日本の城とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の城の意味・解説 

日本の城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/09 08:50 UTC 版)

日本の城(にっぽんのしろ・にほんのしろ)では、日本国内に築かれたについて解説する。北海道に築かれたアイヌチャシ沖縄県および鹿児島県奄美群島にあったグスクについても一部解説する。




  1. ^ 風来堂『図解「地形」と「戦術」で見る日本の城』イースト・プレス
  2. ^ a b c 【ニュースの門】天守閣再生 大阪に秘策あり『読売新聞』朝刊2020年4月12日(解説面)
  3. ^ デジタル大辞泉. “じょう【城】[漢字項目]の意味 - 国語辞書”. goo辞書. NTTレゾナント. 2015年3月21日閲覧。
  4. ^ 『全訳古語辞典』桜井満、宮腰賢編、旺文社、1992年。ISBN 4-01-077700-1
  5. ^ a b c d 「しろ」『角川古語大辞典』3、中村幸彦、岡見正雄、阪倉篤義編、角川書店、1987年。
  6. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション『節用集』”. p. 101. 2017年5月25日閲覧。
  7. ^ 大槻文彦『大言海』冨山房、1923-1924。
  8. ^ a b c d 城戸久『城と民家』毎日新聞社、1972年。
  9. ^ a b 香川元太郎著『歴群[図解]マスター 城』学習研究社 2012年
  10. ^ 八巻孝夫「衣笠城とは何か(下)―その研究史及び遺構の考察と実像―」『中世城郭研究』第30号、中世城郭研究会、2016年、 52-55頁、 ISSN 0914-3203
  11. ^ 三浦正幸監修『【決定版】図説・天守のすべて』学習研究社〈歴史群像シリーズ〉、2007年。
  12. ^ 織豊系城郭について中井均は以下のように定義する。「織田信長、豊臣秀吉とその一門や有力家臣団の城に共通して認められる斉一性の強い城郭を指す。そのもっとも共通する要素として石垣、建物、を挙げることができる。」(中井均「礎石建物・瓦・石垣」『織豊系城郭とは何か:その成果と課題』、村田修三監修・城郭談話会編、サンライズ出版、2017年、 24-28頁、 ISBN 978-4-88325-605-1
  13. ^ 館城跡~日本最後の和式築城~厚沢部町教育委員会(2021年1月31日閲覧)
  14. ^ 前者は福井県庁舎、後者は金沢大学旧丸の内キャンパスが該当する。
  15. ^ 都市の中心に広大な敷地を有する城郭は、元来戦時のために作られたものでもあるので、防衛拠点として最適だったのである。[要出典]
  16. ^ a b c d 学習研究社編『歴史群像特別編集 【決定版】図説 国宝の城』学習研究社 2010年
  17. ^ 中井均著『山川MOOK 1 日本の城』山川出版社 2009年
  18. ^ a b 西ヶ谷恭弘(監修)『復元 名城天守』学習研究社、1996年。
  19. ^ a b 中井均・三浦正幸(監修)加藤理文ほか著『城を復元する』学習研究社〈よみがえる日本の城 30〉、2006年。
  20. ^ 輪郭を意識したときに「郭」、内部の平地を意識したときに「曲輪」と使い分けることもあ。る
  21. ^ 『細川両家記』永正18年(1521年
  22. ^ 財団法人日本城郭協会『日本100名城 公式ガイドブック』学習研究社、2007年。
  23. ^ 配信映画「1960年~1969年」”. 科学映像館. 2014年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月18日閲覧。
  24. ^ a b 日映科学映画作品リスト”. nichiei映像ライブラリー. 日映科学映画製作所. 2014年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月18日閲覧。
    ※ 2014年8月18日時点の作品リストNo.「197」に本作品がリストアップされている
  25. ^ 姫路城総合管理室. “姫路城大天守保存修理事業のスケジュールについて”. 姫路城大天守保存修理事業について. 姫路市. 2014年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月18日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の城」の関連用語

日本の城のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本の城のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の城 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS