酪農とは? わかりやすく解説

らく‐のう【酪農】

読み方:らくのう

牛・羊などを飼育して飲用乳や乳製品原料となる乳を生産したり、乳を精製・加工して製品したりする農業


酪農

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 14:11 UTC 版)

酪農(らくのう)とは、山羊などを飼育し、乳製品を生産する農業の形態である。


  1. ^ a b 資料 5 乳用牛飼養実態アンケート調査(中間とりまとめ) (PDF)”. 畜産技術協会 (2008年3月10日). 2019年8月10日閲覧。 平成20年度乳用牛分科会第2回
  2. ^ 仁科淳司 2007, p. 116.
  3. ^ 畜産技術協会・資料の「家畜飼養管理国際基準等対応事業」の「乳用牛」
  4. ^ 家保便り 第 28-2-11 号平成 28 年 8 月 15 日”. 家畜保健衛生所. 2020年9月28日閲覧。
  5. ^ 乳用牛の飼養実態アンケート調査報告書”. 畜産技術協会. 2020年9月28日閲覧。
  6. ^ 除角のオルタナティブ ? 生まれつき角を持たない牛” (日本語) (2019年2月4日). 2020年9月28日閲覧。


「酪農」の続きの解説一覧

酪農

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 09:36 UTC 版)

那須塩原市」の記事における「酪農」の解説

那須野が原扇状地扇頂部分近辺多くの牧場がある。

※この「酪農」の解説は、「那須塩原市」の解説の一部です。
「酪農」を含む「那須塩原市」の記事については、「那須塩原市」の概要を参照ください。


酪農

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 14:37 UTC 版)

ハンボルト郡 (カリフォルニア州)」の記事における「酪農」の解説

ハンボルト郡家族運営する高品質酪農場知られている。高級アイスクリームなど酪農製品生産するハンボルト・クリーマリーは、イール川に近いファーンブリッジにある当初から本社操業続けている。

※この「酪農」の解説は、「ハンボルト郡 (カリフォルニア州)」の解説の一部です。
「酪農」を含む「ハンボルト郡 (カリフォルニア州)」の記事については、「ハンボルト郡 (カリフォルニア州)」の概要を参照ください。


酪農

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/24 22:08 UTC 版)

浜島町南張」の記事における「酪農」の解説

南張では2004年平成16年)現在、3戸の農家が酪農を営んでいる植村房生が戦時中にやせてしまった農地肥沃化させようと、1948年昭和23年9月度会郡田丸町現在の玉城町)から乳牛を1頭購入したことがきっかけである当初は自給用としていたが、翌1949年昭和24年4月には牛乳処理施設整え牛乳販売業許可取り販売農家となった1968年昭和43年4月には、9戸で「南張酪農組合」を結成、約300頭の乳牛南張飼育された。しかし、各家庭庭先飼われたため、環境衛生問題浮上し1975年昭和50年)、南張中心集落から離れた場所完成した南張酪農団地移転したこの頃から1989年平成元年にかけて生産最盛期で、その後酪農家減少していった。2001年平成13年)にはBSE問題を受け、南張でも牛1頭ごとに耳票(タグ)を付けて管理するようになった自前加工場を持つ植村牛乳以外は、度会郡大紀町大内山牛乳出荷し販売している。

※この「酪農」の解説は、「浜島町南張」の解説の一部です。
「酪農」を含む「浜島町南張」の記事については、「浜島町南張」の概要を参照ください。


酪農

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 08:57 UTC 版)

三重県」の記事における「酪農」の解説

大内山牛乳 - 大紀町(旧大内山村)を中心に三重県内広域で生産

※この「酪農」の解説は、「三重県」の解説の一部です。
「酪農」を含む「三重県」の記事については、「三重県」の概要を参照ください。


酪農

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 07:44 UTC 版)

牧場物語 ワンダフルライフ」の記事における「酪農」の解説

主人公動物接する、酪農品を見せる、タカクラ会話する、などで変化する

※この「酪農」の解説は、「牧場物語 ワンダフルライフ」の解説の一部です。
「酪農」を含む「牧場物語 ワンダフルライフ」の記事については、「牧場物語 ワンダフルライフ」の概要を参照ください。


酪農

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 07:03 UTC 版)

牧場物語 しあわせの詩」の記事における「酪農」の解説

飼える動物は、ウシヒツジニワトリウマ四種類。動物青空牧場売り買いできる。動物飼育するためには職人小屋行き飼育小屋建ててもらわなければならない動物世話をするなかよし度が上がっていき、質の良い酪農品が取れる。 このほかペットとしてイヌブタがいる。

※この「酪農」の解説は、「牧場物語 しあわせの詩」の解説の一部です。
「酪農」を含む「牧場物語 しあわせの詩」の記事については、「牧場物語 しあわせの詩」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「酪農」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

酪農

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 10:56 UTC 版)

名詞

 らくのう

  1. 牛や山羊などを飼育して、乳や乳製品生産する畜産

関連語

発音(?)

ら↗くのー

翻訳


「酪農」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

酪農のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



酪農のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酪農 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの那須塩原市 (改訂履歴)、ハンボルト郡 (カリフォルニア州) (改訂履歴)、浜島町南張 (改訂履歴)、三重県 (改訂履歴)、牧場物語 ワンダフルライフ (改訂履歴)、牧場物語 しあわせの詩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの酪農 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS