事故とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 事故 > 事故の意味・解説 

じ‐こ【事故】

思いがけず生じた悪い出来事物事正常な活動進行を妨げる不慮事態。「—を起こす」「—に遭う」「飛行機—」

事柄の発生した理由。わけ。子細(しさい)。

「止む事を得ずこれを許可し—を三家…に告(つぐ)るにぞ」〈条野有人近世紀聞


こと‐ゆえ〔‐ゆゑ〕【事故】

よくないことが起こること。さしさわり。じこ。多くことゆえなし」の形で用いられる

相構へて、—なく返し入れ奉れ」〈平家・九〉


事故

死亡障害(426-2)は疾病(420-2)、傷害 1中毒 2結果起こものである傷害は事故 3暴力 4原因である暴力よるものの中では、自殺 5自殺未遂 5殺人 6戦争による死亡と傷害 7区別するのが普通である


事故

作者倉橋由美子

収載図書倉橋由美子怪奇掌篇
出版社新潮社
刊行年月1988.3
シリーズ名新潮文庫

収載図書大人のための怪奇掌篇
出版社宝島社
刊行年月2006.2

収載図書大人のための怪奇掌篇
出版社宝島社
刊行年月2008.7
シリーズ名宝島社文庫


事故

作者平山夢明

収載図書怖い本 8
出版社角川春樹事務所
刊行年月2008.7
シリーズ名ハルキ・ホラー文庫


事故

作者スタニスワフ・レム

収載図書宇宙飛行士ピルクス物語
出版社早川書房
刊行年月2008.9
シリーズ名ハヤカワ文庫SF


事故

作者オリヴァー・オニオンズ

収載図書怪奇小説世紀 第2巻 がらんどうの男
出版社国書刊行会
刊行年月1993.2


事故

作者松本清張

収載図書松本清張小説セレクション23黒い画集 3
出版社中央公論社
刊行年月1995.6

収載図書事故―別冊黒い画集 1 新装版
出版社文藝春秋
刊行年月2007.5
シリーズ名文春文庫


事故

作者飯尾憲士

収載図書殺意
出版社集英社
刊行年月1997.1


事故

作者堀岡寿子

収載図書事故―堀岡寿子作品集
出版社れんが書房新社
刊行年月1998.7


事故

作者小松左京

収載図書小松左京ショートショート全集 2
出版社勁文社
刊行年月1998.10
シリーズ名ケイブンシャ文庫

収載図書役に立つハエ小松左京ショートショート全集 3
出版社角川春樹事務所
刊行年月2003.6
シリーズ名ハルキ文庫


事故

作者江戸美保

収載図書薔薇の函
出版社乃村工藝社MEDIA2u
刊行年月2002.6


事故

作者アガサ・クリスティー

収載図書リスタデール卿の謎
出版社早川書房
刊行年月2003.12
シリーズ名ハヤカワ文庫


事故

作者原田喜示

収載図書アトム小品集
出版社原田喜示
刊行年月2004.7


事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 15:09 UTC 版)

事故(じこ、: accident)とは、思いがけず起こった悪いできごと[1]。よくないことが起こること[2]。予期せず、意図せずに発生する不幸な出来事で、典型的には損傷または傷害をもたらすもの(Oxford Lexicoの説明)[3]


  1. ^ 広辞苑
  2. ^ デジタル大辞泉
  3. ^ An unfortunate incident that happens unexpectedly and unintentionally, typically resulting in damage or injury.Oxford Lexico, "Accident".
  4. ^ a b c d 小松原明哲 2019, p. 1.
  5. ^ a b 神尾陽子ほか(編) 『子どもの健康を育むために:医療と教育のギャップを克服する』 日本学術協力財団 <学術会議叢書>23 2017年平成29年) pp.130 - 131.
  6. ^ 小松原明哲 2019, pp. 2–4.
  7. ^ 規則違反」や「人員欠員」という、本来の表現、内容を直接的表現することを避けており、「事故」と表現したり、「事故」という言葉と一体化させることで、「意図していたのではない」という面を強調し、「できることなら、ことを穏便に済ませたい」という気持ちが背後で働いている、自衛隊ならではの言葉づかい、自衛隊独特の言葉づかい、である。民間企業では、こういう言葉づかいをすると、かえって「責任を自覚していない」とか「(やるべきことをやらず)責任回避ばかりをしている」などといった指摘がされ、かえって解任されたり、バッサリと解雇されたりする。


「事故」の続きの解説一覧

事故(Accident)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/23 07:21 UTC 版)

過去に夫殺し容疑捕まり無罪となった女性新たな男性結婚していた。その男性が妻を受取人にした生命保険入ったことを知った警部エヴァンズ悲劇未然に防ぐことを決意する

※この「事故(Accident)」の解説は、「リスタデール卿の謎」の解説の一部です。» 「リスタデール卿の謎」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

事故

出典:『Wiktionary』 (2021/06/16 13:54 UTC 版)

名詞

(じこ)

  1. 思いがけず起こった悪い出来事
  2. 事の起こった理由

発音(?)

じ↘こ

翻訳


「事故」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



事故と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「事故」に関係したコラム

  • CFDの銅相場の見方

    銅は、熱や電気を伝導したり、腐食に耐えられるなどの特性から工業用の金属として用いられています。銅の主な用途は送電線や電気製品などが挙げられます。銅は、工業用金属としては鉄、アルミニウムに続く消費量です...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

事故のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



事故のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのリスタデール卿の謎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS