蹄葉炎とは?

ていようえん(蹄葉炎)

馬の蹄の内部血管発達しているが、体重が重いこと、心臓から遠い体の末端位置することなどから心臓のポンプ作用をもってしても血液充分行きとどかない。これを補っているのが蹄機(歩行の際、蹄の負重免重が繰り返され、一種ポンプとして動き血行促進する)であるが、肢に故障発症し、動けずに他の肢で長時間重し続けると、蹄の内部血液循環阻害され、蹄の内部炎症起こり激し疼痛発する。これが蹄葉炎である。馬は体重が重いため、病勢進行止めることは難しく重症にいたると予後不良となることが多い。


蹄葉炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 10:05 UTC 版)

蹄葉炎(ていようえん)は有蹄類部で発生する疾病のひとつであり、で発生が報告されている。


  1. ^ a b 蹄葉炎(競馬用語辞典) JRA”. www.jra.go.jp. 2020年5月3日閲覧。
  2. ^ 中出哲也,小谷忠生,安藤由章,沼田芳明,内田佳子「馬の蹄葉炎における蹄の光顕および走査電顕像」『日本獣医師会雑誌』第45巻第5号、1992年、 305-311頁、 doi:10.12935/jvma1951.45.305ISSN 0446-6454
  3. ^ 宮西勇吉「早産と蹄葉炎」『應用獸醫學雑誌』第7巻第13号、1934年、 828-829頁、 doi:10.1292/jvms1928.7.828ISSN 1883-907X
  4. ^ 斎藤一三「流産直後に來る蹄葉炎治驗例」『應用獸醫學雑誌』第6巻第9号、1933年、 634-635頁、 doi:10.1292/jvms1928.6.634ISSN 1883-907X
  5. ^ 矢島盛代「過勞性蹄葉炎」『應用獸醫學雑誌』第8巻第14号、1935年、 867-874頁、 doi:10.1292/jvms1928.8.867ISSN 1883-907X
  6. ^ 亀谷勉「競走馬における蹄葉炎症例の臨床学的考察」『日本中央競馬会競走馬保健研究所報告』第1973巻第10号、日本中央競馬会競走馬総合研究所、1973年、 19-40頁、 doi:10.11535/jes1961.1973.19
  7. ^ 亀谷勉「競走馬における蹄葉炎症例の臨床学的考察」『日本中央競馬会競走馬保健研究所報告』第1973巻第10号、日本中央競馬会競走馬総合研究所、1973年、 19-40頁、 doi:10.11535/jes1961.1973.19
  8. ^ 亀谷勉「競走馬における蹄葉炎症例の臨床学的考察」『日本中央競馬会競走馬保健研究所報告』第1973巻第10号、日本中央競馬会競走馬総合研究所、1973年、 19-40頁、 doi:10.11535/jes1961.1973.19
  9. ^ a b 青木栞 『馬獣医のよもやま話76』http://www.hba.or.jp/yomoyama/yomoyama076.pdf 
  10. ^ Kuwano, Atsutoshi; Katayama, Yoshinari; Kasashima, Yoshinori; Okada, Kosuke; Reilly, John. D. (2002). “A Gross and Histopathological Study of an Ectopic White Line Development in Equine Laminitis”. Journal of Veterinary Medical Science 64 (10): 893-900. doi:10.1292/jvms.64.893. https://doi.org/10.1292/jvms.64.893. 
  11. ^ “Drug Offers Hope in Laminitis Fight” (英語). BloodHorse.com. https://www.bloodhorse.com/horse-racing/articles/124824/drug-offers-hope-in-laminitis-fight 2020年5月3日閲覧。 


「蹄葉炎」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蹄葉炎」の関連用語

蹄葉炎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



蹄葉炎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JRAJRA
Copyright 2021 Japan Racing Association.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蹄葉炎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS