インシデントとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > インシデントの意味・解説 

インシデント

英語:incident

ちょっとした異変という程度で済んだがもしかすると大事に発展していたかもしれなかった出来事、あわや大惨事となっていた可能性もあった事態一歩間違えていたら本格的ヤバかった状況、という意味合いで用いられる言い方

インシデントという語は日本語においては航空鉄道医療情報セキュリティ分野などで危機管理の用語としてよく用いられる。特に「重大インシデント」という言い方で用いられる場合が多い。

インシデント(incident)はもともと英語で「事件」「出来事」という意味で用いられる語である。英語にも「重大な事件に至る危険のあった小事件」というニュアンスがある。

インシデントの他にアクシデント (accident)なども事故事件に関する語としてよく用いられる。アクシデントは「不慮の事故」「不意に発生する災難」といった意味の語であり、事故災難損害が(規模はどうであれ)実際に生じてしまった状況念頭にかれているといえる。インシデントは、アクシデント至りかねなかった手前段階とも言い得る。

一歩間違っていたら大惨事になっていた」という状況を指す語としては「ヒヤリ・ハット」なども挙げられる。インシデントとヒヤリハットには共通する部分もあり、同義語のように使える場合も多いが、ヒヤリハットには人間の不注意誤認判断ミスといった過ち事故要因になる(可能性があった)という状況を指す意味で用いられる場合が多い。

インシデント

情報セキュリティ要素である、機密性完全性可用性影響与え不測の事態。ここでは「コンピュータセキュリティ・インシデント」のことを指す。

インシデント

【英】incident

インシデントとは、英語で「出来事」「事変」などを意味する語である。特に情報セキュリティ分野では、コンピュータネットワークセキュリティを脅かす事象の意味で用いられる。

情報セキュリティでは、主に、情報セキュリティが脅かされ重大事故につながるおそれがあった事例をインシデントと呼ぶ。重大事故に至った場合を含むこともある。発生要因偶発的あったか仕組まれた意図的ものかは問われない。

セキュリティインシデント」や「コンピュータセキュリティインシデント」などとも呼ばれるが、単に「インシデント」と呼ばれることも多い。

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンターは、情報セキュリティ上のインシデントの例として、不正アクセス不正中継システムへの侵入データの改ざんサービス妨害行為DoS)などを挙げている。


参照リンク
インシデントとは - (一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター インターネット用語1分解説)
ネットワークのほかの用語一覧
セキュリティ:  暗号の2010年問題  悪性コード  エクスプロイトコード  インシデント  CSIRT  ハイテク犯罪  パッカー

インシデント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/12 09:14 UTC 版)

インシデント (: incident) は、事故などの危難が発生するおそれのある事態を言う。




「インシデント」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「インシデント」の関連用語

インシデントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



インシデントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
JMCJMC
2018 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシー情報セキュリティ用語集
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリインシデントの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインシデント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS