作用とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 作用 > 作用の意味・解説 

さ‐よう【作用】

読み方:さよう

[名](スル)

他のものに力を及ぼして影響与えること。また、その働き。「太陽熱植物の生育に—する」「の副—」「相乗—」

生物生存していくため心身働き。「消化—」「心理—」

二つ物体の間で、一方他方加えた力。

フッサールの現象学で、なんらかの対象志向する意識働き


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/31 03:35 UTC 版)

作用(さよう)とは、ある物が他の物に及ぼす何らかの影響・効果のこと。数学などの分野によって、以下のように個別の定義が定まっていることがある。また、その効果を起こす操作や関数などは作用素(さようそ、英語: operator)と呼ばれる。




「作用」の続きの解説一覧

作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 05:57 UTC 版)

ホスホリパーゼC」の記事における「作用」の解説

PLCリン脂質切断するホスファチジルイノシトール4,5-ビスリン酸 (PIP2) はジアシルグリセロール (DAG) およびイノシトール1,4,5-トリスリン酸 (IP3) へと切断されるDAG は膜に結合したまま留まりIP3細胞質ゾルへと放出される次にIP3細胞質ゾルを介して拡散し小胞体 (ER) にある特有のカルシウムチャネルであるイノシトールトリスリン酸受容体結合する。これによって、カルシウム細胞質ゾル濃度上昇し細胞内変化および活性化カスケード引き起こされる加えてカルシウムおよびDAGプロテインキナーゼC活性化するプロテインキナーゼCその他のタンパク質分子リン酸化し、細胞活性変化させる末端効果は味や発がん促進などである。

※この「作用」の解説は、「ホスホリパーゼC」の解説の一部です。
「作用」を含む「ホスホリパーゼC」の記事については、「ホスホリパーゼC」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/26 14:33 UTC 版)

ラバール・ノズル」の記事における「作用」の解説

その作用は、音速以下と超音速でのガス流の特性違い利用している。音速以下のガス流れは、管が細くなる速度が増す。これは質量流量一定のためである。ラバール・ノズルを通るガス流は等エントロピーガスエントロピーはほぼ一定)である。音速以下のガス流れ圧縮可能で、それ自体圧力波である音を伝播できる。ラバール・ノズルの一番狭まった部分で、チョーク流れ呼ばれる条件成り立つと、ガス速度局所的に音速マッハ1)になる。その後ノズル断面積広がる従いガス膨張してその流れ超音速マッハ数が1より大きい)になり、音波伝播しなくなる。

※この「作用」の解説は、「ラバール・ノズル」の解説の一部です。
「作用」を含む「ラバール・ノズル」の記事については、「ラバール・ノズル」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/25 17:02 UTC 版)

コレシストキニン」の記事における「作用」の解説

消化器系タンパク質脂肪など、化学的な消化時間のかかる食品十分に消化する作用を助ける。 胃が糜粥十二指腸送り込むのをゆっくりにし、消化酵素に富む膵液分泌促進する胆嚢収縮オッディ括約筋弛緩促し胆汁排出促進し食品中の脂肪分を乳化させて消化しやすくする。 セクレチンの作用を増強する

※この「作用」の解説は、「コレシストキニン」の解説の一部です。
「作用」を含む「コレシストキニン」の記事については、「コレシストキニン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/30 08:56 UTC 版)

アスコクロリン」の記事における「作用」の解説

アスコクロリン電子伝達系阻害するため、細胞内ATP濃度低下させる哺乳類培養細胞呼吸鎖複合体III阻害すると、ユビキノンを必要とするジヒドロオロト酸脱水素酵素機能せず細胞内ピリミジンヌクレオシド濃度低下し、(中途不明ながら)その結果NQO1/NQO2依存的腫瘍抑制因子p53活性化起きることが知られている。アスコクロリン呼吸鎖複合体III阻害するので、同様にp53活性化引き起こす。 またp53とは無関係にc-Myc阻害通じてp21の発現誘導し細胞周期G1期停止させることが示されている。 エストロゲン受容体活性化能がある。

※この「作用」の解説は、「アスコクロリン」の解説の一部です。
「作用」を含む「アスコクロリン」の記事については、「アスコクロリン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/20 13:31 UTC 版)

グリチルリチン酸二カリウム」の記事における「作用」の解説

抗炎症作用がある。

※この「作用」の解説は、「グリチルリチン酸二カリウム」の解説の一部です。
「作用」を含む「グリチルリチン酸二カリウム」の記事については、「グリチルリチン酸二カリウム」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/20 10:33 UTC 版)

ゼストスポンギンC」の記事における「作用」の解説

イノシトールトリスリン酸受容体阻害剤である。細胞膜透過性をもち、リアノジン受容体には作用しない

※この「作用」の解説は、「ゼストスポンギンC」の解説の一部です。
「作用」を含む「ゼストスポンギンC」の記事については、「ゼストスポンギンC」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/07 09:09 UTC 版)

TaqI」の記事における「作用」の解説

遺伝子中の 5'-TCGA-3' という4塩基配列認識し、TとCの間に切れ目入れ切り口粘着末端作り出すTaqI切断パターン 切断前の配列 切断後の配列 5'-TCGA-3' 5'-T CGA-3' 3'-AGCT-5' 3'-AGC T-5'

※この「作用」の解説は、「TaqI」の解説の一部です。
「作用」を含む「TaqI」の記事については、「TaqI」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/27 07:29 UTC 版)

チクロピジン」の記事における「作用」の解説

血小板機能亢進のある患者への経口投与して用いる。これによって、ADPコラーゲンあるいはアドレナリンによって血小板活性化することを防ぎ血小板の凝集あるいは粘着抑制する血小板凝集能の低下投与24時間後には発現し、その作用は継続して投与することによって効果弱まることなく維持される投与中止後は凝集亢進現象などの逆作を示すことなく投与前の状態まで徐々に回復していき、4~10日は作用が持続するまた、チクロピジンの抗血小板作用は、P2Y12ADP受容体非可逆的阻害するため、その作用が消失するまでには、血小板寿命と同じ期間である8~10日間かかると考えられている。

※この「作用」の解説は、「チクロピジン」の解説の一部です。
「作用」を含む「チクロピジン」の記事については、「チクロピジン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/19 21:47 UTC 版)

グリオトキシン」の記事における「作用」の解説

免疫抑制作用有し好中球好酸球等の顆粒球マクロファージ胸腺細胞英語版)等の免疫系細胞アポトーシス引き起こすIn vivoにおいては抗炎症作用示されている。細胞膜上のチオール基結合することで様々な微生物に対して毒性示し1940年代頃から抗生物質抗真菌薬、後には抗ウイルス薬としての研究行われてきた。ファルネシルトランスフェラーゼ英語版)の阻害剤、20Sプロテアソームキモトリプシン活性部位非競合阻害としての作用も有する

※この「作用」の解説は、「グリオトキシン」の解説の一部です。
「作用」を含む「グリオトキシン」の記事については、「グリオトキシン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/10 10:56 UTC 版)

ウノプロストン」の記事における「作用」の解説

経路線維柱帯流出路)または副経路ぶどう膜強膜流出路)からの房水流出促進し眼圧下降作用を示す。

※この「作用」の解説は、「ウノプロストン」の解説の一部です。
「作用」を含む「ウノプロストン」の記事については、「ウノプロストン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/03 15:36 UTC 版)

心房性ナトリウム利尿ペプチド」の記事における「作用」の解説

心房性ナトリウム利尿ペプチド血中分泌されると、末梢血管拡張させることによって血管抵抗下げ、これによって心臓の負荷軽減する。また腎臓で、心房性ナトリウム利尿ペプチド水分排泄促進させる方向の作用(利尿作用)を持ち、これによって体液量減らして心臓の負荷下げる。これらの作用によって、心房性ナトリウム利尿ペプチド血圧降下作用物質として働く。

※この「作用」の解説は、「心房性ナトリウム利尿ペプチド」の解説の一部です。
「作用」を含む「心房性ナトリウム利尿ペプチド」の記事については、「心房性ナトリウム利尿ペプチド」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 13:45 UTC 版)

筋弛緩剤」の記事における「作用」の解説

中枢神経抑制増強するために、多く鎮痙薬鎮静眠気副作用がある。それは長期使用依存起こす。これらのいくつかの薬物乱用リスクがあるため、それらの処方厳密に規制されている。 ジアゼパムなどのベンゾジアゼピンは、中枢神経GABA受容体作用する。それはどのような筋肉痙攣症状患者にも使用でき、緊張軽減する量でほとんどの人に鎮静効果がある。

※この「作用」の解説は、「筋弛緩剤」の解説の一部です。
「作用」を含む「筋弛緩剤」の記事については、「筋弛緩剤」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/04 02:06 UTC 版)

イノシトールトリスリン酸」の記事における「作用」の解説

IP3小胞体、または筋小胞体の膜にあるIP3受容体結合活性化しカルシウムチャネルを開く。するとCa2+細胞質、または筋形質放出される

※この「作用」の解説は、「イノシトールトリスリン酸」の解説の一部です。
「作用」を含む「イノシトールトリスリン酸」の記事については、「イノシトールトリスリン酸」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/18 05:16 UTC 版)

オウゴニン」の記事における「作用」の解説

ある研究では、オウゴニンは、マウスに7.5から30 mg/kgを投与することで、ベンゾジアゼピンのような鎮痛筋弛緩の作用を示さずに、抗不安薬の作用を示すことが示されている。in vitroでの予備実験では、オウゴニン抗腫瘍活性を持つ可能性示された。

※この「作用」の解説は、「オウゴニン」の解説の一部です。
「作用」を含む「オウゴニン」の記事については、「オウゴニン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/06 03:07 UTC 版)

WZWモデル」の記事における「作用」の解説

G をコンパクト単連結リー群とし、g をその単純リー代数とする。γ を G に値を持つ複素平面上の場とする。さらに、γ をリーマン球面 S2上で定義したい。これは無限遠点加えることで複素平面コンパクト化したものである。 そこで、WZWモデルは、次で与えられる作用をもつ γ で定義される非線型シグマモデル定義されるS k ( γ ) = − k 8 π ∫ S 2 d 2 x K ( γ − 1 ∂ μ γ , γ − 1 ∂ μ γ ) + 2 π k S W Z ( γ ) . {\displaystyle S_{k}(\gamma )=-\,{\frac {k}{8\pi }}\int _{S^{2}}d^{2}x\,{\mathcal {K}}(\gamma ^{-1}\partial ^{\mu }\gamma \,,\,\gamma ^{-1}\partial _{\mu }\gamma )+2\pi k\,S^{\mathrm {WZ} }(\gamma ).} ここに ∂μ = ∂/∂xμ は偏微分であり、和はユークリッド計量インデックスを渡る普通のアインシュタインの縮約記法を使う。ここに、 K {\displaystyle {\mathcal {K}}} は g 上のキリング形式であり、従って、第一項は、場の量子論標準的な力学項である。 項 S W Z {\displaystyle S^{WZ}} は、ベス・ズミノ項 (Wess–Zumino term) と呼ばれ次のように書くことができる。 S W Z ( γ ) = − 1 48 π 2 ∫ B 3 d 3 y ϵ i j k K ( γ − 1 ∂ γ ∂ y i , [ γ − 1 ∂ γ ∂ y j , γ − 1 ∂ γ ∂ y k ] ) {\displaystyle S^{\mathrm {WZ} }(\gamma )=-\,{\frac {1}{48\pi ^{2}}}\int _{B^{3}}d^{3}y\,\epsilon ^{ijk}{\mathcal {K}}\left(\gamma ^{-1}\,{\frac {\partial \gamma }{\partial y^{i}}}\,,\,\left[\gamma ^{-1}\,{\frac {\partial \gamma }{\partial y^{j}}}\,,\,\gamma ^{-1}\,{\frac {\partial \gamma }{\partial y^{k}}}\right]\right)} ここに、[,] は交換子であり、εijk は完全反対称テンソル英語版)(completely anti-symmetric tensor)で、積分は、座標 yi (i = 1, 2, 3) に対し単位球 B 3 {\displaystyle B^{3}} を渡ることする。この積分では、場 γ は単位球内部定義されるように拡張される。ホモトピー群 π2(G) が常に任意のコンパクトな単連結リー群の上ではゼロとなることから、この拡張はいつでも可能である。もともと γ を2次元球面 S 2 = ∂ B 3 {\displaystyle S^{2}=\partial B^{3}} 上で定義した

※この「作用」の解説は、「WZWモデル」の解説の一部です。
「作用」を含む「WZWモデル」の記事については、「WZWモデル」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/16 01:47 UTC 版)

グルーブドタイヤ」の記事における「作用」の解説

当初の目的通り路面との接地面積低下はコーナーリングスピードの抑制繋がったが、グルーブドタイヤスリックタイヤでは経験しなかった特性示した1つは溝が入っていることによる、コーナーリング中のゴム動きである。コーナーリング中のグニャグニャしたハンドリングドライバー悩ませることになったその他にグレイニングという事象が発生することである。グレイニングとは溝の端の部分ゴムが、消しゴム擦った時と同じよう削れてトレッド面に残ることにより、新品タイヤありながら、そのゴム綺麗に磨耗するまでの数周はグリップレベルが上がらないという問題である。これらの問題解決するためにサスペンションジオメトリー変更セッティング方法変更ドライビングスタイル変更など、エンジニアドライバー大きな影響与えることになった。さらに、接地面積減少したことにより転がり抵抗減少しストレートスピードのさらなる向上を招くこととなってしまった。

※この「作用」の解説は、「グルーブドタイヤ」の解説の一部です。
「作用」を含む「グルーブドタイヤ」の記事については、「グルーブドタイヤ」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 05:43 UTC 版)

ジクワット」の記事における「作用」の解説

ジクワットは、植物体内に入ると NADPH という酵素との反応によりジクワットラジカルになる。このジクワットラジカルが酸素反応して元のジクワットイオンに戻る際に活性酸素生じ細胞遺伝子にあるDNA蛋白質破壊し植物枯死させる。この酵素動物にもあるため、同じ反応が起こる。ジクワット触媒的に何度もこの反応繰り返し起こす。 なお、パラコートとは異なり肺への能動的な蓄積認められない

※この「作用」の解説は、「ジクワット」の解説の一部です。
「作用」を含む「ジクワット」の記事については、「ジクワット」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 17:01 UTC 版)

カリフォルニア・ロケット」の記事における「作用」の解説

SSRIセロトニン放出するシナプスのセロトニントランスポーターに選択的に作用しセロトニン再取り込み阻害しSNRI場合はノルアドレナリンも)結果的にセロトニンやノルアドレナリン濃度高くする。 一方のNaSSaはシナプス前α2-自己受容体とヘテロ受容体に対してアンタゴニストとして作用し、ノルアドレナリンとセロトニン(5-HT)の神経伝達増強するため、セロトニンやノルアドレナリンを直接的に増やす効果がある。 よってこの2剤を併用した場合セロトニン・ノルアドレナリンが減りにくい環境の中さらに直接的に神経伝達物質増やすためより強力な抗う効果発揮するというものである

※この「作用」の解説は、「カリフォルニア・ロケット」の解説の一部です。
「作用」を含む「カリフォルニア・ロケット」の記事については、「カリフォルニア・ロケット」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/08 09:06 UTC 版)

環状グアノシン一リン酸」の記事における「作用」の解説

cGMPは、イオンチャネル伝導性グリコーゲン分解細胞アポトーシスなどを調整している。また平滑筋弛緩にも関わっている。血管では、血管平滑筋弛緩する血流増えるcGMPは、目の光情報伝達においてセカンドメッセンジャー役割果たしている。哺乳類の目の光受容体では、光がホスホジエステラーゼ活性化させ、それによりcGMP分解される光受容体ナトリウムチャネルcGMPで開くため、cGMP分解される閉じたままになり、光受容体原形質膜過分極の状態となって視覚情報が脳に送られる

※この「作用」の解説は、「環状グアノシン一リン酸」の解説の一部です。
「作用」を含む「環状グアノシン一リン酸」の記事については、「環状グアノシン一リン酸」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/10 15:20 UTC 版)

ベイリス効果」の記事における「作用」の解説

筋原説に基づく血管平滑筋独自の反応で、外部からの神経体液因子影響をまったく受けず血管弾性により灌流圧が上昇することで血管収縮し下降することで血管拡張する。これにより血液必要なところに配当し、組織血液量を一定保持する

※この「作用」の解説は、「ベイリス効果」の解説の一部です。
「作用」を含む「ベイリス効果」の記事については、「ベイリス効果」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 01:36 UTC 版)

ブナゾシン」の記事における「作用」の解説

ブナゾシンはアドレナリンα1受容体を高選択的に阻害し、α2受容体への作用は極めて弱い(選択性:0.0029。参考、非選択性α受容体拮抗薬フェントラミン選択性:2.19):12。従って、交感神経シナプス後のα1受容体阻害して信号伝達遮断するが、シナプス前のα2受容体阻害せず、ノルアドレナリンの負のフィードバック遮断しない為、ノルアドレナリンの過剰分泌惹起しない。

※この「作用」の解説は、「ブナゾシン」の解説の一部です。
「作用」を含む「ブナゾシン」の記事については、「ブナゾシン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 10:01 UTC 版)

抗ヒスタミン薬」の記事における「作用」の解説

アレルギーの中でI型アナフィラキシー型)は、抗原 + IgE抗体抗原抗体複合体肥満細胞(マストセル)等のIgE受容体作用しヒスタミンセロトニンロイコトリエン等のケミカルメディエーター放出させる反応契機となって起こる。ヒスタミンには血管拡張血管透過性亢進作用などがあり、これらの作用によりアレルギー症状である、くしゃみ鼻水などが発生する風邪アレルギー症状同一機序よる。 この作用を担うヒスタミン受容体H1受容体呼ばれ抗ヒスタミン薬はこの受容体の作用を抑制することで、アレルギー症状抑える。したがってアレルギーそのもの風邪そのもの治すではない。 抗ヒスタミン薬第一世代と第二世代分類されている。第一世代脂溶性が高いため血液脳関門容易に通過し中枢神経系、特に視床下部作用して眠気引き起こす、即ち鎮静作用があると考えられている。 また中枢神経系作用して眠気引き起こすことがあるので、服用後は四輪車オートバイ工作機械の運転といった、危険を伴う作業には従事しないことが各添付文書記載されている。なお、日本国内においては、自動車の運転中に、この副作用眠気による意識低下人身事故起こした場合危険運転致死傷問われる場合があり、さらに、服用隠蔽する過失運転致死傷アルコール影響発覚免脱にも問われる場合がある。 古い第一世代抗ヒスタミン薬副作用利用して睡眠薬乗り物酔い防止薬として服用されている。ヒドロキシジン古くからこの目的使用されてきたほか、ジフェンヒドラミン2003年睡眠改善薬として、初め一般用医薬品販売認可された。子供風邪などでも、ちょっと鎮静かかった感じにしてぐっすり寝て改善してもらう、といった狙いもあって、あえて古い世代抗アレルギー薬抗ヒスタミン薬用いことがある。しかし、インペアード・パフォーマンスとして知られ認知機能低下させる副作用であるため、この副作用改良した第二世代抗ヒスタミン薬開発されてきた。

※この「作用」の解説は、「抗ヒスタミン薬」の解説の一部です。
「作用」を含む「抗ヒスタミン薬」の記事については、「抗ヒスタミン薬」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 05:43 UTC 版)

強心配糖体」の記事における「作用」の解説

陽性力作用 - 心筋の収縮力を増大し心拍出量増大させる。それとともに腎血流量増加する結果利尿作用もたらす。この作用は浮腫軽減させる効果がある。 陰性変時作用 - 迷走神経興奮洞房結節アセチルコリン感受性増大し心拍数低下する心不全時は頻脈抑える効果がある。 変伝導作用 - 房室結節での伝導抑制する

※この「作用」の解説は、「強心配糖体」の解説の一部です。
「作用」を含む「強心配糖体」の記事については、「強心配糖体」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 03:57 UTC 版)

アグマチン」の記事における「作用」の解説

アグマチンは、生体内各種調節因子直接的または間接的に作用し、しかも複数因子同時に作用しうることが知られている。主な作用に以下のものがある。 神経伝達物質受容体およびイオノフォア:ニコチン性受容体イミダゾリン受容体I1およびI2、α2-アドレナリン受容体NMDA型グルタミン酸受容体セロトニン受容体5-HT2Aおよび5-HT3 イオンチャネルATP感受性カリウムイオンチャネル電位依存性カルシウムチャネル酸感受性イオンチャネルなど 膜輸送体アグマチン特異的選択性輸送系、有機カチオン輸送体(OCT2サブタイプ)、ニューロンモノアミン輸送体ポリアミン輸送体ミトコンドリアアグマチン特異的選択性輸送一酸化窒素合成一酸化窒素合成酵素アイソフォームにより、阻害されるものと増強されるもののどちらも存在するポリアミン合成アグマチンポリアミン合成の前駆体であり、ポリアミン輸送やスペルミジン・スペルミンアセチルトランスフェラーゼ (SSAT)およびアンチザイムの誘導競合的阻害するADPリボース化:アルギニンのADPリボース化阻害するマトリックスメタロプロテアーゼ (MMP):間接的にMMP2およびMMP9の作用を下方調節する。 AGEs生成AGEs生成直接阻害するNADPHオキシダーゼ過酸化水素生成関与する酵素活性化する

※この「作用」の解説は、「アグマチン」の解説の一部です。
「作用」を含む「アグマチン」の記事については、「アグマチン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 09:55 UTC 版)

リクイリチン」の記事における「作用」の解説

リクイリチン抗アレルギー作用抗炎症作用有効成分として働く。

※この「作用」の解説は、「リクイリチン」の解説の一部です。
「作用」を含む「リクイリチン」の記事については、「リクイリチン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 20:11 UTC 版)

脂質メディエーター」の記事における「作用」の解説

免疫生体防御血圧調節痛み発熱消化管活動細胞増殖分裂分化制御など幅広い生理機能持っており、このバランス破綻多く疾患関連している。多く脂質メディエーター細胞膜にあるGタンパク質共役受容体結合し作用する他方ステロイドホルモンビタミンAビタミンDなどは核内受容体結合し遺伝子発現起こす。 この項目は、医学関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:医学Portal:医学医療)。

※この「作用」の解説は、「脂質メディエーター」の解説の一部です。
「作用」を含む「脂質メディエーター」の記事については、「脂質メディエーター」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 14:27 UTC 版)

「メチレンジオキシメタンフェタミン」の記事における「作用」の解説

MDMAは脳内セロトニン等を過剰に放出させることにより、人間精神多幸感他者との共感などの変化もたらすとされる。MDMAを経口的に摂取する30分から1時間ほどで前述のような精神変容起こり、それが4~6時程度持続するとされる典型的な幻覚剤とは異な心理的作用を有する。 MDMAは認知社会的相互作用影響与え開放性感情への反応性増加させ、他者への親近感生じさせる使用者おしゃべり友好的な感じになったことを報告するが、一方制御できないという不安を経験することもある。 MDMAはオキシトシン放出増加させる並行して神経生物学領域における研究神経ペプチドオキシトシンバソプレッシンによる人間つながり触れ合い影響についてのものが進行している。オキシトシン哺乳類における、つがいの形成社会的所属関連している。

※この「作用」の解説は、「メチレンジオキシメタンフェタミン」の解説の一部です。
「作用」を含む「メチレンジオキシメタンフェタミン」の記事については、「メチレンジオキシメタンフェタミン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/15 05:30 UTC 版)

内毒素」の記事における「作用」の解説

内毒素主な生物学的作用は、致死性ショック発熱補体活性化白血球活性化接着分子発現血管内皮細胞障害汎発性血管凝固DIC)、抗体産生促進、食促進などである。発熱作用から外因性発熱物質pyrogen)とも呼ばれる補体活性化除いて、これらの作用のほとんどはサイトカイン介在している。 要約する下記の通りである。 グラム陰性菌の細胞壁外膜存在しており、物質的にリポ多糖である。毒素活性本体はその中のリピドA構造であり、耐熱性があり、抗原性ほとんどない菌体破壊によって遊離される菌の種類によらず生物学的活性ほとんど同じであるマクロファージなどの細胞表面Toll様受容体(TLR)-4に結合して細胞活性化するその結果サイトカイン産生され多く生物活性発現する敗血症性ショック起こす破骨細胞活性化し骨吸収促進する。 シュワルツマン反応引き起こす検出法としてカブトガニ血球抽出液を用いリムルステスト用いられている。ただし、リムルステスト真菌細胞壁成分であるβ-グルカンでも陽性を示す。そこで、エンドトキシン特異的方法開発され敗血症補助的診断法として用いられている。 ある種β-ラクタム系抗生物質投与によりグラム陰性菌破壊されると、生体内毒素放出されることによりエンドトキシンショック引き起こすことがある抗生物質誘導性エンドトキシンショック)。

※この「作用」の解説は、「内毒素」の解説の一部です。
「作用」を含む「内毒素」の記事については、「内毒素」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/23 17:03 UTC 版)

「血」の記事における「作用」の解説

作用としては営気とともに脈中を流れて四肢臓腑潤してその働き支え夜に臥床時に肝に戻るものであり、覚醒活動時には、必要に応じて脈中を流れて全身を循り、知覚活動手足動作運動などの活動円滑に行わせる

※この「作用」の解説は、「血」の解説の一部です。
「作用」を含む「血」の記事については、「血」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 07:01 UTC 版)

デヒドロエピアンドロステロン」の記事における「作用」の解説

DHEA経口投与などで増加させることにより、老化プロセス遅らせたり止めたり、あるいは若返らせる若返りホルモン」としてサプリメント輸入代行されている。ほかに以下の症状効果があるとされている。 副腎疲労 循環器病 糖尿病 高コレステロール肥満 合併硬化症 パーキンソン病 アルツハイマー症 免疫不全症 うつ病 骨粗鬆症

※この「作用」の解説は、「デヒドロエピアンドロステロン」の解説の一部です。
「作用」を含む「デヒドロエピアンドロステロン」の記事については、「デヒドロエピアンドロステロン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 20:33 UTC 版)

オキシトシン」の記事における「作用」の解説

オキシトシンには末梢組織で働くホルモンとしての作用、中枢神経での神経伝達物質としての作用がある。 末梢組織では主に平滑筋収縮関与し分娩時に子宮収縮させる。また乳腺筋線維収縮させて乳汁分泌促すなどの働きを持つ。このため臨床では子宮収縮陣痛促進剤はじめとしてさまざまな医学的場面で使用されてきており、その歴史長い最初女性特有な機能必須ホルモンとして発見されたが、その後男性にも普遍的に存在することが判明している。また、視床下部室傍核 (PVN) や視索上核 (SON) にあるニューロンから分泌され下垂体後葉をはじめ様々な脳の部位作用し機能調節している。

※この「作用」の解説は、「オキシトシン」の解説の一部です。
「作用」を含む「オキシトシン」の記事については、「オキシトシン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 07:04 UTC 版)

殺鼠剤」の記事における「作用」の解説

数度食餌分けて駆除する累積毒剤と、一度食餌駆除する急性毒剤大別される累積毒剤 数度分けて継続的に摂取させる必要があるが、ヒトペット誤食対す安全性が高いため、一般的に利用されている。クマリン系の抗血液凝固成分クマテトラリル血液凝固阻害薬のワルファリンやジフェチアロールが代表的である。誤飲解毒には、ビタミンK投与する急性毒剤 薬剤毒性強く取扱い難しい。黄燐猫いらずとして有名)、三酸化二ヒ素(こちらも猫いらず呼ばれる)、リン化アルミニウムリン化亜鉛、ノルボルマイド、シリロシドタリウム硫酸タリウムα-ナフチルチオ尿素モノフルオロ酢酸ナトリウムなどが代表。クマリン系の新し薬剤でジフェチアロール、ジフェチアロンがある。 殺鼠剤誤飲事故で、タリウム摂取した場合治療薬として、プルシアンブルー紺青、ヘキサシアニド(II)酸(III))が用いられる

※この「作用」の解説は、「殺鼠剤」の解説の一部です。
「作用」を含む「殺鼠剤」の記事については、「殺鼠剤」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/20 23:47 UTC 版)

ミトタン」の記事における「作用」の解説

副腎皮質の細胞ミトコンドリア選択的に阻害することで、薬理的副腎皮質排除、すなわち、副腎皮質の細胞不可逆的障害して殺滅する。手術適応とならない重度クッシング症候群副腎癌に用いられるミトタンコレステロールオキシダーゼ阻害するので、服薬すると高脂血症起こしやすい。なお、本剤は脳に機能障害引き起こして認知症などを発症することがあり、特に、ミトタン血中濃度20 (μg/ml)を超える中枢神経障害起こりすいとされる。

※この「作用」の解説は、「ミトタン」の解説の一部です。
「作用」を含む「ミトタン」の記事については、「ミトタン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/26 04:52 UTC 版)

ペタシン」の記事における「作用」の解説

ペタシン細胞栄養素取り込むために必要なミトコンドリア呼吸鎖複合体ETCC1を阻害する。このペタシンのETCC1阻害がん細胞特徴的なエネルギー代謝阻害し選択的にがん細胞阻害する。ETCC1阻害という方法での抗がん剤への実用化自体は元から存在していたが通常細胞代謝阻害し副作用強く出るためから実用的ではなかった。だがペタシン選択的に阻害するため通常細胞への影響少なくがん細胞には強い阻害作用を発揮する

※この「作用」の解説は、「ペタシン」の解説の一部です。
「作用」を含む「ペタシン」の記事については、「ペタシン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/20 23:32 UTC 版)

レトロゾール」の記事における「作用」の解説

閉経前の女性主として卵巣においてエストロゲン作られるが、閉経後は専ら副腎作られるアンドロゲンアロマターゼエストロゲン変換することで産生される。レトロゾールは、アロマターゼ阻害することで閉経後のエストロゲン依存性乳癌に対して効果発揮する閉経後の早期乳癌女性患者対す術後補助療法において、エストロゲン拮抗薬であるタモキシフェンとの比較試験行ったところ、レトロゾールの方が有意再発を防ぐことがわかっている。

※この「作用」の解説は、「レトロゾール」の解説の一部です。
「作用」を含む「レトロゾール」の記事については、「レトロゾール」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 23:00 UTC 版)

Na+/K+-ATPアーゼ」の記事における「作用」の解説

ポンプの作用を式にすると、次の通りである。 3 N a + ( i n ) + 2 K + ( o u t ) + A T P + H 2 O3 N a + ( o u t ) + 2 K + ( i n ) + A D P + P i {\displaystyle {\rm {{3Na^{+}(in)+2K^{+}(out)+ATP+H_{2}O\rightleftarrows 3Na^{+}(out)+2K^{+}(in)+ADP+Pi}\,}}} このようにして全ての細胞で、Na+とK+濃度維持のために、わざわざATP消費している。この結果細胞内ではK+の濃度高く細胞外ではNa+が高い状態が保たれている。Na+/K+-ATPアーゼ1回毎に細胞内から3Na+を細胞外へ汲み出して細胞外から2K+を細胞内汲み入れるため、その都度正電荷を1個細胞外に放出する電位発生的な対向輸送行っていると言える脂質二分子膜透過するため、動物細胞Na+/K+ポンプによって浸透圧含水量調節している。Na+/K+ポンプによって作られる膜電位Em)は、ニューロンでは神経刺激になり、また別の細胞ではグルコースアミノ酸能動輸送自由エネルギー供給する。 なお、この目的のために、一般的な細胞では細胞内合成したATPの3割程度消費しており、ニューロン至って細胞内合成したATPの7割も消費していると見積もられている。 ニューロン細胞外からNa+流入させて電気信号を送るため、細胞内の環境維持するには、盛んにNa+細胞外へと汲み出す必要があるためである。

※この「作用」の解説は、「Na+/K+-ATPアーゼ」の解説の一部です。
「作用」を含む「Na+/K+-ATPアーゼ」の記事については、「Na+/K+-ATPアーゼ」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/13 14:42 UTC 版)

アクチビン」の記事における「作用」の解説

卵胞内でアクチビンFSH結合FSH誘導する酵素によってステロイド芳香環化する性ホルモン生産促進する。これが卵巣精巣でのアンドロゲン合成増幅黄体形成ホルモン (LH) 作用に関与する男性においてはアクチビン精子形成促進する

※この「作用」の解説は、「アクチビン」の解説の一部です。
「作用」を含む「アクチビン」の記事については、「アクチビン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 15:18 UTC 版)

エチレフリン」の記事における「作用」の解説

静脈内投与すると心拍数心拍出量1回拍出量(英語版)、中心静脈圧(英語版)、平均動脈圧(英語版)が増加する投与量が1-8mgまでの間は末梢血管抵抗英語版)が低下するが、それ以上では上昇し始める。プロプラノロール2.5mg静注後に点滴すると心拍数心拍出量容積末梢血流量著しく低下し平均動脈圧が上昇する。以上の結果はβ1およびα1アドレナリン作用を有することを示唆している。

※この「作用」の解説は、「エチレフリン」の解説の一部です。
「作用」を含む「エチレフリン」の記事については、「エチレフリン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/20 07:02 UTC 版)

メスカリン」の記事における「作用」の解説

サイケデリック体験」も参照 経口的に用いられることがほとんどで、服用異様な精神状態になり、典型的に視覚的幻覚を伴う。「トリップ」と呼ばれる状態である。作用は服用前の状態等に左右され発作的に不機嫌になる激昂するなどもおきる。しばしば気分のよい浮遊感光輝感を得るが、逆に不安や抑鬱もたらすこともある(バッドトリップ)。 ウィニベイゴ族への現地調査では、体験特徴は、ヴィジョン見せること、自我溶解、そして生理学的・心理学的に害がないということである。 生涯におけるメスカリンペヨーテ使用は、精神科の薬処方されることが少ないことに関連している。メスカリンやLSDの幻覚統合失調症的なものではなくメスカリンでは美しい色が変幻するとか時空間変化するメスカリンは、次のような作用を起こすことがある快感を伴う副作用 目を閉じたままで創造的な視覚体験得られる 新し思考過程のような展開 多幸感 神秘体験 中立的な副作用 散瞳 温感冷感 不快感を伴う副作用 目眩 嘔吐 頻脈 頭痛 不安 死にそうな、絶滅しそうな感じ 通常の意識戻れないという不安感

※この「作用」の解説は、「メスカリン」の解説の一部です。
「作用」を含む「メスカリン」の記事については、「メスカリン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 21:29 UTC 版)

ピプラドロール」の記事における「作用」の解説

ノルアドレナリン・ドーパミンの再取り込み阻害作用により視床下部脳幹網様体刺激作用を有するが、他剤に比べてマイルドな中枢神経刺激薬であるとされている。

※この「作用」の解説は、「ピプラドロール」の解説の一部です。
「作用」を含む「ピプラドロール」の記事については、「ピプラドロール」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/12 02:18 UTC 版)

「レボドパ・カルビドパ」の記事における「作用」の解説

レボドパ・カルビドパ合剤は、内服薬として使用され、主にパーキンソン病症状緩和使われるレボドパ同様に疾患治すではない。効果服用始めてから2~3週間後に見られる効果が出るようになってからは、服用から10分ほどで作用し5時間ほど持続する主な副作用運動障害吐き気である。より深刻な副作用にはうつ病起立時の低血圧、突然の眠気精神病危険な行動増加などである。カルビドパは脳の外でのレボドパ分解脳内到達するまで防ぐ。レボドパ脳内ドーパミン分解され効果発揮されるレボドパ・カルビドパ合剤世界保健機関必須医薬品リスト含まれており、医療制度で最も効果的で安全で必要とされる医薬品である。一般として入手でき、少々高価である。発展途上国では1ヶ月分が約$1.80~$3.00米ドル売られている。アメリカでは1か月分が約$50~$150米ドル売られている。

※この「作用」の解説は、「レボドパ・カルビドパ」の解説の一部です。
「作用」を含む「レボドパ・カルビドパ」の記事については、「レボドパ・カルビドパ」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/17 02:27 UTC 版)

EcoRI」の記事における「作用」の解説

EcoRIIIP型に分類される制限酵素であり、DNA中の 5'-GAATTC-3' というパリンドロームになっている6塩基配列認識し、GとAの間に切れ目入れ切り口付着末端作り出す。この時、酵素との結合部DNAを直角に屈曲させることが分かっている。なお、大腸菌自身遺伝子は、この配列部分メチル化されているため、切断される心配はない。 EcoRI切断パターン 切断前の配列 切断後の配列 5'-GAATTC-3' 5'-G AATTC-3' 3'-CTTAAG-5' 3'-CTTAA G-5'

※この「作用」の解説は、「EcoRI」の解説の一部です。
「作用」を含む「EcoRI」の記事については、「EcoRI」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/24 07:56 UTC 版)

ハロプロギン」の記事における「作用」の解説

ハロプロギンは、かつては1%局所クリームとして用いられ、主に皮膚の白癬治療のために処方薬として販売された。作用機構未知である。 ハロプロギンは、炎症火傷小水疱形成痒み等の副作用高確率で伴う。そのため、より副作用少な抗真菌薬開発されたことで、販売終了した

※この「作用」の解説は、「ハロプロギン」の解説の一部です。
「作用」を含む「ハロプロギン」の記事については、「ハロプロギン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/23 03:10 UTC 版)

セルトリズマブ ペゴル」の記事における「作用」の解説

セルトリズマブ・ペゴルは、腫瘍壊死因子α(Tumor necrosis factor-alpha)に対すモノクローナル抗体製剤一つである。より正確には、ヒト化TNF-α阻害モノクローナル抗体PEG化抗原結合性Fab'フラグメントである。Fab'断片ポリエチレングリコール(PEG)を付加することで長時間作用する。(半減期11日前後)

※この「作用」の解説は、「セルトリズマブ ペゴル」の解説の一部です。
「作用」を含む「セルトリズマブ ペゴル」の記事については、「セルトリズマブ ペゴル」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/05 10:25 UTC 版)

プロゲステロン」の記事における「作用」の解説

プロゲステロン血中から細胞に入ると、細胞内存在するプロゲステロン受容体タンパク質結合して複合体形成する。この複合体内のDNA特定の部分結合することで、多く遺伝子の発現変化させる。この機構により、子宮内膜子宮筋の働き調整したり、乳腺発達妊娠維持などに関わる。また体温上昇の作用もあり、女性の性周期のうち、黄体期基礎体温高くなる理由は、主にプロゲステロン体温上昇作用のためである。プロゲステロンは抗エストロゲン作用も持つ。なお、女性エストロゲン分泌能力は健康であれば閉経までほぼ一定保たれるに対して黄体期黄体から分泌されるプロゲステロン30歳代に入ると減少始め以後加齢伴って徐々に低下する。これに伴って黄体期基礎体温低下してゆく。また、プロゲステロン外呼吸促進する作用も有する

※この「作用」の解説は、「プロゲステロン」の解説の一部です。
「作用」を含む「プロゲステロン」の記事については、「プロゲステロン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/19 03:59 UTC 版)

肩甲挙筋」の記事における「作用」の解説

脊髄が、固定されたとき、肩甲骨挙げ肩甲骨下角内側に引く。たいてい、菱形筋小胸筋などの他の筋とともにはたらき下方回旋をする。肩を一度動かし挙上回旋をするには頚椎安定させ固定することが必要である。頚骨両側起始をもつ一対肩甲挙筋等しい力を出すことにより、これを実現させる下方回旋は他の脊椎挙げる筋により妨げられうるが、僧帽筋の上繊維下方回旋主力である。肩が固定されたとき、肩甲挙筋回旋し、頚椎外側曲げる。両側の肩が固定されたときは、両側の肩甲挙筋頚椎直立するように働く。

※この「作用」の解説は、「肩甲挙筋」の解説の一部です。
「作用」を含む「肩甲挙筋」の記事については、「肩甲挙筋」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/21 00:53 UTC 版)

発色剤」の記事における「作用」の解説

食肉空気中でミオグロビンメトミオグロビン酸化されて褐色変色する亜硝酸ナトリウム添加する食肉中の乳酸と反応して亜硝酸生じるが、これがヘム鉄をニトロシル化して、ニトロシルミオグロビンやニトロシルヘモグロビンを生じる。これらは赤色物質であり、食肉製品鮮やかなピンク色もたらす加熱すると、ニトロシルミオグロビンがより安定したニトロシルグロビンヘモクロムに変化し発色作用が長期間持続する適切な時間越えて亜硝酸処理を行うとニトロシルミオグロビンが緑色帯び、色が損なわれる亜硝酸イオンには致死性ボツリヌス菌サルモネラ菌黄色ブドウ球菌繁殖抑制し脂質抗酸化作用を持つほか、食肉製品に快い風味もたらす作用を持つため、原材料重量比0.01%から0.02%ほど添加される

※この「作用」の解説は、「発色剤」の解説の一部です。
「作用」を含む「発色剤」の記事については、「発色剤」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/09 06:11 UTC 版)

脳性ナトリウム利尿ペプチド」の記事における「作用」の解説

BNPそのもの利尿作用があり、心不全治療としてのネプリライシン阻害薬上市されている。

※この「作用」の解説は、「脳性ナトリウム利尿ペプチド」の解説の一部です。
「作用」を含む「脳性ナトリウム利尿ペプチド」の記事については、「脳性ナトリウム利尿ペプチド」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/14 07:33 UTC 版)

幻覚剤」の記事における「作用」の解説

サイケデリック体験」も参照 幻覚剤摂取することによって、意識状態に変容起こり変性意識状態といった意識の状態に導かれる知覚したことの意味変化や、視覚的な鮮やかさや、視覚変容もたらされ不安感減少し幸福感や一体感上昇する。ケタミンのような解離性幻覚剤では大枠同じだが、個々幻覚強弱といった細部異なり、最も大き部分ではシロシビンのような典型的な幻覚剤比較して肉体から離脱する感覚強く生じさせる幻覚性のキノコ成分であるシロシビン体験からは、神秘的な、あるいは深遠な体験多く神聖さ肯定的な気分時空超越語りえない(表現不可能)といった特徴があった。自我崩壊自己の感覚の喪失は、サイケデリック体験重要な特徴アルコールなどではみられない統合失調症似た幻覚妄想起こす覚醒剤精神病とは異なり視覚的に美し色彩変幻立ち現れ、物が歪んで見えたり原野七色の虹かかったり、時空間変化するというようなものであるハーバード大学での統計では200人ほどのうち、85%が人生においてもっとも啓示富んだ体験であると感じている。幻覚剤研究家であるテレンス・マッケナは、幻覚剤6時間で5年分の心理療法をやってしまうドラッグだと表現している。 治療研究の歴史からは、難治性神経障害、特にうつ病不安障害薬物依存症、死と関連した心理的な困難(末期がんなど)に可能性があることを示している。典型的な幻覚剤や、MDMAでは継続的に投与せずとも効果持続する13万人統計調査から、過去1年間における幻覚剤(LSD、マジックマッシュルームメスカリン)の使用者精神的な問題発生率低下関連していた。約19万人からの統計調査では、典型的な幻覚剤使用が、自殺思考自殺計画自殺企図低下関連し、他の違法薬物使用しないことはさらにこの可能性高めていた。また約1500人からのオンライン調査では、生涯における典型的な幻覚剤(LSD、マジックマッシュルームメスカリン)の使用は、自然とつながり感じ環境配慮した行動関連する48上の統計調査からは、生涯における古典的な幻覚剤使用は、調査から1年以内犯罪暴力窃盗など)の発生率が低いことや、受刑者300人からドメスティックバイオレンスとの関連性が低いことが判明した幻覚剤大麻の使用過去1年間におけるオピオイド依存リスク減少させており、他の違法薬物では依存リスク増加させていた。 一般的な副作用は、不安、吐き気嘔吐心拍血圧増加である。精神病性障害のような比較一般的な障害生じた場合には、サイケデリック体験起因するのではと誤解されることがあるが、上述のように、統計からは精神病など精神的健康問題リスク低下と結びついている幻覚剤知覚障害 (HPPD) は、シロシビンアヤワスカ用いた最近近代的な臨床試験偽薬対照設けて問題の発生率を比較する)では報告されていない幻覚剤依存嗜癖引き起こすという証拠は非常に限られたのである耐性急速に形成され離脱症状が起こることは確認されていない精神的依存はまれだと考えられるがそのための研究少ない。

※この「作用」の解説は、「幻覚剤」の解説の一部です。
「作用」を含む「幻覚剤」の記事については、「幻覚剤」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 06:28 UTC 版)

口蓋帆張筋」の記事における「作用」の解説

口蓋張力をかける事で咀嚼耳管口を結びつける

※この「作用」の解説は、「口蓋帆張筋」の解説の一部です。
「作用」を含む「口蓋帆張筋」の記事については、「口蓋帆張筋」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 03:34 UTC 版)

マジックマッシュルーム」の記事における「作用」の解説

シロシビン」も参照 こうしたキノコには、催幻覚性のシロシンシロシビンが0.03-1.5%の濃度含有され、熱にも安定しており、破壊除去されないため、調理して摂取されることもある。紅茶スープ、シチューオムレツなどに入れて摂取することがある発作などの重症きわめてまれで、死亡例ほとんどない摂取より1時間ほどで効果現れ、5時間から6時間ほど持続するシロシビンは、シロシンリン酸エステルであり、共に同じ作用があるが、シロシン酸素によって急速に壊れるのに対しシロシビン極めて安定している。LSDと共通の化学構造幻覚作用があるが、作用時間シロシビン4-6時間対しLSDのは8時間以上と長く、またこれらはセロトニンに近い構造を持つ。セットとセッティング、つまり誰と、どこで、なぜ、どうやって摂取するかによって体験良し悪し左右され不快な体験であるバッド・トリップ不適切セッティング、特に初めてだったり、多量に服用する起こりやすい。 肉体的作用 脱力感悪寒瞳孔拡散嘔気腹痛などが挙げられる一般的には嘔気腹痛悪寒摂取後より1時間ほどで収まる。脱力感使用時状況により感じない場合も多いが、多量摂取時には多く場合それを感じる。 知覚的作用 視覚歪み色彩鮮明化(瞳孔拡散起因する場合もある)、皮膚感覚鋭敏化聴覚の歪みなどが挙げられる閉眼時に視覚的な認識があり、何らかの模様色彩的な変化感じる。LSDの知覚的作用に良く似ているが、一般的に視覚的な変化はLSDを上回る感情的作用 感情の波が激しくなり、摂取者の経験による部分もある。基本的に多幸感が伴う。しかしいわゆるバッド・トリップになると、感情の波がネガティブ方向向かってしまう経験パニック症状を起こしたり、ネガティブ偏執捕らわれたりする。 ヘンリー・マンによればキノコ効いている時には言葉を話すことが流暢に表現適切になり、知覚的に解放されているだけでなく、言語的にさえ解放的であり、そうであればシャーマンは自らの言葉によっても魂を解放させているのである身体依存はないが、大麻同程度精神依存がある。アメリカ国立薬物乱用研究所(NIDA)の評価では、大麻カフェインより低い依存性である。国際統計 (Global Drug Survey) では、マジックマッシュルーム救急医療につながることが最も少な娯楽用いられる薬物であり、毒性乱用可能性低かった

※この「作用」の解説は、「マジックマッシュルーム」の解説の一部です。
「作用」を含む「マジックマッシュルーム」の記事については、「マジックマッシュルーム」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 07:53 UTC 版)

ジメチルトリプタミン」の記事における「作用」の解説

アヤワスカ#精神的作用」も参照 喫煙注射による幻覚作用持続時間30分ほどで、効果ピーク5-20分に訪れる。喫煙吸入では典型的な量は40-50mgである。効果持続30未満である。1分程度作用し30未満で終わるため、一般にビジネスマンランチトリップ呼ばれている。胃を通さないほかの摂取方法には、喫煙注射静脈筋肉)、鼻孔吸飲がある。ガラス製のパイプ熱しDMT気化させて吸引する方法が最も一般的である。 DMT経口摂取ではモノアミン酸化酵素 (MAO) によって急速に分解されるため活性がないが、DMT自体が高用量ではモノアミン酸化酵素阻害作用持ちMAO-A選択的に作用するモノアミン酸化酵素阻害薬 (MAOI) と同時に摂取することによって経口でも作用するMAOIであるβ-カルボリン類のハルマリンハルミンという物質モノアミン酸化酵素はたらき抑制するこのためDMTハルマリンおよびハルミン混合させることによって、経口から摂取してDMT効力が有効となる。アヤワスカでは、研究室抽出しDMT35mgとハルミン141mgの組み合わせであったことを報告したアヤワスカでは、60以内効果生じ90分でピークとなり、4時間ほど続く。 初期の研究では耐性生じないとされたが、ヒト30分おきに4回注射した場合に、主観的な作用には耐性がないが、体温など生理的作用耐性生じることが確認されている。これを除いて耐性依存兆候ほとんどないDMTリゼルグ酸ジエチルアミド (LSD) では、交叉耐性がある。 従来神経毒性があると考えられたが、その後の研究では毒性がない可能性がありむしろ保護的とされている。 哺乳類におけるDMT役割解明されておらず、基礎研究では低酸素ショックなど酸素少な場合DMT保護的に働いていることが確認されており、細胞死から保護しているとみなされており、仮説としては瀕死状態で細胞生き残らせるために多量に放出される可能性があり、またそのために生死の境さまよった人々神秘的な体験報告することがあるということにつながる可能性がある。肺がDMT大量に生合成し、放出されることが示唆されている。シグマ-1受容体英語版)(Sig-1R)を介して低酸素ショックのようなストレス影響緩和している。シグマ-1受容体発見以来長らくどの内因性の神経伝達物質作用しているか不明であったが、2009年にFontanillaらによってDMT作用していることが特定されセロトニン5-HT2A受容体英語版以外のDMT幻覚作用作用機序が明らかとなった。 また従来統合失調症引き起こすとの仮説があったが、健常人々からのほうが統合失調症人々より多くDMT検出されており、関連なさそうだとされている。

※この「作用」の解説は、「ジメチルトリプタミン」の解説の一部です。
「作用」を含む「ジメチルトリプタミン」の記事については、「ジメチルトリプタミン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 07:52 UTC 版)

「灸」の記事における「作用」の解説

自律神経などに作用して内分泌影響与えることが確認されており、局所火傷から出る加熱蛋白体(ヒストトキシン)は、血中吸収され各種幼弱白血球増加して免疫機能亢進することが認められている。 増血作用 - 灸をすることで赤血球増やし血流良くする 止血作用 - 灸をすることで血小板働き良くし、治癒促進促す。 強心作用 - 灸をすることで白血球増やし外敵から防御する

※この「作用」の解説は、「灸」の解説の一部です。
「作用」を含む「灸」の記事については、「灸」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 06:03 UTC 版)

「ε-アミノカプロン酸」の記事における「作用」の解説

血中プラスミノーゲンフィブリン結合してプラスミノーゲン活性化因子tPAウロキナーゼ)により活性化されフィブリン分解する。 ε-アミノカプロン酸はここでフィブリン拮抗してプラスミノーゲン結合して活性化阻害し、これによってフィブリン分解による出血抑制する

※この「作用」の解説は、「ε-アミノカプロン酸」の解説の一部です。
「作用」を含む「ε-アミノカプロン酸」の記事については、「ε-アミノカプロン酸」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 07:56 UTC 版)

カンナビノイド」の記事における「作用」の解説

時間空間感覚の変調もたらし多幸感鎮痛といった作用を生じる。大麻有効成分であるテトラヒドロカンナビノール (THC) は強い陶酔作用をもたらすCBDTHCのこの精神作用阻害し、抗痙攣作用、鎮静作用、鎮痛作用がある。CBD入り健康食品メーカーでは、海外からCBD輸入し麻薬成分テトラヒドロカンナビノール検出されないことを確認してから、国内健康食品化粧品加えて販売している。

※この「作用」の解説は、「カンナビノイド」の解説の一部です。
「作用」を含む「カンナビノイド」の記事については、「カンナビノイド」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 09:21 UTC 版)

神経ステロイド」の記事における「作用」の解説

神経ステロイド主な生物学的機能としては、神経の可塑性英語版)、学習記憶プロセス行動発作感受性英語版)、ストレス・不安・抑うつ対す反応等の調節知られている。また、神経ステロイドは、様々な性的二形行動情動反応にも重要な役割果たしていると思われる急性ストレスは、アロプレグナノロンのような抑制性の神経ステロイド濃度上昇させ、これらの神経ステロイドは、ストレス影響多く打ち消す事が知られている。これはエンドルフィン場合と同様で、エンドルフィンストレス身体的な痛み反応して分泌されそのような状態の負の主観的な影響打ち消す。このように神経調節物質生物学的機能一つは、感情恒常性維持する事であると考えられている。慢性的なストレス英語版)は、アロプレグナノロン減少アロプレグナノロンストレス応答性の変化精神疾患視床下部-下垂体-副腎軸調節障害などと関連していると言われている。 月経前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(PMDD)、産後うつ病(PPD)、産後精神病英語版)、無症候性てんかん等の様々な女性特有の症状には、月経周期妊娠中の抑制性神経ステロイド濃度変動重要な役割果たしていると考えられるまた、男女思春期女性更年期に起こる気分、不安、性欲変化にも、神経ステロイド濃度変化関与しているのではないか考えられている。 抑制性の神経ステロイド、すなわちアロプレグナノロン濃度上昇すると、ネガティブ気分、不安、苛立ち攻撃性等の逆説的な作用が生じる。これは、ベンゾジアゼピン系バルビツール酸系エタノール等の他のGABAA受容体陽性アロステリック調節因子同様に、これらの神経ステロイドが二相性のU字型作用を有する為と考えられる中程度濃度黄体期レベルにほぼ相当する総アロプロゲステロン1.5〜2nM/Lの範囲)ではGABAA受容体活性阻害し低濃度および高濃度では受容体活性促進する

※この「作用」の解説は、「神経ステロイド」の解説の一部です。
「作用」を含む「神経ステロイド」の記事については、「神経ステロイド」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/16 03:05 UTC 版)

指令 (EU)」の記事における「作用」の解説

指令対象となる加盟国のみを拘束するものであり、その対象国単独であったり、複数であったりする。ところが実際には、共通農業政策関連指令を除くと全加盟国指令対象となっている。

※この「作用」の解説は、「指令 (EU)」の解説の一部です。
「作用」を含む「指令 (EU)」の記事については、「指令 (EU)」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 08:34 UTC 版)

メラニン細胞刺激ホルモン」の記事における「作用」の解説

皮膚や髪のメラニン細胞チロシナーゼ活性化させ、メラニン合成促進する。α-MSH視床下部作用し食欲および性的興奮刺激する両生類 アフリカツメガエルなどの一部動物は、薄暗い環境MSH合成速度増加する。それにより、色素皮膚の色素細胞分散し体色暗くなることで捕食者から身を守る。この色素細胞黒色素胞呼ばれるため、両生類はしばし黒色素胞刺激ホルモンとも呼ばれるヒト MSHエストロゲンと共に妊娠中に増加し妊婦色素沈着引き起こす過剰な副腎皮質刺激ホルモン分泌起因するクッシング症候群は、色素沈着過剰引き起こすことがあるアジソン病患者多くは、日光頻繁に晒されていない領域を含む皮膚の黒ずみ色素沈着過剰)を持つ。

※この「作用」の解説は、「メラニン細胞刺激ホルモン」の解説の一部です。
「作用」を含む「メラニン細胞刺激ホルモン」の記事については、「メラニン細胞刺激ホルモン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 06:29 UTC 版)

「メタンフェタミン」の記事における「作用」の解説

メタンフェタミンは、血液脳関門易々と通り越して大脳中枢神経刺激し覚醒させる作用があるため、医療用途としてはうつ病精神病などの虚脱状態各種昏睡嗜眠状態などの改善回復用いられる小胞体ドーパミン貯蓄阻害してシナプス前細胞細胞質におけるドーパミン濃度上昇させると共に、ドーパミントランスポーターを逆流させることにより、神経終末からドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなどのアミン類遊離させ、間接的に神経興奮させる。さらに、モノアミン酸化酵素阻害作用によって、シナプス間隙におけるアミン類濃度上昇させる作用を併せ持つ。 メタンフェタミンの反復使用は、ドーパミントランスポーター (DAT) やドーパミンD1受容体減少させる抗生物質ミノサイクリンの前投与併用によって、DATの減少D1受容体減少抑えることができる。

※この「作用」の解説は、「メタンフェタミン」の解説の一部です。
「作用」を含む「メタンフェタミン」の記事については、「メタンフェタミン」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/26 22:37 UTC 版)

外毒素」の記事における「作用」の解説

細胞膜作用する毒素 細胞膜を貫く孔を形成する毒素リパーゼ活性をもつ毒素知られている。 蛋白質合成阻害する毒素 蛋白質合成阻害する毒素には赤痢菌ベロ毒素のようにN-グリコシターゼ活性をもつものとジフテリア毒素などのようなADPリボース化毒素知られている。N-グリコシターゼはリボソームRNAアデニン塩基リボース切断する酵素である。その結果アミノアシルtRNAリボソーム結合できなく蛋白質合成阻害となる。ADPリボース化とは蛋白質修飾反応のひとつである。補酵素であるNAD(ニコチンアミノアデニンジヌクレオチド)からADPリボース部分種々の蛋白質転移され、その蛋白質修飾される反応である。修飾をうける蛋白質にはG蛋白質EF-2アクチンなど様々である。 細胞内シグナル伝達障害する毒素 スーパー抗原となる毒素 加水分解酵素

※この「作用」の解説は、「外毒素」の解説の一部です。
「作用」を含む「外毒素」の記事については、「外毒素」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 02:40 UTC 版)

「3-キヌクリジニルベンジラート」の記事における「作用」の解説

人体への作用はアトロピン、スコポラミン、ヒヨスチアミンと他のデリリアント関連したグリコール酸抗コリン作用によるものである。 末梢神経作用 瞳孔散大、かすみ眼、口や皮膚の渇き最初心拍速くなり、その後は正常もしくは遅くなる中枢神経作用 幻覚昏睡物忘れ混乱などさまざまな意識障害運動失調症、失見当識

※この「作用」の解説は、「3-キヌクリジニルベンジラート」の解説の一部です。
「作用」を含む「3-キヌクリジニルベンジラート」の記事については、「3-キヌクリジニルベンジラート」の概要を参照ください。


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/04/26 15:09 UTC 版)

EcoRV」の記事における「作用」の解説

遺伝子中の 5'-GATATC-3' という6塩基配列認識し、TとAの間に切れ目入れ切り口平滑末端作り出すEcoRV切断パターン 切断前の配列 切断後の配列 5'-GATATC-3' 5'-GAT ATC-3' 3'-CTATAG-5' 3'-CTA TAG-5'

※この「作用」の解説は、「EcoRV」の解説の一部です。
「作用」を含む「EcoRV」の記事については、「EcoRV」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「作用」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

作用

出典:『Wiktionary』 (2021/10/22 14:07 UTC 版)

発音

名詞

(さよう)

  1. 他の物に影響を及ぼす働きをする事。また、その働き
  2. 生体が生をいとなむための働き
  3. (物理学) 二つ物体間において、一方他方に働く力。cf. 反作用
  4. (物理学) 物体や場に及ぼされる働き
  5. (物理学) エネルギー時間等し次元をもち、最小作用の原理適用される物理量作用量
  6. (数学) 代数系にその上変換写像集まり代数的構造として考え合わせたもの。
  7. (哲学) ブレンターノ心理学フッサールの現象学で、意識対象志向する能動的な働き意識作用。心的作用。

対義語

翻訳

動詞

活用

翻訳


「作用」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



作用と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「作用」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



作用のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの作用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのホスホリパーゼC (改訂履歴)、ラバール・ノズル (改訂履歴)、コレシストキニン (改訂履歴)、アスコクロリン (改訂履歴)、グリチルリチン酸二カリウム (改訂履歴)、ゼストスポンギンC (改訂履歴)、TaqI (改訂履歴)、チクロピジン (改訂履歴)、グリオトキシン (改訂履歴)、ウノプロストン (改訂履歴)、心房性ナトリウム利尿ペプチド (改訂履歴)、筋弛緩剤 (改訂履歴)、イノシトールトリスリン酸 (改訂履歴)、オウゴニン (改訂履歴)、WZWモデル (改訂履歴)、グルーブドタイヤ (改訂履歴)、ジクワット (改訂履歴)、カリフォルニア・ロケット (改訂履歴)、環状グアノシン一リン酸 (改訂履歴)、ベイリス効果 (改訂履歴)、ブナゾシン (改訂履歴)、抗ヒスタミン薬 (改訂履歴)、強心配糖体 (改訂履歴)、アグマチン (改訂履歴)、リクイリチン (改訂履歴)、脂質メディエーター (改訂履歴)、メチレンジオキシメタンフェタミン (改訂履歴)、内毒素 (改訂履歴)、血 (改訂履歴)、デヒドロエピアンドロステロン (改訂履歴)、オキシトシン (改訂履歴)、殺鼠剤 (改訂履歴)、ミトタン (改訂履歴)、ペタシン (改訂履歴)、レトロゾール (改訂履歴)、Na+/K+-ATPアーゼ (改訂履歴)、アクチビン (改訂履歴)、エチレフリン (改訂履歴)、メスカリン (改訂履歴)、ピプラドロール (改訂履歴)、レボドパ・カルビドパ (改訂履歴)、EcoRI (改訂履歴)、ハロプロギン (改訂履歴)、セルトリズマブ ペゴル (改訂履歴)、プロゲステロン (改訂履歴)、肩甲挙筋 (改訂履歴)、発色剤 (改訂履歴)、脳性ナトリウム利尿ペプチド (改訂履歴)、幻覚剤 (改訂履歴)、口蓋帆張筋 (改訂履歴)、マジックマッシュルーム (改訂履歴)、ジメチルトリプタミン (改訂履歴)、灸 (改訂履歴)、ε-アミノカプロン酸 (改訂履歴)、カンナビノイド (改訂履歴)、神経ステロイド (改訂履歴)、指令 (EU) (改訂履歴)、メラニン細胞刺激ホルモン (改訂履歴)、メタンフェタミン (改訂履歴)、外毒素 (改訂履歴)、3-キヌクリジニルベンジラート (改訂履歴)、EcoRV (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの作用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS