日米核持ち込み問題とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日米核持ち込み問題の意味・解説 

日米核持ち込み問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/18 07:50 UTC 版)

日米核持ち込み問題(にちべいかくもちこみもんだい)とは、日本への核兵器の持ち込みに関する問題。


[ヘルプ]
  1. ^ 衆議院会議録情報 第034回国会 日米安全保障条約等特別委員会 第20号
  2. ^ 岡田克也外務大臣の記者会見2010年3月9日の発言
  3. ^ こうして“核”は持ち込まれた~空母オリスカニの秘密~
  4. ^ 米、本州に66年核持ち込み…元駐日大使補佐官 読売新聞 2010年2月24日
  5. ^ The United States-Japan Security Treaty at 50 Foreign Affairs March/April 2010。アメリカの外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」2010年3・4月号
  6. ^ 核持ち込み:「岩国で核保管」 66年に3カ月以上-元駐日米大使補佐官 毎日新聞2010年3月7日
  7. ^ 1984年7月16日 参議院議員 秦豊による質問主意書 第10~14
  8. ^ 核密約、国会対策でうその答弁 元次官証言テープ見つかる内容 共同通信2010年1月22日
  9. ^ a b 若泉『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』文藝春秋社、新装版2011年。
  10. ^ 西山太吉『沖縄密約』岩波新書、2007年。
  11. ^ a b c 沖縄返還 核密約 米当事者のメモ発見琉球新報2007年10月8日
  12. ^ 「核密約 動かぬ証拠 読売新聞2010年9月2日
  13. ^ 消費税5%への決定 村山 富市 元総理大臣 2010年9月1日
  14. ^ 太田昌克『秘録――核スクープの裏側』講談社、2013年。
  15. ^ 第171回国会 外務委員会 第13号(平成21年6月5日)
    従来から政府が申し上げておりますとおり、この密約は存在しないわけでありまして、これは歴代の総理大臣及び外務大臣がこのような密約の存在というものは明確に否定をしているわけで、委員が今お出しになられた資料にも書いてあるとおりでございます。
  16. ^ 岡田外務大臣会見記録(平成21年9月17日(木曜日)0時50分~ 於:外務省会見室)
  17. ^ 核密約は歴史的事実 米国務次官補、日本の調査に理解共同通信2009年9月18日
  18. ^ いわゆる「密約」問題に関する調査結果
  19. ^ 『戦後日米交渉を担った男 外交官・東郷文彦の生涯』(伊奈久喜著、中央公論新社、2011年9月)書評
  20. ^ 核密約、政府見解策定へ=安倍首相、非開示「間違い」 時事通信2014年1月31日


「日米核持ち込み問題」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日米核持ち込み問題」の関連用語

日米核持ち込み問題のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

佐藤光浩

メンガタメリー

新青年

フーチング

怪士

鏨

重量物船

ナロータング





日米核持ち込み問題のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日米核持ち込み問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS