農家とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > 農家 > 農家の意味・解説 

のう‐か【農家】

読み方:のうか

農業により生計立てている世帯また、その家屋。「専業—」

中国戦国時代における諸子百家の一。農耕につとめ、衣食充足することを主張した


農家

作者坂上弘

収載図書昭和文学全集 30
出版社小学館
刊行年月1988.5


農家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 14:03 UTC 版)

農家(のうか、英語: Farmer)とは、農業家業としている世帯や、その家屋のこと。農民(のうみん)、百姓などともいう。農家の定義は、時代や地域によって変わってくる。


  1. ^ 国連「家族農業の10年」記念式典日本農業新聞』2019年5月31日(2019年6月21日閲覧)
  2. ^ 農家数・専兼別主副業別農家数の長期推移
  3. ^ 農林水産省/農家に関する統計
  4. ^ 家族経営協定 農林水産省(2019年6月21日閲覧)
  5. ^ 「家族協定で農水省初調査 継承・就農機に活用」『日本農業新聞』2021年12月4日1面
  6. ^ 2020年農林業センサス結果の概要(概数値)令和3年1月12日農林⽔産省


「農家」の続きの解説一覧

農家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 07:12 UTC 版)

ジェイムズ・アブドナー」の記事における「農家」の解説

アブドナーはしばしば「私は一人農夫だ(I’m a farmer)」や「トラクター降りてワシントン行った(=農家から政治家になった)」と述べ自らが農家の出であることを強調した実際1940年代前半には、4,000エーカー農場所有して農業経営行なっており、州上院議員時代オーバーオール普段着にしていたという。

※この「農家」の解説は、「ジェイムズ・アブドナー」の解説の一部です。
「農家」を含む「ジェイムズ・アブドナー」の記事については、「ジェイムズ・アブドナー」の概要を参照ください。


農家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 06:36 UTC 版)

硝石・鉱業局」の記事における「農家」の解説

硝石・鉱業局はいくつかのパンフレット作成し飼料置き場薫煙場、家畜小屋タバコ発酵室などの土から硝石抽出が行えるとしていた。

※この「農家」の解説は、「硝石・鉱業局」の解説の一部です。
「農家」を含む「硝石・鉱業局」の記事については、「硝石・鉱業局」の概要を参照ください。


農家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 10:23 UTC 版)

中国哲学」の記事における「農家」の解説

詳細は「農家 (諸子百家)を参照 農家は古代農本主義的な社会政治哲学で、耕作者たちによる原始共産制ユートピア平等主義唱道した この哲学基づいているのは人間社会農業発展端を発しており、社会は「人間の耕そうという性向に基づいているという考えである。 理想的な政府半ば神話的な神農政府に基づいて設計され民衆とともにのうちで働く情け深い王に導かれると農家は固く信じていた。農家が理想とする王は国庫を通じて政府から賃金を得ることはない彼の生計は彼が行った政治によってではなく、彼が自ら農地働いて得た収益賄われる儒家違って農家は分業を支持せず、代わりに、国の経済政策平等主義的な自給自足基づ必要がある主張した。農家は価格操作、つまり同種の物品品質需要違いに関わらず厳密に同じ固定され価格にされることを支持した

※この「農家」の解説は、「中国哲学」の解説の一部です。
「農家」を含む「中国哲学」の記事については、「中国哲学」の概要を参照ください。


農家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 15:06 UTC 版)

スイス」の記事における「農家」の解説

リャマアルパカ飼育する農家が乳や毛の生産に使うためスイス国内増えている。

※この「農家」の解説は、「スイス」の解説の一部です。
「農家」を含む「スイス」の記事については、「スイス」の概要を参照ください。


農家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 21:12 UTC 版)

繁殖」の記事における「農家」の解説

農業をすることで収入得ている人も多い。食用のものだけでなく、園芸植物生花栽培する人たちも農家と呼ばれるし、そういったものを栽培することも農業範疇である。詳しくは→農家、農業などを参照

※この「農家」の解説は、「繁殖」の解説の一部です。
「農家」を含む「繁殖」の記事については、「繁殖」の概要を参照ください。


農家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 13:31 UTC 版)

京都人の密かな愉しみ」の記事における「農家」の解説

松陰タエ 演 - 江波杏子 左京区大原京野菜育てる農家。鋭二の祖母師匠

※この「農家」の解説は、「京都人の密かな愉しみ」の解説の一部です。
「農家」を含む「京都人の密かな愉しみ」の記事については、「京都人の密かな愉しみ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「農家」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

農家

出典:『Wiktionary』 (2021/08/02 12:00 UTC 版)

名詞

 のうか

  1. 農業家業として生計立て世帯家屋

類義語

関連語

翻訳


「農家」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



農家と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

農家のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



農家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産省農林水産省
Copyright:2022 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの農家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジェイムズ・アブドナー (改訂履歴)、硝石・鉱業局 (改訂履歴)、中国哲学 (改訂履歴)、スイス (改訂履歴)、繁殖 (改訂履歴)、京都人の密かな愉しみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの農家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS