汚染とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 汚染 > 汚染の意味・解説 

お‐せん〔ヲ‐〕【汚染】

読み方:おせん

[名](スル)汚れること。特に、細菌ガス放射性物質などの有毒成分やちりなどで汚れること。また、汚すこと。「工場廃液河川を—する」「大気—」

「汚染」に似た言葉

汚染

作者近松秋江

収載図書近松秋江全集 第3巻
出版社八木書店
刊行年月1992.10


汚染

作者森博嗣

収載図書悪戯王子物語
出版社講談社
刊行年月2002.10

収載図書悪戯王子物語
出版社講談社
刊行年月2006.3
シリーズ名講談社文庫


汚染

作者金堀常美

収載図書モカコーヒーを、ブラック
出版社新風舎
刊行年月2004.5
シリーズ名新風舎文庫


汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 00:42 UTC 版)

汚染(おせん、pollution )とは、混入物が自然環境に入り、良くない変化を引き起こすことである[1]。汚染は、化学物質または雑音や熱、光といったエネルギーの形をとりうる。汚染の構成要素である汚染物質 (enは、外的な物質やエネルギー、または自然に生じる混入物のいずれかである。汚染は点源汚染英語版非点源汚染に分類されることが多い。2015年には、汚染により世界中で900万人が死亡した[2][3]


  1. ^ Pollution – Definition from the Merriam-Webster Online Dictionary”. Merriam-Webster (2010年8月13日). 2010年8月26日閲覧。
  2. ^ Beil, Laura (2017年11月15日). “Pollution killed 9 million people in 2015”. Science News. 2017年12月1日閲覧。
  3. ^ Carrington, Damian (2017年10月20日). “Global pollution kills 9m a year and threatens 'survival of human societies'”. The Guardian. https://www.theguardian.com/environment/2017/oct/19/global-pollution-kills-millions-threatens-survival-human-societies 2017年10月20日閲覧。 
  4. ^ FAO-WHO; 厚生労働省(翻訳) (2012年). “分析結果の不確かさの推定に関するガイドライン” (日本語). 2021年12月3日閲覧。
  5. ^ U.S. Department of Energy ([[アメリカ合衆国エネルギー省 ]]) (February, 1997). “Radiological Contamination Control Training for Laboratory Research (研究所での放射性汚染管理訓練)” (英語). 2021年12月3日閲覧。
  6. ^ IAEA (2018年). “IAEA Safety Glossary - Terminology Used in Nuclear Safety and Radiation Protection 2018 Edition” (英語). 2021年12月3日閲覧。


「汚染」の続きの解説一覧

汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/03 14:46 UTC 版)

食用卵」の記事における「汚染」の解説

卵に関連する健康上の問題は、サルモネラ・エンテリティディスのような病原性細菌による汚染である。クロアカを介してメスを出る卵の汚染は、サルモネラ属他の病原菌でも起こり得るので、卵殻が、鳥の糞便汚染されるのを防ぐために、注意払わなければならない米国で、洗浄商業的に実施されている場合、卵は、産み落とされ数分以内消毒液素早く洗浄される未処理又は未調理の卵からの感染リスクは、飼われる衛生条件に、一部依存している。 健康の専門家らは、洗浄した卵を冷蔵し2週間以内使用し余すことなく調理する必要があるであって生の卵を消費するべきではない勧告している。肉と同様に、生の卵を処理するために使用され容器表面は、直ぐに食べられうる食物接触させてはならない2002年の米農務省調査によれば、卵の汚染にかかる問題は想定され程度よりは問題となっていない。毎年生産されている690個の卵のうち、230個のみがサルモネラ菌汚染されているという結果示されているのだ。これは、サルモネラ菌感染が卵によってほとんど誘導されえないことを示している。しかし、これは、卵消費によるサルモネラ・エンテリティディスおよびサルモネラ菌感染大きな懸念事項となっている他の国では当てはまらない卵殻は、細菌侵入するのを防ぐ保護膜として機能するが、これを不適切に取扱い、又は不健康なに卵を産生させた場合には、この保護膜はが壊れ可能性がある。卵の汚染原因の大部分は卵殻の、上述のような弱点通って中に侵入する英国の、卵産業協議会は、サルモネラ菌に対してワクチン接種された鶏卵由来する卵に、ライオンズ・スタンプを付与している。 2017年当局は、殺虫剤フィプロニルによる汚染のため、オランダベルギー、そしてドイツで、数百万の卵を販売した

※この「汚染」の解説は、「食用卵」の解説の一部です。
「汚染」を含む「食用卵」の記事については、「食用卵」の概要を参照ください。


汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/07 02:07 UTC 版)

ワイマカリリ川」の記事における「汚染」の解説

「:en:Water pollution in the Canterbury Region」も参照 2007年ワイマカリリ川ニュージーランドで最も汚染された10本の河川一つランク付けされた。汚染の一部は川の近く食肉加工工場羊毛たわしなどの産業からの廃液によって引き起こされた。廃液は無処理で直放流されていたが、2012年時点では市の下水処理施設送られている排水に関する資源についての同意事項はいくつかの不適合問題があった

※この「汚染」の解説は、「ワイマカリリ川」の解説の一部です。
「汚染」を含む「ワイマカリリ川」の記事については、「ワイマカリリ川」の概要を参照ください。


汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/14 03:12 UTC 版)

セントマリー川」の記事における「汚染」の解説

セントマリー川アメリカ合衆国とカナダ間に結ばれた五大湖水質協定で、五大湖地域関心事1つ挙げられている。

※この「汚染」の解説は、「セントマリー川」の解説の一部です。
「汚染」を含む「セントマリー川」の記事については、「セントマリー川」の概要を参照ください。


汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/17 03:46 UTC 版)

PUREX法」の記事における「汚染」の解説

ハンフォード・サイトのPUREX工場稼働中発生した大量の液体放射性廃棄物により地下水放射能汚染引き起こした1992年公表されたアメリカ政府報告書では、ハンフォード・サイトから河川大気に放出されヨウ素131の量は1944年から1947年までの間に685,000キュリー(25.3 PBq)に上るとしている[要出典]。

※この「汚染」の解説は、「PUREX法」の解説の一部です。
「汚染」を含む「PUREX法」の記事については、「PUREX法」の概要を参照ください。


汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 15:17 UTC 版)

サスケハナ川」の記事における「汚染」の解説

アメリカン・リバーズという環境グループ2005年サスケハナ川水質が酷い汚染に見舞われていることを取り上げ、「アメリカで最も危機に瀕している川」であると報じた主な汚染源としては流域農業用いられている過剰な量の堆肥農地の表面流出都市郊外における洪水による表面流出、および未処理・処理不十分な下水垂れ流し挙げられている。2003年調査では、チェサピーク湾流れ込む窒素44%、リン21%、堆積物21%がサスケハナ川1本から流れていることが判明した2010年までサスケハナ川流域の汚染が改善されない場合ペンシルベニア州当局環境保護庁EPA)による制裁を受ける可能性があるサスケハナ川1997年EPAによってアメリカン・ヘリテージ・リバーの1つ指定されており、流域環境改善にあたっては州に対して連邦政府より技術援助受けられるようになっている

※この「汚染」の解説は、「サスケハナ川」の解説の一部です。
「汚染」を含む「サスケハナ川」の記事については、「サスケハナ川」の概要を参照ください。


汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 23:42 UTC 版)

石油タンカー」の記事における「汚染」の解説

石油流出事故環境衝撃的な影響を与える原油には除去がとても難し多環芳香族炭化水素含んでおり、堆積物海洋環境数年間に渡って残存する多環芳香族炭化水素さらされた海洋生物成長異常を引き起こし病気弱く繁殖異常をきたすことがある輸送されている石油の量を考えると、現代石油タンカー環境への脅威である考えねばならない上述たようにVLCCタンカー原油200バレル32立方メートル / 6200ガロン)を輸送できる。これはよく知られたエクソンバルディーズ号原油流出事故の総流出量の約6倍になる。この1989年3月起きた流出事故では、船は座礁して1080ガロン41,000 立方メートル)の石油海に流出させた。科学者管理者ボランティア努力にも拘らず40万羽以上の海鳥と約1,000匹のラッコ膨大な数死んだしかしながらタンカー船主組織はしばしば、海上輸送される石油の量を考えれば業界の安全業績素晴らしいもので、輸送量ほんのわずかな割合しか流出させていない主張する国際独立タンカー船協会 (INTERTANKO: International Association of Independent Tanker Owners) は、「事故による石油流出はこの10年は最低水準で、それ以前10年3分の11980年代半ば以来石油輸送量が倍増しているにも拘らず1970年代10分の1である」としている。 石油タンカー石油流出事故1つ原因であるに過ぎないアメリカ沿岸警備隊によれば1991年から2004年までアメリカ合衆国発生した石油流出事故総量のうち、35.7 パーセントタンカーからで、27.6 パーセント地上設備や、船舶以外のものから、19.9 パーセントタンカー以外の船舶から、9.3 パーセントパイプラインからである一方で実際の石油流出のうちわずか5 パーセント石油タンカーからで、51.8 パーセント他の種類の船からである2004年詳細な統計によればタンカー流出の件数では5 パーセント未満であるが流出量では60 パーセント上である。まとめれば、タンカーその他の船舶に比べれば流出事故稀であるが、流出する重大である国際タンカー船汚染防止連盟 (International Tanker Owners Pollution Federation) は1974年以来9,351件の石油流出事故確認している。この調査によれば、ほとんどの流出積み荷積み込み・積み降ろし燃料油積み込みなど日常作業から発生している。日常作業から発生する石油流出事故91 パーセント小さなもので、1件当たり7 トン下の流出である。一方衝突や座礁、船体破断爆発どの事故による流出より大きく、こうした事故による流出のうち84 パーセントでは700 トン以上の流出がある。 エクソンバルディーズ号流出事故の後アメリカ合衆国では領海内進入する全てのタンカーに対して2015年まで二重船殻にすることを義務付ける連邦油濁法(英語版)を制定した。「エリーカ英語版)」の1999年、「プレステージ英語版)」の2002年流出事故 (プレステージ原油流出事故英語版)) の後、欧州連合全てのタンカー2010年まで二重船殻にすることを要求する独自の厳しい汚染対策制定した。この対策では新しい「重大な怠慢」(serious negligence) という法的概念導入したため論争呼んでいる。

※この「汚染」の解説は、「石油タンカー」の解説の一部です。
「汚染」を含む「石油タンカー」の記事については、「石油タンカー」の概要を参照ください。


汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 07:09 UTC 版)

海水」の記事における「汚染」の解説

詳細は「海洋汚染を参照 人間の経済活動に伴う排出物自然環境中へ投棄化学プラント船舶事故自然環境の変化に連したものなどに分けられる

※この「汚染」の解説は、「海水」の解説の一部です。
「汚染」を含む「海水」の記事については、「海水」の概要を参照ください。


汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/03 05:03 UTC 版)

グアダルキビール川」の記事における「汚染」の解説

1998年4月にはドニャーナ災害英語版)(アスナルコリャール災害またはグアディアマール災害とも)と呼ばれる産業事故起こったセビリア県アスナルコリャール付近のロス・フライレス鉱山設置されていた仮設ダム決壊し、400-500m2鉱業廃棄物グアダルキビール川流出したのである。この事故ではドニャーナ国立公園影響を受けている

※この「汚染」の解説は、「グアダルキビール川」の解説の一部です。
「汚染」を含む「グアダルキビール川」の記事については、「グアダルキビール川」の概要を参照ください。


汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/09 11:07 UTC 版)

持続可能な開発のための経済人会議」の記事における「汚染」の解説

無計画な開発による資源乱用は、大気汚染水質汚染土壌汚染を伴う。多くの汚染物質残留性が強く潜在的に増大している。最も複雑で潜在的に重要な問題は地球温暖化である。

※この「汚染」の解説は、「持続可能な開発のための経済人会議」の解説の一部です。
「汚染」を含む「持続可能な開発のための経済人会議」の記事については、「持続可能な開発のための経済人会議」の概要を参照ください。


汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 06:07 UTC 版)

フォード島」の記事における「汚染」の解説

1991年海軍島内土壌地下水周囲の海底堆積物調査した結果、9種の金属2種の準揮発性有機化合物、そして、ポリ塩化ビフェニル検出した汚染源として疑われたのは、1924年から1954年にかけて東岸中央にあった容量 85 リットルの9基の燃料タンクと、1930年から1960年にかけて実施され南西部 1.8 ヘクタール埋め立て、そして北東側にある弾薬庫だった。 調査結果から汚染地域新たな土砂による埋め込み提案された。1994年海軍汚染土除去と、地下水監視する6つ調査井戸設置検討したが、結局1995年には当初提言採用され汚染土の上にあらたに土砂敷き詰めギョウギシバなどの)侵食を防ぐ植生移植した封じ込め工事1996年完了した

※この「汚染」の解説は、「フォード島」の解説の一部です。
「汚染」を含む「フォード島」の記事については、「フォード島」の概要を参照ください。


汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/25 22:55 UTC 版)

アミア・カルヴァ」の記事における「汚染」の解説

米国内一部の地域で水生環境中水銀ヒ素クロム・銅のような毒性物質濃度上昇しており、これらの地域での魚類消費については警告なされている。本種は頂点捕食者あるため小型で寿命の短いと比べて高いレベル水銀生物濃縮する傾向にあり、それらのより食用として安全でない

※この「汚染」の解説は、「アミア・カルヴァ」の解説の一部です。
「汚染」を含む「アミア・カルヴァ」の記事については、「アミア・カルヴァ」の概要を参照ください。


汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:21 UTC 版)

Fallout 4」の記事における「汚染」の解説

これまでのシリーズでは汚染度と体力値は別々で管理されていたため、汚染度一定量になって初めて身体影響が出るという形をとっていたのに対し本作では同一のステータス管理されているため汚染度少しでもあがると体力の消耗につながる。また、放射能汚染されたクリーチャー近づくだけでもプレイヤー放射能汚染されてしまう。汚染度回復は「RADアウェイ」といった放射能除染アイテムの使用や、街(もしくは拠点内のクラフト作り上げた)に点在する診療所にて有料治療してもらう必要がある

※この「汚染」の解説は、「Fallout 4」の解説の一部です。
「汚染」を含む「Fallout 4」の記事については、「Fallout 4」の概要を参照ください。


汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/29 16:14 UTC 版)

マルツァル川」の記事における「汚染」の解説

詳細は「ハンガリーアルミニウム赤泥流出事故を参照 2010年10月発生したハンガリーアルミニウム赤泥流出事故際にマルツァル川には、マルツァル川支流1つであるトルナと言う小川ハンガリー語版)を通してアルミニウム工場からの廃水流れ込みマルツァル川のトルナ川との合流点より下流側も汚染されたこの時これ以上下流河川への汚染の広がり喰い止めるべく、ハンガリー政府マルツァル川石膏流し込むということ行ったしかしながら、この作戦失敗し結局マルツァル川合流先のラーバ川も、ラーバ川合流先のドナウ川も、この事件によって流出した廃液によって汚染されてしまった。

※この「汚染」の解説は、「マルツァル川」の解説の一部です。
「汚染」を含む「マルツァル川」の記事については、「マルツァル川」の概要を参照ください。


汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/01 00:16 UTC 版)

イーグル鉱山」の記事における「汚染」の解説

イーグル鉱山から流れ出た含まれていた砒素重金属カドミウム、鉛、亜鉛)などによって、イーグル川汚染されていた。これらの重金属は、鉱山近くから毎年春に流れ出す雪解け水中に高濃度含まれていたのであるこの結果イーグル川などの藻類蘚類マス生息環境脅かしたイーグル川では多数魚類死んでいるのが確認されたこともある。その後1986年から浄化試みられているものの20世紀中には充分な浄化達成できず、21世紀に入ってからも浄化作業続けられている。

※この「汚染」の解説は、「イーグル鉱山」の解説の一部です。
「汚染」を含む「イーグル鉱山」の記事については、「イーグル鉱山」の概要を参照ください。


汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/26 00:04 UTC 版)

伏流水」の記事における「汚染」の解説

地表水異なり土壌影響受けにくいため、細菌などの検出率極めて低いことが多いが、近年水源涵養域で経済活動が行われる場所では有機溶剤検出される伏流水の例も見られるようになった例えば、名水百選選ばれた静岡県柿田川湧水地からも、産業廃棄物の不法投棄により1990年トリクロロエチレントリクレン)が検出され一時期飲用禁止になった湧出の利用と管理等については「湧水を参照

※この「汚染」の解説は、「伏流水」の解説の一部です。
「汚染」を含む「伏流水」の記事については、「伏流水」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「汚染」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

汚染

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:57 UTC 版)

発音(?)

お↗せん

名詞

おせん

  1. よごすこと。きたなくすること。
    1. 狭義では特に、汚濁が、大気土壌等と混合するなどして、容易に除去できなくなること。
  2. 悪弊塗れた状態にすること。

対義語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
汚染-する

翻訳


「汚染」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



汚染と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  汚染のページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



汚染のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの汚染 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの食用卵 (改訂履歴)、ワイマカリリ川 (改訂履歴)、セントマリー川 (改訂履歴)、PUREX法 (改訂履歴)、サスケハナ川 (改訂履歴)、石油タンカー (改訂履歴)、海水 (改訂履歴)、グアダルキビール川 (改訂履歴)、持続可能な開発のための経済人会議 (改訂履歴)、フォード島 (改訂履歴)、アミア・カルヴァ (改訂履歴)、Fallout 4 (改訂履歴)、マルツァル川 (改訂履歴)、イーグル鉱山 (改訂履歴)、伏流水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの汚染 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS