伐採とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 伐採 > 伐採の意味・解説 

ばっ‐さい【伐採】

読み方:ばっさい

[名](スル)山林などの樹木切り出すこと。「大木を—する」


伐採

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 02:53 UTC 版)

伐採(ばっさい)は、森林を伐り倒すことであり、通常は丸太を生産する行為をいう。林業における伐採の種類には主伐(しゅばつ)、間伐(かんばつ)、除伐(じょばつ)、皆伐(かいばつ)、択伐(たくばつ)がある。


  1. ^ a b c 山で働く”. 熊本県総合博物館ネットワーク・ポータルサイト. 2019年11月2日閲覧。
  2. ^ ハーベスタ(伐倒・枝払い・玉切り・集積)[リンク切れ]林野庁ホームページ
  3. ^ 但し、日本における現状は、高度成長期に需要を見込まれて植林されたものの、木材以外の材料へのシフト、安価な輸入木材の普及などの事情変化から国内森林の経済的価値が低下し、間伐されていない所も多いようである。収入を得る目的というよりは、環境保全、土砂災害防止など已むにやまれぬ間伐をしている所もある。また、費用面から間伐材を運び出せず、山にそのまま放置していることもある。
  4. ^ 森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法 林野庁ホームページ(2021年6月23日閲覧)


「伐採」の続きの解説一覧

伐採

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/18 16:28 UTC 版)

ヴァナ・ディールの冒険者の生活」の記事における「伐採」の解説

Logging Point」にまさかり使用することで、木材を伐採可能。

※この「伐採」の解説は、「ヴァナ・ディールの冒険者の生活」の解説の一部です。
「伐採」を含む「ヴァナ・ディールの冒険者の生活」の記事については、「ヴァナ・ディールの冒険者の生活」の概要を参照ください。


伐採

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 03:51 UTC 版)

アカディ半島」の記事における「伐採」の解説

伐採は19世紀初頭背景地で始まったが、木の種類泥炭地火事頻度などの理由から、実際には発展しなかった。

※この「伐採」の解説は、「アカディ半島」の解説の一部です。
「伐採」を含む「アカディ半島」の記事については、「アカディ半島」の概要を参照ください。


伐採

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 23:36 UTC 版)

プロメテウス (木)」の記事における「伐採」の解説

1950年代年輪年代学研究者らは、最も長く生きている木を見つけ出そうと活発な調査行なったというのもそうした年輪分析様々な研究目的応用可能だからであり、具体的に過去の気候評価考古遺跡年代測定、そして生命潜在的に持つ最大寿命いかほどかという基本的な科学的問題に対す取り組みといったもの挙げられる。エドワード・シュルマンは、カリフォルニアホワイトマウンテンズ生えているものに限らず、ブリスルコーンパインは知られている限りで最も長く生きるであることを発見したこれによりシュルマン1957年に4700歳以上と見積もったメトシェラより長寿の、ブリスルコーンパインの古樹発見しようという興味一気掻き立てられた。 ドナルド・ラスク・カリー(英語版)は当時ノースカロライナ大学チャペルヒル校大学院生で、年輪年代学小氷期気候変化研究していた。1963年彼はスネーク・レンジにおけるブリスルコーンの個体群全般、特にホイーラー・ピークのものに着目するようになったいくつかの木のサイズ成長速度成長形態から、彼はその山には非常の樹齢の長い標本あること確信する至りいくつかの木からコア・サンプルを採り、それらが樹齢3000年を超えることを発見した。しかし WPN-114 からは他のと同じようにコア・サンプルを得ることができなかった。ここから、話が食い違ってくる。コア・サンプルを採る代わりに木を伐り倒し輪切りにしたのは、カリーがそう望んだからか、森林局の職員がそう勧めたからかは明らかでない。またコア・サンプルを得られなかった理由はっきりしない一説には、唯一の長いボーリング機を壊してしまい(あるいは抜けなくなってしまい)、その調査期間末まで代わり調達できなかったのだという。他にも、2個あったボーリング機を両方壊してしまったとか、コア・サンプルを採るのが難しすぎたとか、コア・サンプルだけでは木の輪切りほど決定的な情報得られないからといった話が出されている。 加えて、ホイーラー・ピークのにおいてプロメテウスどれだけ目立っていたかについても見解分かれている。伐採を決めたカリー森林局の職員は、プロメテウスその森に数多くあった大きな古樹一本に過ぎなかったと断言している。しかし伐採の決定実行関わった者のうち少なくとも一人は、プロメテウス目に見え独特で、その一帯他の木よりも明らかに古かった確信している関係者少なくとも一人言うところには、カリー当時はそれを認めており(カリー自身は否定しているが)、他のメンバーらは、外見判断する限りプロメテウスは他より明らかにとても古い木だと議論していたそうである。 他にも不明瞭な点として、カリー研究領域考えると、このような古樹をなぜ伐り倒す必要があったのかという事がある。小氷期始まったのは高々600年前であり、彼はその期間に関していくらでも他の多くの木からデータを得ることができたであろう。しかし1965年の『Ecology』誌に掲載されたカリーの原報 (original report) において、彼は小氷期紀元前2000年から現代までとし、現在受け入れられている説よりはるかに長い期間を設定している。これが当時主流の説だったかどうかは不明である。この論文で、カリーは木を伐り倒し理由として小氷期研究有用であるという点に加えて、(年輪年代学者らが議論してたようにこれほど長寿のブリスルコーンパインはカリフォルニアホワイトマウンテンズに限って見られるものなのか調べたかったという点を挙げたともあれ理由何であれプロメテウス1964年8月伐り倒されて輪切りにされ、まずはカリーが、後年には他の研究者らがそれらのいくつか持ち出して調査した最終的に輪切りやその欠片様々な所に落ち着き、それには例えグレートベースン国立公園ビジター・センター、イーリー・コンベンション・センター(ネバダ州イーリー英語版))アリゾナ大学年輪研究所アリゾナ州ツーソン)、合衆国森林局の森林遺伝学研究所カリフォルニア州プラサービル)など、一般に公開された施設もある。

※この「伐採」の解説は、「プロメテウス (木)」の解説の一部です。
「伐採」を含む「プロメテウス (木)」の記事については、「プロメテウス (木)」の概要を参照ください。


伐採

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 15:06 UTC 版)

屋久杉」の記事における「伐採」の解説

1560年大隅正八幡宮鹿児島神宮)の改築にあたって屋久島からスギ・ヒノキ材が運ばれたことが同神宮石碑記されている。これが記録に残る初の屋久杉の伐採利用である。 また1587年九州制圧後、石田三成島津義久命じて屋久島木材資源量調査行っており、1590年頃に小豆島大型船11隻が京都方広寺大仏殿造営のための屋久杉材を大阪運んだとされる江戸時代入り屋久島出身薩摩藩仕えていた日蓮宗の僧で儒学者の泊如竹が屋久島島民貧困目にして屋久杉の伐採を島津家献策したとされ、1640年頃から山岳部奥地本格的な伐採が始まった屋久杉船材建築材など様々な形製品化されたが、多く平木呼ばれる屋根材加工され出荷された。屋久杉薩摩藩により専売制のもとにおかれて販売独占された。島民薩摩藩年貢として主に平木納め、またそれ以外の様々な産物平木換算して石高計算され、いわば「平木本位制」ともいうべき経済統制おこなわれたまた、年貢割り当て分以外の屋久杉は、米その他の品物と交換される形で薩摩藩買い上げられ、島民収益となった明治時代1873年地租改正で島の90%以上が国有地とされ、島民による伐採が制限された。これを不服とし屋久島側が国有林払い戻し返却)を求めて裁判を起こす敗訴した。しかしこれによる島の経済的困窮問題となり、1921年山林鹿児島大林区署によって「屋久島国有林経営大綱」が発令された。大綱内容次の4点前岳部分地元利益になるよう取り扱薪炭林利用可能にする 伐採・造林には地元就業誘導しトリモチ原木ヤマグルマ供給努める 国が林道建設屋久島一周道路費用負担をする 判決国有林化が決定し屋久杉伐採は本格的に開始される2001年各種の保護区以外の国有林では伐採可能な林分を切り尽くし天然屋久杉伐採は終了した

※この「伐採」の解説は、「屋久杉」の解説の一部です。
「伐採」を含む「屋久杉」の記事については、「屋久杉」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「伐採」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「伐採」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



伐採と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

伐採のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



伐採のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伐採 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴァナ・ディールの冒険者の生活 (改訂履歴)、アカディ半島 (改訂履歴)、プロメテウス (木) (改訂履歴)、屋久杉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS