トルクとは? わかりやすく解説

トルク

英語:torque

トルクとは、物体回転させる能力大きさ意味する語。分かりやすい例としては「原動機回転力」がトルクである。トルクは英語では torque表記される。トルクの単位N・mニュートンメートル)。N(ニュートン)は物理学分野では標準的な最もよく用いられる)力の単位である。m(メートル)は長さの単位である。

トルクは、角運動量時間変化である。角運動量とは、物体の回転運動におけるベクトル量である。角運動量は、慣性モーメント角速度乗じた値である。慣性モーメントとは、回転慣性大きさのことである。角速度とは、円の中心から物体に向けて引いた線が1秒間回転する角度である。

原動機回転力としてのトルクは、基本的に原動機排気量比例関係にある。排気量が同じ場合過給機ターボチャージャー搭載の方がトルクを発する。トルクの値が大きいほど加速良い。トルクの値にエンジン回転数乗じた値を「馬力」という。馬力単位時間当たり仕事量を表す単位である。トルクは瞬間的な力であり、馬力継続的なといえる。トルクがあればあるほど発車登坂加速力強くなる。馬力大きければ大きいほど最大速度上がる

トルクや馬力関連する文脈では「モーメント」に言及される場合も多い。モーメントとは、主に回転能力大きさを表す量である。定点からの位置ベクトル着目する物理量とのベクトル積として表される。トルクは「力のモーメントとも言う

トルク【torque】


【トルク】(とるく)

実際に発揮される回転力」。
原動機では「軸トルク」「回転トルク」の事を指す。

トルクの表記は「N・mニュートン・メートル)」もしくは、「in-lb(インチ・ポンド)」で表され1N・mならば、「回転軸から1m離れた1kgの物体を1m/sで移動させる力」となる。

ボルト・ナットなどは、疲労強度落とさないために、適正なトルクで締め付けなければならない
このため適正なトルク値がメンテナンスマニュアル等により指定されているが、最終的なトルク値はトルクレンチにより決定される


トルク

英語 torque

回転力のこと。単位としてはNm表し回転中心からの距離と、その線分と直角方向の力との積である。例えエンジンのトルクが10Nmの場合は、1mのてこの先に、10Nの力を回転接線方向に加えたときに中心軸発生する回転力。これは、0.5mのてこの先に20Nの力を回転する方向に加えたことに等しい出力はトルクと回転数の積に比例する

参照 出力
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

トルク

回転する力。バイクの場合、クランクシャフトどのくらいの力で回っているのかを表す。 スペック表などには最大トルク呼ばれる数値記載されているが、それはそのバイクがもっともトルクを発生させるときの数値である。トルクはエンジン回転数によって変動し、必ずしも回転数上げれば上げるほど数値アップするとはかぎらない。この変動を表にしたのがエンジン性能曲線。トルクのグラフ山型を描くが、そのグラフ曲線なだらかなほど扱いやすいエンジンで、急な山だと扱いづらいエンジンとなる。 説明だけではなかなか実感するのは難しいかもしれないが、馬力との違い分かっていれば問題ない。トルクは単純に回転する力、馬力回転数含めた仕事量のことだと理解しよう(もっと詳し違いは「馬力」のを参照)。 よく「ぶ厚いトルク」であるとか「低速トルクがあってよい」など、エンジンを評価するときの表現として定着しているが、実のところライダー感じているのはトルクではなく、トルクによって発生する馬力である。 ちなみに単位となっている○○N・m(□□kg-m)/△△r/minは、1m先にあるおもりをどのくらい持ち上げられるかというもの(クランクシャフトに対して垂直になるように1mの棒を取り付けその先におもりを付けイメージ)。10kgまでおもりを持ち上げることができるならその力は10kg-m(98N・m)となり、そのときエンジン回転数8000回転なら、98N・m(10kg-m)/8000r/minと表記される。もちろんトルクの数値大きければ大きいほど回転す る力は大きくなる
トルク


関連用語最高出力/最大トルク スペック表 馬力

トルク

英語表記torque

モーメント。軸にかかる力をあらわすもので、力の大きさ力がかかる作用点までの距離の積で定義される単位はN%m(工学単位系ではkgf%m)。この大きさは、カム装置サイズ決め重要な量。 ?モーメント

凡例同義語は⇒、類似語は→、関連語は?で示す。

オサダン

分子式C60H78OSn2
その他の名称トルク、ベンデックス、フェンブタチンオキシド、Torque、Vendex、SD-14114、Fenbutatin oxideBis[tris(2-methyl-2-phenylpropyl)stannyl]oxide、オサダン、μ-オキソビス[トリス(2-メチル-2-フェニルプロピル)すず(IV)]、Osadan、1,1,1,3,3,3-Hexakis(2-methyl-2-phenylpropyl)distannoxane、Bis[tris(2-methyl-2-phenylpropyl)stannyl] oxideBis[tri(2-methyl-2-phenylpropyl)stannyl] oxide、トリネオフィルすずオキシド、ネオスタノックス、ベンデックス4L、ヘキサキス、ベンデックス4液状物、Trineophyltin oxide、Neostanox、Vendex 4L、Hexakis、Vendex 4 Liquid、フェンブタすず酸化フェンブタスズ、Bis[tris(2-methyl-2-phenylpropyl)stannyl] ether、Oxybis[tris(2-methyl-2-phenylpropyl)stannane]、Fenbutatin、1,1,1,3,3,3-ヘキサキス(2-メチル-2-フェニルプロピル)ジスタンノキサン、ヘキサキス(2-メチル-2-フェニルプロピル)ジスタノキサン、μ-Oxobis[tris(2-methyl-2-phenylpropyl)tin(IV)]
体系名:1,1,1,3,3,3-ヘキサキス(2,2-ジメチル-2-フェニルエチル)-1,3-ジスタンナ-2-オキサプロパン、ビス[トリ(2-メチル-2-フェニルプロピル)スタンニル]オキシドビス[トリス(2-メチル-2-フェニルプロピル)スタンニル]オキシドビス[トリス(2-メチル-2-フェニルプロピル)スタンニル]エーテル、オキシビス[トリス(2-メチル-2-フェニルプロピル)スタンナン]


トルク (Torque)

シャフトのねじれ具合をトルクで表す。一般に売られているシャフトのトルクは 1.5 - 12 の範囲ものである。スチール・シャフトは 2.0 前後、カーボン・グラファイト・シャフトでは 3 - 6 が 最も一般的。トルクが 3以下のグラファイト・シャフトは、ロートルクでねじれ難いシャフトになる。
 
» シャフト (ゴルフクラブ選びの知識)
ゴルフクラブの重心 (ゴルフクラブ選びの知識)
慣性モーメントとは


トルク

名前 Torg

トルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 08:36 UTC 版)

トルク英語: torque)とは、力学において、ある固定された回転軸を中心にはたらく、回転軸の周りの力のモーメントである。一般的には「ねじりの強さ」として表される。力矩ねじりモーメントとも言う。




「トルク」の続きの解説一覧

トルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/31 13:41 UTC 版)

流体機械」の記事における「トルク」の解説

原動機の軸にかかるトルクである。

※この「トルク」の解説は、「流体機械」の解説の一部です。
「トルク」を含む「流体機械」の記事については、「流体機械」の概要を参照ください。


トルク(発生トルク / 必要トルク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 00:29 UTC 版)

ライブバトルカード ライブオン」の記事における「トルク(発生トルク / 必要トルク)」の解説

カードライブする際に必要となるコスト大地系(赤)、大空系(白)、大海系(青)、大冥界系(黒)の4種類4色)がある。

※この「トルク(発生トルク / 必要トルク)」の解説は、「ライブバトルカード ライブオン」の解説の一部です。
「トルク(発生トルク / 必要トルク)」を含む「ライブバトルカード ライブオン」の記事については、「ライブバトルカード ライブオン」の概要を参照ください。


トルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 00:55 UTC 版)

機関 (機械)」の記事における「トルク」の解説

トルクは機関出力軸連結され理論上のてこに及ぼされる力である。これは以下の式で表わされる。 τ = | r × F | = r F sin ⁡ ( r , F ) {\displaystyle \tau =|\mathbf {r} \times \mathbf {F} |=rF\sin(\mathbf {r} ,\mathbf {F} )} 上式において、rはてこの長さ、Fはそれにかかる力、r×Fはベクトルクロス積である。トルクは典型的にニュートンメートルN·mSI単位)あるいはフィート重量ポンドft·lbヤードポンド法)の単位測られる

※この「トルク」の解説は、「機関 (機械)」の解説の一部です。
「トルク」を含む「機関 (機械)」の記事については、「機関 (機械)」の概要を参照ください。


トルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/09 07:04 UTC 版)

猫の地球儀」の記事における「トルク」の解説

物語の舞台宇宙浮か円筒形構造物であり、元々は人類建造した宇宙コロニーであったと思われる地球儀(地球)の地表から高度6000kmの衛星軌道を、軌道速度5600m/sで公転している。作中では「石造り」とあるが材質不明回転する外殻」と、外殻中心縦に貫く「中心柱」という2つ部分区別でき、フローティングゲートによって互い行き来が可能となっている。外殻では回転によって~1G程度重力発生しているが、中心柱無回転のため無重力外殻には少数の窓やエアロックの他、電磁加速器(?)とみられる設備存在している。本作時間軸では人類死に絶えており、頂点とした菌類からなる生態系成立しているこのうち菌類広大な分布示し、「酸素黴」と呼ばれる黴(光合成による酸素供給主体?)は外殻破って宇宙飛び出す大規模集落形成している。設備ロボットには生きているものも多くあり、猫たちはそれらを利用して生活をしている。

※この「トルク」の解説は、「猫の地球儀」の解説の一部です。
「トルク」を含む「猫の地球儀」の記事については、「猫の地球儀」の概要を参照ください。


トルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/30 14:21 UTC 版)

ナツノクモ」の記事における「トルク」の解説

コイルが使うもう1つ外装。一般にエンジン男として知られており、廃人プレイヤーばかりを狙う謎の存在として都市伝説化されている。トルクに外装消滅させられプレイヤーそのまま音信不通になり、二度とゲーム戻ってこない事から、死んだり病送りになったものと噂されている。エンジン模した機械的な体で上半身大きすぎ異様なバランスになっている右腕欠損している。

※この「トルク」の解説は、「ナツノクモ」の解説の一部です。
「トルク」を含む「ナツノクモ」の記事については、「ナツノクモ」の概要を参照ください。


トルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 01:57 UTC 版)

計量単位一覧」の記事における「トルク」の解説

次元:トルク = 力×長さ = 質量×長さ2/時間2 次元エネルギーと同じ。 ニュートンメートルN・m インチ重量ポンド(ふつうインチ・ポンドと呼ぶ):in・lbf フィート重量ポンド(ふつうフィート・ポンドあるいはフート・ポンドと呼ぶ):1 ftlbf = 12 in・lbf

※この「トルク」の解説は、「計量単位一覧」の解説の一部です。
「トルク」を含む「計量単位一覧」の記事については、「計量単位一覧」の概要を参照ください。


トルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 09:21 UTC 版)

牧場物語 つながる新天地」の記事における「トルク」の解説

眼鏡をかけたコロボックル女の子ジャンル問わずあらゆる知識有する頭脳持ち主帽子アウターの色は紫。

※この「トルク」の解説は、「牧場物語 つながる新天地」の解説の一部です。
「トルク」を含む「牧場物語 つながる新天地」の記事については、「牧場物語 つながる新天地」の概要を参照ください。


トルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 07:01 UTC 版)

メット」の記事における「トルク」の解説

ペーパーマリオRPG』で登場ルイージ仲間であるメットで、甲羅スパナ付いている

※この「トルク」の解説は、「メット」の解説の一部です。
「トルク」を含む「メット」の記事については、「メット」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「トルク」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「トルク」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トルクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2022 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
三共製作所三共製作所
Copyright(C) 1998-2022, Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
豆辞典ドットコム豆辞典ドットコム
www.mamejiten.com - all rights reserved
豆辞典ドットコムゴルフ豆辞典
Be.BIKEBe.BIKE
Copyright(C) 2001- 2022 CAR MATE MFG.CO.,LTD. All Rights Reserved.
Be.BIKE自転車用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトルク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの流体機械 (改訂履歴)、ライブバトルカード ライブオン (改訂履歴)、機関 (機械) (改訂履歴)、猫の地球儀 (改訂履歴)、ナツノクモ (改訂履歴)、計量単位一覧 (改訂履歴)、牧場物語 つながる新天地 (改訂履歴)、メット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS