清朝とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 天皇 > 朝廷 > 清朝の意味・解説 

しん‐ちょう〔‐テウ〕【清朝】

【一】中国の清の王朝また、その時代。

【二】せいちょう(清朝)


せい‐ちょう〔‐テウ〕【清朝】

「清朝体」の略。


(清朝 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 01:53 UTC 版)

座標: 北緯39度54分 東経116度23分 / 北緯39.900度 東経116.383度 / 39.900; 116.383


注釈

  1. ^ 五行相克では、
    • 木徳→土徳→水徳→火徳→金徳→(木徳に戻る)
    「水克火(水は火に克つ)」となる。

出典

  1. ^ 宣和堂 (2017年5月21日). “その後の「制誥之寶」とマハーカーラ像” (日本語). 宣和堂遺事. 2019年11月16日閲覧。
  2. ^ 中研院歷史語言研究所歷史文物陳列館”. museum.sinica.edu.tw. 2019年11月16日閲覧。
  3. ^ 加藤徹『貝と羊の中国人』p.92。
  4. ^ 大清皇帝に即位し崇徳と改元。
  5. ^ 一旦「祺祥」と公布されたが、辛酉政変のため改元前に同治と変更された。
  6. ^ 1967年、清皇室の子孫(台湾)たちが協議して廟号を憲宗とし、諡号を配天同運法古紹統粹文敬孚寬睿正穆体仁立孝襄皇帝(襄皇帝)と追尊した。しかし、公式に認められたものではない。[独自研究?]
  7. ^ 2004年、清皇室の子孫(北京)たちが協議して廟号を恭宗とし、諡号を配天同運法古紹統粹文敬孚寬睿正穆体仁立孝愍皇帝(愍皇帝)と追尊した。しかし、公式に認められたものではない[独自研究?]
  8. ^ 清朝の滅亡後は、1924年の優待条件修正案公布まで紫禁城内でのみ使用。
  9. ^ また1995年、遺灰を八宝山革命公墓から清西陵付近の華龍皇家陵園に新たに作った献陵に移している。
  10. ^ ネルチンスク条約:「凡山南一帶,流入黑龍江之溪河,盡屬中國(中国)。山北一帶之溪河,盡屬鄂羅斯(ロシア)...將流入黑龍江之額爾古納河為界,河之南岸屬於中國(中国),河之北岸屬於鄂羅斯(ロシア)...中國(中国)所有鄂羅斯之人(ロシア人),鄂羅斯(ロシア)所有中國之人(中国人),仍留不必遣還」
  11. ^ 道光帝. 『御製大清一統志序』 
  12. ^ 『清史稿』志二十九 地理一 
  13. ^ 『清史稿』志三十、三十一、三十二 地理志二、三、四 
  14. ^ 『大清一統志』盛京
  15. ^ 清史稿地理一
  16. ^ 加藤徹『貝と羊の中国人』p.90-91。
  17. ^ 加藤徹『貝と羊の中国人』p.93。
  18. ^ 清朝とは何か P.2
  19. ^ http://repository.tufs.ac.jp/bitstream/10108/91617/1/ifa020017.pdf





清朝と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「清朝」の関連用語

清朝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



清朝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの清 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS