利害関係とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 関係 > 利害関係の意味・解説 

りがい‐かんけい〔‐クワンケイ〕【利害関係】

読み方:りがいかんけい

利害互いに影響し合う関係。「微妙な—にある」


ステークホルダー

(利害関係 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/17 02:58 UTC 版)

ステークホルダー: stakeholder)とは、企業・行政・NPO等の利害と行動に直接・間接的な利害関係を有する者を指す。日本語では利害関係者(りがいかんけいしゃ)という。具体的には、消費者(顧客)、労働者株主専門家債権者、仕入先、得意先、地域社会行政機関利益団体業界団体労働組合等)の構成員など。


注釈

  1. ^ JIS Q 14031(環境マネジメントに関する規格)には、「環境に配慮する経営」の視点からステークホルダーを規定している。

出典

  1. ^ Stockholders and Stakeholders: A new perspective on Corporate Governance. By: Freeman, R. Edward; Reed, David L.. California Management Review, Spring83, Vol. 25 Issue 3, p88-106
  2. ^ 情報システム用語事典 ステークホルダー(すてーくほるだー)IT情報マネジメント編集部,@IT


「ステークホルダー」の続きの解説一覧

利害関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/07 05:47 UTC 版)

クログワイ」の記事における「利害関係」の解説

水田雑草である。根も深く塊茎繁殖するため、難防除雑草として扱われる万葉集では「えぐ」の名で登場する。沢などに自生する山菜として、多くの古典では食用として収穫されている姿が描かれている。 救荒植物としての一面持ち江戸時代には栽培すらされていた地域もある。水田近くに自生するのはかつて「植えられていた」名残である可能性もあるが、塊茎小さくより大きな栽培品種存在する現在では単なる雑草である。 クログワイの名で食用とされているものがあるが、実は近縁な別種である。中華料理黒慈姑くろぐわいと言われるものは、和名をオオクログワイ(またはシナクログワイ E. dulcis var. tuberosa (Roxb.) T.Koyama)といい、日本にも九州などに稀に分布するシログワイ栽培品である。台湾中国南部からインドシナタイ方面では、その目的水田栽培される野菜ナシのような食感缶詰もされる)、あるいはデンプン源として利用されるほか、漢方薬としては解熱利尿作用があるとされる

※この「利害関係」の解説は、「クログワイ」の解説の一部です。
「利害関係」を含む「クログワイ」の記事については、「クログワイ」の概要を参照ください。


利害関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/17 02:58 UTC 版)

土壌微生物」の記事における「利害関係」の解説

植物の生育影響する作用は、人間にとって有利なものと有害なものに分けることもできる有用な面は養分吸収助けて植物利用できない形態栄養分利用できる形にし、粗大有機物分解することにより土壌物理性化学性の改善寄与する点である。また、一部微生物は、病原菌抑えある種ホルモン様物質を生産し植物の生育促しひいては農薬分解無害化微生物体内での養分貯蔵を行う。 有害な面は肥料成分無効化したり、植物同化産物奪ったり植物の生育にとって有害な物質生成や植物の病気引き起こすといった問題多々ある

※この「利害関係」の解説は、「土壌微生物」の解説の一部です。
「利害関係」を含む「土壌微生物」の記事については、「土壌微生物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「利害関係」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「利害関係」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



利害関係と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

利害関係のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



利害関係のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのステークホルダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクログワイ (改訂履歴)、土壌微生物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS