石段とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 構造 > 階段 > 石段の意味・解説 

いし だん [0] 【石段】

石で築いた階段

石 段

石段
石段は、人が通ることを目的として傾斜地に作られた階段をあらわします。石段は、大きいものや好目標になるものを表示します。ただし、上から見たときの長さ25メートル未満のものは25メートル地図上では1mm)、幅が10メートル未満のものは地図には0.4ミリ表示します。
東京都八王子市付近の地形図

1:25,000地形図八王子
高尾山薬王院の石段;東京都八王子市
石段の画像

いしだん

石段

作者三浦哲郎

収載図書三浦哲郎自選全集 第7巻 野・拳銃と十五の短篇
出版社新潮社
刊行年月1988.3

収載図書拳銃と十五の短篇
出版社講談社
刊行年月1989.2
シリーズ名講談社文芸文庫


石段

作者中里恒子

収載図書松風はかへらず
出版社文芸春秋
刊行年月1988.4


石段

読み方:いしだん

  1. 一番始めに出る人に用ゆ囃子

分類 芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

階段

(石段 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/28 02:03 UTC 版)

階段(かいだん)は、高低差のある場所への移動を行うための構造物。人間の足で昇降可能な高さ(蹴上げ)をもつ、いくつもの水平な段(踏みづら)に分割されている。日本語古語および雅語では、きざはし(階)と言う。


  1. ^ a b c d e f g h i j k 十代田三郎ほか 『建築構法一般』 産業図書、1964年、282頁。
  2. ^ a b c 十代田三郎ほか 『建築構法一般』 産業図書、1964年、287頁。
  3. ^ 永田久雄「日本における階段からの転落死亡事故の様相」 、『日本建築学会計画系論文報告集』第431巻、1992年1月、 39-46頁、 doi:10.3130/aijax.431.0_39


「階段」の続きの解説一覧



石段と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石段」の関連用語

石段のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



石段のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省国土地理院国土交通省国土地理院
Copyright. Geographical Survey Institute. ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの階段 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS