奄美群島とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 島嶼名辞典 > 奄美群島の意味・解説 

奄美群島

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

奄美群島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/11 17:22 UTC 版)

奄美群島(あまみぐんとう)は、南西諸島の内薩南諸島南部にある島嶼群である。鹿児島県奄美市および大島郡の区域をいう[3]。「奄美群島」が正式名称となっているが、未統一だったころの奄美諸島(あまみしょとう)が用いられることもある。長さ約200km、面積約1250km2、人口約12万人。全域が亜熱帯気候に属し、固有種を含めて、珍しい生き物も多数生息する。




注釈

  1. ^ 例えば、1954年に制定された奄美群島復興特別措置法
  2. ^ 現時点ではradiko(無料版<鹿児島県内であれば無料で聴取可能>、および有料会員制「radikoプレミアム」とも)は未提供になっている。ただし、龍郷町にあるエフエムたつごうでは、一部の時間帯に限定ではあるが、FM鹿児島(μFM)の番組が同時配信されている(2014年6月15日付の番組表)。
  3. ^ 九州・山口版はブロック統一版であるため、番組表の内容は対象となる8県で全く同じものである。

出典

  1. ^ 奄美群島(あまみぐんとう)とは”. コトバンク. 2018年3月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 平成26年度奄美群島の概況」鹿児島県、2015年8月24日閲覧
  3. ^ 奄美群島振興開発特別措置法 第1条
  4. ^ 我が国の広域な地名及びその範囲についての調査研究 (PDF) 「海洋情報部技報」Vol.27、海上保安庁海洋情報部海洋研究室 安城たつひこ・同航海情報課 割田育生
  5. ^ 『奄美群島』を決定地名に採用”. 2012年7月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月19日閲覧。 国土地理院、2010年2月19日
  6. ^ 平成25年全国都道府県市区町村別面積調」国土地理院、2013年10月
  7. ^ 水谷知生「南西諸島の地域名称の歴史的および政治的背景 (PDF) 」 、『地理学評論 Series A』第82巻第4号、日本地理学会、2009年、 300-322頁。
  8. ^ 奄美サテライト教室”. 鹿児島大学法文学部. 2018年7月29日閲覧。


「奄美群島」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「奄美群島」の関連用語

奄美群島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



奄美群島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの奄美群島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS