アゼルバイジャンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 地域・地名 > 国家・自治体 > 国名 > 内陸国 > アゼルバイジャンの意味・解説 

アゼルバイジャン【Azərbaycan/(英)Azerbaijan】

読み方:あぜるばいじゃん

[一]南西アジアカフカス山脈南部カスピ海南西岸の地域。アゼルバイジャン共和国とイラン領アゼルバイジャン州とに分かれている。

[二]南西アジアカフカス地方の国。正称、アゼルバイジャン共和国。首都バクー石油産出が多い。1991年ソ連解体に伴い独立人口8302010)。


アゼルバイジャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/13 16:49 UTC 版)

アゼルバイジャン共和国(アゼルバイジャンきょうわこく、アゼルバイジャン語: Azərbaycan Respublikası)、通称アゼルバイジャン は、ユーラシア大陸コーカサス地方、カスピ海西岸にある国家である。首都であり最大の都市はバクー


  1. ^ a b UNdata”. 国連. 2021年10月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e World Economic Outlook Database” (英語). IMF. 2021年10月26日閲覧。
  3. ^ 割合だと面積13%・人口1.5%。https://citypopulation.de/Azerbaijan.html
  4. ^ While often politically aligned with Europe, Azerbaijan is generally considered to be at least mostly in Southwest Asia geographically with its northern part bisected by the standard Asia-Europe divide, the Greater Caucasus. The United Nations classification of world regions places Azerbaijan in Western Asia; the CIA World Factbook places it mostly in Southwest Asia and Merriam-Webster's Collegiate Dictionary places it in both; NationalGeographic.com, and Encyclopædia Britannica also place Georgia in Asia. Conversely, some sources place Azerbaijan in Europe such as Worldatlas.com.
  5. ^ Swietochowski, Tadeusz (1995). Russia and Azerbaijan: A Borderland in Transition. Columbia University Press. pp. 69, 133. ISBN 978-0-231-07068-3. https://books.google.com/books?id=FfRYRwAACAAJ 
  6. ^ Pipes, Richard (1997). The Formation of the Soviet Union: Communism and Nationalism 1917–1923 (2nd ed.). Cambridge, Massachusetts: Harvard University Press. pp. 218–220, 229. ISBN 978-0-674-30951-7 
  7. ^ Резолюция 822 (1993) от 30 апреля 1993 годa” (ロシア語). United Nations. 2011年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月4日閲覧。
  8. ^ Резолюция 853 (1993) от 30 апреля 1993 годa” (ロシア語). United Nations. 2011年1月4日閲覧。
  9. ^ Резолюция 874 (1993) от 30 апреля 1993 годa” (ロシア語). United Nations. 2011年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月4日閲覧。
  10. ^ Резолюция 884 (1993) от 30 апреля 1993 годa” (ロシア語). United Nations. 2011年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月4日閲覧。
  11. ^ Kramer, Andrew E. (2020年11月10日). “Facing Military Debacle, Armenia Accepts a Deal in Nagorno-Karabakh War”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2020/11/09/world/middleeast/armenia-settlement-nagorno-karabakh-azerbaijan.html 
  12. ^ a b Azerbaijan: Membership of international groupings/organisations”. British Foreign & Commonwealth Office. 2007年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月26日閲覧。
  13. ^ Europa Publications Limited (1998). Eastern Europe and the Commonwealth of Independent States. Routledge. p. 154. ISBN 978-1-85743-058-5 
  14. ^ “The non-aligned engagement”. The Jakarta Post. http://www.thejakartapost.com/news/2011/05/24/the-non-aligned-engagement.html 2011年5月26日閲覧。 
  15. ^ Cornell, Svante E. (2010). Azerbaijan Since Independence. M.E. Sharpe. pp. 165, 284. "Indicative of general regional trends and a natural reemergence of previously oppressed religious identity, an increasingly popular ideological basis for the pursuit of political objectives has been Islam.... The government, for its part, has shown an official commitment to Islam by building mosques and respecting Islamic values... Unofficial Islamic groups sought to use aspects of Islam to mobilize the population and establish the foundations for a future political struggle.... Unlike Turkey, Azerbaijan does not have the powerful ideological legacy of secularism... the conflict with Armenia has bred frustration that is increasingly being answered by a combined Islamic and nationalist sentiment, especially among younger people... All major political forces are committed to secularism and are based, if anything, on a nationalist agenda." 
  16. ^ Human Development Index and its components”. United Nations Development Programme. 2022年4月10日閲覧。
  17. ^ “Interactive Infographic of the World's Best Countries”. Newsweek. (2010年8月15日). オリジナルの2011年7月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110722070231/http://www.newsweek.com/2010/08/15/interactive-infographic-of-the-worlds-best-countries.html 2011年7月24日閲覧。 
  18. ^ Literacy rate among schoolchildren in Azerbaijan is 100% – UN report”. News.Az (2011年10月28日). 2011年10月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年4月12日閲覧。
  19. ^ Employment statistics in Azerbaijan”. The State Statistical Committee of the Republic of Azerbaijan. 2007年5月26日閲覧。
  20. ^ Human Rights Watch: Azerbaijan”. Human Rights Watch. 2014年3月6日閲覧。
  21. ^ 1992年(平成4年)1月8日外務省告示第9号「アゼルバイジャン共和国、アルメニア共和国、ウクライナ、ウズベキスタン共和国、カザフスタン共和国、キルギスタン共和国、タジキスタン共和国、トルクメニスタン、ベラルーシ共和国及びモルドヴァ共和国を承認した件」
  22. ^ アゼルバイジャン”. 東京都立図書館. 2019年5月28日閲覧。
  23. ^ [https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/01/aed2fcbf2150368f/20170061.pdf 南コーカサス諸国産業・ 投資概況] (PDF)”. ジェトロ・イスタンブール事務所 (2017年8月). 2019年5月29日閲覧。
  24. ^ 「アゼルバイジャン大統領、妻を副大統領に-一族支配強化」 CNN(2017年2月25日)2017年2月25日閲覧
  25. ^ a b アゼルバイジャン領で武力衝突、兵士30人死亡” (2016年4月3日). 2016年4月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年4月12日閲覧。
  26. ^ アゼルバイジャン領ナゴルノ・カラバフ自治州での紛争の再開 iran Japanese Radio 2016年4月3日
  27. ^ 望郷の念強める難民=ナゴルノカラバフ紛争から25年-アゼルバイジャン”. 時事ドットコム (2016年10月9日). 2016年10月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年4月12日閲覧。
  28. ^ “Armenia, Azerbaijan and Russia sign Nagorno-Karabakh peace deal”. BBC News. BBC. (2020年11月10日). https://www.bbc.com/news/world-europe-54882564 2020年11月17日閲覧。 
  29. ^ http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=AZN&to=USD&view=5Y
  30. ^ World Bank (2018). Doing Business 2019. World Bank Publications. pp. 5, 11, 13. ISBN 1464813264. http://www.worldbank.org/content/dam/doingBusiness/media/Annual-Reports/English/DB2019-report_web-version.pdf 
  31. ^ Doing Business 2019: A Year of Record Reforms, Rising Influence” (英語). World Bank. 2018年11月2日閲覧。
  32. ^ RICHARD HIAULT. “Vie des affaires : la France perd encore du terrain - Les Echos” (フランス語). www.lesechos.fr. 2018年11月2日閲覧。
  33. ^ World Bank (2017). Doing Business 2018. World Bank Publications. pp. 4. ISBN 1464811474. http://www.doingbusiness.org/content/dam/doingBusiness/media/Annual-Reports/English/DB2018-Full-Report.pdf 
  34. ^ 「アゼルバイジャン、欧州にガス パイプライン、年100億立方メートル」『日経産業新聞』2021年1月21日(グローバル面)
  35. ^ Geographical data”. The State Statistical Committee of the Republic of Azerbaijan. 2007年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月26日閲覧。
  36. ^ Azerbaijan: Baku Signals New Determination For Defense Reform”. RadioFreeEurope/RadioLiberty. 2021年10月9日閲覧。
  37. ^ Azerbaijan looks beyond energy successes for economic growth”. ogj.com. Oil & Gas Journal. 2021年10月9日閲覧。
  38. ^ Azerbaijan – General Information”. Heydar Aliyev Foundation. 2017年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月9日閲覧。
  39. ^ Rapid Tourism Assessment for the Azerbaijan Tourism Sector Development Program – Organization for Security and Cooperation in Europe (OSCE)”. 2013年9月9日閲覧。
  40. ^ Crotti, Robert and Misrahi, Tiffany(2015) Chapter 1.1 "The Travel & Tourism Competitiveness Index 2015: T&T as a Resilient Contribution to National Development" in The Travel & Tourism Competitiveness Index 2015. World Economic Forum
  41. ^ Research (PDF)”. www.wttc.org (2017年). 2017年7月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年4月12日閲覧。
  42. ^ Hope, Katie (2017年7月19日). “Where's hot? This summer's most popular holiday spots”. BBC. 2019年5月28日閲覧。
  43. ^ Ziyadov, Taleh. “The New Silk Roads”. Central Asia-Caucasus Institute Silk Road Studies Program. 2013年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月28日閲覧。
  44. ^ Azerbaijan”. World Factbook. CIA (2009年). 2009年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月4日閲覧。
  45. ^ “Азербайджанский ученый изобрел метод оповещения о землетрясении” (ロシア語). BlackSea News. (2011年3月28日). http://www.blackseanews.net/read/14548 2011年3月29日閲覧。 
  46. ^ Geologist: Intensification of mud volcanoes in Azerbaijan is precursor of earthquakes (PHOTO)” (2010年4月26日). 2019年5月28日閲覧。
  47. ^ アゼルバイジャン基礎データ”. 外務省. 2019年2月16日閲覧。
  48. ^ アゼルバイジャン 危険・スポット・広域情報(海外安全ホームページ)”. 外務省. 2021年10月9日閲覧。
  49. ^ 飲み物・スイーツ”. DTACアゼルバイジャン観光情報局. 2019年5月28日閲覧。[リンク切れ]
  50. ^ Silence over European Games in Azerbaijan is a grim indication of future”. www.theguardian.com. www.theguardian.com. 2015年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。18 iyun 2017閲覧。
  51. ^ Baku 2017: The Islamic Solidarity Games”. www.theatlantic.com. www.theatlantic.com. 18 iyun 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。18 iyun 2017閲覧。
  52. ^ Azerbaijan: Baku Looks Forward to Hosting Euro Games”. www.eurasianet.org. www.eurasianet.org. 19 iyun 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。19 iyun 2017閲覧。
  53. ^ Azerbaijan and the sporting map: from F1 venue to Euro 2020 host”. www.theguardian.com. www.theguardian.com. 19 iyun 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。19 iyun 2017閲覧。
  54. ^ Mammadov’s bid for UEFA’s exco brings a fresh view from an emerging world”. www.insideworldfootball.com. www.insideworldfootball.com. 18 iyun 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。18 iyun 2017閲覧。
  55. ^ Europa League return is a step on the road to recovery but a trip into the unknown for Rangers”. www.heraldscotland.com. www.heraldscotland.com. 18 iyun 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。18 iyun 2017閲覧。
  56. ^ Europa League: Tottenham leave three behind as they prepare for Qarabag”. www.theguardian.com. www.theguardian.com. 18 iyun 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。18 iyun 2017閲覧。
  57. ^ Baku to host 2019 UEFA Europa League final”. UEFA. 20 sentyabr 2017閲覧。
  58. ^ Baku reveals UEFA EURO 2020 host city logo”. www.uefa.com. UEFA. 18 iyun 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。18 iyun 2017閲覧。
  59. ^ Rio 2016 alternative medal table: How countries rank when we adjust for population and GDP”. www.telegraph.co.uk. www.telegraph.co.uk. 18 iyun 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。18 iyun 2017閲覧。
  60. ^ a b Azerbaijan National Sport Association”. www.mys.gov.az. www.mys.gov.az. 18 iyun 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。18 iyun 2017閲覧。
  61. ^ Baku as tight as it looks - Ricciardo”. en.f1i.com. en.f1i.com. 18 iyun 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。18 iyun 2017閲覧。
  62. ^ バクー、F1アゼルバイジャンGPへの名称変更の理由を説明”. F1-Gate.com (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  63. ^ Fast-improving Azerbaijan making all the right moves”. www.fifa.com. 27 oktyabr 2017閲覧。
  64. ^ Азербайджан в третий раз выигрывает ЕВРО”. Azerisport.com. 6 noyabr 2017閲覧。
  65. ^ Powerful US Teams Head to Olympiad in Baku”. www.chess.com. www.chess.com. 18 iyun 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。18 iyun 2017閲覧。
  66. ^ U.S. Chess Team Wins Olympic Gold in Baku”. www.huffingtonpost.com. www.huffingtonpost.com. 18 iyun 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。18 iyun 2017閲覧。
  67. ^ Azerrail routs Lokomotiv once more to make it to Playoffs 6”. www.cev.lu. www.cev.lu. 19 iyun 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。19 iyun 2017閲覧。
  68. ^ Azerbaijan's Azerrail wins Challenge Cup”. news.az. news.az. 19 iyun 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。19 iyun 2017閲覧。
  69. ^ Emotions run high for Azerbaijan's Huseynli”. www.fifa.com. www.fifa.com. 18 iyun 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。18 iyun 2017閲覧。
  70. ^ トランプ米大統領とつながる人気歌手 情報提供持ちかけ?”. BBC (2017年7月24日). 2019年5月28日閲覧。
  71. ^ トランプ氏長男のメール、モスクワのミスコン共同主催者関与が浮上”. Bloomberg (2017年7月15日). 2019年5月28日閲覧。
  72. ^ トランプ・ロシア疑惑で急浮上、大富豪アガラロフ親子とは”. Forbes Japan (2017年7月14日). 2019年5月29日閲覧。


「アゼルバイジャン」の続きの解説一覧

アゼルバイジャン(本土)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 18:39 UTC 版)

アゼルバイジャンの鉄道」の記事における「アゼルバイジャン(本土)」の解説

ロシア - 接続あり ジョージア - 接続あり アルメニア - 接続あり、運行なし(国境閉鎖中)。 イラン - 接続なし。南北輸送回廊計画あり。 ( アルツァフ共和国) - 接続あり、運行なし。 トルクメニスタン両国間国境直接越え鉄道存在しないが、新バクー港からトルクメンバシ駅を結ぶ鉄道連絡船がある。 カザフスタン両国間国境直接越え鉄道存在しないが、貨物船経由新ユーラシア・ランドブリッジ形成している。

※この「アゼルバイジャン(本土)」の解説は、「アゼルバイジャンの鉄道」の解説の一部です。
「アゼルバイジャン(本土)」を含む「アゼルバイジャンの鉄道」の記事については、「アゼルバイジャンの鉄道」の概要を参照ください。


アゼルバイジャン(ナヒチェヴァン自治共和国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 18:39 UTC 版)

アゼルバイジャンの鉄道」の記事における「アゼルバイジャン(ナヒチェヴァン自治共和国)」の解説

アルメニア - 接続あり、運行なし(国境閉鎖中)。 イラン - 接続あり。軌間異なる。アゼルバイジャン Julfa ~ イラン Jolfa トルコ - 接続なし

※この「アゼルバイジャン(ナヒチェヴァン自治共和国)」の解説は、「アゼルバイジャンの鉄道」の解説の一部です。
「アゼルバイジャン(ナヒチェヴァン自治共和国)」を含む「アゼルバイジャンの鉄道」の記事については、「アゼルバイジャンの鉄道」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アゼルバイジャン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アゼルバイジャン

出典:『Wiktionary』 (2021/07/18 13:22 UTC 版)

固有名詞

アゼルバイジャン

  1. 西アジア北端南カフカス地方位置するカフカス山脈南麓カスピ海西岸にあたる北から南にかけてロシアジョージア旧称:グルジア)、アルメニアイラン隣接。その他、トルコ、アルメニアイラン接す地域飛地有するジョージアアルメニアとともにコーカサス三国とも呼ばれヨーロッパ含められることもある。首都バクー公用語は、アゼルバイジャン語

翻訳


「アゼルバイジャン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アゼルバイジャンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アゼルバイジャン」の関連用語

アゼルバイジャンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アゼルバイジャンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアゼルバイジャン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアゼルバイジャンの鉄道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアゼルバイジャン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS