清朝とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 天皇 > 朝廷 > 清朝の意味・解説 

しん‐ちょう〔‐テウ〕【清朝】

読み方:しんちょう

【一】中国の清の王朝また、その時代。

【二】せいちょう(清朝)


せい‐ちょう〔‐テウ〕【清朝】

読み方:せいちょう

清朝体」の略。


(清朝 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 03:35 UTC 版)

(しん)、または清国(しんこく)は、1616年満洲に建国され、漢民族を制圧し、1644年から1912年まで中国本土モンゴル高原を支配した最後の統一王朝である。首都は盛京瀋陽)、後に北京に置かれた。満洲人アイシンギョロ氏(満洲語: ᠠᡳ᠌ᠰᡳ᠍ᠨ
ᡤᡳᠣᡵᠣ
, 転写:aisin gioro)(愛新覚羅氏)が建てた征服王朝で、満洲語ᡩᠠᡳ᠌ᠴᡳᠩ
ᡤᡠᡵᡠᠨ
ラテン文字転写:daicing gurun、カタカナ転写:ダイチン・グルン、漢語訳:大清国)といい、中国語では大清拼音: Dàqīng、カタカナ転写:ダァチン)と号した。清朝満清清王朝大清国大清大清帝国ともいう。 1917年張勲が清の最後の皇帝、愛新覚羅溥儀皇帝にたてて、清国を復古させたが、失敗した(張勲復辟)。


注釈

  1. ^ 五行相克では、
    • 木徳→土徳→水徳→火徳→金徳→(木徳に戻る)
    「水克火(水は火に克つ)」となる。
  2. ^ 大清皇帝に即位し崇徳と改元。
  3. ^ 一旦「祺祥」と公布されたが、辛酉政変のため改元前に同治と変更された。
  4. ^ 清朝の滅亡後は、1924年の優待条件修正案公布まで紫禁城内でのみ使用。
  5. ^ 日本銀は16世紀中期以降、石見銀山や但馬銀山などでの生産が急増し、16世紀後半には1200〜1300トン、17世紀前半には2400トンの銀が中国に流れた[13]。南蛮貿易はのち、台湾安平古堡と長崎の出島を拠点とするプロテスタント勢力のオランダ東インド会社に引き継がれた。その後の江戸には蘭学は広まったがフリントロック式燧石銃)はほとんど輸入されなかった。

出典

  1. ^ a b 譚璐美 (2021年6月23日). “狙いは民族抹消、中国が「教育改革」称してモンゴル人に同化政策”. JBpress (日本ビジネスプレス). オリジナルの2021年6月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210623060906/https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65762?page=3 
  2. ^ 宣和堂 (2017年5月21日). “その後の「制誥之寶」とマハーカーラ像” (日本語). 宣和堂遺事. 2019年11月16日閲覧。
  3. ^ 中研院歷史語言研究所歷史文物陳列館”. museum.sinica.edu.tw. 2019年11月16日閲覧。
  4. ^ 貝と羊の中国人, p. 92.
  5. ^ ネルチンスク条約:「凡山南一帶,流入黑龍江之溪河,盡屬中國(中国)。山北一帶之溪河,盡屬鄂羅斯(ロシア)...將流入黑龍江之額爾古納河為界,河之南岸屬於中國(中国),河之北岸屬於鄂羅斯(ロシア)...中國(中国)所有鄂羅斯之人(ロシア人),鄂羅斯(ロシア)所有中國之人(中国人),仍留不必遣還」
  6. ^ 道光帝. 『御製大清一統志序』 
  7. ^ 『清史稿』志二十九 地理一 
  8. ^ 『清史稿』志三十、三十一、三十二 地理志二、三、四 
  9. ^ 『大清一統志』盛京
  10. ^ 清史稿地理一
  11. ^ 貝と羊の中国人, p. 90-91.
  12. ^ 貝と羊の中国人, p. 93.
  13. ^ 日本銀』 - コトバンク。旺文社世界史事典 三訂版。
  14. ^ ブリュッセイ, 2019年岩井, 2012
  15. ^ 韃靼漂流記
  16. ^ https://www.library-archives.pref.fukui.lg.jp/fukui/07/kenshi/T3/T3-4-01-02-04-06.htm
  17. ^ 松方冬子「18世紀オランダ東インド会社の遣清使節日記の翻訳と研究」東京大学史料編纂所。
  18. ^ 清朝とは何か.
  19. ^ 金振雄「日本における「清朝史」研究の動向と近年の「新清史」論争について : 加藤直人著『清代文書資料の研究』を中心に」『四分儀 : 地域・文化・位置のための総合雑誌 : クァドランテ』第20号、東京外国語大学海外事情研究所、2018年3月、 169-174頁、 doi:10.15026/91617ISSN 1344-5987NAID 120006457726



清朝(シンチョウ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 02:02 UTC 版)

クーロンズゲート」の記事における「清朝(シンチョウ)」の解説

物語が進む中登場する陰界1850年代中国。乾清宮ケンセイキュウ)には道光帝ドウコウテイ)と呼ばれる人物がおり、城下治めている。実在の乾清宮の外は紫禁城敷地広がっているのだが、本作陰界)では城下町となっている。

※この「清朝(シンチョウ)」の解説は、「クーロンズゲート」の解説の一部です。
「清朝(シンチョウ)」を含む「クーロンズゲート」の記事については、「クーロンズゲート」の概要を参照ください。


清朝(中国大陸)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 14:16 UTC 版)

鉄路節」の記事における「清朝(中国大陸)」の解説

清朝時代中国において唐胥鉄路中国語版)(現在の七灤線(中国語版))イギリスの鉄道技師で「鉄道の父」と呼ばれるジョージ・スチーブンソン生誕100年にあたる1881年光緒7年6月9日起工されたことによる戦後大陸における清朝の後身だった中華民国政府統治下台湾では1965年民国54年からこれ根拠に鉄路節制定することとなった

※この「清朝(中国大陸)」の解説は、「鉄路節」の解説の一部です。
「清朝(中国大陸)」を含む「鉄路節」の記事については、「鉄路節」の概要を参照ください。


清朝(台湾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 14:16 UTC 版)

鉄路節」の記事における「清朝(台湾)」の解説

全台鉄路商務総局鉄道」も参照 清朝統治時代の台湾おいても当時台湾巡撫だった劉銘伝近代化政策により、1887年光緒13年6月9日に全台鉄商務総局中国語版)の設立宣言され現在の縦貫線にあたる基隆駅台北駅後の大稲埕駅間を結ぶ路線起工された。 中華民国政府1981年に唐胥鉄路起工100周年記念する行事を台湾開催するなど、あくまで大陸側鉄道起工日を以って鉄路節記念している。台湾側の鉄道事業とは本来は無関係であるが、民間では劉銘伝鉄道由来記念日として定着している。

※この「清朝(台湾)」の解説は、「鉄路節」の解説の一部です。
「清朝(台湾)」を含む「鉄路節」の記事については、「鉄路節」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「清朝」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「清朝」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



清朝と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

清朝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



清朝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの清 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクーロンズゲート (改訂履歴)、鉄路節 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS