日本共産党第6回全国協議会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本共産党第6回全国協議会の意味・解説 

日本共産党第6回全国協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/07 13:01 UTC 版)

日本共産党 第6回全国協議会(にほんきょうさんとう だい6かいぜんこくきょうぎかい)は、1955年7月27~29日に行われた、日本共産党がそれまでの中国革命に影響を受けた「農村から都市を包囲する」式の武装闘争方針の放棄を決議した会議である。「六全協」(ろくぜんきょう)と略して呼ばれることも多い。




  1. ^ 立花書房編『日本共産党用語事典』(2009年)8-10頁。
  2. ^ 神山茂夫『日本共産党とは何であるか』自由国民社、p140-141)


「日本共産党第6回全国協議会」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本共産党第6回全国協議会」の関連用語

日本共産党第6回全国協議会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本共産党第6回全国協議会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本共産党第6回全国協議会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS