林業とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 林業 > 林業の意味・解説 

りん‐ぎょう〔‐ゲフ〕【林業】

森林育成保護して、主に木材生産する産業山菜採取木炭製造なども含む。


林業

分類日本標準産業分類(平成19年[2007年]11月改定) > 農業,林業 > 林業
説明総   説
 この中分類には,山林苗木育成植栽林木保育保護林木からの素材生産及び木炭製造樹脂樹皮,その他の林産物採集及び林業に直接関係するサービス業並びに野生動物狩猟などを行う事業所分類される。
 昆虫類,へびなどの採捕を行う事業所本分類に含まれる

林業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/11 07:30 UTC 版)

林業(りんぎょう、:forestry)とは、山林で経済的利用を目的として樹木を伐採木材林産物)を生産する産業である。また、林木を植林、育成、管理し林産物を生産する産業である。第一次産業の一つ。




  1. ^ 林野庁 (2012). 平成 24 年度森林及び林業の動向 (Report). https://www.rinya.maff.go.jp/j/kikaku/hakusyo/24hakusyo/pdf/14hon4-1.pdf. 
  2. ^ a b c d 森林・林業白書”. 林野庁. 2020年9月15日閲覧。
  3. ^ 第 IV 章 木材産業と木材利用:林野庁” (日本語). www.rinya.maff.go.jp. 2018年4月23日閲覧。
  4. ^ 農林家経営動向調査の概要”. 農林水産省. 2020年9月15日閲覧。
  5. ^ 特用林産物とは”. 山梨県森林環境部林業振興課. 2020年9月15日閲覧。
  6. ^ 小山五十三 「主な特用勵需要と栽培動向」 『林業技術』 日本林業技術協会、1982年http://www.jafta-library.com/pdf/mri486.pdf 
  7. ^ 主な特用林産物”. 日本特用林産振興会. 2020年9月15日閲覧。
  8. ^ 北海道の特用林産物について”. 北海道水産林務部林務局林業木材課流通加工グループ. 2020年9月15日閲覧。
  9. ^ 林業の循環 100年の計必要 新島俊哉氏 日本経済新聞 電子版 2017/7/3 2:30
  10. ^ 林業遺産”. 日本森林学会. 2019年6月5日閲覧。


「林業」の続きの解説一覧

林業

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 00:57 UTC 版)

名詞

りんぎょう

  1. 森林育成管理し、主として樹木伐採売却することにより成立する産業第一次産業分類される。

翻訳


Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




林業と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「林業」の関連用語

林業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



林業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
総務省総務省
Copyright(c)2021 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの林業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの林業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS