北大東島とは?

北大東島

読み方:キタウフアガリジマ(kitaufuagarijima)

琉球列島一部大東諸島属す太平洋有人

所在 沖縄県島尻郡北大東村

別名 ボロジノ島(ボロジノトウ)

位置・形状 沖縄島の東385km、沖縄県東端北緯2557分、東経13118分。東西長い三角形隆起サンゴ礁石灰岩からなる

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

北大東島

読み方きただいとうじま

沖縄本島東方約360km、南大東島の北8kmに位置する沖縄県東端の島。面積は11.94k?人口は約520人。断崖絶壁に囲まれ船が接岸できないため、クレーンを使っての貨物客員の積み下ろしおこなわれ、島の名物になっている

北大東島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/26 14:35 UTC 版)

北大東島(きただいとうじま)は、大東諸島に属するで、沖縄本島の東約360kmに位置する。




  1. ^ 平成26年全国都道府県市区町村別面積調 島面積 (PDF)”. 国土地理院. p. 108 (2014年10月1日). 2015年3月16日閲覧。
  2. ^ 北大東島のデータ(沖縄県企画部地域・離島課)
  3. ^ 沖縄県市町村別最高点一覧
  4. ^ ただし、東側はこの限りではない地形もある。
  5. ^ 国指定文化財等データベース(文化庁
  6. ^ 新納義馬「長幕崖壁および崖錐の特殊植物群落」『日本の天然記念物』加藤陸奥雄沼田眞・渡部景隆・畑正憲監修、講談社、1995年3月20日、146頁、ISBN 4-06-180589-4
  7. ^ a b c d e 環境省報道発表資料『哺乳類、汽水・淡水魚類、昆虫類、貝類、植物I及び植物IIのレッドリストの見直しについて』、2007年8月3日。
  8. ^ 横田昌嗣・宮城康一・松村俊一「ダイトウワダン」『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(菌類編・植物編)-レッドデータおきなわ-』、沖縄県文化環境部自然保護課編、2006年、176頁。
  9. ^ 横田昌嗣・伊波善勇「ダイトウセイシボク」『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(菌類編・植物編)-レッドデータおきなわ-』、沖縄県文化環境部自然保護課編、2006年、104頁。
  10. ^ 横田昌嗣・比嘉清文「ヒメタニワタリ」『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(菌類編・植物編)-レッドデータおきなわ-』、沖縄県文化環境部自然保護課編、2006年、336-337頁。
  11. ^ 横田昌嗣・新城和治・松村俊一「ナガバアサガオ」『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(菌類編・植物編)-レッドデータおきなわ-』、沖縄県文化環境部自然保護課編、2006年、336-337頁。
  12. ^ 金城政勝・林正美「ダイトウヒメハルゼミ」『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(菌類編・植物編)-レッドデータおきなわ-』、沖縄県文化環境部自然保護課編、2006年、228-229頁。
  13. ^ a b 島の歴史”. 北大東村. 2016年8月17日閲覧。
  14. ^ “みんなで創った1世紀/北大東で開拓100周年式典”. 琉球新報. (2000年9月25日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-113029-storytopic-86.html 2013年10月23日閲覧。 


「北大東島」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北大東島」の関連用語

北大東島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



北大東島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウルマックスウルマックス
©2019 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北大東島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS