優勝者とは? わかりやすく解説

優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 08:37 UTC 版)

京都マラソン」の記事における「優勝者」の解説

-数字- は優勝回数、 は(当時の)大会記録フルマラソン開催日男子選手記録女子選手記録120123月11日 牛山純一 (JPN) 2時間2621小林玲子 (JPN) 2時間4847秒 22013年3月10日 五十嵐真悟 (JPN) 2時間20分30秒 小林玲子 (JPN) -2- 2時4906秒 32014年2月16日 横山裕 (JPN) 2時間2518野村友香里 (JPN) 2時間4910秒 42015年2月15日 横山裕 (JPN) -2- 2時2114秒 古久保亜衣 (JPN) 2時間45分30秒 52016年2月21日 上門大祐 (JPN) 2時間1754松本久昌 (JPN) 2時間5041秒 62017年2月19日 刺厚介 (JPN) 2時間20分32幾野由里亜 (JPN) 2時間45分15秒 72018年2月18日 久本駿輔 (JPN) 2時間2344中島いづみ (JPN) 2時間5157秒 82019年2月17日 丸山竜也 (JPN) 2時間1627秒 篠﨑理紗 (JPN) 2時間5140秒 92020年2月16日 渋川裕二 (JPN) 2時間2148大前千晶 (JPN) 2時間45分25

※この「優勝者」の解説は、「京都マラソン」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「京都マラソン」の記事については、「京都マラソン」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 14:33 UTC 版)

奈良マラソン」の記事における「優勝者」の解説

-数字- は優勝回数、 は(当時の)大会記録フルマラソン開催日男子選手記録女子選手記録12010年12月5日 松本信行 (JPN) 2時間2316田畑郁恵 (JPN) 2時間4952秒 22011年12月11日 平田治 (JPN) 2時間20分23星野芳美 (JPN) 2時間4750秒 32012年12月9日 平田治 (JPN) -2- 2時2424田畑郁恵 (JPN) -2- 2時4316秒 42013年12月8日 平田治 (JPN) -3- 2時間2346吉住友里 (JPN) 2時間4621秒 52014年12月14日 杉本芳規 (JPN) 2時間2414山口遥 (JPN) 2時間4455秒 62015年12月13日 平田治 (JPN) -4- 2時間2441田畑郁恵 (JPN) -3- 2時間5357秒 72016年12月11日 平田治 (JPN) -5- 2時間2750秒 床呂沙紀 (JPN) 2時間4405秒 82017年12月10日 原由幸 (JPN) 2時間2353秒 武津さなえ (JPN) 2時間4659秒 92018年12月9日 塚本裕也 (JPN) 2時間1856山口遥 (JPN) -2- 2時4050秒 102019年12月8日 山本芳弘 (JPN) 2時間2122山口遥 (JPN) -3- 2時間332211中止 122021年12月12日 山本芳弘 (JPN) -2- 2時2155山口遥 (JPN) -4- 2時間3436

※この「優勝者」の解説は、「奈良マラソン」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「奈良マラソン」の記事については、「奈良マラソン」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/23 07:17 UTC 版)

鹿児島マラソン」の記事における「優勝者」の解説

-数字- は優勝回数記録 は(当時の)大会記録フルマラソン開催日男子選手記録女子選手記録12016年3月6日 吉村大輝 2時間1716坂口一美 2時間5519秒 22017年3月5日 飛松佑輔 2時間15分32秒 崎浜絵美 2時間4822秒 32018年3月4日 飛松佑輔 2時間1804秒 床呂沙紀 2時間3341

※この「優勝者」の解説は、「鹿児島マラソン」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「鹿児島マラソン」の記事については、「鹿児島マラソン」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/03 06:48 UTC 版)

東京マラソン2007」の記事における「優勝者」の解説

※優勝者の氏名国籍所属当時ものであるまた、同時開催され10km競技コースが国陸連基準満たしていないため公認記録とはならない。。 部門氏名国籍所属記録備考マラソン男子 ダニエル・ジェンガ ケニア・ヤクルト 2時間9分45マラソン女子 新谷仁美 日本豊田自動織機 2時間31分1秒 初マラソン初優勝 マラソン車いす男子 副島正純 日本・シーズアスリート 1時間322110km男子一般 西郷祐一日本 0時331410km女子一般 Greta Truscott オーストラリア 0時374610km車いす男子 松浦辰雄 日本福島県身体障害者陸上競技連盟 0時262310km車いす女子 藤田道子 日本宮城車いすマラソンクラブ 0時292310km視覚障害男子 石井勝己 日本植村整形外科 0時494710km視覚障害女子 坂下佐代子 日本ジョギング同好会やじろべー 1時間045310km知的障害者男子 大久保健史 日本葛飾養護学校陸上部OB会 0時391810km知的障害者女子 山中のぞみ 日本松戸ジョイフルランニングクラブ 0時4912秒 10km移植男子 守屋英海 日本 0時461010km移植女子 石川友子 日本 1時間0948

※この「優勝者」の解説は、「東京マラソン2007」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「東京マラソン2007」の記事については、「東京マラソン2007」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 03:17 UTC 版)

東京マラソン2008」の記事における「優勝者」の解説

※優勝者の氏名国籍所属当時ものであるまた、同時開催され10km競技コースが国陸連基準満たしていないため公認記録とはならない部門氏名国籍所属記録備考マラソン男子 ビクトル・ロスリン スイス 2時間7分23大会新 マラソン女子 クラウディア・ドレハー ドイツ 2時間3535マラソン車いす男子 副島正純 日本・シーズアスリート 1時間2715大会新V2 マラソン車いす女子 土田和歌子 日本ヒューマントラスト 1時間45分192008年大会より実施 10km一般男子 伴卓磨 日本・モントブラン 0時332810km一般女子 渡辺美保 日本順天高等学校(※) 0時3536大会新 10km車いす男子 松浦辰雄 日本福島県身体障害者陸上競技連盟 0時2433大会新V2 10km車いす女子 八巻智美 日本福島県身体障害者陸上競技連盟 0時2828大会新 10km視覚障害男子 福本真秀 日本 0時45分34大会新 10km視覚障害女子 今泉晶子 日本 1時間0032大会新 10km知的障害者男子 今野雄太 日本横浜ウインズ 0時391810km知的障害者女子 山中のぞみ 日本松戸ジョイフルランニングクラブ 0時4928V2 10km移植男子 小堤日本・チームリボン 0時512610km移植女子 大敦子 日本 1時間31分30秒 (※)主催者発表順天堂高校になっているが、順天高校誤り

※この「優勝者」の解説は、「東京マラソン2008」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「東京マラソン2008」の記事については、「東京マラソン2008」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 15:54 UTC 版)

おかやまマラソン」の記事における「優勝者」の解説

-数字- は優勝回数記録 は(当時の)大会記録フルマラソン開催日男子選手記録女子選手記録12015年11月8日 三木啓貴 (JPN) 2時間2449鈴木純子 (JPN) 2時間5339秒 22016年11月13日 池田泰仁 (JPN) 2時間2343村上史恵 (JPN) 2時間5206秒 32017年11月12日 山崎竹丸 (JPN) 2時間20分31村上史恵 (JPN) -2- 2時5001秒 42018年11月11日 武村佳尚 (JPN) 2時間2408村上史恵 (JPN) -3- 2時間4931秒 52019年11月10日 中村 (JPN) 2時間1710佐藤あずさ (JPN) 2時間4905

※この「優勝者」の解説は、「おかやまマラソン」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「おかやまマラソン」の記事については、「おかやまマラソン」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 06:06 UTC 版)

カジミェシュ・セロツキ国際作曲コンクール」の記事における「優勝者」の解説

第1回1984年ベント・ロレンツェンデンマーク第2回1987年該当なし・ただし最高位メック特別賞ベルンフリート・E・G・プレーべドイツ第3回1990年オレクサンドル・シェチンスキーウクライナ第4回1993年) ローリー・ラドフォード(カナダ第5回1996年) ペドロ・パラツィオ(アルゼンチン第6回1998年藤倉大日本イギリス在住第7回2000年) ジャンニ・ジャコマッツォ(イタリア第8回2002年) ホセ・ルイ・カンパナ(アルゼンチンフランス在住第9回2004年) トマ・シマク(アルバニアイギリス在住第10回2006年中村寛日本第11回2008年マリオス・ヨアンノー・エリアキプロスオーストリア在住第12回2011年) アドリアノ・ガリアネッロ(イタリア第13回2013年該当なし、ただし第2位同着パナヨティス・ココラス(ギリシャ・アメリカ合衆国在住) とソンギュン・リー(韓国) 。 第14回2015年) アドリアノ・ガリアネッロ(イタリア第15回2017年大前哲日本第16回2019年JinSeok Choi韓国第17回2021年) Sungji Hong韓国

※この「優勝者」の解説は、「カジミェシュ・セロツキ国際作曲コンクール」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「カジミェシュ・セロツキ国際作曲コンクール」の記事については、「カジミェシュ・セロツキ国際作曲コンクール」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 14:41 UTC 版)

大阪マラソン」の記事における「優勝者」の解説

-数字- は優勝回数、 は(当時の)大会記録フルマラソン開催日男子選手記録女子選手記録対抗戦1000000002011-10-30-00002011年10月30日 エリジャ・サング (KEN) 2時間1243リディア・シモン (ROU) 2時間3248秒 2000000002012-11-25-00002012年11月25日 セルオド・バトオチル (MNG) 2時間1154リディア・シモン (ROU) -2- 2時3314秒 3000000002013-10-27-00002013年10月27日 ジャクソン・リモ (KEN) 2時間1206秒 モニカ・ジェプコエチ (KEN) 2時間3923秒 4000000002014-10-26-00002014年10月26日 ジャクソン・リモ (KEN) -2- 2時1143秒 マリーナ・ダマンツェビッチ (BLR) 2時間3304秒 5000000002015-10-25-00002015年10月25日 ダニエル・コスゲイ (KEN) 2時間1346秒 マリーナ・ダマンツェビッチ (BLR) -2- 2時3228秒 緑 6000000002016-10-30-00002016年10月30日 ガンドゥ・ベンジャミン (KEN) 2時間1247坂本喜子 (JPN) 2時間3602秒 紺 7000000002017-11-26-00002017年11月26日 カレアブ・ギラガブル (ERI) 2時間1203木下裕美子 (JPN) 2時間3438秒 紺 8000000002018-11-25-00002018年11月25日 チャールズ・ムネキ (KEN) 2時間1411秒 サウド・カンブシア (MAR) 2時間31分19秒 紺 9000000002019-12-01-00002019年12月1日 アセファ・テフェラ (ETH) 2時間0747秒 アベル・メクリア・ゼネベ (ETH) 2時間2629秒 紺 10000000002022-02-27-00002022年2月27日 星岳 (JPN) 2時間0731堀江美里 (JPN) 2時間3210中止 車いすの部開催日男子選手記録女子選手記録12011年10月30日 廣道純 (JPN) 1時間3343正中かおり (JPN) 2時間1720秒 22012年11月25日 山本浩之 (JPN) 1時間2816土田和歌子 (JPN) 1時間5347秒 32013年10月27日 花岡伸和 (JPN) 1時間3528N/A 42014年10月26日 西田宗城 (JPN) 1時間2940N/A 52015年10月25日 西田宗城 (JPN) -2- 1時2704N/A 62016年10月30日 伊藤尚弘 (JPN) 1時間3502N/A 72017年11月26日 吉田高志 (JPN) 1時間3302N/A 82018年11月25日 西田宗城 (JPN) -3- 1時間2742N/A 9000000002019-12-01-00002019年12月1日 山本浩之 (JPN) -2- 1時30分54N/A

※この「優勝者」の解説は、「大阪マラソン」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「大阪マラソン」の記事については、「大阪マラソン」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 16:06 UTC 版)

横浜マラソン」の記事における「優勝者」の解説

-数字- は優勝回数記録 は(当時の)大会記録フルマラソン開催日男子選手記録女子選手記録342015年3月15日 小山祐太 (JPN) 2時間2439高田佐知恵 (JPN) 2時間5631秒 352016年3月13日 小山祐太 (JPN) 2時間2515Leah Daugherty (USA) 2時間5104秒 362017年10月29日 台風22号接近による大雨強風為中止 372018年10月28日 坂口享 (JPN) 2時間2731風見節子 (JPN) 3時0026秒 382019年11月10日 門出康孝 (JPN) 2時間2130秒 風見節子 (JPN) 2時間5657秒 392020年11月1日 新型コロナウイルス感染拡大為中

※この「優勝者」の解説は、「横浜マラソン」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「横浜マラソン」の記事については、「横浜マラソン」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 04:45 UTC 版)

世界麻雀大会」の記事における「優勝者」の解説

第3位まで掲載する大会優勝者2位3位1 許宗澧 劉麗 余筱 2 何國雄 (アレックス・ホー) 湯金林浩 3 Tak-Kwan Pao Jin-Long Yang Xun-Zhi 4 Zhao Jian 鈴木たろう Lai Siu Kui

※この「優勝者」の解説は、「世界麻雀大会」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「世界麻雀大会」の記事については、「世界麻雀大会」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 05:07 UTC 版)

麻雀カボクイーンカップ」の記事における「優勝者」の解説

所属はいずれタイトル獲得当時MONDO21第1回2003年):初音舞フリー第2回2004年):田中智紗都(日本プロ麻雀協会第3回2005年):二階堂瑠美日本プロ麻雀連盟第4回2006年):宮内こずえ日本プロ麻雀連盟第5回2007年):宮内こずえ 第6回2008年):黒沢咲日本プロ麻雀連盟第7回2009年):宮内こずえ 240スタイル第8回2010年):矢口加奈子日本プロ麻雀連盟第9回2011年):黒沢咲ロン第10回2014年):吉元彩日本プロ麻雀協会第11回2015年):吉元彩 第12回2016年):黒沢咲 第13回2017年):冨本智美(日本プロ麻雀協会MONDO TV第14回2018年):平岡理恵日本プロ麻雀連盟第15回2019年):大崎初音日本プロ麻雀協会

※この「優勝者」の解説は、「麻雀カボクイーンカップ」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「麻雀カボクイーンカップ」の記事については、「麻雀カボクイーンカップ」の概要を参照ください。


優勝者(ゴールデンノージー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 09:19 UTC 版)

国際カリカチュア協会」の記事における「優勝者(ゴールデンノージー)」の解説

ISCAconには様々な部門賞があり毎年変化している。中でもカリカチュアアーティストオブザイヤーは最も栄誉ある賞でその年最高のカリカチュアアーティストに贈られる賞であり、優勝者がゴールデンノージー、2位がシルバーノージー、3位がブロンズノージーと呼ばれ鼻の形をしたトロフィー贈られるこれまで日本人多く受賞している。 【優勝者一覧Dave Smith (1992) Kris Vincenio (1993) Eiichi Miyamoto (1994) Debbie Schafer (1995) Tomoko Ogawara (1996) Dave Washburn (1997) Tom Richmond (1998) Tom Richmond英語版) (1999) Dino Casterline (2000) Stephen Silver英語版) (2001) Paul Gaunt (2002) Joe Bluhm (2003) Roger Hurtado (2004) Court Jones (2005) Chris Rommel (2006) Kage Nakanishi (2007) Jason Seiler (2008) Glenn Ferguson (2009) Yuta Honma (2010) Tomokazu Tabata (2011) Taka Watanabe (2012) Kosuke Miyagi (2013) Toru Tanaka (2014) Grigor Eftimov (2015) Dai Tamura (2016) Manny Avetisyan (2017) Daniel Stieglitz英語版) (2018) Sebastian Martin (2019) Hitomi Ishihara (2021)

※この「優勝者(ゴールデンノージー)」の解説は、「国際カリカチュア協会」の解説の一部です。
「優勝者(ゴールデンノージー)」を含む「国際カリカチュア協会」の記事については、「国際カリカチュア協会」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 15:40 UTC 版)

金沢マラソン」の記事における「優勝者」の解説

-数字- は優勝回数記録 は(当時の)大会記録。なお、2015年優勝のビクトル・ウガロフ(ロシア)は、ロシア陸連が国陸上競技連盟から資格停止処分科されているにも関わらず出走したため、失格となったフルマラソン開催日男子選手記録女子選手記録12015年11月15日 一花2時間2824藤澤2時間5322秒 22016年10月23日 山口敏生 2時間2134安川沙弥2時間5023秒 32017年10月29日 出口和也 2時間1844井野光子 2時間4224秒 42018年10月28日 本裕真 2時間2349小田切亜希 2時間4212秒 52019年10月27日 丸山文裕 2時間1136吉田香織 2時間3452秒 62020年10月25日 中止 72021年10月31日 牛山純一 2時間1703藤澤舞 -2- 2時3552

※この「優勝者」の解説は、「金沢マラソン」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「金沢マラソン」の記事については、「金沢マラソン」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 20:33 UTC 版)

ユーロビジョン・ソング・コンテストの優勝者一覧」の記事における「優勝者」の解説

開催日決勝開催国開催都市優勝国アーティスト楽曲言語登場順(決勝得点次点差次点国リンク19565月24日 スイス ルガーノ スイス リス・アシアLys Assia リフレイン"Refrain" フランス語 09/14 N/A 19573月3日 西ドイツ フランクフルト・アム・マイン オランダ コリー・ブロッケンCorry Brokken "Net als toen"Just like then オランダ語 06/10 31 14 フランス 19583月12日 オランダ ヒルフェルスム フランス アンドレ・クラヴォーAndré Claveau お眠り恋人よ"Dors mon amour" フランス語 03/10 27 3 スイス 19593月11日 フランス カンヌ オランダ テディ・ショルテンTeddy Scholten "Een beetje" オランダ語 05/11 21 5 イギリス 19603月25日 イギリス ロンドン フランス ジャクリーヌ・ボワイエJacqueline Boyer トム・ピリビ"Tom Pillibi" フランス語 13/13 32 7 イギリス 19613月18日 フランス カンヌ ルクセンブルク ジャン=クロード・パスカルJean-Claude Pascal 二人は恋人"Nous les amoureux" フランス語 14/16 31 6 イギリス 19623月18日 ルクセンブルク ルクセンブルク市 フランス イザベル・オーブレIsabelle Aubret はじめての愛"Un premier amour" フランス語 09/16 26 13 モナコ 19633月23日 イギリス ロンドン デンマーク グレーテ&ヨルゲン・イングマンGrethe & Jørgen Ingmann "Dansevise" デンマーク語 08/16 42 2 スイス 19643月21日 デンマーク コペンハーゲン イタリア ジリオラ・チンクェッティGigliola Cinquetti 夢みる想い"Non ho l'età" イタリア語 12/16 49 32 イギリス 19653月20日 イタリア ナポリ ルクセンブルク フランス・ギャルFrance Gall 夢見るシャンソン人形"Poupée de cire, poupée de son" フランス語 15/18 32 6 イギリス 19663月5日 ルクセンブルク ルクセンブルク市 オーストリア ウド・ユルゲンスUdo Jürgens メルシー・シェリー"Merci Chérie" ドイツ語 09/18 31 15 スウェーデン 19674月8日 オーストリア ウィーン イギリス サンディ・ショーSandie Shaw 恋のあやつり人形"Puppet on a String " 英語 11/17 47 25 アイルランド 19684月6日 イギリス ロンドン スペイン マシェルMassiel ラ・ラ・ラ"La, la, la" スペイン語 15/17 29 1 イギリス 19693月29日 スペイン マドリード オランダ レニー・クーアLennie Kuhr トルバドール"De troubadour" オランダ語 08/16 18 N/A フランス フリーダ・ボッカラFrida Boccara リラ季節"Un jour, un enfant" フランス語 14/16 スペイン サロメSalomé "Vivo cantando" スペイン語 03/16 イギリス ルルLulu 恋のブンバガバン"Boom Bang-a-Bang" 英語 07/16 19703月21日 オランダ アムステルダム アイルランド ダナDana 若葉の季節"All Kinds of Everything" 英語 12/12 32 6 イギリス 19714月3日 アイルランド ダブリン モナコ セヴェリーヌSéverine 明日夢みて"Un banc, un arbre, une rue" フランス語 03/18 128 12 スペイン 19723月25日 イギリス エディンバラ ルクセンブルク ヴィッキー・レアンドロスVicky Leandros 想い出生きる"Après toi" フランス語 17/18 128 14 イギリス 19734月7日 ルクセンブルク ルクセンブルク市 ルクセンブルク アンヌ=マリー・デヴィッドAnne-Marie David 愛は美わしく"Tu te reconnaîtras" フランス語 11/17 129 4 スペイン 19744月6日 イギリス ブライトン スウェーデン ABBA 恋のウォータールー"(Waterloo)" 英語 08/17 24 6 イタリア 19753月22日 スウェーデン ストックホルム オランダ ティーチ・インTeach-In 愛の鐘の音"Ding-a-dong" 英語 01/19 152 14 イギリス 19764月3日 オランダ デン・ハーグ イギリス ブラザーフッド・オブ・マンBrotherhood of Man 想い出ラスト・キッス"Save Your Kisses for Me" 英語 01/18 164 17 フランス 19775月7日 イギリス ロンドン フランス マリー・ミリアムMarie Myriam 鳥と少年"L'oiseau et l'enfant" フランス語 18/18 136 15 イギリス 19784月22日 フランス パリ イスラエル イズハール・コーヘン & ジ・アルファベータIzhar Cohen & the Alphabeta 恋はアバニビ"A-Ba-Ni-Bi" ヘブライ語 18/20 157 32 ベルギー 19793月31日 イスラエル エルサレム イスラエル Gali Atari & Milk and Honey "Hallelujah" ヘブライ語 10/19 125 9 スペイン 19804月19日 オランダ デン・ハーグ アイルランド ジョニー・ローガン "What's Another Year?" 英語 17/19 143 15 西ドイツ 19814月4日 アイルランド ダブリン イギリス Bucks Fizz 夢のハッピーチャンス"Making Your Mind Up" 英語 14/20 136 4 西ドイツ 19824月24日 イギリス ハロゲイト 西ドイツ Nicole "Ein bißchen Frieden" ドイツ語 18/18 161 61 イスラエル 19834月23日 西ドイツ ミュンヘン ルクセンブルク コリンヌ・エルメス "Si la vie est cadeau" フランス語 20/20 142 6 イスラエル 19845月5日 ルクセンブルク ルクセンブルク市 スウェーデン Herreys "Diggi-Loo Diggi-Ley" スウェーデン語 01/19 145 8 アイルランド 19855月4日 スウェーデン ヨーテボリ ノルウェー Bobbysocks "La det swinge" ノルウェー語 13/19 123 18 西ドイツ 19865月3日 ノルウェー ベルゲン ベルギー サンドラ・キム あこがれ"J'aime la vie" フランス語 13/20 176 36 スイス 19875月9ベルギー ブリュッセル アイルランド ジョニー・ローガン "Hold Me Now" 英語 20/22 172 31 西ドイツ 19884月30日 アイルランド ダブリン スイス セリーヌ・ディオン "私をおいて旅立たないで" フランス語 09/21 137 1 イギリス 19895月6日 スイス ローザンヌ ユーゴスラビア リヴァ "Rock Me" セルビア・クロアチア語 22/22 137 7 イギリス 19905月5日 ユーゴスラビア ザグレブ イタリア トト・クトゥーニョ "Insieme: 1992" イタリア語 19/22 149 17 アイルランド フランス 19915月4日 イタリア ローマ スウェーデン カローラ "Fångad av en stormvind" スウェーデン語 08/22 146 0 フランス 19925月9スウェーデン マルメ アイルランド Linda Martin "Why Me" 英語 17/23 155 16 イギリス 19935月15日 アイルランド ミルストリート アイルランド ニーヴ・カヴァナ "In Your Eyes" 英語 14/25 187 23 イギリス 19944月30日 アイルランド ダブリン アイルランド Paul Harrington & Charlie McGettigan "Rock 'n' Roll Kids" 英語 03/25 226 60 ポーランド 19955月13日 アイルランド ダブリン ノルウェー シークレット・ガーデン "Nocturne" ノルウェー語 05/23 148 29 スペイン 19965月18日 ノルウェー オスロ アイルランド Eimear Quinn "The Voice" 英語 17/23 162 48 ノルウェー 19975月3日 アイルランド ダブリン イギリス カトリーナとザ・ウェーブズ "Love Shine a Light" 英語 24/25 227 70 アイルランド 19985月9イギリス バーミンガム イスラエル ダナ・インターナショナル "Diva" ヘブライ語 08/25 172 6 イギリス 19995月29日 イスラエル エルサレム スウェーデン シャロッテ・ニルソン "Take Me to Your Heaven" 英語 15/23 163 17 アイスランド 20005月13日 スウェーデン ストックホルム デンマーク オールセン・ブラザーズ "Fly on the Wings of Love" 英語 14/24 195 40 ロシア 20015月12日 デンマーク コペンハーゲン エストニア Tanel Padar、Dave Benton & 2XL "Everybody" 英語 20/23 198 21 デンマーク 20025月25日 エストニア タリン ラトビア Marie N "I Wanna" 英語 23/24 176 12 マルタ 20035月24日 ラトビア リガ トルコ セルタブ・エレネル "Everyway That I Can" 英語 04/26 167 2 ベルギー 20045月15日 トルコ イスタンブール ウクライナ ルスラナ "Wild Dances" 英語、ウクライナ語 10/24 280 17 セルビア・モンテネグロ 20055月21日 ウクライナ キエフ ギリシャ エレーナ・パパリズー "My Number One" 英語 19/24 230 38 マルタ 20065月20日 ギリシャ アテネ フィンランド ローディ "Hard Rock Hallelujah" 英語 17/24 292 44 ロシア 20075月12日 フィンランド ヘルシンキ セルビア マリヤ・シェリフォヴィッチ "Molitva" セルビア語 17/24 268 33 ウクライナ 20085月24日 セルビア ベオグラード ロシア ジーマ・ビラーン "Believe" 英語 24/25 272 42 ウクライナ 20095月16日 ロシア モスクワ ノルウェー アリャクサンドル・ルィバーク "Fairytale" 英語 20/25 387 169 アイスランド 20105月29日 ノルウェー オスロ ドイツ レナ・マイヤー=ラントルート "Satellite" 英語 22/25 246 76 トルコ 20115月14日 ドイツ デュッセルドルフ アゼルバイジャン エルダル・ガスモフ & ニガル・ジャマル "Running Scared" 英語 19/25 221 32 イタリア 20125月26日 アゼルバイジャン バクー スウェーデン ロリーン "Euphoria" 英語 17/26 372 113 ロシア 20135月18日 スウェーデン マルメ デンマーク エメリー・デ・フォーレスト "Only Teardrops" 英語 18/26 281 47 アゼルバイジャン 20145月10デンマーク コペンハーゲン オーストリア コンチータ・ヴルスト "Rise Like a Phoenix" 英語 11/26 290 52 オランダ 20155月23日 オーストリア ウィーン スウェーデン モンス・セルメルロー "Heroes" 英語 10/27 365 62 ロシア 20165月14日 スウェーデン ストックホルム ウクライナ ジャマラ "1944" 英語、クリミア・タタール語 21/26 534 23 オーストラリア 20175月13日 ウクライナ キエフ ポルトガル サルヴァドール・ソブラル "Amar Pelos Dois" ポルトガル語 11/26 758 143 ブルガリア 20185月12日 ポルトガル リスボン イスラエル ネッタ・バルジライ "Toy" 英語 22/26 529 93 キプロス 20195月18日 イスラエル テルアビブ オランダ ダンカン・ローレンス "Arcade" 英語 12/26 498 26 イタリア 2020新型コロナウイルス感染症の流行により中止 20215月22日 オランダ ロッテルダム イタリア モーネスキン "Zitti e buoni" イタリア語 24/26 524 25 フランス 20225月14日 イタリア トリノ ウクライナ カールシュ・オーケストラ "Stefania" ウクライナ語 12/25 631 165 イギリス 2005年には、11人のユーロビジョン優勝者(と3人の非優勝者)がCongratulationsコンサート登場しその中でABBAの「Waterloo」が、ユーロビジョン史上最高の曲として選ばれた良好な成果収めながら優勝経験のない国としてマルタがあり、2位3位それぞれ2回達成している。最も低い得点優勝したのは4箇国18得点並んだ1969年大会である。最も高い得点での優勝2017年大会サルヴァドール・ソブラルで、758点で優勝している。次点との得点差が最大となったのは2009年大会アリャクサンドル・ルィバークであり、次点169点の差をつけ、387点で優勝している。

※この「優勝者」の解説は、「ユーロビジョン・ソング・コンテストの優勝者一覧」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「ユーロビジョン・ソング・コンテストの優勝者一覧」の記事については、「ユーロビジョン・ソング・コンテストの優勝者一覧」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 18:28 UTC 版)

神戸マラソン」の記事における「優勝者」の解説

-数字- は優勝回数、 は(当時の)大会記録フルマラソン開催日男子選手記録女子選手記録12011年11月20日 中山卓也 (JPN) 2時間2413上谷聡子 (JPN) 2時間4045秒 22012年11月25日 高橋謙介 (JPN) 2時間2113大内唯衣 (JPN) 2時間3952秒 32013年11月17日 新井広憲 (JPN) 2時間1701田中千洋 (JPN) 2時間3653秒 42014年11月23日 ハロン・マレル (KEN) 2時間1345斎藤公美 (JPN) 2時間3823秒 52015年11月15日 鈴木忠 (JPN) 2時間1801杉谷優衣 (JPN) 2時間4201秒 62016年11月20日 モリス・ムワンギ (KEN) 2時間2231秒 ジャクリーン・キプリモ (KEN) 2時間4007秒 72017年11月19日 クァリル・ルムシェ (MAR) 2時間1249メーガンP・クリフチン (USA) 2時間3314秒 82018年11月18日 クァリル・ルムシェ (MAR)-2- 2時1354秒 スーザン・ジェロティク (KEN) 2時間31分38秒 92019年11月17日 ジョフレイ・クスロ (UGA) 2時間0846山口遥 (JPN) 2時間2739

※この「優勝者」の解説は、「神戸マラソン」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「神戸マラソン」の記事については、「神戸マラソン」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 05:18 UTC 版)

赤坂5丁目ミニマラソン」の記事における「優勝者」の解説

芸名及び所属コンビ劇団名等は優勝当時のもの(そのまんま東現在の東国原英夫木下明水ジョビジョバ木下優勝した後に解散2017年再結成))1993年行われたマネージャー4人でのミニマラソン及び1997年春の2レース目の優勝者はホームページ上に掲載されていないまた、タイムハンデを含む時間であり、実際の走破タイムとは異なる。2013年秋以降はタイム表示がなく、番組ホームページにもタイム記載がない。 回西暦季節氏名タイム距離備考・脚注4 1993年・春(マネージャー門間健一マネージャーホリプロ) - 2.5km 1993年・春(タレント増田明美 9分51秒 5 1993年・秋(マネージャー林由美子マネージャー(ゴールデンミュージック) - 1993年・秋(タレント増田明美 11132連覇2度目優勝 6 1994年・春(1) 石田純一 1328秒 3.2km 1994年・春(2) 渡嘉敷勝男 1332秒 7 1994年・秋(1) 野々村真 1910秒 2.887km 1994年・秋(2) みのもんた 7分31秒 1.443km みのが走ったシーンが、番組歴最高の瞬間最高視聴率41%を記録 8 1995年・春(1) 野々村真 15分01秒 2.876km 2連覇2度目優勝 1995年・春(2) 石田純一 1712秒 2度目優勝 9 1995年・秋(1) 野々村真 13163連覇3度目優勝 1995年・秋(2) 渡嘉敷勝男 6分54秒 1.438km 2度目優勝 10 1996年・春 織田無道 9分04秒 2.07km 11 1996年・秋 10分28秒 2.406km 2連覇2度目優勝 12 1997年・春(1) そのまんま東 1412秒 3.498km 1997年・春(2) ワレンティナ・エゴロワ 161313 1997年・秋(女子橋本志穂 1123秒 2.303km 1997年・秋(男子そのまんま東 1454秒 3.455km 2連覇2度目優勝 14 1998年・春 泉川正幸 10分33秒 2.303km ミニマラソン未経験者限定レース 16 1999年・春 間寛平 111117 1999年秋 鈴木正幸 1746秒 3.434km 最年長優勝当時53歳18 2000年春 木明水 163319 2000年・秋 リディア・シモン 15分4320 2001年・春 飯田覚士 15分4121 2001年秋 谷真理 160722 2002年・春 リビュー・シモン 15分2123 2002年・秋 西野亮廣 134724 2003年春 水内猛 142125 2003年秋 森健児 143626 2004年・春 西野亮廣 15分19秒 3.468km 2度目優勝 27 2004年・秋 15分432連覇3度目優勝 28 2005年・春 バンデルレイ・デ・リマ 141529 2005年・秋 1615秒 3.7692km 2連覇2度目優勝 30 2006年・春 エリック・ワイナイナ 20分07秒 3.948km 31 2006年・秋 山本裕典 1958秒 4.068km 最年少優勝当時18歳32 2007年・春 エリック・ワイナイナ 1942秒 3.190km 2度目優勝 33 2007年・秋 アントニオ小猪木 1443秒 3.700km 34 2008年・春 猫ひろし 1452秒 3.190km 35 2008年・秋 エリック・ワイナイナ 1726秒 3.850km 3度目優勝 36 2009年・春 15分40秒 3.400km 2連覇4度目優勝 37 2009年・秋 山本優弥 1113秒 2.550km 38 2010年・春 蕨野友也 115139 2010年・秋 エリック・ワイナイナ 15分57秒 3.400km 5度目優勝 40 2011年・春 猫ひろし 15分192度目優勝 41 2011年・秋 15分392連覇3度目優勝 42 2012年・春 なかやまきんに君 160943 2012年・秋 エリック・ワイナイナ 15分426度目優勝 44 2013年・春 森渉 15分3145 2013年・秋 猫ひろし - 3.6km 4度目優勝 46 2014年・春 ビダン・カロキ 47 2014年・秋 宇野けんたろう 3.400km 48 2015年・春 ハリー杉山 49 2015年・秋 佐野岳 3.6km 50 2016年・春 上田竜也 51 2016年・秋 モハメド・ファラー 5分55秒のハンデ跳ね返して優勝 52 2017年・春 森脇健児 2度目優勝史上3人目50代での優勝 53 2017年・秋 モハメド・ファラー 2度目優勝 54 2018年・春 下田裕太 55 2018年・秋 ウィルソン・キプサング・キプロティチ 56 2019年・春 森脇健児 3.4km 3度目優勝 57 2019年・秋 森渉 - 2度目優勝 58 2020年・秋 澤井一希 4.3km 緑山2100番地開催59 2021年・春 三遊亭遊子 3.5km この回から東京ドイツ村開催60 2021年・秋 藤光謙司 61 2022年・春 岸本大紀 史上最長6分15秒のハンデ跳ね返して優勝

※この「優勝者」の解説は、「赤坂5丁目ミニマラソン」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「赤坂5丁目ミニマラソン」の記事については、「赤坂5丁目ミニマラソン」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/21 23:33 UTC 版)

東京マラソン2009」の記事における「優勝者」の解説

※優勝者の氏名国籍所属当時ものであるまた、同時開催され10km競技コースが国陸連基準満たしていないため公認記録とはならない 部門氏名国籍所属記録備考マラソン男子 サリム・キプサング ケニア 2時間10分27マラソン女子 那須川瑞穂 日本 2時間2538マラソン車いす男子 マラソン車いす女子 10km一般男子 10km一般女子 10km車いす男子 10km車いす女子 10km視覚障害男子 10km視覚障害女子 10km知的障害者男子 10km知的障害者女子 10km移植男子 10km移植女子

※この「優勝者」の解説は、「東京マラソン2009」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「東京マラソン2009」の記事については、「東京マラソン2009」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 14:02 UTC 版)

浜松国際ピアノアカデミー」の記事における「優勝者」の解説

かつてアカデミー最後に行われていたコンクールでの優勝者の一覧である。 第1回1996年) - 塚本聖子 第2回1997年) - 石井克典 第3回1998年) - 清塚信也小菅優 第4回1999年) - イェン・チュ・チェ(中国語版第5回2000年) - 上原彩子 第6回2001年) - セルゲイ・サロフ(英語版第7回2002年) - カ・リン・コリーン・リー(英語版第8回2003年) - グレゴリー・ディターク 第9回2004年) - イゴール・レヴィット 第10回2005年) - ソン・ヨルム 第11回2006年) - サーシャ・グルニュク 第12回2007年) - ジ・チェン英語版第13回2008年) - アレクサンダー・セレデンコ 第14回2009年) - チョ・ソンジン 第16回2012年) - 牛田智大ベアトリーチェ・ラナ英語版第17回2013年) - 加藤大樹 第18回2014年) - マッケンジー・メレメド(フィンランド語版) 第19回2015年) - 髙木竜馬 第20回2016年) - 藤田真央 第21回2017年) - 小井土文哉と進藤実

※この「優勝者」の解説は、「浜松国際ピアノアカデミー」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「浜松国際ピアノアカデミー」の記事については、「浜松国際ピアノアカデミー」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 14:57 UTC 版)

富山マラソン」の記事における「優勝者」の解説

-数字- は優勝回数記録 は(当時の)大会記録フルマラソン開催日男子選手記録女子選手記録12015年11月1日 藤原新 (JPN) 2時間1705野尻あずさ (JPN) 2時間4639秒 22016年10月30日 大野颯 (JPN) 2時間2753廣瀬光子 (JPN) 2時間5054秒 32017年10月29日 藤原新 (JPN) -2- 2時1632野尻あずさ (JPN) -2- 2時3846秒 42018年10月28日 荒山 (JPN) 2時間2813廣瀬光子 (JPN) -2- 2時4717秒 52019年10月27日 須河宏紀 (JPN) 2時間2243廣瀬光子 (JPN) -3- 2時間46分6秒 62021年11月7日 須河宏紀 (JPN) -2- 2時1953廣瀬光子 (JPN) -4- 2時間4432

※この「優勝者」の解説は、「富山マラソン」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「富山マラソン」の記事については、「富山マラソン」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 07:35 UTC 版)

カーター記念黒部名水マラソン」の記事における「優勝者」の解説

-数字- は優勝回数記録 は(当時の)大会記録フルマラソン開催日男子選手記録女子選手記録312014年 小澤信 (JPN) 2時間2739土屋直子 (JPN) 3時0219秒 322015年 川内優輝 (JPN) 2時間1758野尻あずさ (JPN) 2時間4456秒 332016年 セルオド・バトオチル (MNG) 2時間1736上野映子 (JPN) 2時間5528秒 342017年 末哲平 (JPN) 2時間2349秒 大峽英里 (JPN) 2時間5249秒 352018年 坂本智史 (JPN) 2時間1953秒 大峽英里 (JPN) -2- 2時5221秒 362019年 細森大輔 (JPN) 2時間2309秒 澤畠朋美 (JPN) 2時間4319

※この「優勝者」の解説は、「カーター記念黒部名水マラソン」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「カーター記念黒部名水マラソン」の記事については、「カーター記念黒部名水マラソン」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 10:21 UTC 版)

とくしまマラソン」の記事における「優勝者」の解説

-数字- は優勝回数記録 は(当時の)大会記録フルマラソン開催日男子選手記録女子選手記録出典52012年4月22日 石川佳彦 (JPN) 2時間31分52古家雅恵 (JPN) 3時1149秒 62013年4月21日 地下翔太 (JPN) 2時間2214原田和恵 (JPN) 2時間5453秒 72014年4月20日 川内優輝 (JPN) 2時間15分25秒 俵千香 (JPN) 2時間45分50秒 82015年3月22日 和田壮平 (JPN) 2時間2111石橋早希江 (JPN) 2時間45分19秒 92016年4月24日 松本翔 (JPN) 2時間1939仁木千賀 (JPN) 2時間5304秒 102017年3月26日 堀正 (JPN) 2時間20分17内田絵 (JPN) 2時間3700秒 112018年3月25日 松本匠 (JPN) 2時間2227井野光子 (JPN) 2時間4903秒 122019年3月17日 和田壮平 (JPN) 2時間20分20岡田唯 (JPN) 2時間4714秒 132020年3月22日 新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止 142021年3月28日 新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止 152022年3月27日 新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止

※この「優勝者」の解説は、「とくしまマラソン」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「とくしまマラソン」の記事については、「とくしまマラソン」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 08:24 UTC 版)

サファリラリー」の記事における「優勝者」の解説

ドライバー/コ・ドライバー搭乗チーム1970年 エドガー・ヘルマン/ ハンス・シューラー ダットサン・510SSS ダットサン 1971年 エドガー・ヘルマン/ ハンス・シューラー 日産・240Z ダットサン 1972年 ハンヌ・ミッコラ/ グンナー・パウム フォード・エスコートRS1600 1973年 シェカー・メッタ/ ロフティ・デレウス 日産・240Z 1974年 ジョギンダ・シン/ デビット・ドイグ 三菱・ランサー 1975年 オヴェ・アンダーソン/ アーネ・ハーツ プジョー・504 1976年 ジョギンダ・シン/ デビット・ドイグ 三菱・ランサー 1977年 ビヨン・ワルデガルド/ ハンス・ソルセリウス フォード・エスコートRS1800 1978年 ジャン=ピエール・ニコラ/ ジャン=クロード・レフェブル プジョー・504 V6クーペ 1979年 シェカー・メッタ/ マイク・ドゥーティー ダットサン・160J ダットサン 1980年 シェカー・メッタ/ マイク・ドゥーティー ダットサン・160J ダットサン 1981年 シェカー・メッタ/ マイク・ドゥーティー ダットサン・バイオレットGT ダットサン 1982年 シェカー・メッタ/ マイク・ドゥーティー 日産・バイオレットGT 日産 1983年 アリ・バタネン/ テリー・ハリマン オペル・アスコナ400 ロスマンズ・オペル ラリーチーム 1984年 ビヨン・ワルデガルド/ ハンス・ソルセリウス トヨタ・セリカTCT ウエストランド・モータース 1985年 ユハ・カンクネン/ フレッド・ギャラガー トヨタ・セリカTCT ウエストランド・モータース 1986年 ビヨン・ワルデガルド/ フレッド・ギャラガー トヨタ・セリカTCT トヨタ・チーム・ヨーロッパ 1987年 ハンヌ・ミッコラ/ アーネ・ハーツ アウディ・200クワトロ アウディ・スポーツ 1988年 ミキ・ビアシオン/ ティツィアーノ・シビエロ ランチア・デルタHFインテグラーレ マルティーニ・ランチア 1989年 ミキ・ビアシオン/ ティツィアーノ・シビエロ ランチア・デルタHFインテグラーレ マルティーニ・ランチア 1990年 ビヨン・ワルデガルド/ フレッド・ギャラガー トヨタ・セリカGT-FOUR トヨタ・チームケニア 1991年 ユハ・カンクネン/ ユハ・ピロネン ランチア・デルタHFインテグラーレ16v マルティーニ・ランチア 1992年 カルロス・サインツ/ ルイス・モヤ トヨタ・セリカターボ4WD トヨタ・チームケニア 1993年 ユハ・カンクネン/ ユハ・ピロネン トヨタ・セリカターボ4WD トヨタ・カストロールチーム 1994年 イアン・ダンカン/ デイビッド・ウイリアムソン トヨタ・セリカターボ4WD トヨタ・カストロールチーム 1995年 藤本吉郎/ アーネ・ハーツ トヨタ・セリカターボ4WD トヨタ・カストロールチーム 1996年 トミ・マキネン/ セッポ・ハルヤンヌ 三菱・ランサーエボリューション チーム三菱ラリーアート 1997年 コリン・マクレー/ ニッキー・グリスト スバル・インプレッサ WRC 555スバル・ワールドラリーチーム 1998年 リチャード・バーンズ/ ロバート・レイド 三菱・カリスマGT エボリューションIV チーム三菱ラリーアート 1999年 コリン・マクレー/ ニッキー・グリスト フォード・フォーカスWRC フォード 2000年 リチャード・バーンズ/ ロバート・レイド スバル・インプレッサWRC スバル・ワールド・ラリーチーム 2001年 トミ・マキネン/ リスト・マニセンマキ 三菱・ランサーエボリューション6.5 マールボロ三菱ラリーアート 2002年 コリン・マクレー/ ニッキー・グリスト フォード・フォーカスWRC フォード 2020年 中止 2021年 セバスチャン・オジェ ジュリアン・イングラシア トヨタ・ヤリスWRC トヨタ・ガズー・レーシング・ワールド・ラリー・チーム 2022年 カッレ・ロバンペラ ヨンネ・ハルットゥネン トヨタ・GRヤリス ラリー11973年以降WRCイベントとして開催1995年FIA 2リッターワールドカップのみ 。

※この「優勝者」の解説は、「サファリラリー」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「サファリラリー」の記事については、「サファリラリー」の概要を参照ください。


優勝者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 15:25 UTC 版)

グランプリ・ウランバートル」の記事における「優勝者」の解説

2013年-2016年グランプリ2022年-グランドスラムの優勝者。

※この「優勝者」の解説は、「グランプリ・ウランバートル」の解説の一部です。
「優勝者」を含む「グランプリ・ウランバートル」の記事については、「グランプリ・ウランバートル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「優勝者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

優勝者

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 05:51 UTC 版)

名詞

ゆうしょうしゃ

  1. 優勝した

「優勝者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「優勝者」の関連用語

優勝者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



優勝者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの京都マラソン (改訂履歴)、奈良マラソン (改訂履歴)、鹿児島マラソン (改訂履歴)、東京マラソン2007 (改訂履歴)、東京マラソン2008 (改訂履歴)、おかやまマラソン (改訂履歴)、カジミェシュ・セロツキ国際作曲コンクール (改訂履歴)、大阪マラソン (改訂履歴)、横浜マラソン (改訂履歴)、世界麻雀大会 (改訂履歴)、麻雀カボクイーンカップ (改訂履歴)、国際カリカチュア協会 (改訂履歴)、金沢マラソン (改訂履歴)、ユーロビジョン・ソング・コンテストの優勝者一覧 (改訂履歴)、神戸マラソン (改訂履歴)、赤坂5丁目ミニマラソン (改訂履歴)、東京マラソン2009 (改訂履歴)、浜松国際ピアノアカデミー (改訂履歴)、富山マラソン (改訂履歴)、カーター記念黒部名水マラソン (改訂履歴)、とくしまマラソン (改訂履歴)、サファリラリー (改訂履歴)、グランプリ・ウランバートル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの優勝者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS