検討とは?

検討

読み方:けんとう

検討(けんとう)とは、物事をよく調べ考えること。また、それでいいかどうか物事よしあし色々な角度からしっかり考えることをいう。

【検討の由来
検討の「検」という字には「調べる」という意味があり、「検疫」や「検問」「検査」など「調べる」というニュアンスを含む熟語でも使われている。また、検討の「討」には「求める」という意味があり、「討議」「討論」など議論を「深くしていく」という意味合いで用いられている。この「調べる」「深める」という二つの意味の重なったものが「検討」で、ただ単に考える」のではなく、より深くじっくりと考えることを表す。

【検討の用法
「検討」は、今後動向可能性をじっくり判断するという意味で用いることが多く、すでに起こったことの是非改めてじっくり判断するという場合には「検証」と表現されることが多い。

【検討の例文
サッカー連盟新しルールを検討している
災害を防ぐために、検討するべき事項山ほどある
様々な検討をした結果本日試合中止になった

【検討の類語使い分け
考慮こうりょ)」とは、行動する前に様々な要素考え合わせること。こんなことあり得るではないか未知の点も含めて考えるのが「検討」で、すでに存在する事実を基に考えるのが「考慮」である。

大きな事故があったということ考慮して秋祭り中止になった
事故が起こるかもしれないということ含めて秋祭り実施について検討した

考査(こうさ)」とは、人物能力性格などを調べること。調べ判断すること。調べ対象が「ひと」であるか「こと」であるかが、考査と検討の違いである。

新しいプロジェクトメンバーにふさわしいかどうか、彼らを考査した
プロジェクト成功させるために、どのようなリスクがあるのかを検討した

【検討の対義語
浅慮せんりょ)」とは、浅はかな考えのこと。「検討」が物事深く考えるに対して浅慮深く考えず、勢いで物事判断する意味を表す。

行き当たりばったり」とは、計画的今後のことを行うのではなくその場成り行き任せ判断すること。「検討」は、事前に十分に計画されているという対の意味になる。

無闇」とは、そうするべき理由もないのに結果考えずに行うこと。結果求めてこれから行動するべき点を考える「検討」とは対の意味になる。

補足
「検討課題」とは、よく考え解決なければならない問題のこと。「この件については、引き続き、検討課題としていきましょう」と、答え先送りするような状況でも用いられることがある
「検討結果」とは、よく考えた末に出された結論のこと。
「検討の余地」とは、提示されたアイデア条件について門前払いとするのではなく一考する価値がある状況で用いる表現。「さきほど提案されたお話については、検討の余地ありますね」

けん‐とう〔‐タウ〕【検討】

[名](スル)よく調べ考えること。種々の面から調べて、良いか悪いかを考えること。「検討を重ねる」「検討の余地がある」「問題点検討する


検討

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/08 05:28 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「検討」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「検討」を含むページの一覧/「検討」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「検討」が役に立つかも知れません。




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「検討」の関連用語

検討のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



検討のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの検討 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS