上がるとは?

上がる

読み方:あがる
別表記:アガる

人前緊張してしまい平静心持ちを保てなくなるさま、人の目を気にしてぎこちなくなってしまうさまなどを意味する表現

あが・る【上がる/揚がる/挙がる】

[動ラ五(四)

そのもの全体または部分位置が低い所から高い方へ動く。

㋐低い所から高い所に移る。「二階に—・る」⇔おりる。

物の位置が高い所へ移る。「遮断機が—・る」「幕が—・る」⇔さがる/おりる。

㋒物が動き進んで高い空間に移る。「火の手が—・る」「夜空花火が—・る」

水上水中から外に移る。「船から陸(おか)に—・る」「風呂から—・る」

履物をぬいで家の中に入る。「座敷に—・る」

㋕(揚がる遊女屋に入って遊ぶ。「妓楼(ぎろう)に—・る」

㋖《御所が北にあったところから、京都の町で》北に行く。「新烏丸(からすま)通り竹屋町—・る」⇔さがる。

所有者高位の者の手元に収められる。

収益がある。「純益が—・る」

㋑(挙がる検挙される。「犯人が—・る」

上の段階等級へ進む。「学校に—・る」「地位が—・る」⇔さがる。

程度が高まる。

㋐他と比較して高い状態にある。「右肩が—・っている」⇔さがる。

今までより高い状態になる。「血圧が—・る」「気温が—・る」⇔さがる。

㋒(「騰る」とも書く)値段が前より高くなる。「物価が—・る」⇔さがる。

いちだんと望ましい状態になる。「男ぶりが—・る」「腕前が—・る」

声が高く発せられる。「歓声が—・る」

勢いがつく。盛んになる。「意気が—・る」「調子が—・る」「気分が—・る」

俗に気分が高まる。興奮する。「—・る曲」

《血が頭にのぼる意から》のぼせて平常心を失う。「初舞台で—・る」

物事終わりとなる。

完成する。仕上がる。「仕事が—・る」

双六(すごろく)などで、駒が最終の場所に進んで勝つ。また、トランプ・マージャンなどで役ができて勝つ。「役満で—・られた」

がやむ。「夕立が—・る」

㋓その範囲内まかなえる。「思ったより安く—・った」

㋔脈・乳・月経などが止まる。「つわりが—・る」

魚・貝などが死ぬ。草木枯れる。「ウリ(つる)が—・る」

すたれる。だめになる。「車のバッテリーが—・る」

人の目についたり、広く知られたりするようになる。

㋐掲げられる。「表彰の額が—・る」

㋑有名になる。「名が—・る」

㋒(挙がる)表し示される。「証拠が—・る」

効果実績現れる。「成果が—・る」

揚がる揚げ物ができる。「天ぷらが—・る」

神仏や敬うべき人などに、ある行為なされる

神仏供えられる。「灯明が—・る」

使用人として仕える。「お屋敷に—・る」⇔さがる。

㋒「食う」「飲む」「吸う」の尊敬語召し上がる。「先生は酒を少しも—・りません」

㋓「行く」「訪ねる」の謙譲語参上する。「お話伺いに—・ります」

10 昔へさかのぼる。

「なほ—・りての人には、あたるべくもあらじをや」〈源・若菜下

11 馬が跳ねる。

「馬の—・りさわぐなどもいとおそろし見ゆれば」〈・三〉

12 髪が逆立つ

「汗のあゆれば、つくろひたてたる髪なども、みな—・りやしたらむとおぼゆ」〈二七八〉

13 動詞連用形のあとに付いて複合語をつくる。

㋐その動作が終わる意を表す。しおわる。「新聞刷り—・る」

いきつくところまでいっている状態を表す。すっかり…する。「晴れ—・る」「おどされて震え—・る」

さげすみののしる意を表す。しくさる。しやがる。

「おおい、まち—・れ」〈滑・膝栗毛・五〉

[可能] あがれる

[用法] あがる・のぼる——「坂を上がる(登る)」「石段を上がる(登る)」「煙が上がる(昇る)」などでは相通じて用いる。◇「舞台に上がる」「座敷に上がる」などには「登る」は使わない。◇「山に登る」「木に登る」「はしごを登る」では「登る」を使う。◇「上がる」も「登る」も下から上への空間的移動であるが、「はしごを登って、屋根に上がった」「山道を登って、見晴らし台に上がった」などの例からもわかるように、「登る」は途中経過経由する所を意識していう場合が多いのに対し、「上がる」は到達点ととらえることが多い。「煙が上がる」「煙が昇る」では相通じて用いられるが、「狼煙(のろし)」の場合は「狼煙が上がる」であって狼煙昇る」とはいわない双六(すごろく)の終着点は「あがり」であって「のぼり」ではない。

[下接句] 頭が上がらない意気が揚がる・梲(うだつ)が上がらない・オクターブが上がる口が上がる此処(ここ)を踏んだらあちらが上がる・(たこ)の糞(くそ)で頭に上がる・手が上がる(まくら)が上がらない・脈が上がる


あが・る【上・揚・挙・騰】

1 〔自ラ五(四)

[一] 下の方から上の方へ移る。

① 低い所から高い所へ移る。上のほうに移動する。また、物の上に乗る

万葉(8C後)一九・四二九二「うらうら照れる春日にひばり安我里(アガリ)心悲しひとりし思へば」

*虎明本狂言右流左止室町末‐近世初)「たかき山にあがり、てんにむかひ」

空中に浮かぶ。また、が空に広がる

平家13C前)一一「鏑(かぶら)は海へ入りければ、扇は空へぞあがりける」

歌舞伎好色芝紀島物語(1869)四幕「『曇ったせゐか暗くなった』『北からずんずん上(アガ)るから、後にゃあ一降り掛るだらう』」

水上水中から陸上へ移る。上陸する。下船する。また、などが水揚げされる。

平家13C前)灌頂の陸(くが)にあがれるがごとく、鳥の巣をはなれたるがごとし」

俳諧奥の細道(1693‐94頃)旅立「千じゅと云所にて船をあがれば」

地中から地上へ出る。などが生える。

*虎寛本狂言竹の子室町末‐近世初)「隣の藪から根をさいて見事な笋(たけのこ)が上った」

(5) 風呂から出る。

夜の寝覚(1045‐68頃)一「ただいま御湯よりあがらせ給ひて」

(6) 外から家の中へはいる。

咄本昨日は今日の物語(1614‐24頃)下「あがらふとしても、縁が高さにあがりかねて」

(7) 遊女屋にはいって遊ぶ。妓楼登楼する。

洒落本通言総籬(1787)二「八つ打てあがるきゃくは、みんなあのくらいなもんだ」

(8) 学校にはいる。おもに小学校についていう。

日の出(1903)〈国木田独歩〉「僕が大島学校に上(アガ)ってから四五日目御座いました」

(9) (血が頭に上る意) のぼせてぼうっとなる。ふだんの落ち着きを失う

(イ) 「気があがる」の表現場合

蜻蛉(974頃)中「気(け)やあがりぬらん、心ちいと悪しおぼえて、わざといと苦しければ」

(ロ) 「あがる」の主語が表わされない場合

滑稽本浮世風呂(1809‐13)前「湯気(ゆけ)に上(アガ)ったさうだ。ヲイ番頭、目を回した人があるぜヱ」

(10) 流れのもとの方へ行く。特に、昔へさかのぼる。→上がりたる世上がりての人

栄花(1028‐92頃)鶴の林人々多かる中に、あがりてもかばかり幸あり、すべき事の限り仕うまつりたる人候(さぶら)はず侍り

(11) 巫女(みこ)などに乗り移っていた神が天に帰る

平家13C前)一「『それを不足におぼしめさば力及ばず』とて、山王あがらせ給ひけり」

(12) 死体などが、水中より水面に出る。

*夢声半代記(1929)〈徳川夢声〉Z投身事件「今、水道橋の処へ、死骸が上(アガ)りました」

[二] 上に立つ者に物などが収められる。

年貢(ねんぐ)などが領主の手にはいる。転じて、家賃地代収益などが、その受け取り手上の者に収められる。

暴風(1907)〈国木田独歩〉二「郷国(くに)の田地から上(アガ)る小作米が」

領地役目などを取り上げられる。

日葡辞書(1603‐04)「チギャウ、ヤク agatta(アガッタ)〈訳〉高貴な人の手差し出される、または、その所有となる」

犯人召し取られる。検挙される。

女工哀史1925)〈細井和喜蔵一三「ところが一方不図した証拠から真犯人あがったのであった」

[三] 地位体勢価値程度などが高まる。

① ある場所が周囲より高くなる。また、からだやからだの一部が高まる。

書紀720雄略九年五月前田本訓)「大将軍紀小弓宿禰、龍のごとく驤(アカリ)虎のごとく視て」

源氏100114頃)夕霧「おましの奥の少しあがりたるところを、心みにひきあけ給へれば」

② 馬が跳ねる。

古今著聞集(1254)一六「臆して手綱をつよくひかへたりけるに、やがてあがりて投げけるに、てんさかさまに落ちて」

地位が進む。昇進する。また、進学進級する。

源氏100114頃)乙女大臣(おとど)、太政大臣にあがり給て」

物の値段が高くなる。騰貴する。

天理本金般若経集験記平安初期点(850頃)「米麦踊貴(アガリ)、車馬通はず」

(5) 精神気分などが高まる。

俳諧師(1908)〈高浜虚子〉七一「我乍ら甚だ気勢が揚(ア)がらぬ」

(6) 能力勢力速力数量価値などが加わる。

浮世草子傾城禁短気(1711)一「昔よりはお智恵があがって」

故旧忘れ得べき(1935‐36)〈高見順〉一「大変能率の上った事実とは反対に

(7) 技能などがうまくなる。上達する。一段上の域に達する。

筑波問答(1357‐72頃)「の道の事も、難をよく人に言はれてこそあがる事なれ」

(8) (色が)より鮮やかに染まる。より美しくなる。

*清輔集(1177頃)「紫のはつしほそめのにひ衣ほどなく色のあかれとぞおもふ」

(9) 様子よくなるまた、人間として立派になる。

滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「道理だ。別に女ぶりが上(アガ)った」

(10) あたりによく聞こえるような声が出る。高く発せられる。「歓声が上がる」

妾の半生涯(1904)〈福田英子一一「其刹那に、児の初声は挙(アガ)りて」

[四] 人によく見えるようになる。広く知られるようになる。

① 高く揚げられる。また、掲載される。「旗が揚がる

大鏡(12C前)三「うたまくらに名あがりたるところどころなどを書きつつ」

② (名前などが)人によく知られるようになる。

大鏡(12C前)二「さてかばかりの詩をつくりたらましかば、名のあがらむこともまさりなまし」

③ (事実証拠たくらみなどが)はっきり表に現われる

歌舞伎韓人漢文手管始唐人殺し)(1789)一「はて、じたばたせまひ。工(たく)みの手目(てめ)は上ってある」

④ (効果実績などが)目立って出てくる。

学問のすゝめ187276)〈福沢諭吉〉四「今日に至るまで未だ実効挙る見ず

[五] 物事終わりになる。

① できあがる役目が終わる。習い終わる。すむ。

日葡辞書(1603‐04)「フシンガ agaru(アガル)〈訳〉工事完成する」

すごろくゲームで、最終の場所にはいって勝つ。

東京年中行事(1911)〈若月紫蘭一月暦「所謂飛双六で有って、早く上(アガ)ったものが勝を占(し)むるので有る

カルタ遊びトランプなどで手札を場に出し尽くしたり場札取り尽くしたりして勝つ。また、トランプマージャンなどで、役を作って勝つ。

咄本鹿の巻筆(1686)一「読(よみ)のかるたは壱のこり、あがられぬ事八つの善ありながら、壱つの悪にひかさるる心なり」

などがやむ。天気よくなるまた、雨期が終わる。

日葡辞書(1603‐04)「ツユ、または、ナガシガ agaru(アガル)」

(5) ある費用で、無事にすむ。ある金額片がつく

滑稽本・続膝栗毛(1810‐22)初「こちの檀方(だんぱう)に死かかってをる病人があるさかい、それと一所割合さしゃると、いかう下直(げぢき)にあがります」

(6)貴人の膳が)取り下げられる。

日葡辞書(1603‐04)「ゴゼンガ agaru(アガル)、ゴゼンガ スベル、または、クダル

(7) 商売仕事などがうまくゆかなくなる。生活が立ちゆかなくなる。

評判記難波物語(1655)「されば其人ぜんせいのじぶん、あがるべしとは人も思はず」

海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹二三商売は上ってしまふのだった

(8) (脈、乳、月経などが)止まる。絶える。

浮世草子本朝桜陰比事(1689)四「手足びりびりとふるひ其まま脉(みゃく)あがりぬ」

(9) 、貝、などが死ぬ。また、草木枯れる。

評判記色道大鏡(1678)一「惣じてあがるといふ詞は、の死してはたらかざる㒵(かたち)をいふ」

(10) 成長して繭を作らせるための、わらの床に乗せるべき状態になる。

(11) 熱い油であげて、食物食べられる状態になる。

[六] 敬意を払うべき人に物が渡される。また、そういう人のいる場所へ向かって行く、訪問する。

神仏に物が供えられる。

北野社日記慶長六年(1601)正月朔日「当坊へあかり申御供数」

貴人献上される。

日葡辞書(1603‐04)「ウエサマエ シンモツガ agatta(アガッタ)、カタナガ agatta(アガッタ)」

③ (内裏が北にあったので) 京都で、北へ行く。

雑俳・口よせ(1736)「九重上る下るでむづかしい」

田舎から京阪地方へ行く。→上がり(一)(20)

(5) 大阪で、城の方へ行く。

浮世草子好色万金丹(1694)四「阿波座を上(かみ)へあがり」

(6) 屋敷などに奉公に行く。

滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「此子が上(アガ)りましたお屋敷さまは」

(7) 他人の家訪問する意の謙譲語参上する。

滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「藤間さんがお屋敷お上(アガ)んなさいますから

[七] 補助動詞として用いる。動詞連用形に付く。

① その動作が終わる意を表わす。「染め上がる」「刷り上がる

② その動作激しくなる意を表わす

落窪(10C後)二「ただ言ひに言ひあがりて」

いやしめののしる気持添える。くさる。やがる。

浄瑠璃女殺油地獄(1721)中「ヤイかしましい。あたり隣も有ぞかし、よっぽどにほたへあがれ」

滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)五「ヲヲイまちあがれ」

2 〔他ラ五(四)〕 「食う」「飲む」の尊敬語

*虎明本狂言饅頭室町末‐近世初)「中々ことの外むまうござる。一つあがりまらせひ」

ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「お父様は巻烟草は上(アガ)らない」

[語誌](1)アガルノボルは、共に上への移動表わすという点で共通する類義語であるが、アガル到達点に焦点があり、そこに達することを表わすに対してノボル経過過程経路焦点があるという点が異なる。「川を(船で)ノボル」「×川を(船で)アガル」「川から(岸に)アガル」「川から(谷づたいに山へノボル
(2)アガルは、ある到達点に達することを表わすところから、(一)(一)のように基本的に初めの状態を離れること、ある段階から抜け出すことを表わし、その経過過程問題にしない非連続的移動である。そのため、アガル場合アガルものが物全体一部かにかかわらず視点の向けられているものの移動ということ問題になる。それに対してノボル場合は、少しずつ移動する過程明らかになるような、それ自体全体的移動を表わし、しかも自力移動が可能な事物限定される。「生徒の手アガル(×ノボル)」「ダム水面アガル(×ノボル)」「いつのまに血圧アガッていた」「興奮して頭に血がノボッていくのがわかった
(3)到達点という結果焦点があるアガルは、「ている」を付けてアガッテイルとすると動作作用結果表わす過程焦点があるノボルはノボッテイルとすると現在進行中の動作表わす。「のろしが(の上に)アガッテイル」「煙が(空へ)ノボッテイル」
(4)また、アガルは、到達点に達すというところから、(一)(五)①②③のように最終的にある段階達し完了すること、終了することをも表わすことになる。


上がる

大阪弁 訳語 解説
上がる 召し上がる 口に合うかわからへんけど、あがってみとくなはれ。召し上がれ、は「おあがり」という。


上がる

大阪弁 訳語 解説
上がる (家に)入る 家の中に入ること。家に上がる。座敷に上がる。ちょっとあがらしてもらうわ。


上がる

大阪弁 訳語 解説
上がる 入学/入園(する)、
就学(する)
学校に入ること。今田さんとこの上お子来年小学校上がるねんてなあ。


上がる

大阪弁 訳語 解説
上がる 進級/進学(する) 学年を上がる。


上がる

大阪弁 訳語 解説
上がる 卒業/卒園(する) 学校から出ていくこと。退学でも「上がる」。すごろくゴールを「あがり」というのと同じ。女性閉経もこの「上がる」。


上がる

大阪弁 訳語 解説
上がる 帰宅(する) 会社学校から家に帰ること。仕事が終わることも「あがる」と言うきょうはもうこれであがりますわ。


上がる

大阪弁 訳語 解説
上がる 仕上がる、完成(する) 仕上がること。頼んどった仕事、あがってまっか?


上がる

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 02:07 UTC 版)

漢字混じり表記

がる

  1. あがる 参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「上がる」に関係したコラム

  • バイナリーオプションで逆張りをするには

    逆張りは、上昇トレンドであれば売り、下降トレンドであれば買いといったように、相場のトレンドに逆らう取引を行うことです。バイナリーオプションでは、上昇トレンドであれば円高(ドル高)へ推移する商品の購入、...

  • 株式分析の騰落レシオとは

    株式分析の騰落レシオは、その日の値上がりした銘柄数と、値下がりした銘柄数から株式相場の強弱を調べるテクニカル指標です。騰落レシオの計算方法は、過去25日間の値上がりした銘柄数を過去25日間の値下がりし...

  • CFDの債券の取引とは

    CFDでの債券取引は、各国の発行する債券(国債)の先物が対象になっています。債券を取り扱っているCFD業者は、ひまわり証券、CMC Markets Japan、IGマーケッツ証券、SBI証券などです。

  • 株式相場のアノマリー

    株式相場のアノマリーとは、日本の経済や景気、企業の業績などとは関係なく起きる、理屈の上では説明のつかない株価の変動のことです。次は株式相場のアノマリーの一例です。▼1月の株高正月休みを終えて再び機関投...

  • 株365のDAX証拠金取引と為替相場との関係

    株365のDAX証拠金取引と為替相場とはどのような関係にあるでしょうか。ここでは、DAX証拠金取引の値動きのもととなるDAX30と主要通貨のチャートを見比べてみます。次の図は、DAX30の価格をチャー...

  • CFD取引をスマホで行えるCFD業者の一覧

    携帯端末での取引のメリットは、電波を含む通信回線が確保されていれば場所を選ばずにどこでも取引ができるという点が挙げられます。朝から夜までオフィスにつめていて取引ができない場合でも、スマホがあれば取引が...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「上がる」の関連用語

上がるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



上がるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2021 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの上がる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS