自共共闘とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 自共共闘の意味・解説 

自共共闘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/16 15:22 UTC 版)

自共共闘(じきょうきょうとう)は、自由民主党日本共産党の共闘による選挙運動政権運営のことである。




  1. ^ 川口徹「1975年の非核神戸方式を巡る中央地方関係」、『社学評論集』第16号、早稲田大学科学総合芸術院、2010年9月
  2. ^ 脇市政は当初社共共闘であったが、後に民社党公明党・自民党が加わりオール与党体制となっている。
  3. ^ 岩手・陸前高田に共産党員市長誕生 福祉・くらし重視 わかりやすい政策 市民が勇気もって投票 しんぶん赤旗
  4. ^ 河北新報 東北のニュース/反小沢、来秋の知事選左右?超党派支援で新人当選の花巻市長選
  5. ^ 国政与党国民新党と、野党みんなの党からも支持を受けている。
  6. ^ 既成政党不信 「大阪現象」の底流探れ(11月30日) 北海道新聞社説
  7. ^ 【堺市長選】「橋下維新」敗れる 現職・竹山氏の当選確実(MSN産経ニュース)
  8. ^ 堺市長選・竹山氏が当選市民共同で画期的勝利維新の野望に党派超え連携(しんぶん赤旗)
  9. ^ 決戦まであと1週間党存亡かけた維新に焦りも自民は禁断の共産、民主と共闘 産経新聞 2015年5月19日閲覧
  10. ^ 大阪市住民投票で「反対」を自民・民主・共産党が合同街頭演説 しんぶん赤旗 2015年5月19日閲覧
  11. ^ 勝負あったか 公明党が「反都構想」に転じて“橋下包囲網”完成 日刊ゲンダイ 2015年5月19日閲覧
  12. ^ 大阪都構想否決:維新、存続の危機 毎日新聞 2015年5月19日閲覧
  13. ^ 住民投票の結果を受けて 自由民主党大阪府支部連合会
  14. ^ 大阪市の住民投票の結果について 日本共産党大阪府委員会
  15. ^ いっせい地方選挙後半戦の結果について 日本共産党大阪府委員会
  16. ^ 大阪)吹田市長に自公推薦の後藤氏 朝日新聞
  17. ^ 共産党が推薦・支持・支援する区市町村長選の候補者 日本共産党
  18. ^ “共産党が自民党市議の柳本氏支援を決定 11月の大阪市長選”. 産経新聞. (2015年10月3日). http://www.sankei.com/politics/news/151003/plt1510030023-n1.html 2015年11月17日閲覧。 
  19. ^ “民主党大阪府連、自民推薦候補を支援 ダブル選”. 朝日新聞. (2015年10月25日). http://www.asahi.com/articles/ASHBS6QRXHBSPTIL012.html 2015年11月17日閲覧。 
  20. ^ “維新連敗、現職3選=都構想に影響も-堺市長選”. 時事通信. (2017年9月24日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2017092400570&g=pol 2017年10月1日閲覧。 
  21. ^ “堺市長選、現職の竹山氏3選 維新2連敗、総選挙に影響”. 朝日新聞. (2017年9月24日). http://www.asahi.com/articles/ASK9R0C99K9QPPTB00H.html 2017年10月1日閲覧。 


「自共共闘」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「自共共闘」の関連用語

自共共闘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

黒曜石

ネオン・ソードテール

第八十一玉高丸

道路の通称名

モノロフォサウルス・ジャンギ

七千山水源の森

焼岳

TE450





自共共闘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自共共闘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS