サンゴ礁とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > サンゴ礁の意味・解説 

さんご‐しょう〔‐セウ〕【××瑚礁】


サンゴ礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 22:07 UTC 版)

サンゴ礁(サンゴしょう、珊瑚礁さんご礁coral reef)は、造礁サンゴ群落によって作られた地形の一つ。熱帯の外洋に面した海岸によく発達する。





サンゴ礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/09 00:12 UTC 版)

主に熱帯から亜熱帯浅海域分布するサンゴ群落である。藻場と同様酸素供給機能炭素貯蓄機能有する。また多様な生物に対して生息繁殖採餌環境提供しているダイビングの場としても利用されている。

※この「サンゴ礁」の解説は、「湿地」の解説の一部です。» 「湿地」の概要を見る


サンゴ礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 04:31 UTC 版)

珊瑚礁石灰化によって、炭酸水素イオンHCO3-)とカルシウムイオン(Ca2)から炭酸カルシウムCaCO3)を生成する過程二酸化炭素CO2)を排出する一方で光合成ではCO2吸収するため、光合成盛んな場合光合成によるCO2吸収石灰化によるCO2排出よりも多くなり、収支としては吸収が勝る可能性示唆されている。

※この「サンゴ礁」の解説は、「ブルーカーボン」の解説の一部です。» 「ブルーカーボン」の概要を見る


サンゴ礁(珊瑚礁、さんごしょう、英: coral reef)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 06:02 UTC 版)

炭酸カルシウム骨格大量に生産する造礁サンゴ有孔虫石灰藻などの造礁生物ぞうしょうせいぶつ、英: hermatypic prganism)の骨格集積してできたサンゴ礁石灰岩海面近くまで達して防波構造物となる地形。サンゴ礁は造礁サンゴ中心に魚や甲殻類棲み家となり、海洋生態系の中で最も種多様性の高いサンゴ礁群集珊瑚礁群集さんごしょうぐんしゅう、英: coral reef vommunity)が形成される環礁参照

※この「サンゴ礁(珊瑚礁、さんごしょう、英: coral reef)」の解説は、「魚類用語」の解説の一部です。» 「魚類用語」の概要を見る


サンゴ礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 09:05 UTC 版)

沖永良部島周辺はサンゴ礁となっている。ウジジ浜や屋子母(やこも)海岸には真っ白な砂浜があるが、約70万年前以降、島が隆起続けているので、大規模な砂浜少なくサンゴ礁の磯や断崖が多い。 和泊町北海岸にある石灰岩断崖波浪侵食を受けてできたフーチャ(海食洞)は、北風の強い波の荒い時には洞窟から波飛沫高く吹き上げる。そのしぶきかつては島の南海岸まで達し、ひろく農作物塩害及ぼしていた。フーチャは以前は四つあったが、しぶきによる塩害を防ぐために昭和40年代一つ残して破壊された一方で、フーチャによって岩に吹き上げられ岩だまりで自然に濃縮された海水は、汲み集めて製塩使われた。 「和泊町を参照

※この「サンゴ礁」の解説は、「沖永良部島」の解説の一部です。» 「沖永良部島」の概要を見る


サンゴ礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 09:05 UTC 版)

沖永良部島周辺はサンゴ礁となっている。ウジジ浜や屋子母(やこも)海岸には真っ白な砂浜があるが、約70万年前以降、島が隆起続けているので、大規模な砂浜少なくサンゴ礁の磯や断崖が多い。 和泊町北海岸にある石灰岩断崖波浪侵食を受けてできたフーチャ(海食洞)は、北風の強い波の荒い時には洞窟から波飛沫高く吹き上げる。そのしぶきかつては島の南海岸まで達し、ひろく農作物塩害及ぼしていた。フーチャは以前は四つあったが、しぶきによる塩害を防ぐために昭和40年代一つ残して破壊された一方で、フーチャによって岩に吹き上げられ岩だまりで自然に濃縮された海水は、汲み集めて製塩使われた。 「和泊町を参照

※この「サンゴ礁」の解説は、「沖永良部島」の解説の一部です。» 「沖永良部島」の概要を見る


サンゴ礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 22:41 UTC 版)

詳細は「サンゴ礁」を参照 サンゴ礁は、刺胞動物門花虫綱などに属す造礁サンゴ骨格などが積み上がって形成される地形である。サンゴ礁の主成分石灰岩炭酸カルシウム)からできている。石灰岩サンゴ類の骨格骨片)のほか、共生藻分泌物沈着によって生成する石サンゴ細胞内共生する褐虫藻光合成依存している。このため太陽光が十分透過する水深40m - 60mよりも浅い海中でなければサンゴ礁は成長しない水温最低でも18前後でなければならない。 サンゴ礁は島の周辺の海岸取り囲む裾礁きょしょう)として発生する代表例小笠原諸島奄美群島沖縄諸島先島諸島である。裾礁形成され後に中央の島が沈降すると、島の海岸線から数km離れた位置ドーナツ型のサンゴ礁からなる陸地形成される。これを堡礁ほしょうバリアリーフと呼ぶ沈降がさらに進むと中央の島は消えラグーン呼ばれる礁湖取り囲む幅数100m - 1km程度ドーナツ型の陸地だけが残る。これを環礁かんしょうアトールと呼ぶ。サンゴ礁自体成長することから、波による侵食強く孤島であっても波浪による侵食耐える。 サンゴ礁に基づく島にはさまざまなバリエーションがある。サイパン島グアム島を含むマリアナ諸島小笠原諸島プレート境界位置する火山島とサンゴ礁が複合した裾礁段階にある。南太平洋位置するメラネシアポリネシアでは、堡礁環礁段階達している。東部ミクロネシア位置するマーシャル諸島共和国国土30個弱の環礁だけから成る宮古島石垣島などの先島諸島裾礁形成後に隆起したため、サンゴ礁段丘隆起サンゴ礁呼ばれる特異な地形がよく発達している。 サンゴ礁の隆起等を成因とする標高の低い島を低島といい、成因地質構造関連し山地有する島を高島という。

※この「サンゴ礁」の解説は、「島」の解説の一部です。» 「島」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「サンゴ礁」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

サンゴ礁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サンゴ礁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイブネットダイブネット
COPYRIGHT©2022 DIVENET LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサンゴ礁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの湿地 (改訂履歴)、ブルーカーボン (改訂履歴)、魚類用語 (改訂履歴)、沖永良部島 (改訂履歴)、沖永良部島 (改訂履歴)、島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS