戊戌の変法とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 戊戌の変法の意味・解説 

戊戌の変法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/11 15:10 UTC 版)

戊戌の変法(ぼじゅつのへんぽう、中国語: 戊戌变法旧字体: 戊戌變法)とは、中国清朝末期の1898年(=戊戌の年光緒24年)に実行された、一連の政治改革の総称。明治維新と同様の立憲君主制による近代化革命維新上からの改革)を目指す変法自強運動の集大成にあたる。運動を担っていた康有為梁啓超ら変法派の革命家たちと、彼らを受け容れた光緒帝によって、同年6月11日から改革が実行された。しかしその後、改革を嫌う西太后袁世凱朝廷内の保守派が、同年9月21日にクーデター戊戌の政変)を起こしたため、改革は強制的に中止された。実行された日数(103日間)の短さから「百日維新」とも呼ばれる。


注釈

  1. ^ 「変通」は『易経』に由来する中国哲学用語でもある[2]
  2. ^ 中国におけるフェミニズムの始まりについては諸説ある[11]
  3. ^ 「保皇派」という言葉は、現代の中国語圏では、「王党派」あるいは「守旧派」といった意味で、様々な文脈で用いられている(zh:保皇派)。香港立法会及び区議会における建制派中国語版と呼ばれる北京の中央政府に忠実な親中的な勢力は民主派から「保皇党」(:保皇黨)とも呼ばれている(香港の政党一覧)。

出典

  1. ^ a b 川島 2010, p. 27.
  2. ^ a b 坂元 2017, p. 34.
  3. ^ 川島 2010, p. 10.
  4. ^ a b c 川島 2010, p. 28.
  5. ^ a b c 川島 2010, p. 34.
  6. ^ a b 川島 2010, p. 29-32.
  7. ^ 川島 2017, p. 28.
  8. ^ 坂元 2017, p. 43.
  9. ^ 劉争「厳復と翻訳 : 主体性と「達詣」の限界性について」『愛知 : φιλοσοφια』第29巻、2017年、 35頁、 doi:10.24546/81010342
  10. ^ a b 川島 2010, p. 29.
  11. ^ 『増補改訂版 中国女性史入門 女たちの今と昔』関西中国女性史研究会、人文書院、2014年。ISBN 9784409510544 第3章「女性解放」
  12. ^ 坂元 2017, p. 48.
  13. ^ a b c d e 川島 2010, p. 32-33.
  14. ^ 坂元 2017, p. 49.
  15. ^ a b c d e f 川島 2010, p. 31-32.
  16. ^ 川島 2010, p. 166.
  17. ^ a b c d 川島 2010, p. 26.
  18. ^ 坂元 2017, p. 30.
  19. ^ 雷家聖《失落的真相:晩清戊戌政變史事新探》,台北:五南,2016.雷家聖〈失落的真相-晩清戊戌變法時期的「合邦」論與戊戌政變的關係〉,《中國史研究》(韓國)第61輯,2009年8月。
  20. ^ Timothy Richard, Forty-five years in China, Chapter 12
  21. ^ 楊崇伊〈掌廣西道監察御史楊崇伊摺〉,《戊戌變法檔案史料》,北京中華書局,1959,p.461.
  22. ^ 楊深秀〈山東道監察御史楊深秀摺〉,《戊戌變法檔案史料》,北京中華書局,1959,p.15.「臣尤伏願我皇上早定大計,固結英、美、日本三國,勿嫌『合邦』之名之不美。」
  23. ^ 宋伯魯〈掌山東道監察御史宋伯魯摺〉,《戊戌變法檔案史料》,北京中華書局,1959,p.170.「渠(李提摩太)之來也,擬聯合中國、日本、美國及英國為合邦,共選通達時務、曉暢各國掌故者百人,專理四國兵政税則及一切外交等事,別練兵若干營,以資禦侮。…今擬請皇上速簡通達外務、名震地球之重臣,如大學士李鴻章者,往見該教士李提摩太及日相伊藤博文,與之商酌辦法。」


「戊戌の変法」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「戊戌の変法」の関連用語

1
94% |||||

2
90% |||||

3
58% |||||

4
58% |||||

5
58% |||||

6
58% |||||

7
54% |||||

8
54% |||||

9
54% |||||

10
38% |||||

戊戌の変法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



戊戌の変法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戊戌の変法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS