社共共闘とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 社共共闘の意味・解説 

社共共闘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/28 04:53 UTC 版)

社共共闘(しゃきょうきょうとう)とは、1960年代から70年代にかけて、日本社会党(現・社会民主党)と日本共産党の共闘により革新政権を目指そうとした政治方針である。より幅広く「革新共闘」とも呼ばれる。




  1. ^ 共産党は第23回参議院議員通常選挙第47回衆議院議員総選挙で10人以上の議席を獲得し党首討論が可能になった。
  2. ^ 社民党、党大会 政権打倒へ決意 産経新聞 2016年2月21日閲覧
  3. ^ 社民党大会での志位委員長の連帯あいさつ しんぶん赤旗 2016年2月21日閲覧
  4. ^ 日本共産党第27回大会3野党・1会派代表のあいさつ しんぶん赤旗 2016年1月16日付


「社共共闘」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社共共闘」の関連用語

社共共闘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



社共共闘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社共共闘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS