標準化とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 高等数学 > 標準化 > 標準化の意味・解説 

ひょうじゅん‐か〔ヘウジユンクワ〕【標準化】

[名](スル)

標準合わせること。また、標準近づくこと。「まちまち技術力を標準化する」

何もしなければ多様化複雑化し、無秩序になってしまう事柄について、秩序が保たれる状態を実現するために、誰もが通して使用できる一定の基準定めること。製品サービス品質性能安全性互換性確保利便性の向上、試験評価方法統一などを目的として、統一された規格をつくる過程をいう。「商品規格を標準化する」


ひょうじゅん‐か ヘウジュンクヮ 【標準化】

〔名〕

標準合わせること。

製品資材などの種類規格標準に従って統一すること。〔最新現代語辞典(1933)〕

記憶する際、無意味なものの記憶一定の型に合わせて記憶し、その型に合わせて再生すること。

テスト場合多数対象実施して、個々具体的な成績平均比べどの位置にあるかを明示できるようにすること。


標準化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

標準化

(1)個々のものが標準的ところに近づいていくこと。また、個々のものを標準的ところに近づけること。(2)標準決め資材製品などの規格種類統一すること。(3)テストで得られた得点集団全体の中でどのような位置づけであるかがわかるように、集団基準作成すること。 【大辞林第二版】ISO関わる企業ではルールの標準化を目的として(1)(2)の意味で使用するケースが多い。

標準化

読み方ひょうじゅんか
【英】standardization

標準化とは、利害関係者間における利便性意思疎通目的として、物事事柄統一したり、単純化秩序化したりすることであり、無秩序化や多様化複雑化防止する規格定めることである。

標準化は、ISOJISなど、利害関係が絡まない標準化団体策定する場合もあれば、メーカー内部で独自に策定する場合もある。いずれの場合でも、製造業ソフトウェア開発などの場における設計書記述方法開発方法などが標準化されることが多く品質の向上やコスト削減共通化効率化などを図るため、経済効果消費者対すメリットなどが大きいと言われている。

なお、現場無視したトップダウン的な標準化が推し進められ、にはめただけの標準化を迫られることもあり、工業製品のような開発が困難で、人間味が必要なソフトウェア開発の場ではしばし問題になることもなる。


参照リンク
International Organization for Standardization(ISO) - (英文
情報と社会のほかの用語一覧
制度・サービス:  e-Tax  Eディスカバリ  e-Japan  標準化  IT産業  ICT  ICTコスモポリス広島プロジェクト

標準化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 16:04 UTC 版)

標準化(ひょうじゅんか、英語standardization(スタンダーディゼーション))という用語は、文脈によって様々な意味を持つ。「標準(standard)」という用語には、相互運用のための広く合意されたガイドラインという意味が含まれ、「標準化」はそのような標準を確立する過程を指すのが一般的である。




「標準化」の続きの解説一覧



標準化と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「標準化」の関連用語

標準化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



標準化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ISO用語辞典ISO用語辞典
2021 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ標準化の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの標準化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS