機関紙とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 機関紙の意味・解説 

きかん‐し〔キクワン‐〕【機関紙/機関誌】

読み方:きかんし

ある団体組織が、その主義・主張活動宣伝などのために発行する新聞、または雑誌

「機関紙」に似た言葉

機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/24 14:43 UTC 版)

機関紙(きかんし)とは、政党や各種団体などの機関(主に執行機関)が組織およびその見解等の広報・宣伝、会員や同じ階層に向けた情報交換などのため、定期的に発行する新聞である。同種の構造を持つ雑誌形態の出版物は「機関誌」と呼ばれる。


  1. ^ 日刊動労千葉
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ 中国の新聞は、郵便局が日常の郵便物と一緒に配達。予約も郵便局で受け付ける(財団法人海外職業訓練協会)。
  5. ^ 1996年以前は日本社会党の発行。


「機関紙」の続きの解説一覧

機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 05:33 UTC 版)

東亜同文会」の記事における「機関紙」の解説

1892年明治25年4月近衛篤麿主宰する精神社(後に時論社と改称)の機関誌精神』(後に明治評論』『中外時論』『時論』と改題)を『東亜時論』と改め東亜同文会機関誌として月二回発行された編集者内藤湖南。更に、1907年明治40年11月東亜同文会は、日本の企業実業家中国市場進出支援目的とした支那経済調査部設立し、『東亜同文会報告』を踏襲した中国専門経済誌持った

※この「機関紙」の解説は、「東亜同文会」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「東亜同文会」の記事については、「東亜同文会」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/28 08:51 UTC 版)

マックス・プランク人口研究所」の記事における「機関紙」の解説

ワーキングペーパーとDemographic Researchという誰にでもアクセス可能無料オンライン雑誌発行している。

※この「機関紙」の解説は、「マックス・プランク人口研究所」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「マックス・プランク人口研究所」の記事については、「マックス・プランク人口研究所」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/29 09:27 UTC 版)

農民運動全国連合会」の記事における「機関紙」の解説

農民」(週刊毎週月曜日発行月額450円+送料

※この「機関紙」の解説は、「農民運動全国連合会」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「農民運動全国連合会」の記事については、「農民運動全国連合会」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/20 15:34 UTC 版)

郵政産業労働者ユニオン」の記事における「機関紙」の解説

郵政産業労働者ユニオン」- 加入者郵送あるいは手渡しで配付毎月1日15日の月2回発行随時特集号臨時号も発行される

※この「機関紙」の解説は、「郵政産業労働者ユニオン」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「郵政産業労働者ユニオン」の記事については、「郵政産業労働者ユニオン」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 14:23 UTC 版)

全米インディアン若者会議」の記事における「機関紙」の解説

「NIYC」は1963年から「コロンブス以前アメリカ人」(「Americans Before Columbus」、略称「ABC」)という月刊誌を発行している。これは、レッドパワー運動のなかでの初の刊行物だった。この会報は、急進的なインディアン考えを伝える主要紙となり、180以上のインディアン部族会議定期購読者となった

※この「機関紙」の解説は、「全米インディアン若者会議」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「全米インディアン若者会議」の記事については、「全米インディアン若者会議」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 09:29 UTC 版)

陽光子友乃会」の記事における「機関紙」の解説

「陽乃光」という機関紙を発行している。現在は廃刊している。

※この「機関紙」の解説は、「陽光子友乃会」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「陽光子友乃会」の記事については、「陽光子友乃会」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 03:17 UTC 版)

アメリカ共産党」の記事における「機関紙」の解説

週刊紙ピープルズ・ウィークリー・ワールド(People's Weekly World)、月刊誌ポリティカル・アフェアズ(Political Affairs Magazine)を出版している。

※この「機関紙」の解説は、「アメリカ共産党」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「アメリカ共産党」の記事については、「アメリカ共産党」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 20:02 UTC 版)

日本社会主義青年同盟」の記事における「機関紙」の解説

中央機関紙として『青年の声』がある。2003年4月以降はタブロイド版4面で週1回発行体制だったが、2009年以降は月2回発行となっている。各地域産別職場実態職場闘争報告春闘情勢平和運動学習活動などが掲載されている。様々な産別職場実態中心に報告される紙面構成は、他の青年組織政治組織比較して青年の声』の重要な特徴成している2004年7月12日号で通算2000号を達成した創刊当時の名称は『社青同』)。

※この「機関紙」の解説は、「日本社会主義青年同盟」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「日本社会主義青年同盟」の記事については、「日本社会主義青年同盟」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/17 04:23 UTC 版)

郵政産業労働組合」の記事における「機関紙」の解説

「郵産労」- 加入者郵送で配布

※この「機関紙」の解説は、「郵政産業労働組合」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「郵政産業労働組合」の記事については、「郵政産業労働組合」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 09:45 UTC 版)

天光教」の記事における「機関紙」の解説

かつて『大恵会報』という機関紙を発行していた。

※この「機関紙」の解説は、「天光教」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「天光教」の記事については、「天光教」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/01 22:06 UTC 版)

京都大学応援団」の記事における「機関紙」の解説

1958年以来年に一度機関紙「団誌」を発行している。

※この「機関紙」の解説は、「京都大学応援団」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「京都大学応援団」の記事については、「京都大学応援団」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 00:15 UTC 版)

生活クラブ事業連合生活協同組合連合会」の記事における「機関紙」の解説

1971年、機関紙『声』を生活クラブ生協東京)が改題、「生活と自治」の発行開始生活クラブ生協近隣県に設立され後は同一の名称のもと地域単位発刊されていた。1978年前身となる「生活クラブ連合事業部」が設置後に、新聞形式の『生活と自治』として一本化され、「生協の機関紙」という位置付けとなった1982年読者対象それまで組合員から生活者変更する旨を討議決定生協の機関紙という形態から組合員以外も対象とする新聞となる。現行購読料収入源とする新聞として「生活と自治編集委員会」により編集発行されている

※この「機関紙」の解説は、「生活クラブ事業連合生活協同組合連合会」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「生活クラブ事業連合生活協同組合連合会」の記事については、「生活クラブ事業連合生活協同組合連合会」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/23 14:56 UTC 版)

共産主義者同盟 (統一委員会)」の記事における「機関紙」の解説

機関紙は「戦旗」。月2回発行また、機関誌共産主義」も発行している。

※この「機関紙」の解説は、「共産主義者同盟 (統一委員会)」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「共産主義者同盟 (統一委員会)」の記事については、「共産主義者同盟 (統一委員会)」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/11 21:09 UTC 版)

全連邦共産党ボリシェヴィキ」の記事における「機関紙」の解説

全連邦共産党ボリシェヴィキは、複数新聞発行している。その主なものは、以下の通りである。 『統一』(エジンストヴォ、Единство、Edinstvo) 『ボリシェヴィーク』(Большевик、Bolshevik) 『ボルシェヴィーク・カフカザ』(Большевик Кавказа、Bolshevik Kavkaza) 『ボリシェヴィーク・スタヴロポリヤ』(Большевик Ставрополья、Bolshevik Stavropol'ja) 『ボリシェヴィーク・オセチィ』(Большевик Осетии、Bolshevik Osetii) 『ヴペーレド』(Вперед、Vpered) 『鎌と槌』(Серп и Молот、Serp i Molot) 『スターリングラードの声』(ゴーラス・スターリングラーダ、Голос Сталинграда、Golos Stalingrada) 『労農プラウダ』(Рабоче-Крестьянская правда、Raboche-Krest'janskaja pravda) 党の青年組織には、全ロシア青年親衛ボリシェヴィキがある。

※この「機関紙」の解説は、「全連邦共産党ボリシェヴィキ」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「全連邦共産党ボリシェヴィキ」の記事については、「全連邦共産党ボリシェヴィキ」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 18:09 UTC 版)

講道館」の記事における「機関紙」の解説

詳細は「柔道 (雑誌)を参照 機関誌1898年明治31年)に「国士」として刊行開始してから、「柔道」「有効乃活動」「大勢」「柔道界」「作興」「柔道」と改称し刊行されている。

※この「機関紙」の解説は、「講道館」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「講道館」の記事については、「講道館」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 14:21 UTC 版)

ブラジル共産党」の記事における「機関紙」の解説

ブラジル共産党の機関紙「労働者階級」は、月刊で4ページ建てである。かつてよりも縮小しており、党内の方伝達もっぱらインターネット頼りである。

※この「機関紙」の解説は、「ブラジル共産党」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「ブラジル共産党」の記事については、「ブラジル共産党」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/26 15:22 UTC 版)

東京歯科保険医協会」の記事における「機関紙」の解説

東京歯科保険医新聞」を毎月1日発行設立総会前から東京歯科保険医ニュース」を発行していたが、1980年1月号より「東京歯科保険医新聞」に改称紙面タブロイド判変更した現在では他に会員へのファックスニュース「F-NEX」を送信している。

※この「機関紙」の解説は、「東京歯科保険医協会」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「東京歯科保険医協会」の記事については、「東京歯科保険医協会」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 23:13 UTC 版)

日本郵政グループ労働組合」の記事における「機関紙」の解説

JP労組新聞月二回刊)。 月の前半号は家庭直送版、後半号は職場配布となっている。

※この「機関紙」の解説は、「日本郵政グループ労働組合」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「日本郵政グループ労働組合」の記事については、「日本郵政グループ労働組合」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 19:16 UTC 版)

神理教」の記事における「機関紙」の解説

会員向けの月刊誌『神理』は、教義や教話、体験談収載し創刊1912年

※この「機関紙」の解説は、「神理教」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「神理教」の記事については、「神理教」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 18:08 UTC 版)

日本弁護士連合会」の記事における「機関紙」の解説

日弁連新聞』 - 1974年創刊。主に日弁連関係する行事など報じる月刊紙である。

※この「機関紙」の解説は、「日本弁護士連合会」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「日本弁護士連合会」の記事については、「日本弁護士連合会」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/25 10:06 UTC 版)

日本文学報国会」の記事における「機関紙」の解説

1943年8月20日、機関紙『文学報国』が創刊された。

※この「機関紙」の解説は、「日本文学報国会」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「日本文学報国会」の記事については、「日本文学報国会」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 05:47 UTC 版)

社会主義解放党」の記事における「機関紙」の解説

機関紙は「解放」(Liberation)。隔週刊である。日本在住人間でも購読可能。

※この「機関紙」の解説は、「社会主義解放党」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「社会主義解放党」の記事については、「社会主義解放党」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 05:39 UTC 版)

沖縄人民党」の記事における「機関紙」の解説

人民党当初準機関紙として『人民文化』を発行していたが、1950年群島知事選挙及び議会選挙前に発行停止処分受けたその後、機関紙『人民』の発行許可当時新聞や雑誌及び書籍など刊行印刷は「琉球政府」の許可を必要としていた。許可制については1965年2月廃止された)を行政主席に対して行ったが、琉球列島米国民政府により何度も不許可処分受けた。しかし裁判経て1962年1月12日正式に許可され同月23日創刊号タブロイド判4頁立て発行した当初、『人民』の印刷民間印刷所行っていたが、『人民』を印刷した印刷所には琉球民政府による圧力がかかり、印刷引き受け印刷所無くなったことから、機関紙の印刷所独自に建設することを第13回党大会1962年9月22日23日)で決定18日後10月15日人民印刷所(翌63年4月株式会社化され、名称を「あけぼの印刷株式会社」に改称)を完成させ、以降同社にて『人民』の印刷行った

※この「機関紙」の解説は、「沖縄人民党」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「沖縄人民党」の記事については、「沖縄人民党」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/15 14:20 UTC 版)

台湾学生社」の記事における「機関紙」の解説

機関紙の名称は『台湾學生』。

※この「機関紙」の解説は、「台湾学生社」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「台湾学生社」の記事については、「台湾学生社」の概要を参照ください。


機関紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/14 00:10 UTC 版)

沖縄人連盟」の記事における「機関紙」の解説

『自由沖縄』(第1号~第29号)また、地方ごとに地方版発行していた。

※この「機関紙」の解説は、「沖縄人連盟」の解説の一部です。
「機関紙」を含む「沖縄人連盟」の記事については、「沖縄人連盟」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「機関紙」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「機関紙」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機関紙」の関連用語

機関紙のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



機関紙のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機関紙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの東亜同文会 (改訂履歴)、マックス・プランク人口研究所 (改訂履歴)、農民運動全国連合会 (改訂履歴)、郵政産業労働者ユニオン (改訂履歴)、全米インディアン若者会議 (改訂履歴)、陽光子友乃会 (改訂履歴)、アメリカ共産党 (改訂履歴)、日本社会主義青年同盟 (改訂履歴)、郵政産業労働組合 (改訂履歴)、天光教 (改訂履歴)、京都大学応援団 (改訂履歴)、生活クラブ事業連合生活協同組合連合会 (改訂履歴)、共産主義者同盟 (統一委員会) (改訂履歴)、全連邦共産党ボリシェヴィキ (改訂履歴)、講道館 (改訂履歴)、ブラジル共産党 (改訂履歴)、東京歯科保険医協会 (改訂履歴)、日本郵政グループ労働組合 (改訂履歴)、神理教 (改訂履歴)、日本弁護士連合会 (改訂履歴)、日本文学報国会 (改訂履歴)、社会主義解放党 (改訂履歴)、沖縄人民党 (改訂履歴)、台湾学生社 (改訂履歴)、沖縄人連盟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS