公明党とは?

公明党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/24 01:46 UTC 版)

公明党(こうめいとう、英語: Komeito)は、日本の政党




  1. ^ 結党50年を迎えて 公明党代表 山口那津男
  2. ^ “地方公共団体の議会の議員及び長の所属党派別人員調等(平成29年12月31日現在)” (プレスリリース), 総務省, (2018年8月29日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000544169.pdf 
  3. ^ “平成27年分政治資金収支報告書の要旨(平成28年11月25日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2016年11月25日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000455745.pdf 
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『公明党』 - コトバンク
  5. ^ 百科事典マイペディア コトバンク. 2018年8月29日閲覧。
  6. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2018年8月29日閲覧。
  7. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ) - 綱領・政策 コトバンク. 2018年8月29日閲覧。
  8. ^ a b c d e 綱領 党概要 公明党 2018年8月29日閲覧。
  9. ^ a b c 新宣言 党概要 公明党 2018年8月29日閲覧。
  10. ^ 「平和の党」が金看板 TOPICS 公明党 2018年8月29日閲覧。
  11. ^ a b c 公明党 Manifesto 2017 衆院選 重点政策
  12. ^ 原発ゼロの社会へ TOPICS 公明党 2018年8月29日閲覧。
  13. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 コトバンク. 2018年8月28日閲覧。
  14. ^ デジタル大辞泉プラス コトバンク. 2018年8月29日閲覧。
  15. ^ “平成28年分政党交付金の変更決定” (プレスリリース), 総務省, (2016年8月31日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000436673.pdf 
  16. ^ 公明党結党50年・自公協力15年——その曲折と妥協の歴史”. nippon.com. 一般財団法人ニッポンドットコム (2014年11月7日). 2016年10月21日閲覧。
  17. ^ 『政治・経済用語集』(山川出版社),p77
  18. ^ 池尻和生 (2014年9月25日). “公明、「NEW」とります 結党50年機に英語表記変更”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASG9T410LG9TUTFK007.html 2014年9月26日閲覧。 [リンク切れ]
  19. ^ “衆院選公約 公明党「教育負担の軽減へ。」”. 毎日新聞. (2017年10月20日). https://mainichi.jp/articles/20171020/org/00m/010/012000c 2017年11月17日閲覧。 
  20. ^ 薬師寺, pp. 40-41.
  21. ^ 公明党50年の歩み, pp. 23.
  22. ^ 薬師寺, pp. 41-50.
  23. ^ 公明党50年の歩み & 51ページ10行目.
  24. ^ 薬師寺, pp. 51-60.
  25. ^ 薬師寺, pp. 60-67.
  26. ^ 薬師寺, pp. 68-72.
  27. ^ 薬師寺, pp. 91-93.
  28. ^ 薬師寺, pp. 93-102.
  29. ^ 第89回国会本会議第2号1979年11月6日 2017年10月9日閲覧
  30. ^ 薬師寺, pp. 102-106.
  31. ^ 薬師寺, pp. 106-112.
  32. ^ 薬師寺, pp. 113-119.
  33. ^ 薬師寺, pp. 120-132.
  34. ^ 薬師寺, pp. 133-136.
  35. ^ 薬師寺, pp. 136-141.
  36. ^ ただし、一部では民主党が誕生したことで無党派層の反自民票分散を危惧する声もあった
  37. ^ 薬師寺, pp. 141-143,152-163.
  38. ^ 中には自民党幹事長加藤紘一の説得に応じて自民党入りした新進党議員もいた。
  39. ^ 薬師寺, pp. 143-145.
  40. ^ 薬師寺, pp. 184-185.
  41. ^ 薬師寺, pp. 166,170-172.
  42. ^ 薬師寺, pp. 172-180.
  43. ^ 木下訓明 (2017年10月23日). “衆院選公明、小選挙区落とす”. 毎日新聞 (毎日新聞社). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171023/k00/00m/010/343000c 2017年12月20日閲覧。 
  44. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 朝日新聞アエラ編集部 『創価学会解剖』(朝日新聞社 2000年1月1日) ISBN 978-4022612861
  45. ^ 大白蓮華1954年5月号20 - 22ページより引用
  46. ^ 公明新聞』(1972年6月7日付)
  47. ^ 日本国憲法における衆議院の優越により最終的に総理は海部俊樹に決まる
  48. ^ a b 第134回国会 参議院 宗教法人等に関する特別委員会 第8号 平成7年(1995年)12月4日(議事録
  49. ^ 創価学会党化した自民党 ─ 6 『フォーラム21』(2007年4月1日 通巻123号)
  50. ^ 山田直樹 『創価学会とは何か』(新潮社 2004年4月15日)
  51. ^ (『朝日新聞』1996年10月12日付)
  52. ^ 第165回国会 参議院 予算委員会 1号 平成18年(2006年)10月11日(議事録)、第166回国会 衆議院 予算委員書会 7号 平成19年(2007年)2月13日(議事録)(「インターネット審議中継」での亀井静香の安倍晋三への質疑の動画)
  53. ^ J-CASTニュース : ネット検索「ドンピシャリ」盗作判明 公明党福岡市議団の海外視察報告書』(ジェイ・キャスト2007年3月16日)。
  54. ^ 後に松あきら議員が繰り上げ当選する
  55. ^ 北林慎也・野村雅俊「公明・太田氏が不適正請求――05年総選挙ガソリン代――伊藤元金融相らも」(『朝日新聞』43730号、朝日新聞東京本社2008年1月13日、31面)
  56. ^ 太田昭宏『衆院選における選挙用燃料費について2008年1月14日[リンク切れ]
  57. ^ 産経新聞 (2008年9月16日). “公明党代表選 太田氏無投票再選”. 2008年9月17日閲覧。[リンク切れ]
  58. ^ “違法ダウンロード刑事罰化・著作権法改正案が可決・成立 10月1日施行へ”. ITmediaニュース. (2012年6月20日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1206/20/news090.html 2012年6月20日閲覧。 
  59. ^ a b “公明、3党合意を了承”. 時事通信社. (2012年6月18日). http://jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012061800914 2012年6月20日閲覧。 [リンク切れ]
  60. ^ 公明新聞:中央幹事会を議決機関に
  61. ^ “衆院北海道5区の補選、16年4月実施へ”. 日本経済新聞. (2015年9月15日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H4V_V10C15A9000000/ 2016年1月15日閲覧。 
  62. ^ “宮崎議員辞職へ:4月に京都3区補選 「想定外」の難題”. 毎日新聞. (2016年2月12日). http://mainichi.jp/articles/20160213/k00/00m/010/149000c 2016年2月14日閲覧。 
  63. ^ 公明党は自民新人・町村氏娘婿を推薦毎日新聞
  64. ^ 2補選 「安保回避」自民辛勝 北海道5区、支持者も不満毎日新聞2016年4月25日
  65. ^ 全員に当確マーク、満面の笑み=改憲「自民とは違う」-公明党【16参院選】
  66. ^ 衆院2補選、自民制す=東京10区若狭氏、福岡6区鳩山氏-解散、慎重に判断・首相”. 時事通信 (2016年10月23日). 2017年3月6日閲覧。
  67. ^ “衆院東京10区補欠選挙、若狭勝氏が当選”. 読売新聞. (2016年10月23日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20161023-OYT1T50094.html 2017年3月6日閲覧。 
  68. ^ 都議会公明「自民との連携見直し」 報酬削減案巡り溝” (2016-). 2016年12月25日閲覧。
  69. ^ 公明と都民ファーストの会が政策合意 選挙協力へNHK 2017年3月13日
  70. ^ 【都議選投開票】公明党23人が全員当選、都議会第2党を堅持 都民ファーストの会との連携が奏功産経新聞 2017年7月2日
  71. ^ 衆院選公明、小選挙区落とす毎日新聞 2017年10月22日
  72. ^ a b “都議会公明党「知事与党」関係解消へ”. 毎日新聞. (2017年11月14日). https://mainichi.jp/articles/20171115/k00/00m/010/075000c 2017年12月23日閲覧。 
  73. ^ 政治家の役割松下政経塾公式ウェブサイト)
  74. ^ 憲法 | 政策テーマ別 分かる公明党 | 公明党
  75. ^ a b 古川利明 『シンジケートとしての創価学会=公明党』(第三書館 1999年11月20日) ISBN 978-4807499243
  76. ^ a b 公明党結党50周年に贈る 日本政治の“羅針盤”であれ ―公明党の過去・現在・未来― (専修大学教授 藤本一美)(月刊公明 2014年4月号)
  77. ^ 自民「国防軍」明記に公明「自衛隊でいい」(2012年11月23日、読売新聞)
  78. ^ 集団的自衛権容認で大筋合意 公明、文言修正で妥協」朝日新聞デジタル、2014年6月24日
  79. ^ 公明新聞:経済に勢いつけ、復興加速(2014年9月15日)
  80. ^ 【写真報告】公明党は「平和の党」の理念を守れ!レイバーネット
  81. ^ 『公明新聞』(1972年6月7日付)
  82. ^ 公明党代表太田昭宏中国共産党中央委員会総書記(国家主席)胡錦濤との会談。2007年(平成19年)1月8日
  83. ^ 自公連立政権に推進力 数に驕らぬ「中道政治」 FACTA 2015年2月号。
  84. ^ 与党歴13年で広がる学会員との距離 公明党はジレンマを解消できるのか?(御厨貴)(2015年11月10日、WEBRONZA)
  85. ^ メインプレイヤーになった公明党――『いま、公明党が考えていること』を読む・上(松田明)(2016年4月27日、WEB第三文明)
  86. ^ 「新しい福祉」を提案する党
  87. ^ a b c (「週刊ポスト」2004年10月22日付)
  88. ^ 公明党が実現した平成21年度予算案
  89. ^ 公明党ニュース「夫婦別姓」実現に努力
  90. ^ 「公明、夫婦別姓で法改正検討 」、日本経済新聞、2015年2月25日
  91. ^ a b 「夫婦の姓『国会で議論を』 判事5人『違憲』とした理由」朝日新聞、2015年12月17日
  92. ^ 「【国会】参議院本会議で山口議員が民法改正について質問 1月28日」、週刊金曜日・ジェンダー情報、2016年2月5日。
  93. ^ この論議は、秋篠宮文仁親王妃紀子悠仁親王を懐妊したことで終着した。
  94. ^ 2007年(平成19年)2月28日衆議院予算委員会 公明党富田茂之との答弁より
  95. ^ 2007年(平成19年)11月17日 北側一雄幹事長の記者会見
  96. ^ 2003年(平成15年)に自由党(当時)の平野貞夫が問題であると主張した
  97. ^ 平野貞夫『公明党・創価学会の真実』講談社 (2005年6月24日)
  98. ^ 特別会計改革
  99. ^ 堀江貴文氏、軽減税率をめぐる公明党の狙いを指摘「聖教新聞守るため」”. livedoorNews. livedoor (2015年12月19日). 2016年10月21日閲覧。
  100. ^ 自民、公明が「愛国心」表現で合意…教育基本法改正案(2006年4月12日、読売新聞)
  101. ^ 公明新聞2008年12月25日付 生活、中小企業で成果アーカイブされたコピー”. 2008年12月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年1月22日閲覧。
  102. ^ 公明党規約 2014年9月党大会改正版 - 公明党公式ホームページ、2015年3月18日閲覧。
  103. ^ 公明党規約5条。
  104. ^ [1]
  105. ^ 規約83条。
  106. ^ 規約86条。
  107. ^ 特集/3代の業を背負った安倍新政権と公明党新体制 。『フォーラム21』2006年10月3日
  108. ^ 規約62条。
  109. ^ 規約63-71条。
  110. ^ 規約72-77条。
  111. ^ 規約78-82条。
  112. ^ 規約62条の3。
  113. ^ 芦部信喜著『憲法』第四版 岩波書店 2007年
  114. ^ 第129回国会 衆議院 予算委員会 第8号 平成6年(1994年5月24日議事録
  115. ^ 第129回国会 衆議院 予算委員会 第8号 平成6年(1994年)5月24日(議事録
  116. ^ 第140回国会 衆議院 決算委員会第二分科会 第2号 平成9年(1997年5月27日議事録
  117. ^ a b 第128回国会 衆議院 予算委員会 第4号 平成5年(1993年10月6日議事録
  118. ^ 第168回国会 参議院 予算委員会 第2号 参議院、2007年(平成19年)10月16日(議事録)、参議院インターネット審議中継での動画
  119. ^ 公明・学会の「政教分離」見直しも=集団的自衛権でけん制―飯島内閣官房参与
  120. ^ a b しんぶん赤旗, pp. 68-69.
  121. ^ 山田直樹 『創価学会とは何か』(新潮社 2004年4月15日)ISBN 978-4104673018
  122. ^ 知っておきたい「やさしい選挙の知識」
  123. ^ 第063回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号
  124. ^ しんぶん赤旗1981年7月26日付
  125. ^ 沖縄タイムス1981年7月27日付 社会面
  126. ^ 琉球新報1981年7月27日付 4面
  127. ^ 「現場からの日本共産党批判」
  128. ^ 『千葉日報』(2001年8月2日付)『埼玉新聞』(2001年8月4日付)『北日本新聞』(2001年7月31日付) 『徳島新聞』(2001年7月31日付)『佐賀新聞』(2001年7月31日付)
  129. ^ 『埼玉新聞』(2001年8月4日付)
  130. ^ 自民党、毎日新聞、産経新聞、読売新聞2009年9月1日付他、民主党2011年7月12日付毎日新聞、産経新聞、読売新聞など
  131. ^ 産経新聞2003年11月20号 27面
  132. ^ 山田直樹 創価学会とは何か p131 - p134
  133. ^ 高齢者の手に候補者名書く 投票干渉容疑で3人逮捕”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年7月13日)
  134. ^ 高齢者の手に候補者名書く 投票干渉容疑で3人逮捕 - 47NEWS;よんななニュース
  135. ^ “投票干渉容疑で公明2支持者書類送検 松山東署”. 愛媛新聞. (2013年1月16日). http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20130116/news20130116454.html 2015年12月3日閲覧。 
  136. ^ “「投票干渉」…生活保護受給者や高齢者狙う 監視強化も立件に壁”. 産経新聞. (2013年1月29日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130129/waf13012910420006-n2.htm 
  137. ^ 京都市選挙管理委員会:選挙運動を知ろう!
  138. ^ 自民党、毎日新聞、産経新聞、読売新聞2009年9月1日付他、民主党2011年7月12日付毎日新聞、産経新聞、読売新聞など
  139. ^ デイリーニュースオンライン2014年12月2日号 公明党への投票依頼をLINEで依頼創価学会員のイマドキ選挙活動 2017年10月11日記事閲覧
  140. ^ デイリーニュースオンライン2014年12月2日号 公明党への投票依頼をLINEで依頼創価学会員のイマドキ選挙活動 2017年10月8日記事閲覧
  141. ^ 選挙運動に関する質問
  142. ^ 生活保護費不正受給公明市議らに返還要求 しんぶん赤旗2004年10月1日付
  143. ^ a b c d e f 「「拉致報道」のタブー第七弾!」、『週刊文春』、株式会社文藝春秋2002年11月28日、 28-29頁。
  144. ^ 朝鮮日報社『月刊朝鮮』2002年5月号
  145. ^ 第45回衆議院議員総選挙投票日時点で67歳であった。池坊 保子 | 総選挙2009 [読売新聞]
  146. ^ 公認と推薦の違いは?”. 2017年10月10日閲覧。
  147. ^ 維新、来春統一選で公認料100万円支給へ 候補者囲い込み”. 2017年10月10日閲覧。
  148. ^ 第168回国会 参議院予算委員会第2号参議院10月16日議事録 2017年10月8日閲覧
  149. ^ 希望の党が候補者に党への上納金500万円を要求 2017年10月8日閲覧
  150. ^ 公明党のマニフェスト要旨-北國新聞社 2017年10月9日閲覧
  151. ^ “民営化迫られ、苦しいUR都市機構”. 朝日新聞. (2007年12月14日). http://www.asahi.com/housing/column/TKY200712140240.html 2017年2月12日閲覧。 
  152. ^ 2008年2月28日衆議院予算委員会議事録
  153. ^ 公明党マニフェスト2017
  154. ^ 我が国の1970年度(昭和45年度)以降の長期債務残高の推移アーカイブされたコピー”. 2011年3月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月13日閲覧。
  155. ^ 2003年4月からサラリーマンの窓口負担は3割になります。厚生労働省ホームページ2017年10月9日閲覧
  156. ^ 公明新聞2006年3月24日付記事
  157. ^ 週刊実話2010年11月10日号等
  158. ^ a b c d しんぶん赤旗, pp. 43-46.
  159. ^ 山田直樹『創価学会とは何か』(新潮社 2004年4月15日)
  160. ^ 公明区議、週刊誌排除迫る(しんぶん赤旗2001年5月31日付)
  161. ^ 公明区議の図書館への圧力(しんぶん赤旗2001年6月5日付
  162. ^ 『週刊現代』2001年6月16日号
  163. ^ 『情と理―後藤田正晴回顧録』(講談社、1998年)
  164. ^ 『後藤田正晴 日本への遺言』(2005年11月15日発行、TBS『時事放談』編、毎日新聞社) p.105
  165. ^ 佐藤栄作内閣総理大臣、内閣衆質63第2号
  166. ^ 第134回国会 宗教法人等に関する特別委員会 第3号 平成7年(1997年)11月27日(議事録)
  167. ^ 第168回国会 参議院 予算委員会 第2号 参議院2007年(平成19年)10月16日、民主党石井一議員の代表質問(議事録
  168. ^ a b 公明党/ 所属議員検索





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「公明党」の関連用語

公明党のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



公明党のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公明党 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS