titleとは? わかりやすく解説

タイトル【title】

読み方:たいとる

表題題名

肩書き称号

選手権また、その保持者資格。「—を奪う」

本や映画レコードなど、表題のある作品

映画テレビの字幕。特に、題名配役などの字幕。


タイトル 【title】

番組題名のこと。

title 補足情報の設定

 
機能と値 HTML * Windows Macintosh
テキスト: 要素補足的な情報記述する IE4,5,6 NS6 IE5 NS6
※ HTML表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨

<title> 〜 </title> 文書タイトル

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性機能と値   DTD ※
lang 言語コード文書全体言語コード指定する
dir 文字方向文書全体の文字の方向を指定する
  ltr (左から右へ: デフォルト値)
  rtl (右から左へ)
※ DTD表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨

タイトル

読み方たいとる
【英】: title
同義語: 権原  

しばしば「権原」と邦訳されている英米などのコモン・ローの国において、物、特に不動産所有合法性根拠となる諸事実のことと説明されている。特に不動産に関して次のように説かれている。
すなわち、土地所有のタイトルとして、占有事実はその出発点であるが、それだけでは不十分で法的なタイトルとなるのは、占有に至るまで物件移転もしくは承継合法的な連続性についての、合理的な疑いいれないほどの過去にさかのぼ証明である。
近代至って登記制度整備によってこのような概念簡便化されたが、いずれにせよ不動産売買に当たって買い主要求があれば売り主は「タイトルの証明」をしなければならない地下石油・ガス資源については、コモン・ロー不動産法の原則によれば、それが採掘され土地から分離されるまでは、それは土地一部構成するので、土地所有者地下石油・ガス資源所有するか、あるいはそれら資源に対する排他的権利を持つ、とされるこのため土地譲渡される場合明示的に留保されないかぎり、石油・ガス資源所有権もしくはそれらに対する土地所有者排他的権利も、被譲渡人移転することになる。また一方土地所有者は、地表権益地下鉱物に対する権益という二つ権益支配しており、それぞれ別個の不動産権real estate)として別個に譲渡できるとされているこの場合土地所有者のタイトルが、地表権益地下鉱物資源とに分離されたとみることができるが、石油・ガス資源に関しては、独立のタイトル(所有権)が認められるか、という点になると州によって相違がある。それは、石油・ガス流動性のある資源であってその土地内に掘られ井戸によってくみ揚げる権利認められるとしても、その石油・ガスがもともとその土地地下存在したものかどうか法的に証明しようがない、という考え方よる。このため石油・ガスリース契約が、石油・ガス資源についてのタイトルを含んでいるかどうかは必ずしも明示されていないこともあるが、タイトルではないとしても、地下石油・ガス資源採取する排他的な権利が、土地所有に伴っている、ということには変わりはなく、そのような関係は一つ不動産権益(property interest)を創出せしめうる、とされている
石油・ガス資源自体のタイトルが移転するかどうか別として石油・ガスリースにより、土地所有者(=リース賦与者)からリース権者土地にかかわる権益移転することは確かであるから、当該リース契約目的として記述されている土地に関するタイトルをリース賦与者が、リース権者に対して保証する条項covenants for title)がリース契約中に含まれることがあり、これによりリース賦与者はタイトルの要約その他、取引可能なタイトルであるこの証明提示する義務を負う

権原


Title

名前 タイトル

タイトル

(title から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 01:26 UTC 版)

タイトル: title




「タイトル」の続きの解説一覧

爵位

(title から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/23 01:23 UTC 版)

爵位(しゃくい、仏語titre de noblesse英語: Royal and noble ranks、Title)とは、主に古代から中世にかけての国家や現代における君主制に基づく国家において、貴族血統による世襲または国家功労者への恩賞に基づき授与される栄誉称号のことである[注釈 1][注釈 2]。別称として勲爵爵号など。官職と爵位を総称して官爵ということもある[2]


注釈

  1. ^ 栄誉称号は栄称ともいう。日中辞典では「栄称 (爵位・学位等的)栄誉称号。えいしょう」と解説される(大连外国语学院・新日汉辞典编写组編『新日汉辞典』(生活・讀書・新知三联书店、1980年)208頁)。また、爵位を貴号と形容する例もある。また、栄称の類似語に貴号がある。日本語の辞書等では貴号を「栄誉を表す称号。爵位や学位」などと解説している[1]
  2. ^ 例えば、ナイト爵は「元来は、封建時代のヨーロッパで甲冑等で重装した騎乗戦士で、社会の支柱的存在であったが、転じて栄誉称号となり、イギリスでは爵位の最下位をさす」とされる(田中英夫著『英米法辞典 5版』(東京大学出版会、1991年)492頁参照)
  3. ^ 聖徳太子の伝記である『上宮聖徳法王帝説』によれば冠位十二階について「爵十二級、大徳、少徳、大仁、少仁、大礼、□□大信、少信、大義、少義、大智、少智」と解説し、さらに『日本書紀』でも冠位を爵位、官位を官爵と別称している
  4. ^ 内務省。当時は総人口が3814万981名(無籍在監人1536名を除く)で、華族の外は士族が194万8283名、平民が3619万3423名
  5. ^ 軽犯罪法第1条15号「官公職、位階勲等、学位その他法令により定められた称号若しくは、外国におけるこれらに準ずるものを詐称又は資格がないのにかかわらず、法令により定められた制服若しくは勲章、記章その他の標章若しくはこれらに似せて作つた物を用いた者」は拘留又は科料の対象となる
  6. ^ 例えば、ガストン・ルルーの小説『オペラ座の怪人』に主要人物としてくるラウル(Vicomte Raoul de Chagny)は子爵だが、彼の兄のフィリップ(Comte Phillipe de Chagny)は伯爵であるが、これは実際の世襲のあり方を反映している

出典

  1. ^ 新村出編『広辞苑 第六版』(岩波書店、2011年)670頁、松村明『大辞林 第三版』(三省堂、2006年)596頁。松村明監修・小学館『大辞泉』編集部編『大辞泉 増補・新装版』(小学館、1998年)634頁参照。
  2. ^ 尾形勇『歴史学事典10 身分と共同体』(弘文堂2003年平成15年))299頁および301頁、新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年(平成23年))1297頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年(平成18年))1156頁参照。ホームページ上では外部リンク 篠田賢「カバネ 「連」の成立について 参照。
  3. ^ a b c d e f g h i j 相賀徹夫編著『日本大百科全書11』(小学館1986年昭和61年))313頁、314頁参照。
  4. ^ 篠田賢著「カバネ「連」の成立について成城大学大学院文学研究科編『日本常民文化紀要 第二十六輯』(成城大学、2006年(平成18年))35頁参照。
  5. ^ ウィキソースには、華族世襲財産法の原文があります。
  6. ^ a b c d e f g 百瀬孝 1990, p. 244.
  7. ^ 百瀬孝 1990, p. 37.
  8. ^ 百瀬孝, 1990 & p37/38/243.
  9. ^ 百瀬孝 1990, p. 38.
  10. ^ 百瀬孝 1990, p. 240.
  11. ^ a b c d 百瀬孝 1990, p. 243.
  12. ^ a b c 百瀬孝 1990, p. 242.
  13. ^ 大蔵省印刷局 編 『官報』日本マイクロ写真、華族ヘ榮爵ヲ賜ル(明治十七年七月七日/叙任(明治十七年七月七日))、1884年7月8日、1-5頁。NDLJP:2943511https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2943511 
  14. ^ 大蔵省印刷局 編 『官報』華族ヘ榮爵ヲ賜ル(明治十七年七月八日/叙任(明治十七年七月八日))、1884年7月9日。 
  15. ^ 浅見雅男著『華族誕生 名誉と体面の明治』(中央公論1999年(平成11年))71〜74頁参照。
  16. ^ a b 百瀬孝 1990, p. 243-244.
  17. ^ 百瀬孝 1990, p. 243/244.
  18. ^ 田中嘉彦 1990, p. 241.
  19. ^ 野澤知弘 「カンボジアの華人社会 --プノンペンにおける僑生華人および新客華僑集住区域に関する現地調査報告--」 日本貿易振興機構アジア経済研究所2012年(平成24年)2月 第53巻第2号)32頁参照。
  20. ^ [1]


「爵位」の続きの解説一覧

title

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 17:03 UTC 版)

HTML要素」の記事における「title」の解説

タイトル (document title) を指定する多くのウェブブラウザ実装系では、タイトルバー表示される例えば、このページタイトルは "HTML要素 - Wikipedia" である。

※この「title」の解説は、「HTML要素」の解説の一部です。
「title」を含む「HTML要素」の記事については、「HTML要素」の概要を参照ください。


#TITLE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 08:04 UTC 版)

BMS (音楽ゲーム)」の記事における「#TITLE」の解説

曲のタイトル定義する

※この「#TITLE」の解説は、「BMS (音楽ゲーム)」の解説の一部です。
「#TITLE」を含む「BMS (音楽ゲーム)」の記事については、「BMS (音楽ゲーム)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「title」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

titleのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



titleのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
WEB for beginnerWEB for beginner
Copyright (C) 2002~2022 banban@scollabo.com
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタイトル (改訂履歴)、爵位 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのHTML要素 (改訂履歴)、BMS (音楽ゲーム) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS