クマとは? わかりやすく解説

くま【熊】

読み方:くま

食肉目クマ科哺乳類総称全般に大形で、がっしりした体格をし、足の裏をかかとまで地面につけて歩く。ヨーロッパ・アジア・北アメリカおよび南アメリカ北部分布し、ホッキョクグマ・マレーグマなど7種があり、多く亜種知られる日本にはヒグマ・ツキノワグマがすむ。《 冬》「餌を欲りて大きなとなって立ち/汀女」

立ち見席前に設けられ鉄柵に寄る姿が、(おり)の中の熊に似ているところから》劇場立ち見する人。

動植物の上付き接頭語的に用いて)強い、大きいなどの意を表す。「—(くまぜみ)」「—(くまばち)」

[補説] 曲名別項。→熊


くま【熊】


くま【球磨】

読み方:くま

熊本県南東部の郡。また、その一帯占め地域名宮崎鹿児島両県に接す山間地。


くま【×隈/曲/×阿】

読み方:くま

曲がって入り込んだ所。また、奥まった所。もののすみ。片隅。「川の—」

「光到らぬ—もなし」〈樗牛滝口入道

物陰になっている暗がり陰になった所。

停車場(ステーシヨン)前の夜の—に、四五朦朧と寂しく並んだ車」〈鏡花歌行灯

(「暈」とも書く)色の濃い部分淡い部分、あるいは、光と陰とが接す部分また、色の濃い部分。「目の下に—ができる」

夕暮れの空の濃い—をいろどっている天王寺のあたりを」〈田村俊子木乃伊の口紅

隠していること。心に秘めた考え秘密

「人の心の—は映すべき鏡なければ」〈樗牛滝口入道

隈取り」の略。

十分でない部分欠点

その事ぞとおぼゆる—なく」〈源・浮舟

へんぴな所。片田舎

山里めいたる—などに」〈源・橋姫


ジクマロール

分子式C19H12O6
その他の名称ジクマリン、ジクモール、ズファロン、メリトキシン、ジクマロール、Dicumol、Dufalone、Dicumarol、Melitoxin、Dicoumarin、Dicoumarol、3,3'-Methylenebis(4-hydroxy-2H-1-benzopyran-2-one)、Bishydroxycoumarin、ビスヒドロキシクマリン、アカジル、クマ、バラクミン、アンチトロンボシン、アカビル、Kumoran、Dicumarine、Dicumaol R、Dicuman、Cumid、Cuma、Antitrombosin、Baracoumin、Acavyl、Acadyl、トロンボサン、テンパリン、クモランクミド、ジクマン、Temparin、Trombosan、3,3'-Methylenebis(4-hydroxycoumarin)
体系名:3,3'-メチレンビス(4-ヒドロキシ-3-クロメン-2-オン)、3,3'-メチレンビス(4-ヒドロキシクマリン)、3,3'-メチレンビス(4-ヒドロキシ-2H-1-ベンゾピラン-2-オン)


クマ 【熊】

ネコ目クマ科哺乳類総称。クマは猟として昔から人間生活と関係深く欧州旧石器時代遺跡から骨が出、洞窟壁画に絵があり、土偶出土する日本でも様)アラスカシベリア地方ではクマを神聖視し、供犠祭りをするが、アイヌ熊祭も同じである。日本では、「山の親父」と呼ぶが、インド-ヨーロッパ語系で「おじいちゃん」と呼ぶ所がある。神話・伝説民話なかでも星・月、または生殖に関して登場する北欧凶暴戦士を「熊皮着た者」と呼ぶ所があるが、たくまし成長霊として信仰する所もある。ゲルマン人は熊の歯や爪を幸運御守とし、星座大熊座小熊座には各民族由来話がある。とのつながりの話もあり、日本でも福井県大野郡に、熊が高僧清水の場所を教えたとする「熊清水」の話がある。民話では遅鈍動物として語られることが多い。→ 熊祭

クマ

作者志賀直哉

収載図書志賀直哉短篇集
出版社岩波書店
刊行年月1989.5

収載図書小僧の神様
出版社講談社
刊行年月1993.4
シリーズ名講談社 青い鳥文庫


クマ

収載図書はいいろ童話集
出版社東京創元社
刊行年月2008.9
シリーズ名アンドルー・ラング世界童話集


読み方:クマ(kuma

クマ科動物総称


クマ

読み方:くま

  1. 火口ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・埼玉県
  2. 火口ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・愛知県

分類 埼玉県愛知県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:クマ(kuma

冬ごもりをする、雑食性クマ科動物

季節

分類 動物


久万

読み方:クマ(kuma

所在 愛媛県上浮穴郡久万高原町


読み方:クマ(kuma

所在 福島県双葉郡大熊町


読み方:クマ(kuma

所在 静岡県浜松市


読み方:クマ(kuma

所在 大分県宇佐市


読み方:クマ(kuma

所在 福岡県筑紫野市


読み方:クマ(kuma

所在 大分県日田市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

クマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/07 06:24 UTC 版)

クマ(熊)は、哺乳綱食肉目クマ科(クマか、Ursidae)の構成種の総称[注 1]


注釈

  1. ^ 類縁関係が比較的薄いジャイアントパンダ亜科は除くこともある。
  2. ^ ホッキョクグマは生息環境から例外的に視力も高い[7]

出典

  1. ^ Appendices I, II and III<http://www.cites.org/>(accessed Oct 21, 2015)
  2. ^ Richard H. Tedford, “Relationship of Pinnipeds to Other Carnivores (Mammalia),” Systematic Biology, Volume 25, Issue 4, Society of Systematic Zoology, 1976, Pages 363–374.
  3. ^ a b c Malcolm C. McKenna & Susan K. Bell, “Parvorder Ursida,” Classification of Mammals: Above the Species Level, Columbia University Press, 1997, Pages 247-260.
  4. ^ a b c W. Christopher Wozencraft, "Family Ursidae," Mammal Species of the World, (3rd ed.), Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, p. 586-590.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m Fred Bunnell 「クマ科」渡辺弘之訳『動物大百科1 食肉類』今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編、平凡社、1986年、98-99頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 川口幸男 「クマ科の分類」『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、70-77頁。
  7. ^ 『ナショナルジオグラフィック 最強の捕食者たちホッキョクグマ編』より。[要文献特定詳細情報]
  8. ^ a b c d e f 中里竜二 「パンダ科の分類」『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、67-68頁。
  9. ^ ツキノワグマの外部形態の成長パターンとその特徴 著:中村幸子、横山真弓、片山敦司、森光由樹、斎田栄里奈 発行元:兵庫県森林動物研究センター、誌名:兵庫ワイルドライフモノグラフ3号 発行年月:2011年3月、p.107-116、
  10. ^ 新着情報: 血液を用いてヒグマの年齢が推定可能に!~クマ類の生態学的研究や保護管理への貢献に期待~(獣医学研究院 准教授 下鶴倫人)”. 北海道大学. 2023年11月27日閲覧。
  11. ^ 遠藤秀紀・佐々木基樹「哺乳類分類における高次群の和名について」『日本野生動物医学会誌』第6巻 2号、日本野生動物医学会、2001年、45-53頁。
  12. ^ Connor J. Burgin, Jane Widness & Nathan S. Upham, “Introduction”, In: Connor J. Burgin, Don E. Wilson, Russell A. Mittermeier, Anthony B. Rylands, Thomas E. Lacher & Wes Sechrest (eds.), Illustrated Checklist of the Mammals of the World, Volume 1, Lynx Edicions, 2020, Pages 23-40.
  13. ^ a b 江木直子・荻野慎諧・高井正成「ミャンマー中部の新第三系イラワジ動物相:食肉目」『化石』第104巻、日本古生物学会、2018年、21-33頁。 
  14. ^ a b 今泉吉典「食肉目総論」、今泉吉典 監修『世界の動物 分類と飼育 2 (食肉目)』東京動物園協会、1991年、10-21頁。
  15. ^ 佐藤淳・Mieczyslaw Wolsan「レッサーパンダ(Ailurus fulgens)の進化的由来」『哺乳類科学』52巻 1号、日本哺乳類学会、2012年、23-40頁。
  16. ^ Flynn, J. J.; Finarelli, J. A.; Zehr, S.; Hsu, J.; Nedbal, M. A. (2005). “Molecular phylogeny of the Carnivora (Mammalia): Assessing the impact of increased sampling on resolving enigmatic relationships”. Systematic Biology 54 (2): 317–37. doi:10.1080/10635150590923326. PMID 16012099. 
  17. ^ Yu, Li; Li, Yi-Wei; Ryder, Oliver A.; Zhang, Ya-Ping (2007). “Analysis of complete mitochondrial genome sequences increases phylogenetic resolution of bears (Ursidae), a mammalian family that experienced rapid speciation”. BMC Evolutionary Biology 7 (198): 198. doi:10.1186/1471-2148-7-198. PMC 2151078. PMID 17956639. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2151078/. 
  18. ^ 南極に「ナンキョクグマ」はなぜいないのか? - GIGAZINE”. gigazine.net (2022年4月30日). 2023年10月25日閲覧。
  19. ^ 特定鳥獣保護・管理計画作成のためのガイドライン(クマ類編)改定版 環境省、作成:2022(令和 4)年 3 月
  20. ^ 坪田敏男・山崎晃司 編『日本のクマ ヒグマとツキノワグマの生物学』、東京大学出版会、2011年、9-10頁。 
  21. ^ a b Anon (2010). Mammal Anatomy: An Illustrated Guide. Marshall Cavendish. pp. 104–123. ISBN 978-0-7614-7882-9. https://books.google.com/books?id=mTPI_d9fyLAC&pg=PA104 
  22. ^ クマ対策の徹底を サイト:林野庁
  23. ^ 日本放送協会. “埼玉 秩父 クマの目撃急増!子どもに鈴配る 専門家に聞く注意点は?”. NHKさいたま放送局. 2023年10月25日閲覧。
  24. ^ 胎内市/ツキノワグマによる人身被害を防ぐために”. www.city.tainai.niigata.jp. 2023年10月25日閲覧。
  25. ^ クマ類の出没対応マニュアル 著:環境省自然環境局 作成日:令和 3(2021)年 3月
  26. ^ a b 札幌市. “ヒグマの生態・習性”. 札幌市. 2023年10月25日閲覧。
  27. ^ クマが木で背中をこするのは「痒い」からではなく「怖い」から?”. www.afpbb.com (2007年9月6日). 2023年11月10日閲覧。
  28. ^ ヒグマクイズ「背こすり行動」(2023年6月)”. のぼりべつクマ牧場. 2023年11月11日閲覧。
  29. ^ a b 喜和, 佐藤; 智彰, 戸梶; 智里, 上石 (2007). “ヒグマの背擦り行動に伴う樹木被害と樹木の選択性”. 樹木医学研究 11 (4): 218–219. doi:10.18938/treeforesthealth.11.4_218. https://www.jstage.jst.go.jp/article/treeforesthealth/11/4/11_KJ00006675912/_article/-char/ja/. 
  30. ^ クマ出没に注意 - 福島県ホームページ”. www.pref.fukushima.lg.jp. 2023年10月23日閲覧。
  31. ^ Fisher, W. A. (2008年1月4日). “Feeding Sign” (英語). North American Bear Center. 2023年10月23日閲覧。
  32. ^ 徹, 大井 (2020). “ツキノワグマによる樹木への被害と対策”. 樹木医学研究 24 (2): 134–141. doi:10.18938/treeforesthealth.24.2_134. https://www.jstage.jst.go.jp/article/treeforesthealth/24/2/24_134/_article/-char/ja/. 
  33. ^ クマの雄同士が取っ組み合い”. natgeo.nikkeibp.co.jp. 2023年10月25日閲覧。
  34. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2016年10月20日). “ヒグマ襲われ死ぬ 秋田の熊牧場、仲間とけんか”. 産経ニュース. 2023年10月25日閲覧。
  35. ^ かつらぎ町 公式サイト”. かつらぎ町 公式サイト. 2023年10月25日閲覧。
  36. ^ クマの能力と食欲をあなどらない。 長野県
  37. ^ 出会わないために|知床財団”. 知床財団. 2023年11月3日閲覧。
  38. ^ 餌を与えればクマの被害を防止できる?”. natgeo.nikkeibp.co.jp. 2023年10月25日閲覧。
  39. ^ III クマ類に遭遇した際にとるべき行動 サイト:環境省
  40. ^ a b c d 坪田, 敏男「クマ類の冬眠 : 繁殖との関係」2023年3月20日、doi:10.14943/lowtemsci.81.173 
  41. ^ 充功, 宮﨑 (2022). “冬眠動物における骨格筋萎縮耐性獲得機構の探索”. 体力科学 71 (1): 102–102. doi:10.7600/jspfsm.71.102. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspfsm/71/1/71_102/_article/-char/ja/. 
  42. ^ WWFジャパン (2024年2月16日). “シリーズ:クマの保護管理を考える(7)クマの冬眠の謎にせまる”. WWFジャパン. 2024年2月17日閲覧。
  43. ^ WWFジャパン (2024年1月24日). “冬眠穴を探せ!四国ツキノワグマ追跡調査 続報”. WWFジャパン. 2024年1月24日閲覧。
  44. ^ a b c クマ出没がこの5年間で最多 冬眠はいつから?”. ウェザーニュース. 2024年1月24日閲覧。
  45. ^ 札幌市. “エゾヒグマの生態と野生動物との共存について”. 札幌市. 2024年1月24日閲覧。
  46. ^ 熊蟄穴(くまあなにこもる)”. 熊蟄穴(くまあなにこもる) (2021年12月12日). 2024年1月24日閲覧。
  47. ^ 七十二候「熊蟄穴」 熊は冬眠中…でも油断大敵”. ウェザーニュース. 2024年1月24日閲覧。
  48. ^ ヒグマの冬眠(11月16日・17日実施)”. 2024年1月24日閲覧。
  49. ^ 日本放送協会. “クマ目撃12月では過去最多 原因はエサ不足か 注意呼びかけ|NHK 宮城のニュース”. NHK NEWS WEB. 2024年2月17日閲覧。
  50. ^ 暖冬でクマ冬眠できず? 東北、1月の目撃相次ぐ”. 日本経済新聞 (2020年1月20日). 2024年2月17日閲覧。
  51. ^ 「穴持たず」?真冬のヒグマ対策は 知床財団・山中正実さんに聞いた:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2024年1月19日). 2024年2月17日閲覧。
  52. ^ 札幌市. “エゾヒグマの生態と野生動物との共存について”. 札幌市. 2023年10月25日閲覧。
  53. ^ 基礎生物学研究所、ほ乳類胚の胚が発生を一旦止める機構について発表”. 日本経済新聞 (2019年4月8日). 2023年10月25日閲覧。
  54. ^ 子供も殺して食べる!? 厳しいクマの生活を首輪カメラで撮影!”. ナゾロジー (2023年1月9日). 2023年6月16日閲覧。
  55. ^ <デジタル発>ヒグマの「子殺し」道内で初確認 雄が別の雄の子襲う 北大クマ研、ふんから爪や歯発見 雌の発情促す:北海道新聞デジタル”. 北海道新聞デジタル. 2023年6月16日閲覧。
  56. ^ Bellemain, Eva; Swenson, Jon E.; Taberlet, Pierre (2006-03). “Mating Strategies in Relation to Sexually Selected Infanticide in a Non-Social Carnivore: the Brown Bear.” (英語). Ethology 112 (3): 238–246. doi:10.1111/j.1439-0310.2006.01152.x. ISSN 0179-1613. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1439-0310.2006.01152.x. 
  57. ^ 発情期の雄から子ども守る母熊、人を盾に 研究”. www.afpbb.com (2016年6月22日). 2023年6月16日閲覧。
  58. ^ Steyaert, S. M. J. G.; Leclerc, M.; Pelletier, F.; Kindberg, J.; Brunberg, S.; Swenson, J. E.; Zedrosser, A. (2016-06-29). “Human shields mediate sexual conflict in a top predator” (英語). Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences 283 (1833): 20160906. doi:10.1098/rspb.2016.0906. ISSN 0962-8452. PMC PMC4936045. PMID 27335423. https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rspb.2016.0906. 
  59. ^ 熊に9年間も育てられ、人間性を失った…行方不明ののち発見された子どもが語った「人さらい熊」の真実 「喰う」のではなく「愛でる」のが目的”. PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2023年2月21日). 2023年10月25日閲覧。
  60. ^ THE MOST SHOCKING CASES OF FERAL CHILDREN” (英語). magtheweekly.com. 2023年11月12日閲覧。
  61. ^ a b クマと遭遇しないためには…もし、クマに遭遇してしまったら…” (PDF). 朝日町. 2021年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月8日閲覧。
  62. ^ Bear spray originated from University of Montana research conducted in the 1980s” (英語). MATR (2015年10月12日). 2023年6月15日閲覧。
  63. ^ a b How a Potent Pepper Spray Became the Best Bear Repellent” (英語). Animals (2015年9月25日). 2023年6月15日閲覧。
  64. ^ How to Not Get Attacked by a Bear” (英語). Animals (2015年9月16日). 2023年6月15日閲覧。
  65. ^ a b クマに死んだふりは有効か 8回襲われた専門家の教え:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2020年10月26日). 2023年6月15日閲覧。
  66. ^ クマに遭うこと3000回、私はこうして助かってきた|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる”. 読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる. 2023年6月15日閲覧。
  67. ^ ツキノワグマによる農業被害を防ぐために/長野県”. www.pref.nagano.lg.jp. 2023年6月16日閲覧。
  68. ^ 南, 正人、菊地, 哲也、福江, 佑子「ツキノワグマによるくくりわなで捕獲されたニホンジカの摂食―長野県軽井沢町の事例―」2021年、doi:10.11238/mammalianscience.61.189 
  69. ^ ヒグマ生息地での注意. ShiretokoMuseum. 28 February 2009. 2019年1月20日閲覧
  70. ^ 環自野発第1606141号、2016年(平成28年)6月14日付。
  71. ^ 農作業中におけるクマの出没及び人身被害防止等に対する指導等の徹底について 農林水産省、2016年6月14日公表、2019年9月23日閲覧
  72. ^ https://www.env.go.jp/nature/choju/effort/effort12/injury-qe.pdf
  73. ^ 学, 高橋 (2017年). “当施設におけるクマ外傷50例の検討”. 日本外傷学会雑誌. pp. 442–447. doi:10.11382/jjast.31.442. 2023年11月22日閲覧。
  74. ^ a b 補足資料:学習放獣について 環境省
  75. ^ 殺さずによけるクマ対策犬、劇的な効果、課題も”. natgeo.nikkeibp.co.jp. ナショナルジオグラフィック. 2023年7月2日閲覧。
  76. ^ クマを傷つけず追い払う 「ベアドッグ」繁殖”. 日本経済新聞 (2018年1月25日). 2023年6月16日閲覧。
  77. ^ 住居集合地域等における麻酔銃の取扱いについて サイト:環境省 発行:2016年(平成28年)3月 p.4
  78. ^ a b 「熊が大きくなり育てられなくなった」飼い主のおばあさん自ら通報 雲南”. www.afpbb.com (2018年11月17日). 2023年10月31日閲覧。
  79. ^ 動物園飼育員、クマに襲われ死亡 スウェーデン”. www.afpbb.com (2017年8月5日). 2023年10月31日閲覧。
  80. ^ 日本放送協会. “飼っていたクマに襲われ 75歳男性死亡 長野 松本 |NHK 首都圏のニュース”. NHK NEWS WEB. 2023年10月31日閲覧。
  81. ^ 環境省_特定動物(危険な動物)の飼養又は保管の許可について [動物の愛護と適切な管理]”. www.env.go.jp. 2023年10月31日閲覧。
  82. ^ 動物の愛護及び管理に関する法律”. elaws.e-gov.go.jp. 2023年10月31日閲覧。
  83. ^ ゲンちゃん日記・令和5年8月「二十数年ぶりにヒグマを保護」”. www.city.asahikawa.hokkaido.jp. 2023年11月3日閲覧。
  84. ^ 毎年混雑、カナダの「ホッキョクグマ刑務所」”. www.afpbb.com (2007年11月18日). 2023年12月4日閲覧。
  85. ^ 日本放送協会. “世界ふれあい街歩き”. NHK|世界ふれあい街歩き|これまでの街歩き. 2023年8月21日閲覧。
  86. ^ 晃司, 山﨑 (2006). “第17回国際クマ会議を終えて”. 哺乳類科学 46 (2): 225–230. doi:10.11238/mammalianscience.46.225. https://www.jstage.jst.go.jp/article/mammalianscience/46/2/46_2_225/_article/-char/ja/. 
  87. ^ 真弓, 田辺 (2007年). “近代日本における毛皮着用について”. 一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集. pp. 261–261. doi:10.11428/kasei.59.0.261.0. 2023年12月26日閲覧。
  88. ^ 出利葉, 浩司、Koji, Deriha「近世末期におけるアイヌの毛皮獣狩猟活動について : 毛皮交易の視点から」2002年12月20日、doi:10.15021/00001988 
  89. ^ 蝦夷地の産物コレクション”. www.hm.pref.hokkaido.lg.jp. 2023年12月26日閲覧。
  90. ^ 「クマ撃ちで金儲け」はウソ 実態は「命がけのボランティア」”. J-CAST ニュース (2010年11月2日). 2023年12月26日閲覧。
  91. ^ 田口 洋美 (2004). “マタギ 日本列島における農業の拡大と狩猟の歩み”. 地学雑誌 113 (2): 191–202. doi:10.5026/jgeography.113.2_191. ISSN 0022-135X. http://www.jstage.jst.go.jp/article/jgeography1889/113/2/113_2_191/_article. 
  92. ^ 片桐誠二; 富内侃; 世古佳文「西日本で発生した旋毛虫症について」『日本獣医師会雑誌』第37巻、第11号、741-744頁、1984年。doi:10.12935/jvma1951.37.741https://doi.org/10.12935/jvma1951.37.741 



クマ(くま)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 08:18 UTC 版)

くろアゲハ」の記事における「クマ(くま)」の解説

英太の同級生女装をはじめ、実家のこともよく知っている。英太が本音明かし愚痴をこぼせる貴重な相手

※この「クマ(くま)」の解説は、「くろアゲハ」の解説の一部です。
「クマ(くま)」を含む「くろアゲハ」の記事については、「くろアゲハ」の概要を参照ください。


クマ(木彫り熊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/09 06:43 UTC 版)

犬ガンダム」の記事における「クマ(木彫り熊)」の解説

上記ベコ同様、モノアイ付いたモビルスーツランバ・ラル搭乗する

※この「クマ(木彫り熊)」の解説は、「犬ガンダム」の解説の一部です。
「クマ(木彫り熊)」を含む「犬ガンダム」の記事については、「犬ガンダム」の概要を参照ください。


クマ (Bärli)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 08:32 UTC 版)

アルプスの少女ハイジ (アニメ)」の記事における「クマ (Bärli)」の解説

アルムおんじが飼っている茶色い方のヤギ。滅多に乳搾りされるシーン見られない

※この「クマ (Bärli)」の解説は、「アルプスの少女ハイジ (アニメ)」の解説の一部です。
「クマ (Bärli)」を含む「アルプスの少女ハイジ (アニメ)」の記事については、「アルプスの少女ハイジ (アニメ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「クマ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

クマ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 21:00 UTC 版)

名詞

クマ

  1. くま学術的表記

「クマ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クマ」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

クマのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クマのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのくろアゲハ (改訂履歴)、犬ガンダム (改訂履歴)、アルプスの少女ハイジ (アニメ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのクマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS