HTMLとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > 言語 > HTMLの意味・解説 

HTML 【HyperText Markup Language】

タグtag)と呼ばれる英語にもとずく記号文字組みあわせることによって、そのドキュメント中の文字や絵がどのように表示されドキュメント同士どのようにリンクするかを記述する言語のこと。SGML一つ具体例がHTMLということができる。

【参】SGML 

HTML

フルスペル:Hyper Text Markup Language
読み方エイチティーエムエル
別名:ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ

HTMLとは、Web上で公開される文書論理構造レイアウト情報、および、他の文書データとのリンク関係などを定義するために用いられる標準的な書式のことである。

HTMLは、マークアップ言語呼ばれる言語一種であり、テキスト構成する各部分にタグ付与マークアップ)することによって文書構造指定されている。例えば、<html>と</html>のように、「開始タグ」と「終了タグ」をセットとして、文書中の各部分を囲み、その部分特定の論理的意味や表示効果など指定できるまた、音声画像、映像データといった外部データ読み込む指示記述することができ、これによってさまざまなデータ統合も可能となっている。

マークアップによって指定できる個々単位は、「要素」と呼ばれる各要素内容は、DTDDocument Type Definition)と呼ばれる定義用文書によって定義されている。また、各要素開始タグは、「属性」と呼ばれるそのタグ固有の特性同時に持つことができる。

HTMLは、他の文書とのリンク関係を示すことができるという点から、ハイパーテキスト実現する代表的な書式ともなっている。世界中HTML文書がリンクによって連携することで、さまざまな情報一般に公開する適切な手段となり、World Wide Web世界実現されている。ちなみにWeb登場する以前は、情報交換の手段としては、電子メールによるデータ送信FTP用いたファイルダウンロードなどが登場していた。いずれにしても宛先特定して個別データアクセスする方式である。

HTMLの仕組みは、1960年代に、テッド・ネルソン構想表したハイパーテキスト概念を基に、CERN欧州合同素粒子原子核研究機構)の研究者であったティム・バーナーズ・リーによって開発公開された。1990年に、リーによって発表され文書構造が、HTMLの最初バージョンとされている。当初、HTMLはCERN内の学術情報交換用いられたが、その潜在力は非常に大きく1992年に、HTML用の閲覧ソフトWebブラウザ)が開発され1993年頃に、インターネット接続サービス登場し始めたことなどを背景に、HTMLは情報公開用の文書交換フォーマットとして爆発的に普及することになった

今日、HTMLはWebページ表現するための手段として一般的に用いられている。仕様は、W3Cのワーキンググループによって標準化進められている。

なお、HTMLのマークアップ形式は、1986年に、ISO標準として定められSGMLStandard Generalized Markup Language)の考え方準じている。しかし、Webブラウザによる仕様拡張進んだ末、HTMLの規格は、SGML目指していた「論理構造レイアウト構造分離」という趣旨とは相容れない部分を含むようになり、HTML 4.0以降、その仕様対す批判強まっていた。その結果、HTMLは、SGML後継として単純化しつつ再構成された汎用のマークアップ言語であるXMLExtensible Markup Language)により厳密に定義されXHTMLと、併せてもっぱらレイアウト規定するための文書であるCSSCascading Style Sheets)との組み合わせによる文書作成提案された。

XHTMLCSS体系では、XHTMLは、あくまでも文書論理構造記述し表示上の配置大きさ、色、装飾などレイアウト要素としてCSS上に記述するようになっているXHTMLCSSは、メンテナンス性にも優れコンテンツ内容面と、見栄え部分デザイン要素)を、独立管理することができるというメリット持っている

HTMLを表示するWebブラウザは、HTMLの規約違反に対して比較寛容であり、相当の違反存在しても、表示だけはできるケースが多い。その反面誤った仕様Webブラウザ間の互換性欠けるHTMLが普及してしまうという現象生じている。HTMLの記述の際には、W3Cその他のWebサイト上で提供されている、文法チェック規約への準拠度(Validation)を判定するサービス利用したり、複数主要なWebブラウザ実際に表示確認しながら記述進めていくなどの作業推奨される状況にある。


参照リンク
W3C HTML - (英文

.html

読み方エイチティエムエル

.htmlとは、Webページ記述する形式として用いられる拡張子のことである。基本的にテキスト形式ファイルで、テキストエディタなどで編集することができる。他に「.htm形式がある。


HyperText Markup Language

(HTML から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/11 16:03 UTC 版)

HTML[注釈 1]またはHyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)[注釈 2]は、ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つで、プログラミング言語ではない。主にWorld Wide Web(WWW)において、ウェブページを表現するために用いられる。ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出し段落といったドキュメントの抽象構造、フォントや文字の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。


注釈

  1. ^ HTMLという名前は従来はHyperText Markup Languageの略称だったが、2023年4月現在最新の規格であるWHATWGのHTML Living Standardには「HyperText Markup Language」という名前の記載はなく、単にそのままHTMLと呼ばれている。
  2. ^ 廃止された従来の規格(HTML5.2まで)で使われていた呼称。現在でもISO/IEC 15445:2000で使用されている。
  3. ^ 例えば、太字指定の「<b></b>
  4. ^ : Strict
  5. ^ : Transitional
  6. ^ : Frameset
  7. ^ : corrected version
  8. ^ 訂正なので、改定版も名称はISO/IEC 15445:2000のまま
  9. ^ 5年毎にレビューと承認が行われており、手続き上は現在も有効なISO規格である。最も新しい日付は2023年のもの。ただし2004年以降、文書の改訂はない。
  10. ^ バージョン番号はないが「HTML 1.0」などとも呼ばれる
  11. ^ a b c ドラフトのみ
  12. ^ 現在はリダイレクト。Internet Archive参照。
  13. ^ Introducing HTML 3.2 には「HTML 3.2 was superseded by HTML 4.0 in December, 1997.」とあり、仕様書には「Superseded 15-March-2018」とある。前者はHTML 4.0を、後者はHTML5を後継仕様として案内している。
  14. ^ 修正版。現在はリダイレクト。Internet Archive参照。
  15. ^ revised(改訂版)
  16. ^ ワーキングループノートとして公開
  17. ^ XML構文の場合は任意の処理命令も記述可能
  18. ^ 英語表記ではSingle tagsと記載される。
  19. ^ XML構文を用いる場合はこの限りではない
  20. ^ : revised
  21. ^ : corrected version

出典

  1. ^ IANAREG text/html
  2. ^ HTML Living Standard - Last Updated 2 May 2023 text/html
  3. ^ a b HTML標準仕様の策定についてW3CとWHATWGが合意発表。今後はWHATWGのリビングスタンダードが唯一のHTML標準仕様に”. ITmedia (2019年6月10日). 2020年1月19日閲覧。
  4. ^ HTML REVIEW DRAFT — PUBLISHED 29 JANUARY 2020 IS A W3C RECOMMENDATION”. W3C. 2021年5月21日閲覧。
  5. ^ ビレッジセンターHTML&SGML研究チーム『正しいHTML4.0リファレンス&作法』ビレッジセンター出版局、1998年3月20日。ISBN 4-89436-111-6 
  6. ^ JIS X 4156:2000日本産業標準調査会経済産業省
  7. ^ JIS X 4156:2005日本産業標準調査会経済産業省
  8. ^ RFC 2854
  9. ^ HTML 4.0 Specification(superseded)
  10. ^ HTML 4.01 Specification(superseded)
  11. ^ HTML5(superseded)
  12. ^ HTML 5.1 2nd Edition(superseded)
  13. ^ HTML 5.2(superseded)
  14. ^ "3.2.4.1 Attributes An attribute value is a string." WHATWG. (2023). HTML Living Standard - Last Updated 11 January 2023.
  15. ^ "The XML syntax for HTML was formerly referred to as "XHTML", but this specification does not use that term (among other reasons, because no such term is used for the HTML syntaxes of MathML and SVG)." WHATWG. (2023). HTML Living Standard - Last Updated 2 May 2023.
  16. ^ "HTML vs XML syntax ... There are various concrete syntaxes that can be used to transmit resources that use this abstract language, two of which are defined in this specification." WHATWG. (2023). HTML Living Standard - Last Updated 11 January 2023.
  17. ^ MDN Web Docs - Void elements、2024年3月12日閲覧。
  18. ^ W3C "HTML 4.01 Specification" 3.2.1 Elements、1999年12月24日
  19. ^ "Elements, attributes, and attribute values in HTML are defined ... to have certain meanings (semantics)." WHATWG. (2023). HTML Living Standard - Last Updated 11 January 2023.
  20. ^ "These definitions allow HTML processors ... to present and use documents and applications in a wide variety of contexts that the author might not have considered. ... HTML conveys meaning, rather than presentation" WHATWG. (2023). HTML Living Standard - Last Updated 11 January 2023.
  21. ^ HTML Standard”. html.spec.whatwg.org. whatwg.org. 2021年5月30日閲覧。
  22. ^ Tim Berners-Lee. “Information Management: A Proposal”. CERN (March 1989, May 1990). 2012年11月28日閲覧。
  23. ^ 矢倉 (2009年7月21日). “HTML5の構文解析がもたらすもの”. Web標準Blog | ミツエーリンクス. 2020年1月19日閲覧。
  24. ^ Raggett, Dave (1998). Raggett on HTML 4. Addison-Wesley. pp. chap. 2: A history of HTML. ISBN 0-201-17805-2. http://www.w3.org/People/Raggett/book4/ch02.html 
  25. ^ WHATWG; Mondo (2017年7月14日). “HTML Standard 日本語訳 1.6 歴史”. 2017年7月15日閲覧。
  26. ^ W3C (2007年3月8日). “HTML 標準の更新に着手”. 2017年7月15日閲覧。
  27. ^ HTML5仕様をめぐるW3CとWHATWGについて、Ian Hickson氏がメーリングリストに書いたこと”. Publickey (2012年7月24日). 2017年7月15日閲覧。
  28. ^ HTML5勧告–オープン・ウェブ・プラットフォームの重要なマイルストーンを達成
  29. ^ HTML 5.1 is a W3C Recommendation | W3C News
  30. ^ HTML 5.2 is done, HTML 5.3 is coming | W3C Blog
  31. ^ 渡邉卓 (2017年1月1日). “2017年のWeb標準:WEB+DESIGN STAGE新春特別企画”. gihyo.jp. 2020年1月19日閲覧。 “この事態を,WHATWG側のエディターであるIan Hickson氏は,「⁠剽窃」(⁠Plagiarism)という強い語を用いて非難しています。”
  32. ^ HTML Living Standard


「HyperText Markup Language」の続きの解説一覧

「HTML」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



HTMLと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「HTML」の関連用語

HTMLのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



HTMLのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2024by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2024 Japan Video Software Association
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリHTMLの記事を利用しております。
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.htmlの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのHyperText Markup Language (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS