母屋とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 建物 > 母屋の意味・解説 

も‐や【母屋/身屋/舎】

寝殿造りで、庇(ひさし)に対し家屋主体をなす部分

離れ・物置などに対し住居として用いる家。おもや。本屋(ほんや)。

棟木(むなぎ)・軒桁(のきげた)に平行し垂木(たるき)を受ける横木母屋桁(もやげた)。


おも‐や【母屋/母家/主屋】

敷地内中心になる建物主人家族が住む。本屋(ほんや)。

庇(ひさし)・廊下などに対して家屋中央の部分

分家出店に対して本家(ほんけ)。本店

「惣じて其処(そこ)は出店で…—は松屋町九之助橋の角」〈浄・生玉心中


母屋


母屋

屋根部材一部。最も高い部材である棟木と、屋根を支える中間に、その両方と平行になるように、垂木下にかけられ部材切妻入母屋妻側突出させた母屋を鼻母屋といい、部材自体化粧材としたり、漆喰モルタルなどで塗籠めるかまたは破風板隠したり木口板金被せるものもある。

母屋(もや)

小屋組み構造材のひとつで、棟木と平行に、そのふたつの材の中間に位置する材。束立て構造では、小屋束支えられトラス構造では登り梁の上に渡され垂木を受ける。パーリンという。

母屋

読み方:モヤmoya

家の中部分主人家族の住む家の主要な部分

別名 表屋面屋


母屋

読み方:おもや

  1. 酒アルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・大阪府
  2. 酒があること
  3. 酒肴の出る事を云ふ。
  4. 馳走の際酒の出る事を云ふ。
  5. 馳走の際、酒の出ることをいう。

分類 ルンペン大阪一般犯罪者大阪府

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

母屋

読み方
母屋もや

母屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/28 14:38 UTC 版)

母屋母家(もや、おもや)とは、


  1. ^ 大辞林(おもや / 母家 母家) 三省堂 2020年10月30日閲覧
  2. ^ 隠語大辞典(おもや / 母家 母家) 皓星社 2020年10月30日閲覧


「母屋」の続きの解説一覧

母屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 22:55 UTC 版)

母屋(もや)は建物となる部分身舎(もや)とも書く。住宅建築基本長方形だが、母屋の桁行4本の三間小さい方。画像110のような五間比較大きい方。更に七間はかなり立派な寝殿ということになる。しかし桁行三間だろうが七間だろうが母屋の短い辺、梁間(はりま)あるいは梁行はりゆき)は三本二間決まっている。その母屋は周囲あるだけで、内側には無い。

※この「母屋」の解説は、「寝殿造」の解説の一部です。» 「寝殿造」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「母屋」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



母屋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

母屋のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



母屋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2022 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの母屋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの寝殿造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS