牽引とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 牽引 > 牽引の意味・解説 

牽引

読み方:けんいん

牽引(けんいん)とは、大きな力で物体引っ張ること引き寄せること。また、大勢先頭に立って物事引っ張っていくことである。

「牽引」の「牽」は「ひ(く)・つら(なる)」と訓じ、牛の引き綱表している。「引」は「ひ(く)・ひ(ける)」と訓じ、弓を引く様子表している。「牽引」とは物を引くといった物理的な意味合いのほか、集団率いるといった意味でも用いられる

「牽引」は「牽引する」という動詞のほか、「牽引車」「牽引免許」「牽引療法」などの複合名詞もある。「牽引」には物理的に物を引っ張という意味のほか、「牽引者」「牽引役」など、集団業界率いる人(リーダーという意味用法もある。

IT業界牽引する各国企業新事業名乗りを上げた。
動かなくなった車をレッカー車牽引する
椎間板ヘルニア症状軽減には脊椎牽引療法が有効とされている

牽引する」の類語には「先導する」「リードする」「率いる」などがある。「先導する」は「牽引すると同様使われ方のほか、道案内先を行くといった意味合いでも用いられる(例:白バイ公用車先導する)。「リードする」にも「牽引すると同様用法もあるが、試合などにおいて優勢になるという意味合いもある(例:自チームのほうが2点リードしている)。「率いる」は、管理者目上の者などが下の物引き連れていくといった意味合いでも用いられる(例:学生率いて修学旅行へ行く)。

「牽引」の対義語には「離散(りさん)」「プッシュバック」などがある。「離散(りさん)」は離れ離れ散り散りになること(例:戦争一家離散となった)。「プッシュバック」は航空機特殊車両接続し機体後方へ押し出すこと。 

けん‐いん【×牽引】

読み方:けんいん

[名](スル)

大きな力で引っ張ること引き寄せること。牽曳(けんえい)。「故障車レッカー車で―する」「―力」

牽引自動車」の略。「―免許


牽引

読み方:ケンインken’in)

ひっぱること


牽引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 12:24 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「牽引」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「牽引」を含むページの一覧/「牽引」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「牽引」が役に立つかも知れません。

関連項目



牽引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 13:39 UTC 版)

オードナンス BL 12ポンド 7cwt砲」の記事における「牽引」の解説

通常オードナンス BL 12ポンド 7cwt砲は、6頭の馬(3頭 x 2列)で牽引された。

※この「牽引」の解説は、「オードナンス BL 12ポンド 7cwt砲」の解説の一部です。
「牽引」を含む「オードナンス BL 12ポンド 7cwt砲」の記事については、「オードナンス BL 12ポンド 7cwt砲」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「牽引」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

牽引

出典:『Wiktionary』 (2021/08/29 12:32 UTC 版)

名詞

けんいん

  1. あるもの引っ張ること。引き寄せること。
  2. 先頭に立って率いた押し進めたりすること。

動詞

活用

類義語


「牽引」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



牽引と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「牽引」の関連用語

牽引のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



牽引のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの牽引 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオードナンス BL 12ポンド 7cwt砲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの牽引 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS