キャプションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > キャプションの意味・解説 

キャプション【caption】

読み方:きゃぷしょん

印刷物で、写真挿絵添えた説明文ネーム

本の章・節記事などに付け見出し

映画の字幕

「キャプション」に似た言葉

キャプション 【caption】

写真図版などの説明文

キャプション caption

写真や絵などに付けられる短い説明文のことを指す。

キャプション

【英】caption

キャプションとは、主に図版写真について説明のために付け加えられた文字情報のことである。

英語の「caption」には、元々「タイトル見出し」や「説明」、「テレビの字幕」などといった意味がある図版写真映像などが、何を意味しているかについて、言葉で明示することによって、理解促すことができる。

テレビにおいては字幕一般指してキャプションと呼ぶ場合が多い。この場合音声情報文字情報として画面上表示することで、音声情報満足に得られなくても、充分に視聴することができる。

なお、米国テレビ受像機には、聴覚障害者のための配慮として、クローズドキャプション呼ばれる文字多重放送規格搭載義務付けられている。

印刷・DTPのほかの用語一覧
校正:  肩付きルビ  仮名詰め  隠しノンブル  キャプション  キャラクタスクロール  行頭禁則  行末禁則

キャプション

作者ラッセル・バンクス

収載図書サクセス・ストーリーズ
出版社早川書房
刊行年月1991.4
シリーズ名Hayakawa Novels


キャプション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/17 04:01 UTC 版)

キャプション英語: caption




「キャプション」の続きの解説一覧

キャプション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 03:14 UTC 版)

ゲームセンターCX」の記事における「キャプション」の解説

ディレクター編集作業使用するもので、有野の挑戦の場合は有野語りスタッフ語りも含む)をAD文字起こしを行う(そこからオンエアーに使う場面を選ぶ)。原稿枚数12時間収録分で約200に及ぶ(ロックマン4後編にて攻略ヒント用に登場した)。収録時にリアルタイムメモしているため、課長としてはいい場面でメモされなくてがっかりすることもあるとのことニンテンドー特別編社長課長訊く』より)。

※この「キャプション」の解説は、「ゲームセンターCX」の解説の一部です。
「キャプション」を含む「ゲームセンターCX」の記事については、「ゲームセンターCX」の概要を参照ください。


キャプション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/26 01:26 UTC 版)

Lolcat」の記事における「キャプション」の解説

キャプションは画像中のネコ発言を表すか、その状況説明する。キャプションは意図的に英語の綴り文法間違って書かれ、「奇妙な活用形であるが、新し綴り活用ルールおおよそ則った動詞用いられる。キャプションの文字は、インターネットスラング典型的な文法的に貧弱な方言使われている。 lolcatのキャプションには決まった言い回し雛形使われる。その言い回し一部出所明らかなもので、多くの場合は「All your base are belong to us」や「Do not wantに代表されるインターネット・ミームであるが、そうでないものもある。lolcatのキャプションに使われる方言は、人々飼いネコ話しかけるときによく用いられる幼児語似通っている。 よく知られたlolcat言い回しとして、「Im in ur名詞), (動詞)-ing ur名詞)」(俺はお前の…の中だ。お前の…を…してる)がある。 lolcatのキャプションには、短い単語だけのものもあり、多くの模倣変種生み出しよく知られたものとして「Ceiling Cat」や「Fail」、「I Can Has Cheezburger」などがある。

※この「キャプション」の解説は、「Lolcat」の解説の一部です。
「キャプション」を含む「Lolcat」の記事については、「Lolcat」の概要を参照ください。


キャプション (caption)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 02:02 UTC 版)

字幕」の記事における「キャプション (caption)」の解説

原義題名説明等で用い文章字幕一般の意味使われる

※この「キャプション (caption)」の解説は、「字幕」の解説の一部です。
「キャプション (caption)」を含む「字幕」の記事については、「字幕」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「キャプション」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「キャプション」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キャプション」の関連用語

キャプションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キャプションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2022 K'sBookshelf All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリキャプションの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャプション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのゲームセンターCX (改訂履歴)、Lolcat (改訂履歴)、字幕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS