55年体制とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 55年体制の意味・解説 

55年体制

読み方:ごじゅうごねんたいせい

1955年日本において成立した、自由民主党日本社会党二大政党として日本の政治において主導的役割を果たしていた体制のこと。

55年体制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/16 23:53 UTC 版)

55年体制(ごじゅうごねんたいせい)とは、日本において、与党第1党は自由民主党が占め政権を維持し、野党第1党は日本社会党が占めていた体制。1955年(昭和30年)にこの構図が成立したためこう呼ばれる。




  1. ^ a b 55年体制(ごじゅうごねんたいせい)とは”. コトバンク. 2020年2月9日閲覧。
  2. ^ 田原総一朗 (2016年6月10日). “「田中さんは敗戦による民主主義の申し子のような政治家だ」首相時代の竹下登はそう答えた”. BEST TIMES(ベストタイムズ). 2020年2月9日閲覧。


「55年体制」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「55年体制」の関連用語

55年体制のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



55年体制のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの55年体制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS