カルタヘナ議定書とは?

Weblio 辞書 > 学問 > バイテク用語 > カルタヘナ議定書の意味・解説 

カルタヘナ議定書

【英】: Cartagena Protocol
地球上の様々な生物生態系バランスを崩さないように、人為的に作られた新し生物遺伝子組換え生物など)を環境導入する場合適切な管理や、評価制度整備について盛り込まれた国際的枠組み規定した議定書で、2000年1月採択。 コロンビアカルタヘナという都市1999年議定書採択目指し締約国会議が開催され、都市名にちなみ、カルタヘナ議定書と命名された。

対象となるのは遺伝子組換え農作物微生物、科を超える細胞融合などで、ヒト医薬品は含まれない。具体的には、これらの生物国境越え移動規制し、生物多様性保全持続的利用を図る条約である。この議定書50か国が批准してから90日後に発効となるが、2003年9月11日50カ国が批准したのを受けて発効している。日本は、カルタヘナ議定書に対応する国内法2003年6月成立させ、同年11月21日議定書批准した。

カルタヘナ法

遺伝子組換え

細胞



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カルタヘナ議定書」の関連用語

カルタヘナ議定書のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カルタヘナ議定書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省

©2020 Weblio RSS