アクリルアミドとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 化合物 > アクリルアミドの意味・解説 

アクリル‐アミド【acrylic amide】

アクリロニトリル加水分解などによって得られる無色結晶重合体接着剤塗料合成繊維に用いる。発癌性(はつがんせい)をもつとされ、日本では劇物指定炭水化物アミノ酸多く含む食品高温調理すると生成することが知られる。


アクリルアミド

分子式C3H5NO
その他の名称:アクリル酸アミドAcrylamide、2-Propenamide、Acrylic acid amide、RCRA waste number U-007、Propenamide
体系名:プロペンアミド、アクリルアミド、2-プロペンアミド


アクリルアミド

同義/類義語:アクリル酸アミド
英訳・(英)同義/類義語:acrylamide

C3H5NO, H2C=CHCONH2。生物実験では、架橋剤ビスアクリルアミド)と混合緩衝液溶解した溶液過酸化物や光で重合させて、管状板状ゲル加工し、タンパク質核酸電気泳動による分離解析広く使われる。単体では有毒

アクリルアミド

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


アクリルアミド

アクリルアミドは、分子量71.1、比重1.122~1.127、融点84.5 無臭白色結晶で、室温安定物質です。紫外線や熱により重合しポリアクリルアミドとなります。食品中のアクリルアミドは、高温加熱下、食品に含まれているアミノ酸一種であるアスパラギンぶどう糖などの還元糖反応して生成します。ジャガイモのようなデンプンなどの炭水化物多く含む食材を、120 超えるような高温加熱した際に生成することが認められています。動物実験で、高用量のアクリルアミドの投与による発がん性遺伝毒性可能性があることから、ヒトに対して発がん性有する可能性が高いと考えられています。極めて高い濃度のアクリルアミドに暴露された場合ヒト神経系障害を及ぼすことが報告されています。また、動物実験では、 神経系への影響のほか、雄で精巣萎縮などによる繁殖障害を示すことが確認されています。食品安全委員会ではファクトシート作成公表しています。

アクリルアミド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/23 21:27 UTC 版)

アクリルアミド (acrylamide) はアクリル酸を母体とするアミドの一種である。英語の発音からアクリルアマイドと呼ばれることもある。 示性式は CH2=CHCONH2分子量 71.08、CAS登録番号は [79-06-1]。


  1. ^ http://www.mrc.co.jp/rd/research/challenge.html 三菱レイヨン R&D|研究内容・実績|私たちの誇る革新技術 (2012年1月25日閲覧)
  2. ^ アーカイブされたコピー”. 2014年10月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月4日閲覧。 アクリルアミド:スナック含有物質に発がん性…食品安全委 (2014年10月4日閲覧)





アクリルアミドと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アクリルアミド」の関連用語

アクリルアミドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アクリルアミドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2021 Food Safety Commission. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアクリルアミド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS