活性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 活性 > 活性の意味・解説 

かっ‐せい〔クワツ‐〕【活性】

読み方:かっせい

機能高く反応活発であること。物質原子分子高エネルギー態で化学反応などが起こりやすいこと。


活性化

(活性 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/19 05:33 UTC 版)

活性化(かっせいか、activation[1])とは、沈滞していた機能が活発にはたらくようになること[2]


  1. ^ プログレッシブ和英中辞典「活性化」
  2. ^ 広辞苑「活性化」
  3. ^ 方法として、[要出典]健康食品、音楽、音読、暗算、視覚刺激、笑いなどが挙げられる。


「活性化」の続きの解説一覧

活性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 07:14 UTC 版)

テロメラーゼ」の記事における「活性」の解説

テロメラーゼの活性については、生物・組織細胞の種類によって異なることが知られている真核単細胞生物例外なくテロメラーゼ活性を持ち真核多細胞生物では生殖細胞にはテロメラーゼ活性があるが体細胞での活性はさまざまである植物において調べられた殆どの体細胞テロメラーゼ活性があり、このことが株分けなど栄養生殖でほぼ無限に増殖できる不死性を持つ一因になっている考えられている。ヒトでは生殖細胞幹細胞外での活性がほとんど見られないが、同じ脊椎動物でも魚類・マウス・チンパンジーでは体細胞でのテロメラーゼ活性が観察されている。 ヒトでのテロメラーゼ構成要素発現をみると、RNA構成要素TERC体細胞でも発現しており、酵素活性触媒サブユニットTERT発現調節されている。ヒト培養細胞ゲノム中のTERT強制発現をさせることは困難であるが、人為的に別のプロモーター付加したTERT導入することにより細胞不死化を行うことができる。ヒトガン組織多くではテロメラーゼ大量に存在しており、ガン細胞不死化原因の一つ考えられている(一部ガン組織テロメラーゼ陰性)。また、生殖細胞個体を超え世代継続させる一種の不死性を持つが、テロメラーゼ恒常的に発現していることがその一因となっている。

※この「活性」の解説は、「テロメラーゼ」の解説の一部です。
「活性」を含む「テロメラーゼ」の記事については、「テロメラーゼ」の概要を参照ください。


活性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 10:16 UTC 版)

オカダ酸」の記事における「活性」の解説

P388細胞とL1210細胞に対するオカダ酸細胞毒性は、50%効果濃度 (EC50) で各々1.7 nM17 nMである。さらに、オカダ酸はプロテインセリン/スレオニンホスファターゼ1、2A、および2B強く阻害するオカダ酸のプロテインセリン/スレオニンホスファターゼに対する阻害活性は2A > 1 > 2Bの順に強い。なお、プロテインセリン/スレオニンホスファターゼ2A阻害におけるオカダ酸解離定数30 pMである。 また、オカダ酸TPA同等の強力な発がんプロモーター活性を示す

※この「活性」の解説は、「オカダ酸」の解説の一部です。
「活性」を含む「オカダ酸」の記事については、「オカダ酸」の概要を参照ください。


活性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 21:51 UTC 版)

エストラジオール」の記事における「活性」の解説

エストロゲンの中で最も強い生理活性持ち、その活性はエストロン2倍エストリオール10倍である。

※この「活性」の解説は、「エストラジオール」の解説の一部です。
「活性」を含む「エストラジオール」の記事については、「エストラジオール」の概要を参照ください。


活性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 23:42 UTC 版)

ナリジクス酸」の記事における「活性」の解説

ナリジクス酸他の多くのキノロン系抗菌剤と同じようにDNAジャイレース阻害することによって効果を発揮する。DNAジャイレース阻害されると、染色体中のDNA正常な二重らせん構造取れずDNAの複製転写阻害される。その結果細菌タンパク質合成できなくなり死に至る。 しかし、細菌ナリジクス酸に対する耐性獲得するスピード早かったため、現在ではやや時代遅れの薬剤である。アメリカでは他に毒性低く抗菌作用の高いニューキノロン系薬剤があるという理由から、すでに臨床利用されていないが、日本でも2017年11月をもって販売中止となった

※この「活性」の解説は、「ナリジクス酸」の解説の一部です。
「活性」を含む「ナリジクス酸」の記事については、「ナリジクス酸」の概要を参照ください。


活性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 07:46 UTC 版)

卵胞刺激ホルモン」の記事における「活性」の解説

男女両方FSH生殖細胞成熟刺激する女性ではエストロゲン産生刺激するまた、FSH卵胞成長と同時にインヒビンBの上昇、FSH水準低下開始させる。それは排卵へ進む最も発達した卵胞一つだけ選ぶために重要な様である。

※この「活性」の解説は、「卵胞刺激ホルモン」の解説の一部です。
「活性」を含む「卵胞刺激ホルモン」の記事については、「卵胞刺激ホルモン」の概要を参照ください。


活性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 07:46 UTC 版)

黄体形成ホルモン」の記事における「活性」の解説

男女両方LH性腺からの性ホルモン産生刺激する精巣ライディッヒ細胞LH反応してテストステロン産生一方卵巣の顆粒膜細胞ではFSH反応しエストロゲン産生される。 女性では月経周期途中LHサージ排卵開始誘起するLH排卵後の卵胞が、プロゲステロン分泌する黄体になることも誘引するLH水準通常子供の頃には低く女性では閉経後高くなる

※この「活性」の解説は、「黄体形成ホルモン」の解説の一部です。
「活性」を含む「黄体形成ホルモン」の記事については、「黄体形成ホルモン」の概要を参照ください。


活性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 01:15 UTC 版)

性腺刺激ホルモン放出ホルモン」の記事における「活性」の解説

GnRHの活性は子供のうちは非常に低い。繁殖年齢ではパルス活性は複数フィードバックによりコントロールされた順調な繁殖機能重大な意味をもつしかしながら妊娠するGnRH活性は要求されなくなる。パルス活性は視床下部下垂体どちらかでの不全(即ち視床下部抑制)または器官傷害外傷腫瘍)により乱されるプロラクチンの上昇によりGnRH活性は低下する対照的に高インスリン血症ではパルス活性を上昇させ、多嚢胞性卵巣症候群PCOS)で見られる様なLHFSHの活性の障害へ導く。GnRH形成カルマン症候群では先天的に存在しないドーパミンGnRH活性を低下させるらしい。

※この「活性」の解説は、「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」の解説の一部です。
「活性」を含む「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」の記事については、「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」の概要を参照ください。


活性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 15:58 UTC 版)

CTCF」の記事における「活性」の解説

CTCF結合は、下に示すように多くの影響を与えること示されている。それぞれの場合で、CTCF直接的に変化引き起こすのか、間接的に(特にループ形成によって)引き起こすのかは不明である

※この「活性」の解説は、「CTCF」の解説の一部です。
「活性」を含む「CTCF」の記事については、「CTCF」の概要を参照ください。


活性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 14:24 UTC 版)

アバメクチン」の記事における「活性」の解説

アバメクチンは、殺虫剤の他、殺ダニ剤や殺線虫としての活性も持つ。

※この「活性」の解説は、「アバメクチン」の解説の一部です。
「活性」を含む「アバメクチン」の記事については、「アバメクチン」の概要を参照ください。


活性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 09:43 UTC 版)

Taqポリメラーゼ」の記事における「活性」の解説

pH 7.5 - 9.5、温度72で高い酵素活性を示すDNA複製反応にはマグネシウムイオンが必須であり、一般的に2 mM 程度塩化マグネシウム含まれる緩衝液中で複製反応を行う。カリウムイオン酵素活性高めることが知られており、50 mM 程度塩化カリウム緩衝液に加えことがあるが、75 mM 以上の塩化カリウム溶液酵素活性阻害する塩化ナトリウムや、0.02 % キシレンシアノールは活性を阻害しない。最適条件では、1秒間に30-100塩基複製を行う。Taqポリメラーゼ至適温度7580℃と言われており、半減期は92.5では2時間95では40分、97.5では9分である。また7210秒間酵素活性調べた結果1000 bpDNA増幅する事ができる事分かっている

※この「活性」の解説は、「Taqポリメラーゼ」の解説の一部です。
「活性」を含む「Taqポリメラーゼ」の記事については、「Taqポリメラーゼ」の概要を参照ください。


活性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 08:31 UTC 版)

形成性操作タンパク質」の記事における「活性」の解説

リグナン生合成において、酸化酵素水素原子プロトン共役電子移動によってモノリグノールから水素原子取り除きラジカル中間体形成するこれらの中間体次にラジカル停止反応に連結しリグナンとして知られる様々な二量体の中の一つ形成する酸化酵素存在下でのコニフェリルアルコール一般的なモノリグノール)のin vitro反応では、様々な濃度の様々な異な二量体得られるForsythia × intermedia由来形成性操作タンパク質存在すると、(+)-ピノレシノール生成著しく強化されその他の生成物極めて少なくなる。この強化が非常に明白なため、形成性操作タンパク質は (+)-ピノレシノールのみを生産し様々な不均一混合物生成するタンパク質介在しない連結反応競合している、との仮説立てられている。これは、異な濃度形成性操作タンパク質存在下で生成する様々な混合物分析することによって確かめられている。この立体選択性達成される機構現時点でよく分かっていないしかしながら酸化酵素なければ反応進行しないため、形成性操作タンパク質自身はラジカル形成するためのコニフェリルアルコール酸化触媒ないように見えるForsythia intermedia由来形成性操作タンパク質の活性はコニフェリルアルコール特異的である。p-クマリルアルコールシナピルアルコールといったその他のモノリグノール形成性操作タンパク質存在下で酸化酵素in vitro反応した場合形成性操作タンパク質非存在下での実験区別できない生成物不均一な混合物与える。

※この「活性」の解説は、「形成性操作タンパク質」の解説の一部です。
「活性」を含む「形成性操作タンパク質」の記事については、「形成性操作タンパク質」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「活性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

活性

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 07:07 UTC 版)

名詞

 かっせい

  1. 化学物質化学反応起こしやすいこと。
  2. 生物学、医学生体内における特定の生化学的機能働き

発音(?)

か↗っせー

派生語


「活性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



活性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

活性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



活性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの活性化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのテロメラーゼ (改訂履歴)、オカダ酸 (改訂履歴)、エストラジオール (改訂履歴)、ナリジクス酸 (改訂履歴)、卵胞刺激ホルモン (改訂履歴)、黄体形成ホルモン (改訂履歴)、性腺刺激ホルモン放出ホルモン (改訂履歴)、CTCF (改訂履歴)、アバメクチン (改訂履歴)、Taqポリメラーゼ (改訂履歴)、形成性操作タンパク質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの活性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS