発芽とは?

はつ が [0] 【発芽】

( 名 ) スル
植物の花粉種子または胞子生長発生開始すること。 「種が-する」


発芽

作者戸田城聖

収載図書戸田城聖全集 第8巻 小説
出版社聖教新聞社
刊行年月1988.2


発芽

作者長谷川純子

収載図書発芽
出版社マガジンハウス
刊行年月2004.5


発芽

作者林守

収載図書酸性土壌
出版社徳孤書房
刊行年月2005.10


発芽

作者つくね乱

収載図書恐怖遺伝
出版社竹書房
刊行年月2008.12
シリーズ名竹書房文庫


発芽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/22 23:57 UTC 版)

発芽(はつが)とは、植物の種子むかごなどから芽が出ること、また、胞子花粉などが活動を始めることを指す用語である。似た用語に萌芽(ほうが)があるが、これは通常樹木の冬芽や切り株からの芽生えのことを指す。


  1. ^ a b 鈴木 (2003)、185頁。
  2. ^ a b c Leyser and Day (2003), p. 6.
  3. ^ a b 鈴木善弘「ナス種子の発芽に及ぼす Gibberellin の効果に関する研究 (2)」『福島大学学芸学部理科報告』第14巻、1964年、 48-54頁、 hdl:10270/1966
  4. ^ 鈴木 (2003)、82頁。
  5. ^ a b 鈴木 (2003)、85頁。
  6. ^ 鈴木 (2003)、89頁。
  7. ^ 岡崎光良、小河原公司、稲生美子「カラタチ種子 (Poncirus trifoliata Raf.) の発芽と貯蔵について」『岡山大学農学部学術報告』第24巻第1号、岡山大学農学部、1964年、 29-36頁。
  8. ^ a b c 鈴木 (2003)、84頁。
  9. ^ 鈴木 (2003)、241頁。
  10. ^ 鈴木 (2003)、238頁。
  11. ^ 鈴木 (2003)、236頁。
  12. ^ 鈴木 (2003)、101-103頁。
  13. ^ a b 鈴木 (2003)、94頁。
  14. ^ 鈴木 (2003)、97頁。
  15. ^ 鈴木 (2003)、98頁。
  16. ^ 鈴木 (2003)、99頁。
  17. ^ Suzuki, Y.; Saito, T. (1969). “Photo-, thermo- and chemical-induction in seed germination of Physalis Alkekengi”. The Science Reports of the Faculty of Education, Fukushima University (Fukushima University) 19: 37-46. hdl:10270/2203. 
  18. ^ a b c 鈴木 (2003)、189頁。
  19. ^ a b c 鈴木 (2003)、132頁。
  20. ^ a b 清和 (2009)、156頁。
  21. ^ 鈴木 (2003)、153頁。
  22. ^ a b 鈴木 (2003)、155頁。
  23. ^ 鈴木 (2003)、158頁。
  24. ^ a b 鈴木 (2003)、159頁。
  25. ^ 鈴木 (2003)、156-157頁。
  26. ^ a b 近藤哲也「ハマヒルガオ(Calystegia soldanella(L.)Roem.et Schult.)種子の硬実休眠と濃硫酸などによる休眠打破処理の効果」『日本緑化工学会誌』第26巻第1号、2000年、 28-35頁、 doi:10.7211/jjsrt.26.28
  27. ^ Leyser and Day (2003), p. 5.
  28. ^ a b 高橋成人種子の世界 -13-」『農業および園芸』第65巻第9号、1990年、 1047-1053頁。
  29. ^ a b 鈴木 (2003)、191頁。
  30. ^ 鈴木 (2003)、193頁。
  31. ^ a b 鈴木 (2003)、198頁。
  32. ^ Suzuki, Yoshihiro; Takahashi, Nobindo (1968). “Effects of After-Ripening and Gibberellic Acid on the Thermoinduction of Seed Germination in Solarium melongena”. Plant Cell Physiology 9 (4): 653-660. 
  33. ^ a b 鈴木 (2003)、201頁。
  34. ^ a b c d e 高橋成人「作物における種子の発芽—作物の形態と機能1—」『農業技術』第28巻第1号、1973年、 30-35頁。
  35. ^ a b 鈴木善弘、木本氏幹「ナス種子の発芽に関する研究」『福島大学学芸学部理科報告』第15巻、1965年、 42-57頁、 hdl:10270/3245
  36. ^ a b c d 木下尚子、嶋一徹、廣野正樹「山火事跡地における先駆木本類の発芽·定着特性」『日本緑化工学会誌』第30巻第1号、2004年、 336-339頁、 doi:10.7211/jjsrt.30.336
  37. ^ Rollin, P. (1972). Mitrakos, K.; Shropshire, W.. ed. Phytochrome. London and New York: Academic Press. pp. 229-254. 
  38. ^ a b c 鈴木 (2003)、204頁。
  39. ^ 藤伊正「光発芽の生理」『植物学雑誌』第77巻第910号、1964年、 146-154頁、 doi:10.15281/jplantres1887.77.146
  40. ^ 近藤頼巳「五〇 好光性種子竝に嫌光性種子の發芽に對する光の影響」『日本作物學會紀事』第8巻第4号、1936年、 611-612頁、 NAID 110001735885
  41. ^ 鈴木 (2003)、206頁。
  42. ^ 鈴木 (2003)、207頁。
  43. ^ 鈴木 (2003)、209頁。
  44. ^ 鈴木 (2003)、210頁。
  45. ^ Siegel, S. M.; Rosen, L. A. (1962). “Effects of Reduced Oxygen Tension on Germination and Seedling Growth”. Physiologia Plantarum 15 (3): 437-444. doi:10.1111/j.1399-3054.1962.tb08047.x. 
  46. ^ 鈴木 (2003)、217頁。
  47. ^ 鈴木 (2003)、218頁。
  48. ^ a b 深尾 (2009)、92頁。
  49. ^ 清和 (2009)、161頁。
  50. ^ 清和 (2009)、166頁。
  51. ^ 清和 (2009)、168頁。
  52. ^ 牛木純、赤坂舞子、手塚光明、石井俊雄「国内に発生する雑草イネの発芽様式および休眠性の特徴」『雑草研究』第53巻第3号、2007年、 128-133頁、 NAID 110006975925
  53. ^ 林田 (2009)、173頁。
  54. ^ 林田 (2009)、174頁。
  55. ^ 林田 (2009)、175頁。
  56. ^ 林田 (2009)、176頁。
  57. ^ 林田 (2009)、177頁。
  58. ^ a b 米山 (2009)、115頁。
  59. ^ 米山 (2009)、116頁。
  60. ^ 米山 (2009)、118頁。
  61. ^ 杉本幸裕、Abdelbagi M. Ali、渡辺美華、藪田純代、木下広美、稲永忍、板井章浩「根寄生雑草 Striga hermonthica の発芽戦略におけるエチレンの役割」『日本農薬学会大会講演要旨集』第28巻、2003年、 49頁、 NAID 110001800695
  62. ^ 丹野憲昭 『ヤマノイモ属植物の成長,特に休眠におけるジベレリンの作用』 (博士学位論文) 東北大学、1993年。hdl:10097/25344 
  63. ^ 木俣美樹男、山上真一、小林興「カシュウイモむかご(地上塊茎)の休眠について」『東京学芸大学紀要 第6部門、産業技術・家政』第27巻、1975年、 6-10頁、 hdl:2309/3961
  64. ^ a b Van Wijk, R. J. (1989). “Ecological studies on Potamogeton pectinatus L. III. Reproductive strategies and germination ecology”. Aquatic Botany 33: 271-299. 
  65. ^ Raven, Peter H.; Evert, Ray F.; Eichhorn, Susan E. (2005). Biology of Plants. New York: W. H. Freeman and Company. pp. 504-508. ISBN 0-7167-1007-2. 
  66. ^ a b 飛川光治「ナスの花粉発芽に及ぼす培養温度ならびに促成栽培における種子数、収量および果実外観に及ぼす日中加温の受粉の影響(栽培管理・作型)」『園芸学研究』第7巻第3号、2008年、 381-385頁、 doi:10.2503/hrj.7.381NAID 110006821432
  67. ^ Martin, Franklin W. (1972). In Vitro Measurement of Pollen Tube Growth Inhibition”. Plant Physiology 49 (6): 924-925. doi:10.1104/pp.49.6.924. PMC: 366081. PMID 16658085. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC366081/. 
  68. ^ Pfahler, Paul L. (1981). “In vitro germination characteristics of maize pollen to detect biological activity of environmental pollutants”. Environmental Health Perspectives 37: 125-132. doi:10.2307/3429260. JSTOR 3429260. PMC: 1568653. PMID 7460877. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1568653/. 
  69. ^ 飯塚正英、工藤暢宏、木村康夫、荻原勲「胚珠培養による Spiraea thunbergii Sieb. と Spiraea japonica L. との種間雑種の作出」『園芸学会雑誌』第70巻第6号、2001年、 767-773頁、 doi:10.2503/jjshs.70.767
  70. ^ 亀谷寿昭、日向康吉「Brassica 胚珠の試験管内受精」『育種學雜誌』第20巻第5号、1970年、 253-260頁、 doi:10.1270/jsbbs1951.20.253
  71. ^ 渡辺正夫「アブラナ科自家不和合性におけるS遺伝子座の分子遺伝学的解析 (PDF) 」 『平成14年度(第1回)日本農学進歩賞 受賞者講演要旨]』、農学会、2002年。
  72. ^ 平塚伸、渡辺学、河合義隆、前島勤、川村啓太郎、加藤尉行「ニホンナシに対するギ酸カルシウムの摘花作用」『園芸学会雑誌』第71巻第1号、2002年、 62-67頁、 doi:10.2503/jjshs.71.62
  73. ^ 井上勲『藻類30億年の自然史―藻類からみる生物進化・地球・環境』東海大学出版会、2007年、61頁。ISBN 978-4486017776
  74. ^ a b 坂卷義章 『シダ植物の物質生産に基づく成長の生理生態学的研究』 (博士学位論文) 早稲田大学、2005年。hdl:2065/3011 
  75. ^ 岩月善之助、水谷正美『原色日本蘚苔類図鑑』保育社〈保育社の原色図鑑〉、1972年、1頁。ISBN 4586300515
  76. ^ a b Weinberg, Eric S.; Voeller, Bruce R. (1969). “Induction of Fern Spore Germination”. Proceedings of the National Academy of Sciences 64: 835-842. 
  77. ^ a b Hartt, C. E. (1925). “Conditions for Germination of Spores of Onoclea sensibilis”. Botanical Gazette 79 (3): 427-440. 
  78. ^ a b c d e f g Heald, Fred de Forest (1898). “Conditions for the Germination of the Spores of Bryophytes and Pteridophytes”. Botanical Gazette 26 (1): 25-45. JSTOR 2464515. 
  79. ^ 中村厳、佐々木隆男「蘚類の培養に関する研究: I. カギバニワスギゴケ (Pogonatum inflexum) 胞子の発芽と糸状体の生長」『育種學雜誌』第14巻第3号、1964年、 198頁、 NAID 110001810741日本育種学会第25回講演会講演要旨。一般講演。
  80. ^ Nakayama, Takeshi (1997年). 18SrDNA phylogeny of the green algae with evaluation of morphological characters (Ph.D. thesis). University of Tsukuba. 
  81. ^ 藤村政隆 (PDF) 『褐藻 Pylaiella littoralis のミトコンドリア group II イントロンと Chlorella saccharophila と同定された緑藻 KS-1 株の分子系統解析』 (修士論文) 高知工科大学、2008年http://introking3.com/002ftp/33/ase4/1105118.pdf 
  82. ^ 吉田亜希菜、田中里志「シャジクモ類卵胞子化石から推定する古環境 (PDF) 」 『フォーラム理科教育』第10巻、2009年、 41-45頁。
  83. ^ a b c Kalin, Margarete; Smith, Martin P. (2007). “Germination of Chara vulgaris and Nitella flexilis oospores: What are the relevant factors triggering germination?”. Aquatic Botany 87: 235-241. 
  84. ^ Henderson (1961), p. 12.
  85. ^ Henderson (1961), p. 4.
  86. ^ a b 峯一朗「海藻類の多様な生活史とそこにみられる生物相互作用」『黒潮圏海洋科学研究科教材』2007年、 hdl:10126/316
  87. ^ 正置富太郎、藤田大介、秋岡英承「エゾイシゴロモ(紅藻サンゴモ科)上におけるマコンブの発芽について」『北海道大學水産學部研究彙報』第32巻第4号、1981年、 349-356頁、 hdl:2115/23772
  88. ^ a b c 内田卓志「室蘭産渦鞭毛藻 Scrippsiella trochoidea のシスト形成・発芽に及ぼす温度の影響 (PDF) 」 『南西海区水産研究所研究報告』第27巻、1994年、 243-249頁。
  89. ^ Hiroshi Yasumori (1990). “Effect of Low-temperature on Basidiospore Germination of Tricholoma matsutake”. Bulletin of Gumma Prefectural Women's College 10: 107-114. NAID 110001234215. 
  90. ^ 内藤繁男、杉本利哉「Thanatephorus cucumeris 担子胞子の発芽に及ぼす温度, 空気湿度および直射日光の影響 (昭和54年度 日本植物病理学会大会講演要旨)」『日本植物病理學會報』第45巻第4号、1979年、 523-524頁、 doi:10.3186/jjphytopath.45.515NAID 110002740112
  91. ^ a b c d e 太田明「マツタケの胞子の発芽と菌糸の特性」『森林科学』第53巻、2008年、 35-36頁、 NAID 110006792888
  92. ^ a b c 黒田久寅、熊野明美、岡本幸子「抗糸状菌剤に関する研究(I) : 糸状菌胞子発芽時の生理, 生化学的研究」『衛生化学』第10巻、1964年、 165-168頁、 NAID 110003643762
  93. ^ Sato, Norio (1994). “Effect of Water Temperature on Direct Germination of the Sporangia of Phytophthora infestans”. Annals of the Phytopathological Society of Japan 60 (2): 162-166. 
  94. ^ Sato, Norio (1994). “Effect of Some Inorganic Salts and Hydrogen Ion Concentration on Indirect Germination of the Sporangia of Phytophthora infestans”. Annals of the Phytopathological Society of Japan 60 (4): 441-447. 
  95. ^ a b c d e 森山龍一、昌山敦、加藤志郎、角田秀典「食品の変敗や食中毒の誘因となる細菌胞子の発芽に関わるリパーゼ」『生物機能開発研究所紀要』第8巻、中部大学、2008年、 47-52頁、 NDLJP:9283412
  96. ^ 小山・清和 (2009)、337頁。
  97. ^ 藤井義晴、渋谷知子、安田環「発芽・生育試験による雑草・作物からの他感作用植物の検索」『雑草研究』第35巻第4号、1990年、 362-370頁、 NAID 110003931707
  98. ^ a b 『植物工場ハンドブック』高辻正基、東海大学出版会、1997年、159頁。ISBN 978-4925085731
  99. ^ 沢口敦史、佐藤導謙「北海道中央部における春播コムギの初冬播栽培に関する研究: 適正播種量について(栽培)」『日本作物學會紀事』第70巻第4号、2001年、 505-509頁、 NAID 110001742417
  100. ^ 藤谷知子「除草剤クロルプロファムによる溶血性貧血と脾臓における病理学的変化の可逆性 (PDF) 」 『東京都健康安全研究センター研究年報』第55巻、2004年、 319-326頁。
  101. ^ 内野彰、山口誠之「ジクワット・パラコートがノビエ種子及び水稲種子の発芽後生育に及ぽす影響 (PDF) 」 『東北農業研究』第58号、2005年、 39-40頁。
  102. ^ 古原洋、内野彰、渡邊寛明「スルホニルウレア系除草剤抵抗性イヌホタルイ(Scirpus juncoides Roxb.var.oh wianus T.Koyama)の低温条件下での発芽」『雑草研究』第46巻第3号、2001年、 175-184頁、 doi:10.3719/weed.46.175NAID 110003930835
  103. ^ 冨永達「雑草のALS阻害剤抵抗性生物型の種子発芽特性」『雑草研究』第52巻第1号、2007年、 36-40頁、 doi:10.3719/weed.52.36NAID 110006242787
  104. ^ 市原実、和田明華、山下雅幸、澤田均、木田揚一、浅井元朗「帰化アサガオ類の種子は火炎放射およびその後の湛水処理で全滅する」『日本作物學會紀事』第53巻第2号、2008年、 41-47頁、 NAID 110006824906
  105. ^ Moore, John; Sandiford, Libby; Austen, Liz; Poulish, Grey (2006). “Controlling Gorse Seedbanks” (PDF). Fifteenth Australian Weeds Conference: 283-286. http://www.caws.org.au/awc/2006/awc200612831.pdf. 
  106. ^ 寄生雑草ストライガの生理生態学的特性の解析と防除戦略の構築 (PDF)”. アジア・アフリカ学術基盤形成事業 平成20年度 実施報告書. 2011年11月24日閲覧。
  107. ^ 前田智雄、前川健二郎、戸田雅美、大島千周、角田英男、鈴木卓、大澤勝次「ブロッコリースプラウトの生育およびポリフェノール含量に及ぼす補光光質の影響」『植物環境工学』第20巻第2号、2008年、 83-89頁。
  108. ^ 渡辺満、清水恒「ダッタンソバスプラウトのフラボノイド組成」『東北農業研究』第57巻、2004年、 267-268頁、 NAID 80017262648
  109. ^ a b 白川隆、我孫子和雄「野菜の実生幼苗における大腸菌の消長」『野菜茶業研究所研究報告』第4巻、2006年、 29-37頁。
  110. ^ 間野康男「発芽玄米の食品学的機能」『北海道文教大学研究紀要』第30巻、2006年、 37-44頁、 NAID 110004798488
  111. ^ 北本豊「食用・薬用きのこの育種にかかる最近の展開」『木材学会誌』第52巻第1号、2006年、 1-7頁、 doi:10.2488/jwrs.52.1NAID 10017179215
  112. ^ 石川輝、石井健一郎「有害有毒赤潮生物のシスト発芽研究における進展と将来展望 (これからの赤潮学)」『海洋と生物』第29巻第5号、2007年、 411-417頁。
  113. ^ a b 高川晋一、西廣淳、上杉龍士、後藤章、鷲谷いづみ「霞ヶ浦における土壌シードバンクからのアサザ個体群再生のための順応的な実践」『保全生態学研究』第14巻第1号、2009年、 109-117頁、 NAID 110007226008
  114. ^ 大貫真樹子、谷口伸二、小畑秀弘「表土シードバンクを吹付けに活用した施工事例-切土のり面における施工後2年3カ月の植生調査結果-」『日本緑化工学会誌』第30巻第3号、2005年、 586-588頁、 NAID 110002949670
  115. ^ 高見徹、丸山俊朗、鈴木祥広、三浦昭雄「海藻(スサビノリ殻胞子)を用いた生物検定における適切な暴露時間と判定指標の検討」『水環境学会誌』第22巻、1999年、 29-34頁、 doi:10.2965/jswe.22.29NAID 10004451495


「発芽」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「発芽」の関連用語

発芽のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



発芽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発芽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS