天然記念物とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 記念物 > 天然記念物の意味・解説 

天然記念物 (てんねんきねんぶつ)

 日本理解するうえで欠くことのできない特色のある郷土自然物および自然現象をいう。文化財保護法では、動物およびその生息地植物およびその自生地地質鉱物日本にとって学術価値の高いものをさす。

史跡・名勝・天然記念物


天然記念物

作者ビートたけし

収載図書路に落ちてた月―ビートたけし童話集
出版社祥伝社
刊行年月2001.12


天然記念物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/23 04:34 UTC 版)

天然記念物(てんねんきねんぶつ、:Natural monument、:Naturdenkmal、:自然纪念物)とは、動物植物地質鉱物などの自然物に関する記念物である。天然記念物に対して、人間の文化活動に関する記念物を文化記念物(人文記念物、Kulturdenkmal)と言う[1]




  1. ^ a b c 加藤陸奥雄「天然記念物を考える」『日本の天然記念物』加藤陸奥雄・沼田眞・渡部景隆・畑正憲監修、講談社、1995年、6頁、ISBN 4-06-180589-4
  2. ^ a b 品田穣「天然記念物保護の歴史とその意義」『天然記念物事典』文化庁文化財保護部監修、1972年、308頁。
  3. ^ 当時は「紀念物」と「記念物」とで表記は統一されていなかった。
  4. ^ 品田穣「天然記念物保護の歴史とその意義」『天然記念物事典』、文化庁文化財保護部監修、312頁、1972年。
  5. ^ かつては文化庁文化財部記念物課の所管であったが、2018年の同庁の組織改編で「部」が廃止され、文化財第二課の所管となった・参照:「新・文化庁の組織について」(文化庁サイト)
  6. ^ 文化財保護法第2条第1項第4号
  7. ^ 「国宝及び重要文化財指定基準並びに特別史跡名勝天然記念物及び史跡名勝天然記念物指定基準」
  8. ^ 動物については指定基準の(四)日本に特有な畜養動物、(五)家畜以外の動物で海外よりわが国に移殖され現時野生の状態にある著名なもの及びその棲息地が、植物については(一)名木、巨樹、老樹、畸形木、栽培植物の原木、並木、社叢、(十一)著しい栽培植物の自生地が該当する。
  9. ^ 長野県天然記念物http://www.pref.nagano.jp/kenkyoi/jouhou/shougai/tennen.pdf (PDF)
  10. ^ 井口豊(2006)全国ホタル研究会誌,39: 37-39.
  11. ^ 日和佳政・水野剛志・草桶秀夫(2007)全国ホタル研究会誌,40: 25-27.
  12. ^ Iguchi, Y. (2009) Biodiversity and. Conservation, 18: 2119-2126.
  13. ^ 日本で特別天然記念物に指定されているほか、韓国でも天然記念物に指定されている。
  14. ^ IUCN 国立公園保護地域委員会・世界自然保護モニタリングセンター 保護地域管理カテゴリーに関するガイドライン (PDF) 、1994年。


「天然記念物」の続きの解説一覧

天然記念物

出典:『Wiktionary』 (2018/06/22 11:08 UTC 版)

名詞

天然 記念物てんねんきねんぶつ

  1. 自然物で、学術的価値のあるものとして保護されているもの。
  2. 諧謔的めずらしいものや、きわめて古風な人など。

関連語

対義語

語義1



天然記念物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天然記念物」の関連用語

天然記念物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



天然記念物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
環境省環境省
Copyright © 2020 Kankyosho All rights reserved.
国土交通省国土地理院国土交通省国土地理院
Copyright. Geographical Survey Institute. ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天然記念物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの天然記念物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS