マカオとは? わかりやすく解説

マカオ【Macao/Macau】

読み方:まかお

中国広東省南部にある特別行政区珠江河口西岸マカオ半島タイパ島コロアン島からなる古く日本では阿媽港(あまこう)・天川(あまかわ)とよんだ。1557年ポルトガル居住権得て東洋貿易根拠地とし、1887年清朝から割譲1999年末に中国返還された。人口行政区552008)。アオメン。オウムン。

[補説] 「澳門」とも書く。

マカオの画像
カジノ併設したザ・ベネチアン・マカオ・ホテル
マカオの画像

マカオ(まかお)

ポルトガルから中国返還され香港近く位置する地域

マカオは香港近く位置し香港から西に 100km ほどのところにある。面積 14km(平方)、人口42万人小都市である。マカオは、16世紀からの約400年間、ポルトガル統治にあったポルトガル中国交渉結果、マカオは1999年12月20日返還された。

返還後、マカオでは中国特別行政区として「一国二制度」が適用される一国二制度では、中国政府がマカオに対し外交国防を除く高度の自治権与える。具体的には、行政立法司法の各権利認めるほか、マカオ政府機関は現地人により構成されることとする基本的に現存社会制度変えないで、資本主義経済制度存続する

返還後政策では、マカオの治安回復期待されている。マカオは賭博で有名であるが、それが高じてカジノ利権争いなど暴力団どうしの抗争激化しているということである。

(2000.01.08更新


マカオ(中国)

英語 Macau

ホンコンからジェットフェリーで約1時間、かつてのポルトガル領マカオ、現在、中華人民共和国マカオ特別行政区となったマカオにある6.12kmのFIA公認コース。ギア・ストリート・サーキットである。1970年代、マカオのエンスージアストフォーミュラ・アトランティック招待83年からF3を開催しA.セナG.ベルガー、M.シューマッハーなど後のF1トップスター活躍舞台となったポルトガル文化香り豊かなマカオは東洋モナコともいわれている。

マカオ(中国)

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

マカオ

マカオ
Macao
通貨単位パタカアボ
Macau Pataka/Avos
1パタカ=100アボ
マップ
1 パタカ (1992)
10 アボ (1993)

マカオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/24 18:43 UTC 版)

座標: 北緯22度10分00秒 東経113度33分00秒 / 北緯22.16667度 東経113.55000度 / 22.16667; 113.55000 (マカオ)


注釈

  1. ^ 広東語が広く話されているが、香港同様公用語とは明記されておらず、文章語としては標準中国語の繁体字表記が用いられる。
  2. ^ 発行全額に相当する香港ドルがマカオ金融管理局に預託されている。

出典

  1. ^ 澳門特別行政區政府統計暨普查局>統計資料>澳門主要統計指標 2018年10月8日閲覧 [1]
  2. ^ a b c The World Factbook — Central Intelligence Agency
  3. ^ 黄翊、『澳門語言研究』p3、北京・商務印書館、2007年
  4. ^ 中葡和好通商条約によれば「他のポルトガル領土と同じく永久にポルトガル国の占有の下にある」(第二条)が「第三国に譲渡する際には清国の同意を必要とする」(第三条)とされた
  5. ^ 森島守人著、『真珠湾・リスボン・東京 続一外交官の回想』、岩波新書、1956年
  6. ^ A guerra e as respostas militar e política 5.Macau: Fim da ocupação perpétua (War and Military and Political Responses 5.Macau: Ending Perpetual Occupation)”. RTP.pt. RTP. 2020年1月1日閲覧。
  7. ^ Naked Tropics: Essays on Empire and Other Rogues, Kenneth Maxwell, Psychology Press, 2003, page 279
  8. ^ 何贤:公认的“影子澳督”和“澳门王””. 环球网 (2009年12月11日). 2017年12月22日閲覧。
  9. ^ a b Far Eastern Economic Review, 1974, page 439
  10. ^ 内藤陽介『マカオ紀行 ― 世界遺産と歴史を歩く』173p
  11. ^ Macao Is A Relic Of Bygone Era Of European Gunboat Diplomacy, David J Paine, Associated Press, Daily News, May 14, 1971, page 17
  12. ^ Macao Locals Favor Portuguese Rule, Sam Cohen, The Observer in Sarasota Herald-Tribune, June 2, 1974, page 4H
  13. ^ New lease for an old colony, The Straits Times, 28 March 1980, page 15
  14. ^ マカオもてあますポルトガル 返す・・・中国は「いらぬ」『朝日新聞』1977年(昭和52年)2月3日朝刊、13版、7面
  15. ^ Entrepreneurs and Enterprises in Macau: A Study of Industrial Development, V.F.S. Sit, R. Cremer, S.L. Wong, Hong Kong University Press, 1991, page 175
  16. ^ 【中国探訪】世界の不夜城マカオのいま 革命歌が流れ、人民解放軍も人気! いったい何が”. 産経ニュース (2017年8月24日). 2018年5月2日閲覧。
  17. ^ China Regains Macau After 442 Years”. ワシントン・ポスト (1999年12月20日). 2019年3月4日閲覧。
  18. ^ Macau: Macau's Big Gamble”. TIME (1999年12月20日). 2019年3月4日閲覧。
  19. ^ Macau handover: Asia's last colony”. BBC (1999年12月20日). 2019年3月4日閲覧。
  20. ^ a b マカオ、ラスベガスを抜いて世界最大のカジノに - 香港”. AFPBB (2007年4月4日). 2020年12月7日閲覧。
  21. ^ Li, Sheng (2016). "The transformation of island city politics: The case of Macau" (PDF). Island Studies Journal. 11 (2): 522.
  22. ^ a b Chan, Kam Wah; Lee, James (2011). "Social Welfare Policy: A 'Flexible' Strategy?". Hong Kong University Press: 197–214. JSTOR j.ctt1xwg2h.20.
  23. ^ a b Ferrao, Silvia O. S.; Gaspar, Elisa Lei (2013). "Public healthcare system in Macao". 2013 IEEE 2nd International Conference on Serious Games and Applications for Health (SeGAH). pp. 1–8. doi:10.1109/SeGAH.2013.6665312. ISBN 978-1-4673-6165-1.
  24. ^ a b マカオ、市民へ現金給付継続 カジノ税収潤沢で”. 日本経済新聞 (2013年11月14日). 2019年7月26日閲覧。
  25. ^ マカオ政府、12年連続で市民へ現金配布…7月から順次=支給額は前年から11%アップの約13.6万円、カジノ税収潤沢で富の還元”. マカオ新聞 (2019年5月10日). 2019年7月26日閲覧。
  26. ^ a b c Macau Climate, Temp, Rainfall and Humidity”. Nexus Business Media Limited. 2007年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月6日閲覧。
  27. ^ 100 years of Macau Climate”. Macao Meteorological and Geophysical Bureau. 2011年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月15日閲覧。
  28. ^ 100 Years of Macao Climate”. 2011年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月16日閲覧。
  29. ^ “澳門特區政府頒布《維護國家安全法》 3日生效”. 中國新聞網. (2009年3月2日). http://www.chinanews.com.cn/ga/gaynd/news/2009/03-02/1584878.shtml 2019年8月11日閲覧。 
  30. ^ 人民解放軍、マカオで災害出動 返還後初めて日本経済新聞アジアニュース(2017年8月25日)
  31. ^ The World Factbook
  32. ^ "GDP per capita, PPP (current international $)", World Development Indicators database”. 2015年11月5日閲覧。
  33. ^ Scott, Ian (2011). "Social Stability and Economic Growth". Gaming, Governance and Public Policy in Macao: 1–16.
  34. ^ 消費税0%で、住民には年12万円のボーナス。中国のマカオが発展した理由”. FNN (2018年11月24日). 2019年7月26日閲覧。
  35. ^ 広東・香港・マカオを結ぶベイエリア 名実ともに世界一になれるか?”. AFPBB (2018年6月24日). 2019年5月19日閲覧。
  36. ^ “中国政府、汚職取り締まりの一環でマカオに対する監視強化”. Reuters. (2013年5月1日). https://www.reuters.com/article/tk8379771-casinos-macau-china-idJPTYE94003I20130501 2022年9月23日閲覧。 
  37. ^ マカオ:2015年カジノ収入、5年ぶり低水準-中国の反汚職運動が響く”. Bloomberg.com. 2022年9月23日閲覧。
  38. ^ マカオの20年GDP56%減、旅客激減響く”. NNA.ASIA. 2022年9月23日閲覧。
  39. ^ 澳門特別行政區政府統計暨曁普查局>統計資料>澳門主要統計指標 2018年10月8日閲覧 [2]
  40. ^ マカオの17年1〜11月累計カジノ税収17.9%増の約1.2兆円…年間予算は10月終了時点で達成済み=歳入の8割占める(マカオ新聞)”. 大航海時代新聞出版社. 2018年10月8日閲覧。
  41. ^ http://www.macaotourism.jp/downloads/talkabout/201903.pdf 2020年2月26日閲覧
  42. ^ public cector reformchina perspective 2020年2月26日閲覧
  43. ^ マカオ、カジノ監視を制限 AI機器に許可必要、データは部外秘”. フジサンケイビジネスアイ (2019年8月19日). 2019年8月27日閲覧。
  44. ^ 台頭するマカオIR市場 ITを武器に成長  編集委員 関口和一”. 日本経済新聞 (2019年3月1日). 2019年3月4日閲覧。
  45. ^ マカオ競馬の廃止が決定…約40年の歴史に幕 - マカオ新聞 2024年1月15日
  46. ^ a b The World Factbook — Central Intelligence Agency 2016年9月6日閲覧
  47. ^ GLOBAL RELIGIOUS LANDSCAPE 45 Table:Religious Composition by Country ピュー研究所
  48. ^ 2012 Report on International Religious Freedom: China (Includes Tibet, Hong Kong, and Macau) - Macau アメリカ合衆国国務省(2013年5月20日)
  49. ^ a b Global Results of By-Census 2006. Statistics and Census Service (DSEC) of the Macau Government. (2007) 
  50. ^ Macau 2007 Yearbook. Government Information Bureau of Macau SAR. (2007). ISBN 978-99937-56-09-5 
  51. ^ “マカオ、高等教育学歴取得率の上昇続く…15年間学費無償化や奨学・補助金充実で=人材の海外流出が課題”. マカオ新聞. (2019年4月28日). https://www.macaushimbun.com/news?id=27352 



マカオ(中華人民共和国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/12 02:07 UTC 版)

シェルドン・アデルソン」の記事における「マカオ(中華人民共和国)」の解説

アデルソンはサンズブランドを、1999年12月までポルトガル領であった中華人民共和国ギャンブル街マカオに持ち込む主要プロジェクト指揮をとった。2004年開業した100万平方フィート広さを持つサンズ・マカオは、外資参入解禁され中国マカオ最初のラスベガススタイルのカジノとなった。彼は2004年12月株式公開時に69%の所有していたため、最初投資額である2億5600ドル1年間取り戻したサンズ・マカオ開業して以来、アデルソンの財産14以上にもなった。アデルソンの会社はマカオの弁護士に送金をしたとして、連邦海外腐敗行為防止法による合衆国捜査下にあると伝えられている。

※この「マカオ(中華人民共和国)」の解説は、「シェルドン・アデルソン」の解説の一部です。
「マカオ(中華人民共和国)」を含む「シェルドン・アデルソン」の記事については、「シェルドン・アデルソン」の概要を参照ください。


マカオ(ポルトガル領)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 16:21 UTC 版)

深夜特急」の記事における「マカオ(ポルトガル領)」の解説

香港から船で1時間でマカオ。サイコロ博奕をしてみる。しかし100ドルすり、200ドルすり...

※この「マカオ(ポルトガル領)」の解説は、「深夜特急」の解説の一部です。
「マカオ(ポルトガル領)」を含む「深夜特急」の記事については、「深夜特急」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マカオ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「マカオ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マカオ」の関連用語

マカオのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マカオのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2024 時事用語のABC All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
近畿日本ツーリスト近畿日本ツーリスト
Copyright(C) All rights reserved by Kinki Nippon Tourist.
近畿日本ツーリスト世界遺産
WorldCoin.NetWorldCoin.Net
Copyright 2024, WorldCoin.Net All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマカオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシェルドン・アデルソン (改訂履歴)、深夜特急 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS