奄美群島とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 奄美群島の意味・解説 

あまみ‐ぐんとう〔‐グンタウ〕【奄美群島】

読み方:あまみぐんとう

鹿児島県薩南諸島南部占め島々大島主島として、喜界島(きかいじま)・徳之島・沖永良部(おきのえらぶ)島・与論(よろん)島などからなる古く大陸琉球との交易要路慶長14年(1609)に琉球領から島津となった第二次大戦後の約8年間は米軍軍政下に置かれ昭和28年(1953)、日本復帰奄美諸島


奄美群島

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

奄美群島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/15 23:49 UTC 版)

奄美群島(あまみぐんとう)は、南西諸島の内薩南諸島南部にある島嶼群である。鹿児島県奄美市および大島郡の区域をいう[4]。「奄美群島」が正式名称となっているが、未統一だったころの奄美諸島(あまみしょとう)という呼称がいまだに修正されずに用いられている例も見られる。長さ約200km、総面積約1250km2[5] 、有人島には奄美大島喜界島加計呂麻島請島与路島徳之島沖永良部島与論島の8つがあり、総人口約10万人。全域が所謂亜熱帯性の南日本気候に属し、固有種を含め、珍しい生物も多数生息する。


注釈

  1. ^ 例えば、1954年に制定された奄美群島復興特別措置法
  2. ^ かつてはエフエムせとうちが放送を行っていたが2021年2月末で放送を休止しそのまま廃局となり、2022年にせとうちラジオ放送(せとラジ)が新たに免許を受けて開局した。
  3. ^ 現時点ではradiko(無料版<鹿児島県内であれば無料で聴取可能>、および有料会員制「radikoプレミアム」)などを経由しての聴取のみになっている。なおエフエムたつごう・エフエムうけんでは、一部の時間帯に限定ではあるが、FM鹿児島(μFM)の番組が同時配信されている(エフエムたつごう、2014年6月15日付の番組表)。
  4. ^ 九州・山口版はブロック統一版であるため、番組表の内容は対象となる8県で全く同じものである。

出典

  1. ^ 奄美群島(あまみぐんとう)とは”. コトバンク. 2018年3月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 平成26年度奄美群島の概況」鹿児島県、2015年8月24日閲覧
  3. ^ 奄美群島の現状・課題及び これまでの奄振事業の成果について”. 鹿児島県. 2020年4月21日閲覧。
  4. ^ 奄美群島振興開発特別措置法(昭和二十九年法律第百八十九号)”. e-Gov (2019年3月30日). 2019年12月25日閲覧。 “2019年3月30日施行分” 第1条
  5. ^ 気づかなかった魅力も満載「奄美群島時々新聞」発行”. 離島経済新聞社. 2020年4月21日閲覧。
  6. ^ 我が国の広域な地名及びその範囲についての調査研究 (PDF) 「海洋情報部技報」Vol.27、海上保安庁海洋情報部海洋研究室 安城たつひこ・同航海情報課 割田育生
  7. ^ 『奄美群島』を決定地名に採用”. 2012年7月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月19日閲覧。 国土地理院、2010年2月19日
  8. ^ 水谷知生「南西諸島の地域名称の歴史的および政治的背景 (PDF) 」 『地理学評論 Series A』第82巻第4号、日本地理学会、2009年、 300-322頁、 doi:10.4157/grj.82.300
  9. ^ 大相撲ジャーナル』2019年3月号 p.97.
  10. ^ 奄美サテライト教室”. 鹿児島大学法文学部. 2018年7月29日閲覧。


「奄美群島」の続きの解説一覧

奄美群島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 07:33 UTC 版)

御嶽 (沖縄)」の記事における「奄美群島」の解説

奄美群島にもノロ制度はあるが御嶽確認されない。ただし「アマンデー」(奄美嶽、海見嶽)と呼ばれる斎場御嶽似たもの存在する。また「拝み山」と呼ばれる山や、「立神」と呼ばれる類するものもある。

※この「奄美群島」の解説は、「御嶽 (沖縄)」の解説の一部です。
「奄美群島」を含む「御嶽 (沖縄)」の記事については、「御嶽 (沖縄)」の概要を参照ください。


奄美群島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 04:19 UTC 版)

本土復帰」の記事における「奄美群島」の解説

詳細は「奄美群島の歴史#アメリカ占領時代を参照 1953年昭和28年12月25日復帰日本政府連合軍側(現在の国際連合)との条約であるサンフランシスコ講和条約発効するまでの期間は、アメリカ軍琉球列島米国民政府による自治権制約などの政策や、沖縄戦疲弊した沖縄本島への資金集中本土との分離に伴う換金作物物産販売経路途絶などにより、経済疲弊し飢餓兆候さえ出てきていた奄美住民は不満を増大させた。分離直後から始まっていた奄美群島祖国復帰運動激しさ増し日本復帰を願う署名14歳以上の住民の99.8%に達しガンディー運動真似て集落または自治体単位ハンガーストライキが行われ、小中学生血判状提出する事態発生したサンフランシスコ講和条約旧日米安全保障条約発効した後では、アメリカ基地少なく復帰運動激し奄美統治諦めるようになり、1953年昭和28年12月25日施政権返還したその日クリスマスであることから、米国政府は「日本へのプレゼント」として群島復帰発表した。これに対し衆議院感謝決議参議院祝辞決議挙げ吉田茂首相アメリカダレス国務長官に「全国民喜び感謝している。…こんなに大きなクリスマスプレゼント有難う」と私信発している。

※この「奄美群島」の解説は、「本土復帰」の解説の一部です。
「奄美群島」を含む「本土復帰」の記事については、「本土復帰」の概要を参照ください。


奄美群島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 08:40 UTC 版)

南西諸島」の記事における「奄美群島」の解説

奄美群島は南西諸島中北部位置し最北奄美大島から南端与論島までの約200kmの海上に連なる島嶼群である。国土地理院発行陸図長らく奄美諸島」と表記されていたが、2010年2月15日第72回地名等統一に関する連絡協議会」において、「奄美群島」は決定地名として採用された。 奄美群島で最大の面積有する奄美大島は、古生代ジュラ紀から白亜紀にかけて形成され基盤岩類が露出している。そのほとんどは侵食により急峻な山地形を成しているが、標高300m付近に平らな地形有し、さらに島南西部山頂部標高300mから450m)には起伏小さ突起状の地形確認できる。これらは準平原侵食起伏面)といわれ、南西諸島一部の島も準平原形成されている。島の海岸線は入り組んだ構造をしたリアス式海岸で、周囲の海岸には現生サンゴ礁見られる。島北東部の笠利半島上述した奄美大島主体部地形異なる。海岸段丘広く分布し厚さ約40mの海洋堆積物構成されている。 喜界島数段に及ぶサンゴ礁段丘形成されている。島の海岸線沿いに完新世形成されサンゴ礁段丘4段確認でき、また北西に向かうにつれてこの段面の高度は小さくなる。奄美群島の東部に位置する喜界島海溝側に最も近くフィリピン海プレート沈み込み隆起激しい。実際に喜界島隆起速度琉球列島内で最大で、約7千年間で10m以上も隆起している。この島で発生した隆起運動大地震による地殻変動よるものと考えられる徳之島火成岩を主に基盤とし、島最高峰の井之川岳の標高は645mに達する。それに対し沖永良部島与論島全体隆起サンゴ礁段丘形成され、最高標高は約200m比較低く河川発達していない。

※この「奄美群島」の解説は、「南西諸島」の解説の一部です。
「奄美群島」を含む「南西諸島」の記事については、「南西諸島」の概要を参照ください。


奄美群島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/07 15:05 UTC 版)

グスク」の記事における「奄美群島」の解説

赤木名城 - 最古のものは11世紀後半築城九州本島城郭影響を持つ一方で出土品グスク時代初期に特徴的なカムィ焼肥前滑石石鍋などが見られる辺留城 世之主城

※この「奄美群島」の解説は、「グスク」の解説の一部です。
「奄美群島」を含む「グスク」の記事については、「グスク」の概要を参照ください。


奄美群島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 14:40 UTC 版)

日本の離島架橋」の記事における「奄美群島」の解説

海峡分断されている瀬戸内町奄美大島南部加計呂麻島を結ぶ架橋構想はあるが、諸事情により進んでいない。 なお、奄美市名瀬港浮か小島山羊島(やぎじま)には、2013年7月に『奄美山羊島ホテル』が開業しており、同島を結ぶ長さ約3~40mほどの山羊島ホテル開業前年2012年1月竣工している。

※この「奄美群島」の解説は、「日本の離島架橋」の解説の一部です。
「奄美群島」を含む「日本の離島架橋」の記事については、「日本の離島架橋」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「奄美群島」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「奄美群島」の関連用語

奄美群島のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



奄美群島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの奄美群島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの御嶽 (沖縄) (改訂履歴)、本土復帰 (改訂履歴)、南西諸島 (改訂履歴)、グスク (改訂履歴)、日本の離島架橋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS