Writer-stub}} を、文学作品以外の本・雑誌の場合には {{Book-stub}} を貼り付けてください

※この「書名」の解説は、「長州路 (街道をゆく)」の解説の一部です。
「書名」を含む「長州路 (街道をゆく)」の記事については、「長州路 (街道をゆく)」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 09:40 UTC 版)

芸備の道」の記事における「書名」の解説

[[]] 表 話 編 歴 司馬'"`UNIQ--templatestyles-00000001-QINU`"'遼太郎作品長編小説梟の城 花咲ける上方武士道 風の武士 戦雲の夢 風神の門 竜馬がゆく 燃えよ剣 尻啖え孫市 功名が辻 城をとる話 国盗り物語 北斗の人 俄 浪華遊侠伝 関ヶ原 十一番目の志士 最後の将軍 殉死 夏草の賦 新史太閤記 義経宮本武蔵 坂の上の雲 妖怪 大盗禅師 歳月 世に棲む日日 城塞 花神 覇王の家 播磨灘物語 翔ぶが如く 空海の風景 胡蝶の夢 項羽と劉邦 ひとびとの跫音 菜の花の沖 箱根の坂 韃靼疾風録 短編小説集白い歓喜天 大坂侍 最後の伊賀者 果心居士の幻術 おお、大砲 一夜官女 真説宮本武蔵 花房助兵衛 幕末 新選組血風録 鬼謀の人 酔って候 豊臣家の人々 王城の護衛者 喧嘩草雲 故郷忘じがたく候 人斬り以蔵 馬上少年過ぐ 木曜島の夜会 おれは権現 軍師二人 アームストロング砲 ペルシャの幻術師 侍はこわい 花妖戯曲花の館 鬼灯 司馬遼太郎舞台 その他作品魔女時間 豚と薔薇 古寺炎上 街道をゆく 映画作品恋をするより得をしろ 忍者秘帖 梟の城 新選組血風録 近藤勇 暗殺 風の武士 城取り 泥棒番付 燃えよ剣 尻啖え孫市 忍びの衆 梟の城 owl's castle 御法度 関ヶ原 ドラマ作品 大河ドラマ竜馬がゆく 国盗り物語 花神 翔ぶが如く 徳川慶喜 功名が辻 TBS大型時代劇スペシャル竜馬がゆく 愛に燃え戦国の女-豊臣家の人々より- 新春ワイド時代劇竜馬がゆく 1982年版 国盗り物語 竜馬がゆく 2004年版 その他梟の城 風の武士 上方武士道 1961年版 新選組血風録 1965年版 竜馬がゆく 1965年版 燃えよ剣 1966年版 戦国夫婦物語功名が辻北斗の人 1967年版 日本剣客伝 十一番目の志士 上方武士道 1969年燃えよ剣 1970年俄-浪華遊侠伝北斗の人 1974年版 風神の門 関ヶ原 燃えよ剣 1990年版 けろりの道頓 秀吉と女を争った男 司馬遼太郎功名が辻 新選組血風録 1998年蒼天の夢 松陰と晋作・新世紀への挑戦 菜の花の沖 坂の上の雲 新選組血風録 2011年版 ラジオ司馬遼太郎短篇傑作選 紀行・ドキュメンタリー九州街道ものがたり 街道をゆく 空海の風景 司馬遼太郎と城を歩く 関連項目歴史小説 司馬太郎記念館 司馬遼太郎賞 福田みどり カテゴリ司馬太郎 小説 映画 テレビドラマ 街道をゆく この項目は、文学関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:文学/PJライトノベル)。項目が小説家作家の場合には {{Writer-stub}} を、文学作品以外の本・雑誌の場合には {{Book-stub}} を貼り付けてください

※この「書名」の解説は、「芸備の道」の解説の一部です。
「書名」を含む「芸備の道」の記事については、「芸備の道」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 14:53 UTC 版)

見聞集」の記事における「書名」の解説

目録題は『見聞集』。ただし、(4)書陵部(古心堂叢書)本と(18)大洲矢野本の巻3・巻5の目録題には「見聞集一名江戸物語〕」とあり、鈴木白藤系の写本特徴となっている。 外題は「見聞集」のほか「慶長見聞集」が(2)内閣文庫本・(11)東京都公文書館本など、「三浦見聞集」が(3)書陵部嘉永3写6冊)本にみえる。 「慶長見聞集」の呼称は、文久3年1863年)の斎藤月岑睡余觚操』で用いられている。 近藤瓶城史籍集覧 慶長見聞集』は1884年刊行当初、同題の他書区別するためとして「慶長見聞集」の書名を用いていたが、1901年の『改定史籍集覧』では「見聞集」に改めた。跋の中にあった書名に関する説明削除されている。 『国書総目録』に別名として江戸物語』とあり、国民文庫雑史集』や『江戸叢書 巻の2』の解題にも言及があるが、実例上記の鈴木白藤本の巻3・巻5の目録題に別名として記載があるくらい。 『(刊本)そぞろ物語』は跋にあたる「常佐。眼をとづる事」を除いて内容が『見聞集』と重複しており、三浦浄心順礼物語』の序にある自著紹介には、20冊の『(稿本)そぞろ物語』と1冊の『(刊本)そぞろ物語』が存在することが記されていることから、『見聞集』は『(稿本)そぞろ物語』である、とする喜多村節信の説がある。『見聞集』の序には「見聞たりしよしなしこと」、跋にあたる巻10の「老て小童を友とする事」には「そぞろ言」とある。

※この「書名」の解説は、「見聞集」の解説の一部です。
「書名」を含む「見聞集」の記事については、「見聞集」の概要を参照ください。


書名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/19 02:25 UTC 版)

金兼藁」の記事における「書名」の解説

書名の「金兼」とは「鎌」の析字(せきじ、破字(はじ)とも言う漢字を偏や旁、その他の字画によって分解するもの。中国から伝わった漢学者のひとつスタイルである)。「」は「稿」と書くこともある。鎌倉における漢詩その他を書き留めた雑稿の意味

※この「書名」の解説は、「金兼藁」の解説の一部です。
「書名」を含む「金兼藁」の記事については、「金兼藁」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「書名」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

書名

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 04:36 UTC 版)

名詞

しょめい

  1. 書物題名名前

発音(?)

しょ↗めー

翻訳


「書名」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「書名」の関連用語

書名のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



書名のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの古事記 (改訂履歴)、紹巴抄 (改訂履歴)、奥入 (改訂履歴)、千鳥抄 (改訂履歴)、山下水 (改訂履歴)、紫家七論 (改訂履歴)、雨夜談抄 (改訂履歴)、龍龕手鑑 (改訂履歴)、スローターハウス5 (改訂履歴)、増鏡 (改訂履歴)、日本文徳天皇実録 (改訂履歴)、葛城みち (改訂履歴)、源氏小鏡 (改訂履歴)、紫の一本 (改訂履歴)、日本書紀 (改訂履歴)、易経 (改訂履歴)、源氏雑乱抄 (改訂履歴)、炎と怒り (改訂履歴)、説郛 (改訂履歴)、蒙古源流 (改訂履歴)、廿五部秘書 (改訂履歴)、ウラノメトリア (改訂履歴)、忘憂清楽集 (改訂履歴)、フィフリスト (改訂履歴)、スティーブ・ジョブズ (書籍) (改訂履歴)、尸子 (改訂履歴)、ステレオ (曖昧さ回避) (改訂履歴)、更級日記 (改訂履歴)、貞観儀式 (改訂履歴)、甲州街道 (街道をゆく) (改訂履歴)、長州路 (街道をゆく) (改訂履歴)、芸備の道 (改訂履歴)、見聞集 (改訂履歴)、金兼藁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの書名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS