列車事故とは? わかりやすく解説

鉄道事故

(列車事故 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/11 02:31 UTC 版)

鉄道事故(てつどうじこ)とは、鉄道車両の運転時に発生する事故である。


  1. ^ Derrick, Samuel Melanchthon (1930). Centennial History of South Carolina Railroad. Columbia, South Carolina: The State Company. pp. 83-84. ISBN 978-0-87152-190-3. OCLC 1042324 
  2. ^ 久保田博 『鉄道重大事故の歴史』グランプリ出版、2000年、[要ページ番号]頁。ISBN 978-4-87687-211-4 
  3. ^ マルグリット・ユルスナール 著、小倉孝誠 訳 『北の古文書』白水社〈世界の迷路II〉、2011年 (原著1977年)、[要ページ番号]頁。ISBN 978-4-560-08178-5 
  4. ^ 作家マルグリット・ユルスナールの父方の祖父がこの列車に乗りあわせており、奇跡的に救助されている[3]
  5. ^ 構造欠陥等によるアシュタブラ鉄橋の崩壊で92名が死亡 - 失敗知識データベース
  6. ^ 日本でも、1922年(大正11年)に90人が死亡している。「北陸線列車雪崩直撃事故」を参照。
  7. ^ a b c d e f g h Train Disasters Interactive Timeline - ウェイバックマシン(2013年5月24日アーカイブ分)CBS News
  8. ^ History of Railways in Indonesia”. Kereta Api Indonesia - Indonesian Railway. 2021年8月9日閲覧。
  9. ^ “4 Kecelakaan Kereta Api Terparah di Indonesia, 200 Penumpang Tewas di Lembah Anai” (インドネシア語). Bangka Pos. (2016年9月28日). https://bangka.tribunnews.com/2016/09/28/4-kecelakaan-kereta-api-terparah-di-indonesia-200-penumpang-tewas-di-lembah-anai 2021年8月9日閲覧。 
  10. ^ Semmens, Peter (1994). Railway Disasters of the World: Principal Passenger Train Accidents of the 20th Century. Patrick Stephens Ltd.. p. 173. ISBN 1-85260-323-2 
  11. ^ “열차끼리 추돌 18명 사망-충북 옥천군 지탄역구내서” (韓国語). 中央日報. (1977年7月25日). https://news.joins.com/article/1464445 2021年8月9日閲覧。 
  12. ^ a b c World's worst rail disasters. BBC News
  13. ^ 「DIARY 2001/2」『鉄道ジャーナル』第35巻第5号、鉄道ジャーナル社、2001年5月1日、 99頁。
  14. ^ a b The world's worst rail accidents. The Telegraph
  15. ^ 電気系統不具合によるエジプト列車火災事故 373人死亡 - 失敗知識データベース
  16. ^ ポッターズバー駅衝突事故@イギリス (Potters Bar Crash)”. 関心空間 (2011年5月16日). 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月28日閲覧。
  17. ^ Alex Therrien (2014年11月6日). “Ufton Nervet rail crash: Why is level crossing still open?”. BBC News. https://www.bbc.com/news/uk-england-berkshire-29755734 2020年2月11日閲覧。 
  18. ^ 比で列車転覆、10人死亡 斜面転落、130人負傷」『47NEWS共同通信社、2004年11月12日。オリジナルの2013-05-16時点におけるアーカイブ。
  19. ^ ドイツ、リニア衝突 - 失敗知識データベース
  20. ^ インドで特急列車が衝突、65人死亡 背後に毛派か」『AFPBB News』、2010年5月28日。2021年8月9日閲覧。
  21. ^ < 鉄道を標的としたテロの脅威に対する注意喚起 >”. 在ムンバイ日本国総領事館 (2010年7月6日). 2021年8月9日閲覧。
  22. ^ インドで列車脱線事故、死傷者245人超す 毛派の攻撃」『大紀元時報』、2010年5月29日。2021年8月9日閲覧。
  23. ^ インド東部で列車追突事故 死者60人超す」『大紀元時報』、2010年7月20日。2021年8月9日閲覧。
  24. ^ メキシコの貨物列車脱線、原因は部品の盗難」『AFPBB News』、2013年8月31日。2021年8月9日閲覧。
  25. ^ ソウル 地下鉄で追突事故200人けが」『NHKニュース』、2014年5月2日。2014年5月2日閲覧。オリジナルの2014-05-02時点におけるアーカイブ。
  26. ^ ドイツ 時速100キロで正面衝突か 鉄道事故10人死亡」『毎日新聞』、2016年2月9日。2021年8月9日閲覧。
  27. ^ ドイツ 電車正面衝突は人為的ミスと断定 運行担当を捜査」『毎日新聞』、2016年2月17日。2021年8月9日閲覧。
  28. ^ イタリアで列車正面衝突、27人死亡 負傷者50人に」『日本経済新聞』、2016年7月13日。2021年8月9日閲覧。
  29. ^ インドで脱線事故、120人死亡」『産経ニュース』、2016年11月20日。2021年8月9日閲覧。
  30. ^ a b インド北部で列車が脱線、23人死亡 64人負傷」『AFPBB News』、2017年8月20日。2021年8月9日閲覧。
  31. ^ エジプトで列車同士が衝突、37人死亡」『AFPBB News』、2017年8月12日。2021年8月9日閲覧。
  32. ^ 列車衝突現場で救急隊員が自撮り、辺地送り処分に エジプト」『AFPBB News』、2017年8月13日。2021年8月9日閲覧。
  33. ^ エジプト北部で列車衝突、12人死亡」『AFPBB News』、2018年3月1日。2021年8月9日閲覧。
  34. ^ トルコで列車脱線、24人死亡 雨で線路下の土流出か」『AFPBB News』、2018年7月9日。2021年8月9日閲覧。
  35. ^ トルコ高速鉄道、点検用車両と衝突 9人死亡[リンク切れ] 産経ニュース、2018年12月13日
  36. ^ パキスタンで列車火災、死者74人 乗客が調理中にガスボンベ爆発」『AFPBB News』、2019年11月1日。2021年6月8日閲覧。
  37. ^ “Egypt orders eight arrests over fatal train crash”. ガルフニュース英語版. (2021年3月29日). https://gulfnews.com/world/mena/egypt-orders-eight-arrests-over-fatal-train-crash-1.78191423 2021年3月31日閲覧。 
  38. ^ 黃子騰、施昂強 (2021年4月11日). “【台鐵出軌】DNA結果出爐 太魯閣號罹難者人數下修至49人” (中国語). 蘋果日報. https://tw.appledaily.com/local/20210411/4UELSNUWKJC67DUOU2OXUIU44Y/ 2021年8月9日閲覧。 
  39. ^ “Al menos 25 muertos por el derrumbe de un tramo del metro de Ciudad de México” (スペイン語). El País. (2021年5月5日). https://elpais.com/mexico/2021-05-04/un-accidente-en-la-linea-12-de-metro-de-ciudad-de-mexico-deja-al-menos-50-heridos.html 2021年6月7日閲覧。 
  40. ^ ASIM TANVEER, MUHAMMAD FAROOQ (2021年6月9日). “Official: Death toll rises to 63 in Pakistan train collision”. AP NEWS. https://apnews.com/article/pakistan-business-174a8de9a65d8b2cf818b937d00912a2 2021年6月8日閲覧。 


「鉄道事故」の続きの解説一覧

列車事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/15 01:00 UTC 版)

振替輸送」の記事における「列車事故」の解説

近年では人身事故飛び込み踏切障害)や踏切事故通行者との衝突)による一時不通輸送障害)が多い。

※この「列車事故」の解説は、「振替輸送」の解説の一部です。
「列車事故」を含む「振替輸送」の記事については、「振替輸送」の概要を参照ください。


列車事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 22:24 UTC 版)

カステイダフェルス」の記事における「列車事故」の解説

2010年6月23日にはプラツァ・ダ・カステイダフェルス駅でカステイダフェルス列車事故(英語版)が起こり12人が死亡して14人が負傷した。駅から200mにも満たない所にあるビーチ聖ヨハネの前夜祭サン・フアン祭礼夏至火祭り)が開催されており、エクアドル人歌手のルベン・デ・レイが主催するコンサートが行われていた。駅のホーム混雑していたため、一部若者らは歩行者用地下通路ではなく線路横断して別のホーム向かおうとしたが、そこに急行電車が135km/hで入線して若者らをはねた。24台の救急車15台の消防車出動し負傷者バルセロナ都市圏にある3病院運んだが、最終的に12人が死亡して14人が負傷した犠牲者ルーマニア人1人を除く全員南アメリカ出身であり、大半エクアドル人だった。スペインでは2006年7月バレンシア地下鉄脱線事故43人死47負傷以降最悪の鉄道事故となった事故後に路線閉鎖され翌日6月24日12時30分に運転を再開した

※この「列車事故」の解説は、「カステイダフェルス」の解説の一部です。
「列車事故」を含む「カステイダフェルス」の記事については、「カステイダフェルス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「列車事故」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「列車事故」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

列車事故のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



列車事故のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鉄道事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの振替輸送 (改訂履歴)、カステイダフェルス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS