作用とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 作用 > 作用の意味・解説 

さ‐よう【作用】

[名](スル)

他のものに力を及ぼして影響与えること。また、その働き。「太陽熱植物の生育に作用する」「副作用」「相乗作用

生物生存していくための心身働き。「消化作用」「心理作用」

二つ物体の間で、一方他方加えた力。

フッサール現象学で、なんらかの対象志向する意識働き


さ‐よう【作用】

〔名〕

① (━する) あるものが他に影響与えるようにはたらくこと。また、そのはたらき。〔文明本節用集室町中)〕

江戸繁昌記(1832‐36)五「些少の作用、何ぞ一字を惜まん。却て是れ仏法多子なし」

坑夫(1908)〈夏目漱石〉「世の中には、妙な作用(サヨウ)を持ってる眼があるものだ」〔景徳伝燈録

力学で、二つ物体間に両者の力が働きあうとき、その一方の力。〔工学字彙(1886)〕

ブレンターノ心理学およびフッサール現象学で、意識作用がなにかの内容対象)に向かっている場合の、意識能動的な志向働きノエシス。〔哲学字彙(1881)〕


作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/14 01:19 UTC 版)

作用(さよう)は、一般にはある物が他の物に及ぼす何らかの影響・効果のこと。物理学数学で用いられる。分野によって、いくつかの異なる意味で用いられている。




「作用」の続きの解説一覧

作用

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 04:52 UTC 版)

名詞

さよう

  1. 他の物に影響を及ぼす働きをする事。また、その働き
  2. 一連働き

発音

さ↘よー

対義語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
作用-する

翻訳




作用と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「作用」の関連用語

作用のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



作用のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの作用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの作用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS